フォトウェディングは憧れの“ティアラ” 顔タイプや髪型別の選び方

はじめに

フォトウェディングでは、花嫁に人気のティアラで自分史上最高にきれいな姿を写真におさめたいと思いませんか?
花嫁の頭上で輝くティアラは写真に特別感をプラスし、華やかさを演出します。
ティアラはどのようなタイプのドレスにも合わせやすいアイテムですが、ティアラ自体にさまざまな種類やモチーフがあるため、どうやって選べば良いのか悩む人も多いと思います。

今回はそんな花嫁憧れのティアラについて、顔タイプや髪型別の選び方をご紹介します。
これからフォトウェディングを検討している方は、ぜひ参考にしてください。

フォトウェディングの髪飾りは花嫁の憧れ「ティアラ」

そもそも「ティアラ」とは、普段着用する機会のない特別なブライダルジュエリーです。
結婚式のスタイルが時代によって変化していく中でも、ティアラは花嫁の憧れのアイテムとして不動の人気を誇ります。
普段着用する機会がない特別なアイテムだからこそ、フォトウェディングでティアラを着用すると特別感が増して写真の品格もグッと高まります。
そんなティアラにはいくつか種類があるのをご存知でしょうか?次に花嫁ティアラの種類についてご紹介します。早速みていきましょう。

花嫁のティアラの種類1:プリンセスティアラ

引用元:結婚スタイルマガジン
プリンセスティアラは定番のティアラで、まずティアラと聞いて最もイメージされるのがこの「プリンセスティアラ」だと思われます。
プリンセスティアラは、豪華なドレスにはもちろん、シンプルなドレスに合わせてもアクセントになります。
サイズが固定されているため、自分の頭の大きさに合うサイズのものを選びましょう。
王道のティアラで華やかさと上品さを演出したい花嫁におすすめのティアラです。

花嫁のティアラの種類2:カチューシャティアラ

引用元:結婚スタイルマガジン
カチューシャティアラは、半円型になっている「カチューシャタイプのティアラ」です。
プリンセスティアラよりも少しカジュアルな印象がありますが、伸縮性があるため頭のサイズに関係なく、気に入ったデザインを着用できるところが嬉しいポイントです。
こなれ感の出るアイテムなので、おしゃれさを追求したい花嫁におすすめのアイテムです。

花嫁のティアラの種類3:コームティアラ

引用元:Love Tiara
「コームティアラ」は、ティアラをさりげなく付けたいという花嫁に人気のアイテムです。
他のティアラよりも小ぶりのものが多いので、落ち着きのある大人っぽい印象を演出したい花嫁におすすめのアイテムです。
大きさやデザインもさまざまなので、ぜひチェックしてみてください。

花嫁のティアラの種類4:クラウンティアラ

引用元:Love Tiara
「クラウンティアラ」は、な王冠タイプのティアラです。大きめのクラウンティアラは、豪華な印象なので、格式高く凛としたイメージの写真にしたい花嫁におすすめします。
一方、小ぶりなクラウンティアラは可愛らしい印象になります。ミニ丈のドレスや、パーティー感を演出したい時におすすめです。

ウェディングドレスに似合う花嫁のティアラの選び方

それでは次に、ウェディングドレスに似合う花嫁のティアラについてご紹介します。選び方には以下の2点を考えると良いでしょう。

  • (1)花嫁の顔タイプに合わせて選ぶ
  • (2)モチーフや素材から選ぶ

それでは以下より詳しく解説していきます。ぜひティアラ選びの参考にしてください。

花嫁のティアラの選び方1:花嫁の顔タイプに合わせて選ぶ

まずティアラを選ぶ際に重視したいのが、顔のタイプです。
顔の形によって似合うティアラとそうでないティアラがあります。そのため、まずは自分の顔の形によってティアラを選べば後は好みのデザインを決めていけば良いです。

顔のタイプに合うティアラを選ぶことによって、コンプレックスを上手くカバーし、顔のバランスをより美しく見せることができます。
フォトウェディングでより美しい姿を撮影するためにも、ティアラは顔のタイプによってを選びましょう。
それでは、それぞれの顔の形におすすめなティアラについて説明します。

(1)丸顔の花嫁におすすめのティアラ

引用元:25ands
丸顔の花嫁には、中央に高さのあるプリンセスティアラがおすすめです。
また、トップにボリュームを作るヘアアレンジをすることで、ティアラと合わせてシャープな印象の顔立ちになります。

(2)面長の花嫁におすすめのティアラ

引用元:25ands
面長タイプの花嫁には、カチューシャタイプのティアラがおすすめです。
カチューシャティアラは横のラインを強調し、高さがないため面長の顔立ちをバランス良くみせてくれる効果があります。
もしくは、コームティアラでさりげないアクセントを加えるのも効果的です。

(3)卵型の花嫁におすすめのティアラ

引用元:25ands
卵型タイプの花嫁には、比較的どのようなタイプのティアラでも似合います。
カチューシャティアラを選ぶと、シャープさが引き立ちますし、プリンセスタイプやクラウンタイプでもエレガントな印象になるでしょう。

(4)ベース型の花嫁におすすめのティアラ

引用元:25ands
顔が四角いベース型タイプの花嫁には、トップに高さの出るプリンセスティアラかクラウンティアラがおすすめです。
また、ベース型はエラを隠すようにスタイリングするとバランスが良くなるため、髪型で顔まわりに後れ毛を出してスタイリングすると、さらにバランス良く見えるのでおすすめです。

(5)逆三角型の花嫁におすすめのティアラ

引用元:25ands
逆三角形型の花嫁は、小さめのティアラがおすすめです。
顔のサイドにはボリュームをつけず、すっきりまとめることで顔のバランスが良く見えます。大きなティアラは使わず、コンパクトにまとめましょう。

花嫁のティアラの選び方2:お好みのモチーフや素材から選ぶ

続いて、ティアラをお好みのモチーフや素材から選ぶ方法についてご紹介します。
一生の記念に残るフォトウェディングだからこそ、自分の好きなティアラで撮影したいですよね。
代表的なモチーフと素材について紹介するので、自分の好きなティアラを探してみてください。

(1)スワロフスキーのティアラ

引用元:貴和製作所
スワロフスキーは、クリスタルビーズの最高峰とも言われている素材です。
キラキラとした輝きが光の反射によって虹色に見えることから、ダイヤモンドにも引けを取らない輝きを持つ素材とも言われています。
そんなスワロフスキーを使用したティアラは輝きが美しく、フォトウェディングでも存在感を発揮するアイテムです。

(2)パールのティアラ

引用元:JULIEBRIDAL
パールは日本名産のジュエリー素材で、昔から重宝されてきました。パールの輝きは優しく、やわらかな印象があります。
そんなパールを使用したティアラはとてもエレガントで、フォトウェディングで着用すると上品で落ち着きのある女性らしい印象になるでしょう。

(3)ハートがモチーフのティアラ

引用元:STAR JEWELRY
ハートのモチーフには「永遠の愛」という意味が込められています。まさにウェディングシーンにぴったりのモチーフだと言えるでしょう。
ハートがモチーフのティアラはプリンセス感があるので、可愛らしい印象にしたい花嫁におすすめです。

(4)星がモチーフのティアラ

引用元: JULIEBRIDAL
そもそも結婚式でティアラを載せる由来は、星空の神様から祝福と繁栄を授かり、永遠の愛を誓うことからきています。このような由来に肖ってみるのも良いでしょう。
デザインとしては、星がモチーフのティアラは凛としたシャープな印象があり、おしゃれな花嫁におすすめしたいアイテムです。

(5)リーフがモチーフのティアラ

引用元:JULIEBRIDAL
リーフのモチーフは、植物の形をしたモチーフで、古代ギリシャでは「永遠の愛」や「母性」の象徴として扱われていました。
リーフがモチーフのティアラは、エレガントで落ち着きのある印象になります。大人っぽい印象にしたい花嫁におすすめのアイテムです。

(6)リボンがモチーフのティアラ

引用元:結婚スタイルマガジン
リボンのモチーフには「絆を深める」「人との縁を結ぶ」という意味が込められています。
夫婦や家族の絆を深める、ウェディングシーンにぴったりのモチーフです。リボンがモチーフのティアラは、女性らしく優しい印象があるのでおすすめです。

ティアラは購入する?レンタルする?金額の相場はどれくらい?

これまで様々なティアラを紹介してきましたが、実際使用するとなると購入するかレンタルにするか迷いますよね。
次に、それぞれのメリットとデメリット、金額の相場についてご紹介します。ティアラをこれから入手予定の方は、ぜひ参考にしてください。

フォトウェディングのティアラを“購入”するメリット・デメリット

「せっかくの機会だから自分だけのティアラを購入したい!」という考える花嫁も多いかと思います。
購入のメリットは、何度でも使用できる点にあります。例えばフォトウェディング以外に式やパーティを予定している場合、別日にウェディング小物をレンタルするとその分費用が発生します。
また、まだ誰も使用していないフレッシュなティアラを使用できるのも嬉しいポイントです。

デメリットとしては、ウェディングシーン意外で使用する機会がなかなか無いものなので、使用後に不必要になる点です。
また、購入する方がレンタルするよりも費用が掛かる場合が多い点もネックだと言えるでしょう。

フォトウェディングのティアラの購入場所と金額相場

フォトウェディングでティアラを購入するとなると、どこで購入すれば良いのか迷うかと思います。
次に購入場所としておすすめなアクセサリーショップや専門店、通販サイトについて、それぞれの金額相場もあわせて紹介するのでぜひ参考にしてください。

花嫁のティアラの購入場所と料金相場1:貴金属店(アクセサリーショップ)

有名ブランドのティアラはとても高額で、そもそも購入できるものではないと思われがちです。
実際に、老舗ジュエリーブランドのMIKIMOTOやTASAKIのティアラは何百万円にもなり、ものによってはそれ以上の金額になります。

しかしながら、ファインジュエリーで有名なスタージュエリーでは購入用のティアラを25万円~33万円の価格帯で取り揃えております。
このように比較的購入しやすい金額感のティアラもあるので、気になる人はぜひチェックしてみてください。

花嫁のティアラの購入場所と料金相場2:ブライダルアクセサリー専門店

ブライダルに特化した専門店なら、貴金属店よりもお得に豊富な種類を取り揃えています。
使用する素材によって金額は様々ですが、おおよその価格帯は15,000円~100,000円ほどです。

花嫁のティアラの購入場所と料金相場3:通販サイト

ティアラを選ぶ際にいろいろな種類を比較したい人には、通販サイトをおすすめします。価格帯は素材によって様々ですが、おおよそ5,000円~50,000円ほどです。
しかし実際に届いてからイメージと違ったということにならないように、キャンセルポリシー等はしっかりと確認しておきましょう。

フォトウェディングのティアラを“レンタル”するメリット・デメリット

一生に一度しか使用しないものなので、ティアラはレンタルにするケースがほどんどです。ティアラのレンタル価格は、もともと販売されている価格の20%~30%ほどだと言われています。
レンタルのメリットとしては、高額なティアラをお得に使用できる点や、入手が難しい海外ブライダルジュエリーブランドのティアラが国内で気軽に借りられる点です。

デメリットとしては、複数の日程で使用したい場合は別途相談が必要です。
また、ものによってはスプレーの影響や繰り返し使われていることで使用感が残っている場合もあるので気を付けましょう。

フォトウェディングのティアラをレンタルする方法と金額相場

ティアラはブライダルアクセサリー専門店や、写真館・美容室などでレンタルすることができます。
次にそれぞれのレンタル方法と金額相場もあわせて紹介するのでぜひ参考にしてみてください。

花嫁のティアラのレンタルと料金相場1:ブライダルアクセサリー専門店のレンタルサイト

ブライダルアクセサリーの専門店のレンタルサイトでは、レンタル日数に応じたサービスが設けられています。
ティアラレンタルの価格帯はおおよそ10,000円~20,000円ほどで、日数が長くなるとその分費用が掛かる場合もあります。

花嫁のティアラのレンタルと料金相場2:写真館や美容室

写真館や美容室では、衣装レンタル業者と提携してティアラのレンタルができるところもあります。
ティアラとイヤリングのセットになっていることも多く、プランによっては衣装のレンタル費用に組み込まれています。
高額なティアラを使用する場合は追加料金といったケースもあります。追加費用の相場は40,000円~100,000円ほどです。

ウェディングティアラをレンタルする時のチェックポイント

ティアラをレンタルする時は、後悔しないためにも気を付けておきたいポイントがいくつかあります。こちらをチェックしておきましょう。

  • (1) ティアラをレンタルできる期間
  • (2) 期間の延長や別日にレンタルする場合の費用について
  • (3) ティアラに劣化や破損がないか品質をチェック
  • (4) 破損してしまった場合の弁償にかかる費用や保険について

レンタル用のティアラは高価なものが多いので、ぜひこのチェックポイントはおさえておくことをおすすめします。

思い出に残るフォトウェディングのティアラは“手作り”できる

購入やレンタル以外にも、実はティアラを手作りするという方法もあります。
フォトウェディング用にティアラを手作りにすることで自分の好きなデザインを作れますし、花嫁と新郎で一緒に作れば思い出にもなって嬉しいですよね。
オリジナルのティアラを自作する方法を次に紹介します。

(1)ウェディングティアラは専用キットで手作り

DIY好きの花嫁におすすめしたいのがティアラ専用の手作りキットです。
パーツを一つ一つ購入するのは手間ですが、専用のキットならビーズやイミテーションのパールが主な素材です。価格は2,000円~4,000円ほどで、WEBショップなどで販売されています。
手芸に慣れている人なら一日で作成できますが、結婚の時期は何かと忙しくなるので時間のある時にコツコツと作業を進めることをおすすめします。

(2)ウェディングティアラはティアラ教室で手作り

キットでの作成が不安な人や、もっとクオリティの高いティアラを作成したい人におすすめなのがティアラ教室での手作りです。
ティアラ教室なら、技術のある講師の方から直接指導を受けながらティアラの作成ができます。
教室によって様々ですが、例えば都内の有名ティアラ教室では、ウェディング用のティアラ作成のレッスンを1日3~5時間(全2回)で実施しており、費用は25,000円ほどです。

髪型でティアラのフォトウェディングの印象が変わる

フォトウェディングでティアラを使用する時は髪型も大切なポイントです。ティアラ姿をより輝かせるためにも、ヘアスタイルにはこだわりましょう。
アップスタイルとダウンスタイルそれぞれのティアラを着用した時の印象について説明するので、ぜひ参考にしてください。

アップスタイル×ティアラのフォトウェディングの印象

アップスタイルでティアラを着用すると、上品でクラシカルな印象になります。
気品が感じられるプリンセスのようなイメージにしたい花嫁におすすめのスタイルです。
また、フォトウェディングで顔まわりをハッキリ写したい人は、アップスタイルならしっかり顔全体が写るのでおすすめします。

ダウンスタイル×ティアラのフォトウェディングの印象

ダウンスタイルでのティアラは、おしゃれさを追求したい花嫁におすすめです。
ゆるく巻いた髪にティアラをのせれば、ナチュラルな印象になりますし、しっかりカールすれば華やかな印象にきまります。
また、顔まわりはしっかり出して、ダウンスタイルの華やかさも取り入れたい人にはハーフアップスタイルもおすすめです。

ティアラ以外の花嫁に人気のウェディング髪飾り

ティアラ以外には「花冠」もフォトウェディングにおすすめの髪飾りです。花々を冠にしてドレスに合わせると、ガーリーで華やかな印象になります。
最近では花だけでなく、グリーンの葉っぱのみを使用した草冠もシックでエレガントな印象がある人気のアイテムです。
花冠は造花ならウェディングアクセサリーとして扱っているショップ、生花ならブライダルアイテムを扱っているフラワーショップでオーダーができるお店もあります。
気になる人はぜひチェックしてみてください。

フォトウェディングの花嫁のティアラまとめ

いかがでしたでしょうか。今回はフォトウェディングで使用したい憧れのティアラ について、顔タイプや髪型別の選び方をご紹介しました。
ティアラはフォトウェディングをさらに素敵に演出する特別なアイテムです。今回紹介したさまざまな種類やモチーフから、好みのティアラを探してみてください。
今回紹介した選び方を参考に、ぜひ自分にぴったりのティアラで素敵な写真を撮影してくださいね。

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました