フォトウェディングのブーケは決まった?種類・色・お花・衣装から選ぶ

はじめに

新しい結婚のスタイルとして最近人気なのが、結婚式や披露宴を行わず写真撮影のみを行う「フォトウェディング」。
一生に一度の特別な日には、素敵なブーケとともに撮影したいですよね。

  • 「撮影でブーケを使いたいけどどんなタイプのものが良いか迷う」
  • 「ブーケってどうやって準備すれば良いの?」

などの疑問がある方もいるかもしれません。
今回は、フォトウェディングのブーケの選び方を種類・色・お花・衣装に分けて詳しくご紹介します。

憧れのフォトウェディング撮影のブーケの選び方

フォトウェディングで使用するブーケはどのように選べば良いでしょうか?
どんなタイプのものか、どんな衣装に合わせるのかなど、ブーケを選ぶ際に大切なポイントを見ていきましょう。

フォトウェディングのブーケ選び1:生花or造花orドライフラワー

まずはどんなタイプのお花を使ったブーケをにしたいか検討してみましょう。
本物の生きた花を使った生花のブーケはみずみずしいフレッシュな美しさがあります。
ポリエステルなどの素材で作られた造花のブーケは長期保存が可能でカラーにもこだわることができます。
自然の花を乾燥させて作られたドライフラワーは独特のおしゃれな色合いが特徴です。
それぞれに違った良さがあるので、自分の好きなイメージに合うものを選びましょう。

フォトウェディングのブーケ選び2:ドレスか和装か

フォトウェディングの衣装がドレスなのか和装なのかによっても、どんなブーケを合わせるかを決めるポイントになります。
ブーケはそもそもドレスに合わせたアイテムでしたが、最近では、和装に似合う手毬のようなボールブーケや扇型の扇子ブーケなども登場し、和装に合わせるアイテムとしても人気となっています。

フォトウェディングのブーケ選び3:撮影の時期

撮影の時期に合わせたブーケの選び方もあります。生花だとそれぞれの季節に咲く花を取り入れるのも素敵ですね。
または、暑い季節だと生花は長時間の撮影に向かない場合もあるので、気温に左右されにくい造花のブーケを使用するなどの選び方も良いですね。

フォトウェディングのブーケ選び4:ブーケの種類や色

ブーケには、いろいろな形のものがあります。そして、自分の好きな色の花を選んだり、ドレスの色に合わせてコーディネートすることもできます。
ブーケの種類や色、お花の種類別の選び方はこの後詳しくご紹介しますね!

【種類】花嫁に人気!フォトウェディングのブーケの形

ひとくくりにブーケと言っても、いろいろな形があるのはご存知でしょうか?
フォトウェディングで使うブーケは形や種類によってもかなり印象が変わってくるので、自分の衣装に合うものや好きな形はどのようなものか見ていきましょう。

フォトウェディングのブーケの種類1:ラウンドブーケ

引用元:結婚STYLE
ラウンドブーケは、小さめの花をぎゅっと集めて丸い形になるよう作られたブーケです。
ころんと可愛らしく、どんなドレスにも似合う形です。使うお花の色によっても違った表情になります。

フォトウェディングのブーケの種類2:オーバルブーケ

引用元:hanataro-wedding
オーバルブーケは、楕円形になるよう作られたブーケです。
ぎゅっと密集したラウンドブーケに対して、ふんわりと自然なお花のボリューム感があり、エレガントな印象になります。

フォトウェディングのブーケの種類3:クラッチブーケ

引用元:weddingnews
「クラッチ」とはつかむという意味があり、クラッチブーケはお花をそのまま束ねたブーケです。
茎の部分を短くカットしリボンで覆った作り込まれたブーケとは違い、茎をそのまま残しているのでナチュラルでスタイリッシュな印象になります。

フォトウェディングのブーケの種類4:キャスケードブーケ

引用元:creema
滝のように流れるようなラインが特徴のキャスケードブーケは上品で大人っぽい印象のブーケです。
ボリュームたっぷりで存在感抜群なので、ボリュームのあるドレスや裾が長いドレスにぴったり!身長の高い花嫁さんにもおすすめです。

【色】花嫁に人気!フォトウェディングのブーケのカラー

同じ形のブーケでも、お花の色が違えば印象はかなり変わります。
ここからは、それぞれの色の与える印象と、お花の種類を見ていきましょう。

フォトウェディングのブーケの色1:白

引用元:pinterest
白いブーケはピュアで上品な印象を与えます。ウェディングドレスにも、カラードレスにもマッチするのでフォトウェディングでは定番の色となっています。

  • ・白バラ
  • ・かすみ草
  • ・紫陽花
  • ・ピンポンマム
  • ・胡蝶蘭
  • ・ユリ

フォトウェディングのブーケの色2:ピンク

引用元:pinterest
ピンクのブーケは、様々なイメージが作れる色です。
鮮やかなピンクだとフレッシュで若々しい印象、淡いピンクだと純粋で可愛らしい印象、トレンドのくすみ系ピンクだとアンティークでおしゃれな印象を与えます。

  • ・バラ
  • ・ダリア
  • ・スイトピー
  • ・ピンポンマム

フォトウェディングのブーケの色3:赤

引用元:pinterest
赤のブーケは情熱的で大人っぽく、ドレスとのメリハリが生まれ存在感抜群です。
赤で統一するのも良いですし、少し白やピンクを混ぜれば優しい印象になります。

  • ・バラ
  • ・ダリア
  • ・カーネーション
  • ・アマリリス
  • ・鈴バラ

フォトウェディングのブーケの色4:黄色

引用元:pinterest
黄色いブーケはフレッシュで元気な印象を与えます。
白やブルー、グリーンのドレスにもよく映え、写真でもパッと目を引く鮮やかな色です。
ひまわりやチューリップなど季節ならではの花も多く、季節感のある写真に仕上がりそうですね。

  • ・ひまわり
  • ・バラ
  • ・チューリップ
  • ・コスモス
  • ・ピンポンマム
  • ・ユリ

フォトウェディングのブーケの色5:グリーン系

引用元:pinterest
グリーンのブーケは純白のドレスに映え、ナチュラルでおしゃれな印象を与えます。
お花をあまり使わず、グリーンをメインで使うのでリーズナブルというところも嬉しいポイントですよね。

  • ・ワイヤープランツ
  • ・ピンポンマム
  • ・ユーカリ
  • ・ソケイ

フォトウェディングのブーケの色6:青

引用元:pinterest
青いブーケは上品で気品溢れる色です。
濃いブルーはクールで大人っぽく、明るい水色は爽やかで瑞々しい印象になり、青い海や青空を連想させ、夏にもぴったりのブーケです。

  • ・バラ
  • ・紫陽花
  • ・デルフィニウム
  • ・ニゲラ
  • ・リンドウ

フォトウェディングのブーケの色7:ラベンダー

引用元:pinterest
儚げで淡い色彩が上品なラベンダーカラーのブーケは、シックでおしゃれな印象です。
純白のドレスやブルー、ピンクのドレスにもよく似合いますね。

  • ・スイートピー
  • ・ラベンダー
  • ・バラ
  • ・紫陽花
  • ・ライラック

【お花】花嫁に人気!フォトウェディングのブーケの代表花

ブーケの形や色のイメージについて見てきましたが、実際にブーケに使われているお花はどんな種類があるのでしょうか?
花嫁さんに人気のお花をご紹介します!

フォトウェディングのブーケの花1:バラ

バラは、白、赤、ピンク、青などたくさんの種類があり、ウェディングのブーケには必ずと言って良いほど用いられるお花です。
色や形によって様々なイメージに合わせられるので、どんな花嫁さんにも似合います。

  • ・白のバラの花言葉…純粋、無邪気、永遠の愛
  • ・赤のバラの花言葉…愛情、美、情熱、あなたを愛しています
  • ・ピンクのバラの花言葉…上品、気品、暖かい心
  • ・青のバラの花言葉…夢が叶う、神の祝福

フォトウェディングのブーケの花2:カラー

引用元:ゲキハナ
カールしたような独特のフォルムが美しい「カラー」を使ったブーケは上品で大人っぽい印象になります。
キャスケードブーケやクラッチブーケなどにも良く似合い、気品溢れるエンパイアラインのドレスや、エレガントでセクシーなマーメイドラインのドレスにおすすめです。

  • ・白いカラーの花言葉…清浄、清純
  • ・ピンクのカラーの花言葉…情熱
  • ・黄色のカラーの花言葉…壮大な美

フォトウェディングのブーケの花3:かすみ草

小さくて可愛らしい花がたくさん集まっていて、繊細な印象のかすみ草は、ラウンドブーケの周りにアクセントとして用いられることが多いお花です。
白やピンクの種類があり、色水を吸わせて青や紫に染められているものもあります。

  • ・白いかすみ草の花言葉…無邪気、清らかな心、幸福、感謝
  • ・ピンクのかすみ草の花言葉…切なる願い、感激

フォトウェディングのブーケの花4:ミモザ

引用元:センスピクラブ
黄色いふわふわとした小さな花が可愛いミモザはブーケのアクセントとしてよく用いられるお花です。
黄色が一般的ですがオレンジのものもあり、鮮やかな色が特徴なので、フレッシュで元気なイメージのブーケに仕上がります。
山吹色のミモザは和装にもマッチしますね。

  • ・黄色いミモザの花言葉…優雅
  • ・オレンジのミモザの花言葉…エレガント

フォトウェディングのブーケの花5:ブルースター

引用元:hanaprime
可愛らしい星型の花を咲かせるブルースターは、透明感のある明るい水色が特徴のお花です。
ブーケでは、主役にも脇役にもなれるお花で、清楚で上品な印象に仕上がります。
同じ種類で、ホワイトスターやピンクスターもあります。

  • ・ブルースターの花言葉…幸せな愛、信じ合う心

フォトウェディングのブーケの花6:ガーベラ

細長い花びらが幾重にも重なり、ボリューム感のあるガーベラは、キュートで活発な印象のお花です。
赤、ピンク、黄色、オレンジ、白、紫などカラーも豊富でラウンドブーケやオーバルブーケに良く用いられます。
鮮やかな色がカラードレスにもぴったりですね。

  • ・赤いガーベラの花言葉…燃える神秘の愛
  • ・ピンクのガーベラの花言葉…感謝、崇高美
  • ・黄色のガーベラの花言葉…究極美、究極愛
  • ・オレンジのガーベラの花言葉…神秘、冒険心
  • ・白のガーベラの花言葉…希望、律儀

フォトウェディングのブーケの花7:トルコキキョウ

引用元:はなたま
ふんわりと折り重なった花びらが優しい印象のトルコキキョウもブーケに人気のお花です。
色も形も種類が多いのでどんなブーケにも似合います。繊細な曲線美は和装の花嫁さんにもおすすめです。

  • ・白いトルコキキョウの花言葉…思いやり、清々しい美しさ
  • ・紫のトルコキキョウの花言葉…希望
  • ・ピンクのトルコキキョウの花言葉…優美
  • ・青のトルコキキョウの花言葉…あなたを思う

フォトウェディングのブーケの花8:ひまわり

夏の空の下で大輪の花を咲かせるひまわりはブーケにも人気です。
花の大きさや黄色の色味も少しずつ違うたくさんの種類がある中で、ラウンドブーケやオーバルブーケには小さめの品種が使われます。
大きめの品種ならクラッチブーケがおすすめ!夏の象徴のような花なので、ひまわりを使ったブーケでの撮影は、季節感たっぷりの写真に仕上がります。

  • ・ひまわりの花言葉…憧れ、あなただけを見つめる

フォトウェディングのブーケはレンタル?手作り?持ち込みはできる?

好きな色や、取り入れたい花の種類がイメージできたら、実際にブーケの準備を進めましょう。
ブーケはレンタル、購入、手作りなどいろいろな方法で用意することができます。
それぞれのメリットや相場をご紹介します。

(1)フォトウェディングのブーケをレンタルする

ブーケをレンタルする場合は、撮影を依頼する写真館やブーケやウェディンググッズ専門のレンタルショップなどでも借りることができます。
レンタルする場合の相場は5000円~10000円ほどの相場になっています。
レンタルだと、購入する場合に比べて費用を抑えることができたり、撮影後の保管に困らないというメリットがあります。
デメリットとしては、生花やドライフラワーのレンタルはできないので造花に限られるということです。
レンタルではオーソドックスなタイプが揃っているので、カラーや花の種類にこだわりたい方は購入や手作りを検討してみてくださいね。

(2)フォトウェディングのブーケをフルオーダーする

フラワーショップやアートフラワーの専門店、ウェディングブーケのお店などでブーケをフルオーダーすることもできます。
フルオーダーの場合は、自分の好きなカラーや、使いたいお花、ブーケの形など全て決めることができるので、一生に一度のフォトウェディングにこだわりの一品を用意することができます。
相場は13000円~30000円ほどになります。どんなお花を使うかによって、制作期間や費用、撮影後の保存方法が変わってきます。
撮影日に間に合うよう、一ヶ月前までには注文しておくと安心です。
撮影を依頼する写真館を通してのオーダーではなく、個人的にオーダーする場合は持ち込みが可能かどうか写真館に確認しておきましょう。

(3)フォトウェディングのブーケを手作りする

フォトウェディングのブーケは手作りすることができます。自分たちで作ったものはどんなブーケよりも特別な思い出になりますよ。
百円ショップで揃う材料で制作できるものや、手作りキットなどもあります。ハンドメイドが得意な方は是非トライしてみてください!
手作りのブーケも、写真館への持ち込み料がかかる場合があるので事前に確認しておくと良いですね。

ふたりで手作り!ブーケの作り方1:手作りキット

ネットショップなどでは、ブーケの手作りキットが販売されています。
造花、リボン、フラワーテープ、ワイヤーなどの材料と写真付きのマニュアルがセットになっているものが一般的です。
相場は5000~15000円ほどで素材や内容によって幅広いです。木工用ボンドや、グルーガンなどは自分で用意する必要があります。
ボンドを乾かす時間も必要なので、制作時間は一週間ほど余裕を持って進めましょう。
新郎さんのブートニアも一緒に作れるものもあります。

ふたりで手作り!ブーケの作り方2:手作り教室

ウェディングブーケの手作り教室などに参加して作成することもできます。
一日のレッスンで完成するものもあり、アドバイスももらいながら楽しく作れるので花嫁さんに人気です。
レッスン料金は60~90分で2000~3000円ほどの相場で、それにプラスして材料費が必要になります。

ふたりで手作り!ブーケの作り方3:自分たちで制作する

ハンドメイドが得意な二人には、自分たちで1から制作するのもおすすめです。
動画サイトやWebで作り方を調べることができるので、是非トライしてみてください。
材料は百円ショップやインテリアショップで3000~5000円ほどで全て揃い、フルオーダーするよりもぐっと費用を抑えることができます。
制作期間はスムーズにできれば1週間ほどですが、一度サンプルを作成してみるなども必要かもしれません。
余裕を持って1ヶ月ほど見ておくと安心です。

フォトウェディング撮影後のブーケは保存して思い出の品に

フォトウェディングに使ったブーケは撮影後どのように保管すれば良いでしょうか?
思い出の品なので、できればそのまま飾っておけると嬉しいですよね。
生花のブーケの場合は、アフターブーケとして保存加工を施してもらえるサービスもあります。
ドライフラワーにしたり、一部を押し花二したり、プリザーブドフラワーに加工をするなど好きな形で残すことができます。
加工は5000~15000円ほどで依頼できます。
撮影前から、ブーケを保存したいと考えている方は、造花やプリザーブドフラワーのブーケを使えばそのままインテリアとして飾ることもできますね。

ブーケだけじゃない、フォトウェディングにおすすめの撮影アイテム

ブーケについて詳しくご紹介してきましたが、フォトウェディングでおすすめの撮影アイテムはブーケの他にもいろいろあります。

  • ・フォトプロップス
  • ・ガーランド
  • ・フォトフレーム、額縁
  • ・和傘
  • ・扇子
  • ・手毬や折り紙

など撮影がもっと素敵に楽しくなるよう、撮影場所や衣装に合わせて準備してみてくださいね。
これらもレンタルや購入、手作りなどで用意できますよ。

フォトウェディングのブーケまとめ

いかがでしたでしょうか?
ブーケにはいろいろな形があり、お花の種類やカラーによっても与える印象が違ってきます。
二人のこだわりの詰まったブーケは、フォトウェディングをさらに特別なものにしてくれるはずなので、今回の内容を参考に、自分たちの衣装やイメージに合ったお花や色、形が見つかることを願っています!

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました