フォトウェディングの花嫁ドレス|形・色・ブランド・体型・年代別の選び方

はじめに

結婚するカップルの間で最近増えてきているのが、大人数での結婚式や披露宴を行わず写真撮影のみをする「フォトウェディング」です。
一般的な前撮りとは違い、二人での撮影の他に家族写真を撮影したり、少人数での挙式や会食ができるプランもあり人気となっています。
そんなフォトウェディングですが、写真のみとはいえ花嫁さんはやっぱりドレスにはこだわりたいですよね!
今回は、一生に一度のフォトウェディングに自分にぴったりのドレスを見つけて素敵な思い出にするために、形・色・ブランド・体型・年代別のドレスの選び方をご紹介します。

フォトウェディングの花嫁ドレスの注意点

フォトウエディングをすると決めたら、まずはどんな衣装で撮影したいかを考えてみましょう。
ドレスの場合は、どうやって、どのようなものを用意するか、準備にもいくつか注意点があるので詳しくご紹介します。

フォトウェディングでドレスを着用する1:レンタルか購入か

フォトウェディングのドレスは、レンタルまたは購入して用意することができます。
レンタルは、撮影をお願いする写真館でできる場合もありますし、写真館と提携しているレンタル衣装のお店や、自分でレンタル専門店やネットショップで借りることもできます。レンタルの場合は、購入すると高額になる高級ブランドのドレスなども比較的リーズナブルに着ることができるというメリットがあります。
花嫁のドレスを購入する場合、レンタルに比べて費用がかかることもありますが、自分の体型にぴったりのものをオーダーできるところがメリットになります。
自分のこだわりたいポイントや予算に応じて決めましょう。

フォトウェディングでドレスを着用する2:レンタルなら試着をしよう

フォトウェディングのドレスを購入の場合は、花嫁さんの身体のサイズを実際に測って、それに合うものをオーダーできるのですが、レンタルの場合はある程度サイズが決まっているので必ず試着をして体型に合うものをじっくり探しましょう。
自分の感じる着心地の良さと写真写りの良さは違うこともあるので、試着した際にはスマホやデジカメで撮影して後から見比べるのがおすすめです。

フォトウェディングでドレスを着用する3:購入なら持ち込みが可能か

フォトウェディングのドレスを購入する場合は、購入したものを持ち込み可能かどうかを写真館に確認しておきましょう。
お店によっては持ち込み料が発生したり、撮影プランに衣装代などが含まれているものもあるので、購入で持ち込みの場合はどうなるのか事前に相談しておくと安心ですね。また、ドレスの持ち込みはいつまでにしなければならないのか、どのように運搬するかも検討しましょう。

フォトウェディングでドレスを着用する4:花嫁ひとりで決めない

ドレス選びは、花嫁さんひとりで決めるより周りの意見も参考にするほうが後悔がありませんよ。
「じゃあ誰と決める?」となった時、やはり一番はパートナーの花婿さんですね。自分の着たいデザインがある程度絞れたら、パートナーから見て「似合う!」「可愛い!」と思ってもらえるドレスという視点も選ぶポイントとして取り入れてみましょう。
花婿さんの衣装とのバランスを見ながら選べるというのも素敵な写真を残すためのポイントです。また、「当日まで彼にドレス姿を見せたくない!」という方にはお母さんや姉妹と選ぶのもおすすめです。
家族なのではっきりと的確な意見がもらえたり、結婚までに親子水入らずの時間が作れるというのもいいですね。

フォトウェディングでドレスを着用する5:時間に余裕を持って選ぶ

一生に一度のドレスなので、短い時間で焦って決めてしまうことのないように、時間をかけてじっくり選ぶことをおすすめします。
写真館や貸し衣裳のお店には数多くのドレスが用意されているので、フォトウェディングをすると決めたら事前にWeb検索や雑誌などで自分の着たいドレスのイメージを固めておくとお店で混乱しませんよ。
迷っている場合は試着したその日に決まらなくてもOK!試着時の写真を見て家でじっくり考えたり後日再度試着したりしながら、満足いく一着を決めましょう。

花嫁のフォトウェディング撮影用ドレスの選び方とは

ここからは、フォトウェディング撮影用のドレスの選び方を種類(形)・色・ブランド・体型のお悩み・年代の5つに分けて解説していきます。
素敵な写真が残せるようにぜひ参考にしてみてください!

フォトウェディングドレス選び1:ドレスの種類(形)から選ぶ

ドレスを選ぶ時のポイントとして、ドレスの形にはある程度形が決まっているということを知っておくと着たいドレスのイメージが固めやすくなります。
そしてそれぞれの形には似合う体型やなりたい印象にも違いがあるので、ここでは大きく分けて6種類のドレスの形をご紹介します。

ウェディングドレスの定番の種類1:Aライン

引用元:weddingpark

Aラインとは、シルエットがアルファベットの「A」のように裾広がりの形になっているドレスのことです。ウェディングドレスのデザインでは上半身はすっきりとしていて、シンプルで上品な印象のものが多いです。
ウエストの位置が高く、裾にかけて広がっているので脚が長くスタイルも良く見えます。

  • 【こんな花嫁におすすめ!】
  • ・小柄で身長を高く見せたい花嫁
  • ・首が短かったり、肩周りの盛り上がりにコンプレックスがある花嫁
  • ・どんな体型にも似合う
  • ・どんな年代にも似合う

ウェディングドレスの定番の種類2:プリンセスライン

引用元:la-viephoto

プリンセスラインは、名前の通りお姫様が着ているようなふんわりと膨らみのある形が特徴のドレスです。
Aラインのドレスに比べると、ウェストから裾にかけてのボリュームが大きく、レースやフリルの装飾が多く可愛らしい印象を与えます。
とても華やかで、まさにウェディングドレスの王道と言えるデザインです。

  • 【こんな花嫁におすすめ!】
  • ・お尻や脚など下半身にコンプレックスのある方にもおすすめ
  • ・どんな体型にも似合う
  • ・小柄な人が着ると可愛らしく、身長の高い人が着るととてもゴージャスに
  • ・妊娠中でお腹周りを自然に隠したい花嫁

ウェディングドレスの定番の種類3:ベルライン

引用元:canddingdress

ベルラインは、鐘のような形に広がった裾が特徴形のドレスです。
キュッと絞ったウエストと腰回りのボリュームがメリハリのあるデザインで、エレガントで気品溢れる印象を与えます。
横のラインのボリュームがあるプリンセスラインに対し、ベルラインは縦のラインを意識したボリュームとなっています。

  • 【こんな花嫁におすすめ!】
  • ・どんな体型の人にも似合う
  • ・下半身をカバーしたい花嫁、上半身を短く見せたい花嫁
  • ・美脚に自信のある花嫁はミニ丈のベルラインもおすすめ

ウェディングドレスの定番の種類4:マーメイドライン

引用元:weddingpark

マーメイドラインは、膝までは身体にぴったりとフィットする形で、膝から下にボリュームをもたせた人魚の尾ひれのようなセクシーなシルエットが特徴のドレスです。
身体のラインが強調されるので女性らしくエレガントな印象を与えます。

  • 【こんな花嫁におすすめ!】
  • ・バスト、ウエスト、ヒップのメリハリがある体型の花嫁
  • ・スリムで高身長の花嫁
  • ・海外風、スッキリしたフォトウェディング撮影向き

ウェディングドレスの定番の種類5:スレンダーライン

引用元:weddingpark

スレンダーラインは、ウェストから下の部分にボリュームのない、ストンとした細いシルエットが特徴のドレスです。
シンプルながらも身体のラインが強調され、上品で大人っぽいシックな印象のデザインです。

  • 【こんな花嫁におすすめ!】
  • ・高身長でスレンダーな体型の花嫁
  • ・バスト、ウエスト、ヒップにメリハリのある体型の花嫁
  • ・神聖なイメージのフォトウェディングを撮影向き

ウェディングドレスの定番の種類6:エンパイアライン

引用元:pinterest

エンパイアラインは、胸の下で切り替えてありスカート部分が長い作りのドレスです。
ウェディングドレスはウエストで切り替わっているデザインが多い中、このシルエットは個性的で、女神様のようなナチュラルな美しさを思わせる雰囲気が漂っています。
お腹を締め付けないので授かり婚の花嫁さんにもおすすめです。

  • 【こんな花嫁におすすめ!】
  • ・お腹や脚、お尻などが気になる体型の花嫁
  • ・身長を高く見せたい花嫁
  • ・お腹に負担なくマタニティフォトも一緒に撮りたい花嫁

フォトウェディングドレス選び2:ドレスの色から選ぶ

フォトウェディングのドレスの選び方には色から選ぶ方法もあります。
ドレスには定番の白の他にピンクやグリーンなど様々なカラードレスもあるので、先ほど紹介したドレスの形と合わせて自分はどんな色が好きか、どんな色が似合うかも考えながら選ぶといいですね。

ウェディングドレスの人気色1:白

引用元:weddingdress.jp

ウェディングドレスの定番といえばやはり白!フォトウエディングでも絶対に一枚は残しておきたい色ではないでしょうか?
白の中にも純白の「ホワイト」、優しい印象になる「オフホワイト」、アンティークな雰囲気の黄色味がかった「アイボリー」など少しずつ印象が違うので、自分の肌の色や好みに合わせて選ぶことができます。

ウェディングドレスの人気色2:ピンク

引用元:weddingpark

ピンクのドレスは、肌の血色をよく見せてくれるので写真写りもぐっと良くなる色です。
ピンクの中でも、明るくビビットなピンクはガーリーで元気な印象、落ち着いたピンクは上品で優しい印象になります。

ウェディングドレスの人気色3:赤

引用元:weddingpark

赤のドレスはゴージャスで存在感たっぷり。情熱的で大人っぽい印象を与えます。
赤に挑戦したいけど似合うか心配という花嫁には、ピンクや白が混ざっているドレスを選んでみてください。
赤は明るい色と組み合わさると肌馴染みが良く抵抗なく着られます。

ウェディングドレスの人気色4:黄色・オレンジ

ビタミンカラーと言われる黄色やオレンジは明るく元気な印象を与えます。
肌の色を明るく見せてくれるのでフレッシュで若々しく、草木の緑との相性も良いので屋外ロケーションの写真にも映えるドレスです。

ウェディングドレスの人気色5:グリーン

引用元:dressy

グリーンのドレスは個性的な印象の色です。濃い緑やエメラルドグリーン・カーキなら神秘的で高貴に、明るい緑や黄緑ならフレッシュで爽やかになります。
ナチュラルウッドやレンガ、アンティーク家具の茶色との相性が良く、屋外でも室内でもおしゃれな雰囲気の写真に仕上がります。

ウェディングドレスの人気色6:水色

引用元:weddingpark

水色のドレスは爽やかで涼しげな印象で、春夏のフォトウェディングにぴったりの色です。
氷や雪を連想させる色でもあるので冬の撮影にもおすすめです。透明感があり、清楚なイメージの写真に仕上がります。

ウェディングドレスの人気色7:青

引用元:weddingpark

青のドレスは高級感と気品溢れる印象です。ドレスの形によって可愛らしくもクールにも見える色なので、幅広い年齢層の花嫁さんにも似合う色です。
撮影では肌の色を一層白く見せてくれる効果もあります。

ウェディングドレスの人気色8:ラベンダー

引用元:weddingpark

ラベンダーのドレスは個性的で落ち着きのある印象です。淡い色は透明感溢れる可憐なイメージ、濃い色は妖艶でクールなイメージになります。
撮影では白やグレーの背景にも映え、草花との相性も抜群です。

フォトウェディングドレス選び3:ドレスのブランド(デザイン)から選ぶ

ドレス選びの方法として、ドレスのブランドから選ぶというのもおすすめです。
ブランドによって様々な個性がありこだわりのポイントも違うので、それぞれのブランドの特徴を知れば自分の理想にぴったりのドレスが見つかります。

花嫁に人気のウェディングドレスブランド7選

では、ウェディングドレスにはどんなブランドがあるのでしょうか?ウェディングフォトを撮影した花嫁に実際に選ばれている人気のブランドをご紹介します。

ウェディングドレスの人気ブランド1:ユミカツラ

引用元:yumikatsura.com

日本で最もよく知られているウェディングドレスのブランドといえば「ユミカツラ」。
繊細な刺繍や美しいシルエットが特徴で、流行に左右されることない独自のスタイルは、どんな年代の方にもフィットし、日本のみならず世界中の花嫁さんに人気のドレスです。

ウェディングドレスの人気ブランド2:ハツコ エンドウ

引用元:hatsuko-endo

エステやヘアメイク、女性のトータルビューティーを手がける「ハツコエンドウ」のドレスは、上質な素材と洗練されたデザイン、着心地の良さが特徴です。
世界のトレンドを取り入れながらも、日本人の体型に合ったドレスを取り揃えています。

ウェディングドレスの人気ブランド3:メリーマリー

引用元:merry-marry

マーメイドラインのドレスを追求した「メリーマリー」は、花嫁一人一人にぴったりのドレスを提供するためオーダーメイドにこだわったドレスブランドです。
スタイルに自信のある人にしか着られないイメージのあったマーメイドラインに、独自の要素を取り入れることで親しみやすく様々な体型の花嫁さんにもフィットするドレスを取り揃えています。

ウェディングドレスの人気ブランド4:ジルステュアート

引用元:jillstuart-wedding

アパレルブランドやメイクブランドとしても世界中で人気の「ジルスチュアート」のウェディングドレスは、クラシカルでおしゃれなデザインが特徴です。
ナチュラルなカラーとシルエットでどんな肌色や体型の方にもフィットします。

ウェディングドレスの人気ブランド5:アントニオ リーヴァ

引用元:milanosposatokyo

「アントニオ リーヴァ」は、イタリアを代表する最高級のドレスブランドです。上質な素材と立体的なシルエットにこだわり、他にはない個性的なデザインが特徴です。
伝統的な装飾や技術と現代のトレンドを融合させてどんな花嫁さんにも似合うドレスを提供しています。

ウェディングドレスの人気ブランド6:ヴェラ・ウォン

引用元:hatsuko-endo

海外セレブリティや芸能人にも人気の高い「ヴェラ・ウォン」は、洗練された美しいシルエットと軽い着心地にこだわった上質な素材が特徴のブランドです。
縦のラインが強調されたデザインが多いのでスタイル良くスレンダーな印象に見えます。

ウェディングドレスの人気ブランド7:フィオクチュール

引用元:granmanie

イタリア発の「フィオクチュール」は、最上級のもののみを使用した高級感溢れる素材と、花やフリルなどをあしらったキュートでチャーミングなデザインが特徴です。
エレガントで優雅なシルエットはスタイルをより良く見せてくれます。

最先端デザイン!個性的なウェディングドレスブランド3選

定番人気のブランドの他に、最先端デザインを取り入れた個性的なドレスのブランドもあります。
「他の人と差をつけたい!」「個性をアピールしたい!」という花嫁さんにおすすめです。

個性的なウェディングドレスブランド1:ダナ・ハレル

引用元:danahareldesign

イスラエル発のドレスブランド「ダナ・ハレル」は、伝統にとらわれない先鋭的なデザインで海外セレブにも人気のブランドで2020年3月に日本に上陸したばかりです。
個性的なデザインだけでなく素材にも徹底的にこだわり、刺繍やビーズをふんだんに使った繊細な技術も兼ね備えています。 

個性的なウェディングドレスブランド2:サッチアンドバビ

引用元:destinyline

インド生まれの夫婦デザイナーによるニューヨーク発のブランド「サッチアンドバビ」は、海外では多くのセレブリティが愛用しているブランドです。
現代的ですっきりとしたシルエットが特徴で、ロマンティックでトレンド感のある装飾も魅力です。日本ではまだ知らない人も多いので、他の人とかぶりたくない!という花嫁さんにおすすめです。

個性的なウェディングドレスブランド3:ミラ ズウィリンガー

引用元:novarese

イスラエル発の「ミラ ズウィリンガー」は、トレンドに敏感は海外セレブにも注目されているラグジュアリーブランドです。
ハンドメイドのレースを使った繊細な装飾と大人の女性らしい洗練されたシルエットが魅力です。

フォトウェディングドレス選び4:体型のお悩みから選ぶ

ドレスの選び方として、体型のお悩みから選ぶ方法もあります。
自分の体型の長所をより良く見せ、コンプレックスを隠してくれるドレスの形を選べば、理想のスタイルの写真が残せます。

体型の悩み別ウェディングドレス1:二の腕が太い

引用元:weddingpark

二の腕が太いことを気にしている方におすすめなのが、チュールで二の腕を覆うようなデザインのドレスです。
ふんわりと透け感のある素材なので気になる部分のラインをぼかしてくれます。あるいは、長袖・7分丈のレースのドレスでがっつり隠しちゃうのも手です。

体型の悩み別ウェディングドレス2:肩幅が広い

引用元:weddingpark

肩幅が広めの花嫁さんにおすすめなのは、デコルテや肩が見えるビスチェor胸元がハートシェイプになっているタイプのドレスです。
肩幅広めの方は肩を隠した方がいいと思うかもしれませんが、あえて肩は見せ、スカートのボリュームや腕にレースがあしらわれているデザインでメリハリを付けて肩に注目がいかないようバランスを取ります。
撮影の時は真正面からではなく、少し体を横に向けるポーズにすると肩幅も目立ちません。

体型の悩み別ウェディングドレス3:顔が大きい

引用元:pinterest

顔が大きいことがお悩みの花嫁さんには、ハイネックのドレスや胸元にレースの装飾があるドレスよりもネックラインがすっきりとしたVネックのドレスや胸元がハートシェイプのドレスを選ぶのがおすすめです。
首から胸元がV字になっていることで、顔周りがすっきり見え小顔効果があります。また、撮影時にヘアスタイルやベールで顔周りをカバーするのもいいですね。

体型の悩み別ウェディングドレス4:太め体型

引用元:pinterest

全体的にふくよかな体型の方には、すそ広がりで全身がすっきり見えるAラインのドレスや、下半身にボリュームのあるプリンセスラインやベルラインのドレスがおすすめです。
高めの位置にウエストがくるデザインなら、脚長効果もあります。上半身はケープやベールを羽織ってさりげなく隠すのも
アリです。

体型の悩み別ウェディングドレス5:背が低い

引用元:annan

背が低いのが悩みの花嫁さんには、エンパイアラインやAラインでウエストが高めのデザインがおすすめです。
胸から下の縦のラインが強調されることで、スラっと身長が高く見えます。撮影の時は高めのヒールでバランスを取るといいですね。

フォトウェディングドレス選び5:花嫁の年代から選ぶ

似合うウェディングドレスは体型だけでなく、花嫁の年代によっても変わってきます。
その年代それぞれの魅力や、気になる部分などもあるので、ここからは年代別におすすめのドレスの種類をご紹介しますね!

30代の花嫁におすすめのウェディングドレス

引用元:pinterest

30代の花嫁さんは、20代のフレッシュさとはまた違った大人の上品さが魅力の年代です。可愛らしい印象になりがちなプリンセスラインやベルラインよりも、すっきりとエレガントなスレンダーラインやセクシーなマーメイドラインのドレスに挑戦するのもおすすめです。
カラードレスの場合はアンティークなグリーンや落ち着いたブルーでシックな装いも似合います。

40代の花嫁におすすめのウェディングドレス

引用元:innocentry

40代の花嫁さんの中には、体型の悩みやお肌の露出に抵抗がある方もいらっしゃるかもしれません。そんな方には胸元や腕周りをレースで覆ったデザインのドレスがおすすめです。さりげなく露出を抑えながら透け感もありエレガントでクラシカルな印象で、おしゃれな大人の女性にぴったりです。
体型が気になる方はウエストが高い位置にあるエンパイアラインやスレンダーラインのドレスを選ぶといいですね。カラードレスの場合は濃いブルーやエメラルドグリーンなどの気品ある色がおすすめです。

50代の花嫁におすすめのウェディングドレス

引用元:マイナビウェディング

50代の花嫁さんにおすすめなのは、上質な素材と装飾が魅力のラグジュアリーな総レースのドレスです。年齢を重ねながらたくさんの良い品を見てきた大人の女性ですので、デザインはシンプルなものでも質にこだわってみてください。
また、体型が気になる方はAラインやスレンダーラインのもの、お肌に悩みがある方はベールやケープを羽織って肌の露出を控えめにするといいですね。

フォトウェディングの花嫁ドレスが決まったら考えたいこと

ここまでいろいろな視点からドレスの選び方をご紹介してきましたが、ドレスのデザインが決まったら、合わせて身につける小物についても考えていきましょう。
ドレスとぴったりのコーディネートでさらに素敵なフォトウェディングになりますよ。

花嫁ドレス以外の検討事項1:グローブ(手袋)

ウェディングドレスに合わせるグローブは、伝統的には神聖な結婚式の場で過度な露出を抑えるためにつけるという意味があります。
フォトウェディングの場合はあまり気にする必要はありませんが、ドレスとのコーディネートとしてとても相性が良く、上品な印象になるのでおすすめです。
グローブには長いものと短いものがありますが、肘まで隠れるような長いものはフォーマルできちんとした印象、ミドル丈や手首までの短いものはカジュアルで可愛らしい印象になります。
素材もサテン生地のものやレースのものなど様々です。

花嫁ドレス以外の検討事項2:アクセサリー

ウェディングドレスに欠かせないのがアクセサリーです。基本的なアイテムは、ネックレス、イヤリングorピアス、ティアラなどです。
ドレスがシンプルなデザインならアクセサリーをゴージャスに、逆にドレスが個性的なものであればアクセサリーはシンプルにするとバランスが良くなります。
細かいビジューは光の当たり具合で表情も変わり写真にも映え、パールのアクセサリーはクラシカルで上品な印象に仕上がります。
 

花嫁ドレス以外の検討事項3:髪型&ヘアアクセサリー

ウェディングドレスの撮影では、髪型とヘアアクセサリーはとても重要です。
首元にデザインが入っているドレスならアップスタイル、デコルテが強調されるドレスならハーフアップ、ビスチェやエンパイアドレスならダウンスタイルも素敵です。
ドレスの形に合わせてぴったりの髪型を決めましょう。ヘアアクセサリーは、定番のティアラやクラウン、個性的なヘッドドレスやトーク帽も人気です。

フォトウェディングのドレスまとめ

いかがでしたでしょうか?
一生に一度のウェディングドレス、たくさんの種類から自分に本当に似合う一着を見つけるのは難しいイメージがあるかもしれませんが、「着てみたい形」「好きな色」「自分の体型や年齢」などいろいろな視点から絞っていくと自然と理想のドレスに出会えるはずです。
今回の内容を参考に、ぴったりのドレスを選んで、素敵なフォトウェディングを迎えてくださいね。

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました