運転免許証の写真が気に入らないと悩む時代は終わり!写真の変更方法を紹介

はじめに

  • 「運転免許証の写真がブサイクに見えて気に入ってない」
  • 「免許証の写真をできれば撮り直したいな…」

今回はこんなことをお考えの方におすすめの記事です。
あるアンケートでは、他人に見せたくない写真NO.1が運転免許証です。
当てはまる方も多いことでしょう。
実は写真がただ気に入らないというだけの理由でも、写真を変えることができるのを知っていましたか?
今回は運転免許証の写真の変え方を解説いたします。
運転免許証の写真に悩んでいる方はこちらを読んでぜひ気に入った写真に変更してみてください。

ただ気に入らないという理由で免許証の写真が変更可能になった

「そもそも運転免許証の写真は撮り直しって出来るの?」と思いますよね?実は免許証の写真は変更が出来るようになったのです!
というのも2019年12月1日に免許証再交付の要件が大幅に緩和されたことで、どんな理由にせよ再交付の申請が認められるようになりました
これによって紛失・汚損・破損以外でも、記載事項変更等の際、裏面への記載ではなく表面を新しい表記にしたい場合や、写真を変更したい場合に再交付を受けられるようになりました。
写真が気に入らないというだけで再交付が可能になりますので、気に入った写真で免許証を作り変えることができるのです。

免許証をもらったその場で撮り直しではなく再交付申請をする必要がある

運転免許証の写真の変更は、新規取得や更新の際にその場で撮り直しをするのではなく再交付申請をする必要があります。
ここからは写真変更に伴う運転免許証の再交付方法について解説いたします。

運転免許証の写真を変更するときに知っておくべきこと

運転免許証の写真を変更するには、再交付申請が必要になります。
その際いくつか注意点がありますので、申請前には一通り確認しておきましょう。
以下より解説していきます。

【1】手数料がかかる

運転免許証の再交付には2,250円の手数料がかかります。
ちなみに更新期間中の方は免許更新と同時に手続が可能です。
更新期限までの間が短い方は、それを待ったほうがお得です。

【2】申請用に写真が必要

再交付申請用の写真が必要です。
こちらは免許証に使う写真ではありません
都道府県により使用する写真が異なりますので、お住いの都道府県警察のHP等でご確認ください。

【3】持ち込み写真を免許証に使えないことがある

せっかく運転免許証を再交付をするのですからお気に入りの写真を使いたいところですが、都道府県によっては免許センターで撮影した写真しか使えない場合があり、持ち込み写真はNGのところもあります
ちなみに東京は再交付で持ち込み写真を使用することはできません

免許証の再交付で持ち込んだ写真を利用するときの注意点

ここからは免許証の再交付で持ち込んだ写真を利用するときの注意点を解説いたします。
まずはお住いの都道府県で、持ち込み写真が使えるかどうかを確認しておきましょう。

【1】事前に予約が必要か確認

写真が持ち込める場合でも、再交付には予約が必要な県もあります。
また再交付は原則住民票のある警察署や運転免許試験場、運転免許センターなどで行います。
取り扱いのない警察署もありますので、必ず事前に予約の有無と交付場所を確認しておきましょう。

【2】規定を守った写真を撮る

公的な証明書である運転免許証に使う写真には細かく規定があります。

  • ・サイズは縦3.0㎝×横2.4㎝でフチなし
  • ・宗教上、医療上の理由を除き無帽。頭を覆うバンダナやスカーフもNG
  • ・正面を向いていること
  • ・胸から上、上三分身が写っていること
  • ・頭や耳が切れていないこと
  • ・明るすぎたり暗すぎたりせず、濃い陰影がないこと
  • ・色付きのサングラスや色彩の強いカラーコンタクトをつけないこと
  • ・無背景
  • 参考:警視庁 各種申請用写真のご案内

規定外の写真では受付してもらえず、二度手間になってしまうので規格に合った写真を用意しましょう。

【3】スキャンにより画像が粗くなることがある

持ち込み写真の場合には、免許証に写真を印刷する過程でスキャンすることにより画像が粗くなることがあります
実際の仕上がりでは、色や画質が落ちて交付されることもあり得ることを考慮しておきましょう。

運転免許証の写真を変えるための手続き

ここまで注意点等お伝えしてきましたが、ここからは実際に運転免許証の写真を変える手続きについて解説していきます。
運転免許証の申請に必要なものから手続き方法まで詳しく解説していきますね!

運転免許証の申請に必要なもの

運転免許証の写真を変える場合でも、申請には写真以外に必要なものがあります。
1つでも当日忘れてしまっては受付してもらえませんのでしっかり確認しておきましょう。

免許証以外の本人確認書類

免許証の再交付には、お手持ちの免許証以外の本人確認書類が必要です。
使用できる本人確認書類は以下になります。

    • 【1点のみで良いもの】

パスポート、写真付きの個人番号カード(通知カードは不可)、住民基本台帳カード、
在留カード、写真付き障害者手帳

    • 【異なる種類のものを組み合わせで二点以上必要なもの】

住民票、保険証、年金手帳、預金通帳(キャッシュカード)、クレジットカード、納税通知書、公共料金(電気、ガス、水道、電話等)の請求書等

申請用の写真

免許証に使う持ち込み写真とは別で、申請用の写真が必要です。
サイズは3.0×2.4と免許証に使うサイズと同じことが多いです。
詳しくはお住いの都道府県のHPなどでご確認ください。

現金2,250円

免許証の再交付には手数料2,250円がかかります。
以前は3,500円かかりましたが、令和元年12月1日の道路交通法等改正により減額されました。

持ってる免許証

免許証の再交付には、紛失の場合を除きお手持ちの免許証を必ず持っていきましょう
現在の免許証がないと再交付申請を受付してもらえません。

印鑑

印鑑も必要ですが、スタンプ式・シャチハタは認められず使用ができません。そのため朱肉を使用するタイプの認印・実印をお持ちください。

運転免許証の手続きの手順

ここからは具体的に、運転免許証の再交付の手続きの手順についてご紹介します。

【1】免許センターで申請書類を記入

免許センターで、窓口に設置してある運転免許証再交付申請書を記入します。
住所・氏名・年齢から昼間連絡の取れる勤務先などの情報や手持ちの免許証番号などを記入します。
スムーズに手続きに進むために、ミスや漏れなく記入しましょう。

【2】受付してもらう

運転免許証再交付申請書の記入が終わったら受付に提出します。
記入漏れなどが無いかを確認後、手数料2,250円を支払います。

【3】写真撮影

写真の持ち込みが不可の場合は、ここで新しい免許証に利用する写真撮影になります。
新しい写真が気に入るように、身だしなみやメイクを入念にチェックしましょう。

【4】免許証交付

受付から写真撮影が終了して免許証の発行が終わるとその場で交付してもらえます。
運転免許試験場や運転免許センターなら、基本的には運転免許証は即日再発行されます
ただし警察署で再交付の手続きを行う場合には、交付までにおよそ2週間程度かかります。

免許証写真が気に入らないときの変更方法まとめ

いかがでしたでしょうか。
今回は、運転免許証の写真が気に入らない時の変更方法について解説いたしました。
新しい免許証の写真が、持ち込みOKの場合は時間をかけて納得いくまで撮影することができますが、その場で撮影するときは時間が限られています。
前回の写真で何が気に入らなかったのかを考え、再撮影の際は、同じ失敗をしないようにしっかり準備を整えて、再交付へと向かいましょう

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました