ボブで就活写真を撮りたい人へ!おすすめの髪型やセットポイントとは

はじめに

女子就活生の皆さんこんにちは!就職活動は順調でしょうか?

ところで、就活写真撮影時の髪型はもう決まっていますか?

恐らく、「そろそろ証明写真も準備しなきゃなあ・・・」と思いつつも、あなたの髪型が就活証明写真に適しているかまで確認できていませんよね。

女子就活生の髪型といえば、後ろにまとめたアップスタイルを思い浮かべる方も多いと思います。しかし、髪が短い方は結ぶことができませんよね。そんな時におすすめなのが「ボブスタイル」です。

今回は、就活写真にふさわしい、ボブのおすすめの髪型やセットポイントをご紹介いたします。

就活写真を撮影するときにボブは結ぶ?結ばない?

まず最初に、「ボブってどんな髪型なのか」について説明します。

『ボブ』とは、髪が肩につくかつかないぐらいの長さで、トップから全体的に丸みを帯びたスタイルのことです。

ワンレンボブやゆるふわボブ、ショートボブなど様々なスタイルがあり、人気の髪型です。

さて、就活写真撮影の場合は、どんなボブが適しているのでしょうか?

長さ的には、結べるボブも多いので、きちんとした印象を与えるために結んでしまうのもありです。

しかし、スタイルによっては結ばなくても全く問題はありません

特に、全体をきれいに結びきれない長さの場合は、無理して結ぶより下ろしていたほうが良いです。

結ばない場合、ボブでできる髪型はダウンスタイルかハーフアップになります。

今回はこの2つの髪型で、就活写真にふさわしいスタイルをご紹介します。

志望業界が求める人材の印象と、ご自分の顔つきに似合うほうを選んでみてください。

就活写真の撮影でボブにおすすめの髪型2選

ボブの髪型について、お分かりいただけましたでしょうか。

ここからは、具体的にボブにはどんなスタイルがあり、どんな髪型が就活写真に適しているのか、スタイル別に見ていきたいと思います。

(1)ダウンスタイル

ボブのダウンスタイルとは、結ばずに下ろした髪型のことです。

ボブのダウンスタイルと言っても、前髪、パーマの有無や、耳に髪をかけるかどうかでもまったく印象が異なってきます。

女性らしく可愛らしい印象を相手に与えるため、就活時にもそれを生かして柔らかい印象を与えることができます。

ただし、就活には柔らかい甘さだけではなく、大人っぽいしっかりとした印象も大事です。
そのために、ボブの優しい雰囲気の中に、しっかりしたアレンジを加えることが大切です。

ボブでダウンスタイルにするときの髪の長さ

ボブでダウンスタイルにする時の、就活写真に適した髪の長さは、耳下から肩につかないぐらいの、ボブの中でも短めの長さです。それ以上長くなると、不潔な印象や、カジュアルなイメージを持たれてしまいます。

それ以上長い場合は、結んでまとめてください。

要は、ぱっと見たときに結べるような長さならダウンスタイルは不向きです。

まとまりにくい場合は、ヘアスプレーなどを使って形をキープしましょう。

就活写真のダウンスタイルにぴったりな前髪

ボブの長さが決まったら、次は前髪です。

就活で好印象を与えるボブの前髪は、ワンレンボブです。

ワンレンボブとは、前髪の長さがサイドの長さと同じ髪型のことです。

ボブの柔らかさの中に、クールですっきりした印象を添えることができます。

芸能人やモデルにも人気で、スタイリッシュなスタイルです。

それほど長さがない方や、額を出すのに抵抗のある方は、前髪を下ろして横に流すスタイルもおすすめです。眉毛と額が出ていると、明るく知的に見えます。

逆に、長い前髪をそのまま下ろしていたり、個性的なぱっつん前髪はおすすめできません。暗い印象や幼い印象を与えてしまい、逆効果です。

前髪は、ワンレンか横流しのどちらか似合うほうを選びましょう。

ボブの就活写真でダウンスタイルにセットするときのポイント

ボブの前後の長さが決まったら、次はダウンスタイルのセットです。

就活写真にふさわしい、セットのポイントをご紹介します。

ポイント1:サイドの髪を耳にかける

普段のボブでは、耳を隠すスタイルが多いと思います。可愛くて、小顔効果があるからです。

しかし就活ではどうでしょうか。就活では可愛さよりも、すっきりとした清潔感や意志の強さが優先されます。

ボブのサイドの髪を耳にかけて、できるだけ顔をはっきり出しましょう。

そうすることで、意思のはっきりした顔立ちになり、目力もアップします。

耳を隠して写真を撮るとその部分が陰になってしまいますが、耳にかけることで顔にライトがあたり、明るく見えるのもポイントです。

また、写真撮影時だけでなく、本番の面接でも耳にかけておきましょう。お辞儀をした後に髪が落ちてこないようにするためです。

お辞儀の度に髪を直すのはみっともなくてマイナスイメージになってしまいます。

ポイント2:毛先は内巻きに

就活写真のボブでは、毛先を内巻きにするのがおすすめです。

まとまりのあるスタイルとなり、清潔感を演出できます。

スタイリング剤やコテなどを使って、内巻きボブを作りましょう。

毛先まで写真に写るので、髪の毛全体を丁寧に仕上げるのがポイントです。

逆に外巻きは、カジュアルに見え、幼い印象になってしまうためNGです。

撮影前には、はねているところがないか細かくチェックしてください。

ボブの就活写真用ダウンスタイルのセット方法

ここまで、ボブのダウンスタイルのポイントについてご紹介しました。

ここからは、具体的なスタイル作りの手順になります。

根元から毛先まで、全て写真に写りますので、手順通り、丁寧にスタイリングをしてください。

手順1:髪をストレートにする

最初に、髪をストレートにします。

ボブははねやすいので、最初にしっかりストレートにしてまとまりとツヤを作ります。

まず、クセがでやすい部分から乾かしていきます。具体的には、前髪、バックのつむじまわり、右側、左側の順番になります。

各パーツの乾かし方は以下になります。まず濡れた髪全体を荒めのコームで解かします。

⑴前髪

フロントトップから前髪を真ん中で分け、左側の前髪は右方向に、右は左方向にと、逆方向に優しく引っ張り、根元から毛先まで弱風で乾かします。

そうすることで、トップから放射状に、真っすぐになります。

⑵バックのつむじまわり

前髪と同様、バックの上のほうの髪を左右に分け、逆サイド方向にひっぱり、毛先までしっかり乾かします。

前髪同様、放射状できれいに整います。

⑶右側、左側

左右サイドからバックの順に乾かします。

右の髪はつむじの関係で後ろに向かって生えている方が多いので、前に向って、根元にしっかり風を当ててから毛先まで乾かしていきます。

左は逆で、前に向かって生えているので、後ろに向かって乾かします。

このようにパーツを分けて丁寧に乾かすことで、ドライヤーだけでストレートになります。

手順2:毛先を内側にワンカールする

きれいなストレートが作れたら、次は毛先を内巻きにしていきます。

自然なカールを演出するストレートアイロンと、可愛くボリューム感が出るコテで作る方法があります。

就活写真ではすっきり自然な内巻きが好ましいので、ストレートアイロンの方法をご紹介します。

まず髪を内側・外側に分けてブロッキングします。

そして内側から巻いていきます。

5cm幅ぐらいの毛束を取り、髪の中間から毛先に向かって円を描くようにアイロンを滑らせます。毛先は内巻きにアイロンを返してアイロンを抜きます。

外側も同じく5cm幅の毛束にアイロンをかけていきますが、今度は根元からアイロンを当てて、大きめの円を描き、毛先を内巻きに仕上げます。

外側は、一束ずつ交互に根元から・中間からアイロンを当てていくと、立体感が出ます。

手順3:スタイリング剤を髪に馴染ませる

内巻きカールがきれいに仕上がったら、スタイリング剤で仕上げていきます。

内巻きボブはゆるいカールなので、実はきれいな状態をそのままキープするのが難しいのです。なので、この状態できれいにできていても、必ずスタイリング剤で仕上げます。

おすすめのスタイリング剤は、ワックスやヘアクリームやヘアミルクです。

ムースやオイルは水分が多いため、逆にカールがゆるみやすくなるためおすすめしません。

スタイリング剤を手のひらになじませ、髪の中間から揉みこむようにつけていきます。

毛先はまとめて、束感を出します。

最後に全体にソフトスプレーをかけて、ツヤとまとまりを出します。

がっちり固める必要はないので、ソフトな艶出しスプレーで十分です。

手順4:耳を出しサイドの髪を固定する

全体のスタイルが仕上がったら、サイドの髪を耳にかけて固定します。

耳にかけるだけでは安定しないので、耳の上にピンで固定し、ピンには髪をかぶせて隠しましょう。本番でもピンをしておくと、お辞儀の時に髪が乱れないので安心です。

(2)ハーフアップ

ボブでは、顔周りがすっきり見える、ハーフアップもおすすめです。

ハーフアップとは、左右の耳上から後ろの髪の毛を、後ろで一つにまとめた髪型です。

アップとダウンスタイルの中間ということで、女性らしく上品な印象を与えることができます

また、両耳を出すことで明るさや清潔感も演出できます。

ボブでハーフアップにするときの髪の長さ

ボブでハーフアップにする場合には、ある程度長さがあったほうが良いです。

短いハーフアップだと逆に幼い印象になってしまいます。

おすすめの長さは、肩につくぐらいの長さで、サイドの髪を後ろで結んでも余裕のなる長さです。

就活写真のハーフアップにぴったりな前髪

就活写真のハーフアップにぴったりな前髪は、少し長めの前髪で、左右どちらかに分けた横流しか、耳にかける斜め分けです。

すっきり分けて、必ず眉毛と額が見えるようにしましょう。

短い前髪でも、まっすぐ下ろすと幼い印象になってしまうので、斜めに流してください。

オールバックは気が強く見えたり、老けて見える場合があります。

ボブの就活写真でハーフアップにセットするときのポイント

次に、就活写真にふさわしい、ボブのハーフアップのポイントをご紹介します。

ポイント1:サイドの髪をしっかり固定

サイドの髪を垂らすハーフアップは可愛いですが、就活には不向きです。

サイドの髪はきっちりまとめて、顔全体と耳がきれいに見えるようにしましょう。

スタイリング剤やピンを使ってきれいに固定できます。

具体的な方法は後ほどご紹介します。

ポイント2:綺麗なストレートヘアに

ハーフアップでは、ダウンスタイルのように内巻きにしてしまうと、くどい印象になってしまうので、ハーフアップにする場合は、すっきりとしたストレートヘアにします。

肩のあたりはちょうどはねる長さですが、ボブは毛先まで写真に写るので、気を抜かずに毛先まで真っすぐな髪を作っていきます

ボブの就活写真用ハーフアップのセット方法

次は、具体的なボブの就活写真にふさわしいハーフアップのセットの仕方についてご紹介します。

頭のてっぺんから毛先まで、全て写真に写りますので、丁寧にスタイリングしていきます。

手順1:髪をストレートにする

髪をストレートにする方法は、ダウンスタイルでご紹介したやり方と同じです。

ドライヤーでうまくいかない場合は、ストレートアイロンを使う手もあります。

今回はストレートアイロンで仕上げる手順をお伝えします。

まず、乾いた髪を全体的に丁寧にブラッシングします。

その後、両サイドの髪を残して、後ろを上下左右4つにブロッキングします。

次に、サイドの髪からアイロンを当てていきます。

5cmぐらいの毛束を取り、根元3cmぐらいのところから、軽くアイロンを2回滑らせます。

その後、同じところから、今度は空いてる手で先端リブをしっかりつかみ、斜め下方向に引っ張りながら伸ばしていきます。

中間ぐらいからは、斜め方向から下方向にアイロンの角度を変えて、地面に垂直に下ろしていきます。

何度もアイロンを当てたり、長時間当てるのは逆効果です。

手順2:スタイリング剤を髪に馴染ませる

髪がまっすぐに整ったら、アップを作る前にスタイリング剤を使います。

ワックスを髪全体にうすくなじませます

そうすることでまとまりが良くなり、アホ毛も防げます。

べたつくと不潔な印象になってしまいますので、軽くなじませる程度で大丈夫です。

手順3:耳上のラインで髪をわけとり後ろで結ぶ

耳上の髪を後頭部までまっすぐにとり、ゴムで結びます。

ゴムはできるだけ地肌近くに結びます、そうすることで、毛束が浮くのが抑えられます。

毛先を下にひっぱりながら結ぶと、より地の髪に馴染みます。

結んだら、ゴムの部分だけを地肌に押し当て、ゴムの少し上の髪をつまんで引き出します。そうすることでゴムの浮きを押さえます。

ゴムはシリコンゴムが目立たずおすすめですが、毛量が多い方は太めのゴムでも大丈夫です。その場合、毛束が浮かないようにしっかり押さえましょう。

手順4:サイドの髪を固定してスプレーする

サイドの髪が出ていたり、乱れていると就活写真ではとても目立ってしまいます。

耳上には根元にクリームやワックスをうすくつけて馴染ませます

さらに、耳元の髪をゴム方向へつまんでひっぱり上げ、髪の流れに垂直に、下からピンをさします。

ピンは地肌にぴったり当て、固定出来たら上の髪で覆って隠します。

きっちり仕上がったら、全体的にスプレーをして、固めてツヤを出します。

トップのアホ毛は、目の細かいコームにスプレーを吹きかけて、寝かせるようにとかします。

髪のセットに自信がなければヘアセットプラン付きのお店で撮影してもらおう

ここまでボブの、ダウンスタイルとハーフアップの方法をご紹介しましたが、スタイリングに不安のある方は、プロにお任せするのもおすすめです。

就活の証明写真が撮影できるフォトスタジオや写真館では、オプションでヘアメイクをつけられるところもたくさんあります。

一度プロに仕上げてもらえばコツが分かるので、本番では自分できれいにセットすることもできるでしょう。

ご自分の顔や、希望業界にあったボブスタイルを提案してもらえるのも、セットプランならではのメリットです。

就活写真のボブの髪型のまとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は就活写真にふさわしい、ボブの髪型についてご紹介しました。

気に入ったスタイルは見つかりましたでしょうか。

カジュアルや可愛らしいという印象が強いボブですが、スタイリングによっては就活にふさわしい髪型でもあることが、お分かりいただけたかと思います。

ボブのフレッシュで清潔感ある髪型で、就職活動がうまくいきますよう、願っております。

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました