転職写真の男性の正しい服装は?正解な服装の選び方と着こなしを解説

はじめに

「転職写真を撮影する際の服装の選び方がわからなくて困る」

転職写真を撮影する場合、自分の志望職種の場合何を着用すべきかわからない場合があります。
就活の時であればリクルートスーツ一択ですが、転職活動となると服装の選択肢は広がるため難易度が上がり、その分転職写真で着用できる服装の幅も広がるのです。
この記事では「転職写真を撮影する際の正しい服装」について解説しますので、採用担当者の第一印象を大きく左右する「転職写真」を撮る際に、ふさわしい服装を自分で選べるようになります。

転職写真で男性の服装は意外と厳しく見られている

まず転職写真の服装は採用担当者から、意外と厳しく見られていると心得てください。
企業側からすると対面する前の応募者の“人となり”について多くの情報を「服装」から収集可能だからです。

転職活動の第一印象を決める鍵となる清潔感について、「何をどのように着ているか」で判断されているため、「転職写真くらい」とないがしろにせずに転職写真撮影時の服装については細かいところまで気を配りましょう。

普段のスーツ姿と写真撮影用では気をつけるべき点が違う!

「転職写真なんだからとりあえずスーツで撮影しておけば良いだろう」とお考えの方。
実は、普段のスーツ姿と写真撮影用の服装では気をつけるべきポイントが違うことをご存知でしょうか?

普段のスーツと撮影用のスーツとでの注意ポイントは主に2つ。

  • (1)左右非対称やホコリ汚れなどの清潔感が欠けるミスが特に目立つ
  • (2)ストロボが反射するような色を使わない
  • (3)転職先企業が求める印象を与えられる要素があるか

服装の中に「左右非対称」「ホコリや汚れ」といった箇所は、静止している写真写りにおいて通常より目立ちます。
例えば片方にだけ「襟元にささいな乱れ」があるだけで、だらしない印象が写真では際立ちます。
左右対称に整った服装・汚れのない服装は、清潔さや知的な印象を与えることが可能です。

また写真特有のポイントとして、撮影で使用するストロボの効果を考慮した衣装選びが必要となります。
白いジャケットやラメストライプの入った柄物だとストロボの光が反射して光飛をの原因になるため着用を避けるのが無難です。
さらに、転職写真の背景色として選ばれやすいのが“白色”。ジャケットに明るい色や白を選ぶと、太って見えたり顔の輪郭がぼやけたりと写りが悪くなる場合があります。

そして最後に、転職先企業が求める人材に近い見た目に仕上げられているかどうか。服装一つで印象が決まると言っても良いのが証明写真。
だからこそ、普段着ているスーツが転職先業界にあっているのか、改めて見直すことをお勧めします。
「写真という基礎レベルからうちの企業とは合わない」と捕らえられ、履歴書の段階から不採用をうけるよりはましでしょう。

このように「とりあえず持っているスーツを着て・・・」と考えていると転職の第一歩から踏み出せないこともあるので、普段着ているスーツが転職写真の服装として適しているのか確認してから着るようにしましょう。

男性の転職写真は私服ではNG?

転職写真では一般的なルール等は存在しないため、転職写真で私服を着るのがNGかどうかは、応募先の業種によると言えます。

例えば普段からスーツを着る習慣のない企業・業界に応募するならば、スーツ姿ではなく私服でも問題ないかもしれません。

しかし、転職写真の服装として基本的には「スーツが無難」と言えます。
スーツは誠実な印象を与え、転職写真の服装として違和感を与えることは少ないからです。
もし、私服での撮影を検討するならば業界や社風を事前に調査してから選択する必要があるでしょう。

転職写真に適した男性の服装の選び方

では早速、転職写真に適した服装の代表として“転職写真用スーツの選び方”について徹底解説していきます。

転職写真用のメンズスーツの選び方

まず転職写真を撮影する際のスーツの選び方について解説していきます。
色・柄・注意点に分けて解説していくので、ポイントとして抑えていきましょう。

カラーは真面目さが伝わる黒・濃紺・ダークグレーのものを選ぶ

スーツの色は黒や濃紺、ダークグレーなど暗めのトーンのものがおすすめと言えます。
紹介した3つのカラーに共通しているのは「誠実さ」が採用担当者に伝わる点です。

転職活動においては、企業側に採用をお願いする場となるため、明るいカラーのスーツでは軽率な印象を与えてしまう可能性があるので控えましょう。

柄は基本的に無地なものを選ぶ

基本的には柄のない無地のスーツを選ぶと良いでしょう。
転職写真では「着ているもの」より「応募者本人」を目立たせて、魅力を伝える必要があるからです。
柄物や明るいカラーのスーツで、本人より着ているものが目立ってしまうのは本末転倒と言えます。
転職活動の服装選びでは、服装自体の主張は控えめで良いので、本人をが引き立てる役割を果たしているかを基準とするのが良いでしょう。

大切なサイズは肩幅を基準に選ぶ

「スーツは肩で着る」という有名な言葉があるくらい、サイズは肩幅を基準に選ぶのがベストな方法です。
ただ、「肩幅を基準にサイズを選ぶ」といっても、目安がないと最適なサイズの見きわめは難しいと感じるでしょう。
そこでジャストサイズの具体的な見きわめ方を紹介します。
ジャケットを羽織り、肩のところの生地をつまみ上げて、1cmくらいのゆとりがあるのがちょうどジャストサイズです。
スーツのサイズ感は「肩幅で合わせる」とかっこよく着こなせます。

転職写真におすすめのスーツ選びに関しては以下の記事で詳しく解説しています!ぜひこちらも合わせてご覧ください!

男性の転職写真に適したスーツとは?選び方や撮影時の注意点とは?

転職写真用のメンズワイシャツの選び方

スーツの選び方がわかったところで、次はワイシャツ選びのポイントをおさえていきましょう。

清潔感が伝わるホワイトで無地なシャツを選ぶ

転職写真のシャツには無地のシャツを選びましょう。
清潔感を演出できるアイテムだからです。
無地のシャツを着ていて採用担当者の評価が下がることは考えにくいため、柄付きのシャツではなく無地のシャツ一択と考えるのが良いでしょう。

失礼にあたるのでボタンダウンタイプはNG

左右の襟の先にボタンのついた「ボタンダウンシャツ」を転職写真に着用するシャツとして選ぶのはNGです。
ボタンダウンシャツはノーネクタイを前提に設計された、カジュアルなシーンで着用するアイテムだからです。
TPOに合わない着こなしをしていると「常識のない人」という烙印を押されてしまうので転職活動において不利に働いてしまいます。
ボタンダウンシャツは転職写真のシャツとして選ばないように注意しましょう。

転職写真におすすめのワイシャツについてもっと詳しく知りたい!という方はこちらの記事も参考にしてください!

男性の転職写真のワイシャツ事情|失敗しない選び方や着こなし方ガイド

転職写真用の男性ネクタイの選び方

スーツ、シャツに続いて、転職活動に適したネクタイの選び方について解説していきます。
男性しかつけないアイテムだからこそ、男性らしさも備えつつ、色や柄を工夫して転職先の業界に合わせていきましょう。

ネクタイのカラーは赤・青が無難

ネクタイのカラーは赤か青のいずれかを選ぶのがおすすめです。
赤は熱意を伝えられるメリットがあり、青はビジネスシーンで広く用いられるカラーなので、オールマイティにどんな業種でも利用できる良さがあります。
転職写真のネクタイ選びで避けた方が良いカラーは、冠婚葬祭のイメージが強い白・黒や、カジュアルなイメージが強まる、ピンクや黄色といった派手目なカラーです。
ネクタイの色は赤か青が転職写真に適したカラーと言えます。

適切なネクタイの柄はストライプか細かいドットが無難

ネクタイの柄はビジネスシーンにおいてオーソドックスなストライプか、落ち着いた印象を与えるドット柄が無難でしょう。
ただし幅広のストライプ柄や、大きめのドット柄はカジュアルなイメージが強まるので不向きです。
転職写真の撮影においては細めのストライプか、細かいドット柄のネクタイを選ぶのがベターと言えます。

大剣とラペルの幅に注意して選ぶ

襟元のバランスが良く見えるため、ジャケットのラペル幅とネクタイの大剣の幅を一致させるようにしましょう。
ちなみにラペルとはジャケットの下襟を指し、大剣はネクタイの幅の広い側の先の呼び方です。
ネクタイの大剣とジャケットのラペルそれぞれの、最も幅のある位置のサイズを合わせてみて同じ幅のネクタイを選択するとバランスの良い着こなしができます。

転職写真におすすめのネクタイに関しては以下の記事で紹介しています。どんなネクタイをつけたらいいか分からない!という方はぜひこちらも参考にしてください。

転職写真のネクタイは何色が良い?色・柄・結び方・注意点を解説します!

転職写真を撮る時の正しいスーツの着こなし方

スーツやネクタイの選び方についてわかったところで、次は転職写真の撮影時に正しく着るためのポイントを解説していきます。
ただ座れば良いわけではない奥深い転職写真。そんな転職写真に適切なアイテムを正しく着用することで、はじめて採用担当者に好印象を与える服装が完成します。

メンズスーツの正しい着こなし方

メンズスーツを正しく着こなすためのポイントを解説します。
それは、『窮屈にならないようボタンの一番下は開ける』こと。

美しく着こなすためにもジャケットの一番下のボタンは開けるようにしましょう。
一番下のボタンを止めてしまうと、ジャケット全体にシワが寄ってしまうためです。
スーツを着慣れていない場合、無意識に全てのボタンを止めてしまいがちですが、ビジネスシーンにおいてはマナーになっているので、習慣として身につけておくと良いでしょう。

メンズワイシャツの正しい着こなし方

メンズワイシャツの着こなし方について2点解説します。

だらしなくないようボタンは第一ボタンまで留める

ワイシャツは第一ボタンまで留めるようにしましょう。
第一ボタンまでしっかり留めない場合、だらしない印象を与えてしまうことがあります。
ネクタイで隠れているからと、楽を選んでしまう場合があるかと思いますが、第一ボタンを留めないと襟が横に広がったり左右不対象になるので、多くの転職写真を見てきた採用担当者にとってはお見通しろ考え他方が良いと言えます。
一見写真に映らない部分までこだわれば、洗練された印象を演出できるのです。
シャツは第一ボタンをしっかり留めるように心がけましょう。

袖のボタンを留めて細かい所にも注意をはらう!

見えていない部分までこだわるという視点では、袖のボタンが留まっているかについても注意を払いましょう。
袖のボタンを留めると、ジャケットを着たときの腕周りを細く綺麗なシルエットに魅せてくれます。
ワイシャツの袖のボタンが留まっているかどうかも、しっかり点検しておくと良いでしょう。

ネクタイの正しい着こなし方

ネクタイの正しい装着の仕方について3点解説します。

丁寧に第一ボタンが見えないよう結ぶ

結び目の上から第一ボタンが見えないようにネクタイを結ぶようにしましょう。
第一ボタンが見えるような結び方では、だらしない印象を与えてしまいます。
ネクタイの結び目がゆるいか、結び目とシャツの間に隙間ができているのが主な原因です。
結び目がゆるい場合は大剣を引き、結び目とシャツの間に隙間ができている場合は小剣とよばれる、結んだとき内側に来るネクタイ幅の狭い側を引くことで調節ができます。
ネクタイは第一ボタンが見えないように丁寧に結びましょう。

ネクタイの結び目は襟の付け根につける

ネクタイの結び目は襟の付け根につけるようにしましょう。
結び目がだらしなくぶら下がったような付け方では、緊張感のないたるんだ印象に見えます。
ネクタイが襟の付け根に来るように調整するコツとして、結び目に手を添えて、もう片方の手で小剣を引くと良いでしょう。
ネクタイの結び目が襟の付け根にあると、きちんとした印象が増すので意識すると良いです。

座った時に大剣の先端がベルトにかかるくらいにする

ネクタイを結んだときの大剣の長さは、ベルトにかかるくらいに調節するのがおすすめです。
転職写真に写る際に、首元から胸元にかけてのネクタイ幅を綺麗に見せられるからです。
顔まわりに大きめのモチーフがあると、対比で小顔に見せられると行った理由から極端に結び目を大きくするケースも見受けられますが、バランスが悪くなってしまうのでやめるべきです。
ネクタイの長さは大剣の先がベルトにかかる程度を目安とすると良いでしょう。

転職写真にはネクタイピンをつけない

ネクタイピンはおしゃれ目的でつける印象が強いアイテムなので、転職写真ではつける必要がありません。
特にデザイン性のつよいネクタイピンを付けてしまうと、チャラチャラとした印象を与えてしまう恐れがあります。

ネクタイピンはマナー上つける必要にないアイテムであり、使用するメリットはほとんどない為、転職写真の撮影でもつけないようにしましょう。

男性のスーツレンタルを行っている写真スタジオもある

ここまで悩まれる方が多い、男性の転職写真に適した服装について解説してきました。
しかし、それでも不安という方は多いはず。

そこでおすすめしたいのが、転職写真を撮影できる写真スタジオの『スーツレンタルサービス』。
現職でほとんどスーツを着ない場合など、自前のスーツを持っていない場合なども利用を検討してみる良いでしょう。

スーツレンタルでおすすめの写真スタジオ

スーツレンタルが可能な転職写真の撮影にもおすすめの写真スタジオを2件ご紹介します。

【1】スタジオインディ

まずご紹介する「スタジオインディ」は証明写真特化型の専門写真スタジオで、転職写真の撮影にも適したスタジオと言えます。
約4,000人の採用担当者を対象にしたネット比較調査「人事・採用関係者が選ぶ、一緒に働きたいと感じた証明写真」で業界1位の実績をもち、カメラマンはもちろんのことヘアメイク・スタイリストまで、就職写真のプロフェッショナルが揃ったスタジオです。

スーツレンタルは予約不要で、専門性の高いスタッフが志望業界や顔の雰囲気を考慮して最適な一着を選んでくれます。
ワイシャツやネクタイもトータルでコーディネイトしてくれるので、スーツの着こなしに自信がない場合にもスタジオインディがおすすめです。予約はこちらから。

スタジオインディの公式ホームページはこちら

【2】スタジオ728

「スタジオ728」は非常に利便性の高い、おすすめの写真スタジオです。
写真スタジオと聞くと、利用の際にまとまった時間を確保しなければならないと考えるかもしれません。
スタジオ728は「撮影から写真を手にするまで最短20分」と、短時間で気軽に利用できるので、忙しい場合にもおすすめできる写真スタジオです。
全国20店舗と比較的店舗数が多く、駅近に店舗を構える立地の良さからも、利用のしやすさの高いスタジオと言えます。

ただしスーツのレンタルに関しては基本的には行っておらず、一部の店舗でジャケットのみ貸し出しをしているとのことで、レンタル希望の場合は最寄りの店舗に直接問い合わせる必要があるでしょう。

スタジオ728の公式HPはこちら

男性の転職写真の撮影時の服装についてのまとめ

転職写真を撮影する際の服装について、採用担当者の印象を高めるスーツの着こなし方を中心に徹底解説しました
現職でスーツを着る機会がなく、スーツを着ることに慣れていない人であれば今回の記事を読んだとしても、今一つ自信がもてない場合があるかもしれません。
無料でスーツレンタル、アドバイスをくれるスタジオもあるので自信がない場合はプロの力を借りることを検討してみると良いでしょう。

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました