アイコン:目次目次

もくじをタップするとページ内を移動します

運転免許証の写真でピアスはどうなの?写真の条件やOKアイテムの特徴を紹介

本サイトはプロモーションを含む場合があります。
運転免許証の写真でピアスはどうなの?写真の条件やOKアイテムの特徴を紹介6

はじめに

運転免許証は提示頻度が非常に高い身分証明書です。 だからこそ「免許証は少しでも明るく、おしゃれに撮りたい」と感じる方が多いのではないでしょうか? でもそもそも運転免許証の写真で、ピアスやアクセサリーはOKなのでしょうか。 そんな不安を解消するために、今回は運転免許証の写真の条件やOKアイテムの特徴を紹介していきます。 ピアスはおしゃれに欠かせないという女性にとって必見の内容です。 もちろんピアスを愛用している男性も本記事をぜひ参考にして、素敵な運転免許証を作ってくださいね。

運転免許証の写真にも守るべき条件があるの?

運転免許証の写真でピアスはどうなの?写真の条件やOKアイテムの特徴を紹介3
まず運転免許証は公的身分証明書であり、本人確認するために使用する代表的な身分証明書です。 そのため一緒に印刷される写真も、国が定めた規格をクリアしていなければ申請が通ることはありません。 例えば写真を持ち込む場合、写真のサイズは縦3.0cm×横2.4cm、正面からの写真、上三分身など細かく規定されています。 今回紹介するピアスは規格に触れると撮り直しになることも。 守るべき条件を把握し、撮影に臨むようにしましょう。

ピアスは運転免許証写真の条件に違反する?

運転免許証の写真でピアスはどうなの?写真の条件やOKアイテムの特徴を紹介4
結論から言うとピアスは運転免許証の写真で着用OKです。 地味な顔になりやすい運転免許証の写真で、アクセサリーOKはうれしいですよね。 しかしポイントを押さえていなければピアスはNGになってしまいます。 条件を満たすピアスの特徴も覚えておきましょう。

運転免許証の写真でピアスがOKな理由

ピアスによって身分証明が困難になることは滅多にないため、ピアスは基本的に着用OKになっています。 なぜなら身元確認は目や鼻口等のパーツの位置、輪郭や全体的な人相から総合的に判断しているからです。 ピアスによって著しく顔の輪郭が損なわれていない限り、ピアスを着用しても問題にはなりません

運転免許証でピアスつけたい人必見!条件をクリアするピアスの特徴

運転免許証の写真でピアスはどうなの?写真の条件やOKアイテムの特徴を紹介1
ピアスの条件がクリアされていなければ、申請に時間が掛かってしまいます。 運転免許証で着用OKなピアスの特徴を見ていきましょう。

条件OKなピアスの特徴1:小さめでシンプルなデザイン

基本的に運転免許証の写真のピアスは小さめでシンプルなデザインが原則です。 なぜなら運転免許証写真の基準表にも、顔の輪郭や頭部が隠れてしまう写真はNGという記載があるからです。 著しく大きなピアスは、担当者に外すように指示される可能性があります。 急遽はずさなければならない場合、変えのピアスがなく耳元が寂しいまま写真を撮る羽目になりかねません。 そうならないためにも、始めから小さめのシンプルなピアスを着用することをおすすめします。

条件OKなピアスの特徴2:明らかにピアスと判るもの

写真に写っているものが何なのかが、はっきり判るピアスを選ぶことが必要です。 なぜなら肌なのかピアスなのかが判らない場合、緊急時の身元確認が困難になる可能性があります。 例えばシリコンピアスやピンク、ベージュ系のピアスは肌に馴染みやすく境が判りずらいためNGになるケースが高いようです。 お気に入りのピアスが使用できない可能性を踏まえて、アクセサリーは複数持参することをおすすめします。

ピアスをつけた運転免許証写真で気をつけてほしいこと

運転免許証の写真でピアスはどうなの?写真の条件やOKアイテムの特徴を紹介5
「規格を確認して免許更新に行ったのに申請が通らなかった‥」 スムーズに行かない申請はストレスが溜まりますよね。 ストレスを抱えないためにも更新前に覚えておきたい、ピアス着用の注意点を紹介していきます。

注意点1:本当に写真がOKとなるかは提出しないとわからない

ピアスの選択で難しいことは細かな基準がないことです。 具体的に何mm以上のピアスはNGといった基準がないため、提出した先の判断となります。 また都道府県によっても若干条件が違うこともあるので、提出した先の判断となってしまうのが現状です。 写真撮影の担当者がOKを出しても最終的な判断は、別部署が行うため「申請が通らなかった‥」という事例が発生しています。 ぬか喜びにならないためにも、「申請に通らないかもしれない」という保険を心の中で掛けておきましょう。

注意点2:身元確認の際に時間を要することがある

OKギリギリのピアスで申請が通った場合、身元確認の際に不必要な時間を要する可能性があります。 例えば女性はメークの雰囲気や髪型によって、ピアスのデザインや大きさを変える方がほとんどです。 免許証受け取り時の身元確認の際、撮影時と同じピアスを着用しているとも限りません。 アクセサリーの有無は印象に大きく影響するので、見る人によっては本人かどうか判らず、写真とは別人に見えてしまうこともあります。 免許証を受け取ることはできても、無駄な時間と説明をしなければならない可能性もあります。 ピアスを着用して撮影したい方はこの点も覚えておくと良いでしょう。

運転免許証写真を写真スタジオで撮影するメリット

運転免許証の写真でピアスはどうなの?写真の条件やOKアイテムの特徴を紹介2
スタジオでのメリットは、やはり高品質の写真が撮れることです。 免許センターでの撮影はほぼ流れ作業のように数を捌くため、担当者が確認しているのは「規格を満たしているどうか」だけかもしれません。 しかし写真スタジオなら規格はもちろん自然な表情で撮影できるよう、あなただけのために時間を割いてくれます。 しかも写真映えするメイク術を施してくれるだけでなく、自分の写真写りをその場で確認することもできます。 またスピード写真は撮り直し回数が少ないですが、スタジオなら納得いくまで撮影OKです。 プロのスタジオなら免許センターでの緊張感から解放された、素敵な1枚を撮影してくれますよ。

運転免許証の写真におけるピアスまとめ

いかがだったでしょうか? 本記事では運転免許証でのピアスの有無について解説してきました。 ピアスを付けたままでも撮影OKと知って、安心した方もおられるかもしれません。 しかし顔の輪郭が隠れない、肌との区別がはっきりつくなどの規格をクリアしていなければNGになってしまう可能性もあります。 運転免許証は本人確認書類として使用頻度の高い身分証明証です。 だからこそ少しでもおしゃれに、自信を持って提示できる免許証に仕上げたいものです。 今回紹介したポイントをぜひ参考にして納得のいく写真を撮影してくださいね。
トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました