ショートヘアで就活写真を撮りたい人へ!髪は結ばないといけないの?

はじめに

就活女子の皆さん!

皆さんの中には、スタイリッシュなショートヘアの方々もいらっしゃいますよね?

そんなショートヘアの方々には、

  • 「ショートヘアって女性らしさに欠ける気がするけど就活で大丈夫かな?」
  • 「ショートヘアだけど結べるくらいの長さはある…。結ぶべき?」
  • 「就活用の証明写真のショートヘアってどんなセットをすれば良いの?」

など、様々な悩みがあると思います。

就職活動では押さえておくべきポイントがたくさん!

つい履歴書作成や面接対策などを重要視しがちですが、身だしなみは社会人の基本であり、何よりも最初に人事がチェックするポイントです。

会わずして最初に身だしなみをチェックされるのが“証明写真”です。そんな重要な証明写真は、絶対綺麗に好印象を持たれる写真に仕上げたいですよね?

そこで今回は、ショートヘアやショートボブの女性が就活写真を撮る際の髪型についてプロの視点からご紹介していきます!

前髪をどうするべきかについてや、セットする際のポイントについても詳しくご紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてくださいね!

ショートヘアでも髪を結んで就活写真を撮ったほうがいいの?

女性の就活の場合、ロングヘアであれば髪の毛はハーフアップか一つにまとめる髪型がおおいで多いですよね?

ではショートヘアやショートボブでも就活写真を撮る際は必ずゴムで結ばなければならないのでしょうか?

答えは「NO」です。

髪が短くて全体の髪の毛を結びきれないのであれば、無理して結んで就活写真を撮影する必要はありません。

結びきれない髪の毛がサイドやトップからボサボサに出ているのは返って企業側にマイナスな印象を与えてしまいます。

ショートカットやショートボブの場合は、清潔感が出るように綺麗にセットすれば十分です。

少し長めのボブであれば、低い位置で一つに結んだり、ハーフアップにしても女性らしさが出せるのでオススメですよ。

就活写真の撮影でショートヘアにおすすめの髪型

ショートヘアやショートボブの場合は、『ダウンスタイル』で就活写真を撮ることをお勧めします!

なお、ダウンスタイルとはストレートヘアで髪を束ねずにそのまま下ろしている髪形のことです。

ショートヘアやショートボブだからといって、無理して伸ばしたり結んだりする必要はなく、そのまま綺麗なストレートヘアにセットすれば問題ありません

むしろ、髪が長く結んでいたりハーフアップにしている女性がほとんどの中で、ショートやショートボブはより印象に残りやすいとも言えます。

就活写真をボブヘアで撮影したい方は、以下の記事で詳しく解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。

ボブで就活写真を撮りたい人へ!おすすめの髪型やセットポイントとは

ショートヘアのダウンスタイルで撮った就活写真が与える印象

就活証明写真は採用担当者にあなたが会う前から第一印象を決定づける重要なアイテムです。第一関門となる書類審査の段階で企業側に与える第一印象は良いものを残したいですよね?

ではショートヘアやショートボブで就活写真を撮った場合、どのような印象を与えることができるのでしょうか?

⑴就活で必須な清潔感

就職活動における身だしなみでは、可愛さやおしゃれよりも“清潔感”や“真面目さ”を感じさせることが大切です。

ショートヘアのダウンスタイルで撮影された就活写真は、それらの印象を演出することができます。

また顔や首回りがすっきりするのでより小顔に見せることもでき、またより目を引くような就活写真を撮ることができますよ。

⑵明るく活発的

ロングヘアが女性らしさを演出できる一方で、ショートヘアやショートボブの髪形は明るく活発的な女性である印象を与えることができます。

そのため、健康的で安心感のある印象を与えるべき営業や金融などの業界職種に向いている髪型です。

また就活写真だけでなく面接においても、どの角度から見ても表情がよく分かるので、明るい表情もしっかりと人事にキャッチしてもらうことができますよ。

就活写真用ショートヘアのダウンスタイルに合うぴったりな前髪

女性の場合、プライベートであっても迷いがちなのが前髪のセット方法なのではないでしょうか?

同じショートヘアやショートボブでも前髪の長さに違いがあると思いますので、ここでは前髪が長い場合と短い場合でのセットをご紹介していきます。

就活写真に適した前髪については、以下の記事で詳しく解説しています。参考にしてみてください。

前髪はどんなスタイルがいいの?女性の就活写真に適した前髪をプロが解説!

前髪が短い場合

前髪が短い場合は、横に流した前髪にセットすると良いでしょう。

その際、目・眉・額がしっかり出るようにセットしてください。片方であってもしっかり見せておくことで、顔全体の表情がより整って見えることから真面目な印象が浮かび、好印象へと繋がります

パッツンの場合でも就活写真を撮る際は必ず横に流してセットするようにしましょう。

前髪が長い場合

前髪が長い場合は、耳にかけて正面から見えないようにピンで留めるようにしましょう。

また、耳にかけた際に中央から耳までの中間の髪の毛がたるんでしまいがちです。

たるみすぎるとお洒落感が出て不真面目な印象を与えるため、耳上を適度に引っ張りたるみさがあまり出ないようにしましょう。

前髪が短い場合でも長い場合でも、眉毛・目・額が出るようにセットするのは必須です。

特に眉毛と目を出すことで、表情がよく分かるようになります。

せっかく髪の毛を綺麗にセットしたとしても、前髪が綺麗に整っていなくては意味がありません。

前髪が変わるだけでも、顔の印象はガラリと変わります。

また前髪を主として全体的にすっきりとさせることで、清潔感を出すことができますよ。

ショートヘアのダウンスタイルで撮影するときのセットポイント

ショートヘアやショートボブは結ばなくていいとは言え、適当にセットすればいいわけではありません。

ここでは、ショートヘアやショートボブのダウンスタイルで就活写真を撮るときのセットポイントをご紹介していきます。

セットポイント1:耳を出す

普段から耳を隠してセットしている女性も多いと思いますが、就活のヘアセットにおいて女性でも男性でもどの髪型でも耳を出すことはもはや必須です。

耳を出してセットすることで、顔や首回りがすっきりし、清潔感をもった爽やかな印象を与えることができますよ。

就活において必須とも言える清潔感も男女ともに耳を出すことによってより演出できます。

セットポイント2:綺麗なストレート

ショートヘアはロングヘアの結んでいる方々と比べ、表面の髪の毛や毛先が企業側からよく見られます

そのため、より綺麗なストレートヘアに仕上げ健康的で上品な印象を与える必要があります。また、就活写真の場合アホ毛やくせ毛も特に目立ってしまいます。

表面や毛先だけでなく、トップのアホ毛にも注意してしっかり抑えてください。

セットポイント3:毛先は内巻きワンカール

ショートヘアの場合毛先がちょうど首元にくるので、毛先が遊んでいると就活写真を撮った際に悪目立ちしてしまいます

少しだけでも内巻きにワンカールだけ巻くと、毛先が内側に向きより整って見えるため綺麗にセットすることができます。

ただし巻くのはあくまで毛先だけです。コテで巻く場合は何度も巻いてウェーブができないように注意しましょう。

セットポイント4:トップのアホ毛を抑える

意外と見落としがちなトップのアホ毛。就活写真を撮った際にアホ毛が非常に目立ってしまいます

正面から鏡でしっかりチェックしながら、アホ毛が出ないようにスタイリング剤で抑えるようにしましょう。

「マトメージュ 」のようなスティック型ワックスを用いて抑えるようにすると、簡単に綺麗に抑えることが可能です。

撮影直前のお直しにもちょうど良いので1つ持っておくと楽ちんですよ!

就活写真のショートヘアのダウンスタイルのセット方法

就活写真を撮る際のショートヘアのダウンスタイルのセットポイントは分かったと思います。

ここからはセット方法を手順ごとに詳しく説明していきます。

ぜひ説明を読みながら一緒にセットをしてみてください!

手順1:ヘアアイロンで綺麗なストレートヘアに

まずはストレートアイロンで綺麗なストレートヘアにしましょう。

くせが強くなかなかストレートにならない方は、市販で売られているストレート用のスタイリング剤をつけてから、ヘアアイロンをすると綺麗なストレートになりますよ。

具体的にはブラシで毛流れを整えて、上段と下段でブロッキングをしてください。下の髪の毛を根本からアイロンをして、全体が終わったら上段のブロッキングを外し同様にアイロンをしてください。

この時、後ろの髪の毛の綺麗さまで気にしなくても大丈夫です。正面しか写らないので、サイドとトップのみ念入りに行いましょう。

手順2:毛先を内側に軽くワンカールさせる

次に毛先のみを内側にワンカールさせましょう。

そのままストレートアイロンで毛先だけカールさせてもいいですし、コテで毛先だけ巻いても構いません。

コテで巻く場合は、巻きすぎないように注意が必要です。

あくまで自然な流れで内側にカールさせるだけに留めましょう。

なお、外ハネはカジュアルな印象となってしまうため、就活には向きません

手順3:スタイリング剤をつける

次にスタイリング剤を髪全体につけていきます。

ダウンスタイルで重要なのはまとまり感を出すことです。

ヘアミルクやヘアオイルをつけると、綺麗にまとまるのでオススメですよ。

ワックスを使う際は、つけすぎてしまうとギトギトになってしまい、就活写真を撮った際にストロボの光が反射してしまう場合があるので注意が必要です。

手順4:サイドの髪を耳にかけてピンで固定

最後に両サイドの髪を耳にかけてピンで固定します。

ここで伝えておきたいことは、就活写真で大事なのは正面からの見た目だけです。

サイドは写らないので、何本かピンを使ったり綺麗にピンを留めていなくても問題ありません

また、トップのアホ毛が出ていないかも確認しましょう。

どうしてもアホ毛が出てしまう場合はスプレーで固定すると良いでしょう。

就活写真用のショートヘアのダウンスタイルの仕上がりポイント

ここまでで就活写真用のショートヘアのダウンスタイルのセット方法やポイントをご紹介してきました。

おさらいすると、以下の通りです。

  • 髪はストレートで綺麗な毛流れになっていること
  • 前髪は横に流すか耳にかけ、眉毛・目・額が出ていること
  • 両サイドの髪も耳にかけ、耳が出ていること
  • 毛先は内巻きにワンカールし、毛先が遊んでいないこと
  • トップのアホ毛が出ていないこと
  • 全体的にまとまり感があること

ショートヘアやショートボブは結ぶ必要はありませんが、その分綺麗に見せるための努力が必要です。

くせ毛やアホ毛に気をつけて、眉・目・額・耳が出すように心がけるとよいでしょう。

髪のセットに自信がなければヘアセットプラン付きのお店で撮影してもらおう

ショートヘアのダウンスタイルのセットは意外と難しいと思います。

就活写真は勝負の一枚となるので、自信がない場合はプロに頼むのも一つの手です。

フォトスタジオにはヘアセット付きのプランもあることをご存知でしょうか?

プロが個人に合わせて就活写真に適したヘアセットを施してくれるので、自分でセットするよりも綺麗に写真が撮れるのは間違いありません。

写真もスピード写真機で撮影するよりも何倍も綺麗な仕上がりになるため、費用はかかりますが最高の一枚を撮るためにプロに依頼するのもよいでしょう。

就活写真のショートヘアのまとめ

今回、就活写真のショートヘアのセットについてご紹介してきましたが、いかがでしたか?
ショートヘアは清潔感や活発さ以外にも大人っぽさや洗練されたイメージを与えることも可能です。
一方で綺麗にセットできていないと、ボサボサでだらしないイメージともなってしまいます。
良いイメージを与える可能性を秘めている髪型なので、正しくセットして好印象を与えるようにしましょう。
好印象を与えるポイントは、トップにアホ毛がないこと、髪は耳にかけ襟足がきれいになっていること、目・眉・額が出ていることです。
この記事を参考にして、一度セットの練習をしてみてくださいね!
そして納得のいく就活写真を撮影し、就職活動に挑んで下さい!

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました