転職写真のネクタイは何色が良い?色・柄・結び方・注意点を解説します!

はじめに

転職活動をする上で、まず初めにエントリーシートや履歴書などで写真が必要となります。
転職写真は基本的にはスーツスタイルで撮りますが、スーツの着こなしで特に気を付けたいのが”ネクタイの選び方”なのをご存知でしょうか?

  • 「ネクタイなんてどれも一緒でしょ?」
  • 「そもそもネクタイは必要?」

などの疑問を抱えている方も多いことでしょう。

そこで今回は、転職写真でネクタイをつけるべき理由や、おすすめのネクタイの色・柄などをご紹介させていただきます。

そもそも転職写真では絶対ネクタイをつけるべき?

転職写真ではネクタイをつけて撮影することをおすすめします。

服装自由でカジュアルな企業に転職するというような場合でも、転職写真ではしっかりとスーツにネクタイを締めて撮影する必要があります。
なぜなら、ネクタイをつけていることが社会人のスーツスタイルで常識と考える人事の方が多いからです。

近年クールビズや私服出社が増えていることから転職写真でもネクタイをつけなくても良いと考える方もいますが、写真は第一印象を与えるキーアイテム。
ぜひネクタイをつけてビジネスマンとしてビシッと決まった証明写真に仕上げましょう。

では以下より転職写真に適したネクタイの特徴を色や柄などに分けて、それぞれ解説していきます。

転職写真にふさわしいネクタイの「色」とは

転職写真は、企業の採用担当者が最初に目にするあなたの姿です。
きっちりスーツを着た多数の応募者の中から選んでもらうには、ネクタイの色で目を引くことも大切です。
ここでは、転職写真にふさわしいネクタイの色についてご紹介させていただきます。

転職写真のネクタイの色は「青」か「赤」がおすすめ!

転職写真のネクタイの色は「青」か「赤」がおすすめです。
転職活動の第一歩として非常に重要な転職写真では、採用担当者に好印象を与えることが重要です。
青や赤のネクタイには好印象を引き出す理由があるので、詳しくご紹介させていただきます。

転職写真のネクタイは「青」がおすすめな理由

青いネクタイは、「誠実さ」「真面目さ」「爽やかさ」などの印象を与えることができます。
冷静で合理的な印象を与える青いネクタイは、万人に好まれるおすすめの色です。
どんなスーツにも合わせやすく、転職写真だけでなく、面接の際などにもつけていくことができます。

転職写真のネクタイは「赤」がおすすめな理由

赤いネクタイは、「情熱」「エネルギッシュ」「温かみ」などの印象を与えることができます。
転職にかける思いややる気を表せる赤いネクタイは、顔回りを明るく見せてくれるので、好印象につながりやすいです。
ただし、真っ赤なネクタイは相手が攻撃性を感じてしまうこともあるので注意しましょう。
赤いネクタイを選ぶ際は真っ赤なネクタイではなく、やや落ち着いた赤を選ぶようにしましょう。

他の色のネクタイで転職写真を撮ってはダメ?

転職写真では、おすすめした青や赤以外の色のネクタイで写真を撮っても問題はありません。しかし、転職写真にふさわしくないネクタイの色もあります。

例えば黒やグレー、白といった色はスーツやシャツと同化してしまい、ぼやけた印象になってしまいます。
また、ゴールドや紫などの色はそもそも転職活動のような場面には向きません。

転職写真の撮影でつけるべき「柄」とは

転職写真ではネクタイの色だけでなく、柄にも注意しましょう。
ここでは、転職写真にふさわしいおすすめの柄についてご紹介させていただきます。

転職写真におすすめの柄:レジメンタル

転職写真におすすめの柄1つ目は、レジメンタル柄です。
レジメンタルとは斜めに入ったストライプのことで、ストライプの方向によって英国式と米国式に分かれます。
ビジネスマンのネクタイの中でもオーソドックスな柄で、2~3色が混ざっているため、比較的しっかりとした印象も、明るく社交的な印象も与えることができます。

転職写真におすすめの柄:ドット柄

転職写真におすすめの柄2つ目は、ドット柄です。
先にご紹介したレジメンタルと並んでオーソドックスな柄として広く知られており、エレガントかつクラシックな柄として人気の柄です。
伝統的な柄なので、真面目で誠実という印象を与えることができます。

転職写真におすすめの柄:小紋柄

転職写真におすすめの柄3つ目は、小紋柄です。
小紋柄はその名の通り小さなモチーフがたくさん並んだ柄のことで、幾何学模様や花柄など様々なモチーフがあります。
クラシックな柄ですが重厚感はなく、軽やかかつ上品で華やかな印象を与えることができます。

転職写真におすすめの柄:無地

転職写真におすすめの柄4つ目は、無地です。
無地は最もコーディネートが簡単で、人気の高い柄です。
素材や色によって品性や誠実さなどの印象を与えることができます。

ストライプやドットでも大きな柄は避けよう

転職写真において柄の入ったネクタイを選ぶ場合には、柄の大きさに注意が必要です。
柄もののネクタイは柄が大きくなるほどカジュアルな印象や子供っぽい印象がついてしまいます。
第一印象で減点されないためにも、転職写真の際には小さめの柄のものを選ぶようにしましょう。

転職写真の撮影時のネクタイの「結び方」の種類は?

転職写真ではネクタイの結び方にも気を付ける必要があります。
ここでは転職写真におすすめなネクタイの代表的な結び方についてご紹介させていただきます。

【1】ウィンザーノット:自分を印象付けたいときにピッタリ

ネクタイの結び方1つ目は、ウィンザーノットです。
ウィンザーノットはネクタイをしっかりと固く結べるため、型崩れしにくいのが特徴です。
やや横に広い逆三角形の結び目でネクタイの存在感を高められるので、相手に自分の印象を強く残すことができます。

【2】プレーンノット:初心者にも結びやすい

ネクタイの結び方2つ目は、プレーンノットです。
ネクタイの基本となる結び方で、小ぶりですっきりとした結び目になるのが特徴です。
初心者の方や、普段あまりネクタイをしない方でも簡単に結べます。

【3】ダブルノット:ビジネスシーンにはぴったり

ネクタイの結び方3つ目は、ダブルノットです。
前出のプレーンノットの結び目を2重にしたもので、ふっくらと大きいやや縦長の結び目が特徴です。
生地の薄いネクタイや、体に対してネクタイが長すぎるときなどに重宝します。

転職写真撮影時のネクタイに関する注意点

転職写真撮影時にはネクタイ選びや結び方以外にも注意すべき点がいくつかあります。
きちんとできているつもりでもこれらの注意点を見落としてしまうと、だらしない印象などがついてしまい、減点されてしまいます。
しっかりと細かいところまで気を配って、減点されないようにしましょう。

注意点1:第一ボタンが見えないように結目を襟につける

転職写真撮影時の注意点1つ目は、第一ボタンが見えないように結び目を襟に着けることです。

ワイシャツの第一ボタンを留めてネクタイを締めると苦しくなってしまい、ついネクタイを緩めがちです。
しかし、結び目がしっかりと襟についていないと、とてもだらしなく見えてしまいます。
転職写真を撮る直前に、第一ボタンが見えていないかチェックしましょう。

注意点2:結び目のバランスが良いか座った状態で確認する

転職写真撮影時の注意点2つ目は、結び目のバランスです。

ネクタイを結ぶときは立って結びますが、実際に写真を撮るのは座った状態です。
座った状態で結び目が崩れていないか、ネクタイが曲がっていないか等をチェックしましょう。

注意点3:ネクタイの先が少しベルトにかかる長さにする

転職写真撮影時の注意点3つ目は、ネクタイの長さです。
ネクタイを結んだときは、剣先がベルトに少しかかるくらいの長さになるように調整しましょう。

剣先が座った状態でベルトに少しかかるくらいの長さが、ネクタイの長さとして最適です。
結び目から垂れるネクタイの幅やラインが1番綺麗に見える長さになるので、撮影直前にもチェックするようにしましょう。

転職写真を撮る際にネクタイピンは付けるべき?

転職写真において、ネクタイピンは基本的に不要です。
ネクタイピンはスーツの上着を脱いだ際などにネクタイがぶらぶらしないようにするために付けるものですが、現代においてはファッションの要素が強くなります。

業界などによっては容認される場合もありますが、基本的に転職という真面目な場にはふさわしくないとされやすいため、極力つけない方が無難です。
したがって転職写真の撮影時においてもネクタイピンの装着は不要でしょう。

どうしてもつけたい場合は、ネクタイの色に合った細めで目立たないものを選びましょう。

転職写真のネクタイについてのまとめ

今回は転職写真撮影時におすすめのネクタイの色や柄、撮影前に注意すべき点などについてご紹介させていただきました。
転職活動において第一印象を左右する大切な転職写真を撮影する際は、細かなところまで気を配って写真で減点されてしまわないようにしましょう。
今回の記事が皆さんの転職活動の参考となれば幸いです。

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました