フォトウェディングの花嫁のアクセサリーを選ぶ4つのポイント&デザインまとめ

はじめに

“フォトウェディング”は女性憧れの特別な写真。
人生の中で心から幸せな瞬間を残す写真ですし、今後何回も見返したくなるような最高の一枚を撮影したいですよね。
衣装はもちろん大切ですが、その衣装と共により自分を引き立たせてくれるアクセサリー選びも重要なポイントです。
アクセサリーの選び方ひとつでより一層華やかなウェディングフォトにすることができます。
さらにあなたにぴったりのアクセサリーを選ぶ事で、ぐっとあなたの魅力を引き出した写真に仕上がります。
しかしどのようなポイントでアクセサリーを選べば良いか分からない方も多いのでは?
そこで今回はフォトウェディングの重要アイテム、花嫁向けの“アクセサリー”について詳しく解説していきます。

フォトウェディングの花嫁のアクセサリーは何がある?

フォトウェディングの花嫁アクセサリーで代表的なアイテムは「ネックレス」と「イヤリング(orピアス)」の2つです。
ブレスレットやリング等は撮影時の邪魔になるためあまりつける方はいません。
全身写真を撮影する際はあまり目立たないかもしれませんが、胸からアップの写真を撮影した際にはこれらのアクセサリーを身につけることでお顔周りがパッと華やかな印象になります。

レンタル?購入?フォトウェディングのアクセサリーの準備

初めてのフォトウェディング。
フォトウェディング用にアクセサリーを用意したいけど、普段のお店に売っているものなのか、専門的な入手方法があるのかと、アクセサリーの準備にどのような方法があるのか分からない花嫁さんも多いはず。
フォトウェディング用のアクセサリーの準備方法は主に以下の3通りがあります。

  • (1) レンタル
  • (2) 購入
  • (3) 手作り

まず、フォトウェディングのためのアクセサリーの準備方法についてそれぞれの方法を以下より解説します。

(1)花嫁のアクセサリーをレンタルするメリット&料金相場

花嫁のアクセサリーを準備する方法のひとつはレンタルです。
レンタルのメリットは購入するよりも低価格で憧れのジュエリーを身につける事ができる点。

きらびやかなジュエリーが装飾されたネックレスやイヤリング。
フォトウェディングと結婚式で着用した後は普段の生活では使用する機会は少ないことがほとんどなので、購入するのは少しもったいない気もしますよね。
レンタルなら購入では手が出ない価格の憧れのジュエリーを身に付けることができます。
相場は宝石を使用しているかどうかで値段が異なります。
ダイヤモンドなどの宝石を使用した高級ジュエリーですとレンタル価格は20,000円前後。
ジュエリーではない場合は10,000円前後からお安いもので数千円からレンタルが可能です。

(2)花嫁のアクセサリーを購入するメリット&料金相場

二つ目の花嫁のアクセサリーを準備する方法は手っ取り早く購入しちゃう方法です。
花嫁のアクセサリーを購入する場合のメリットは記念に残る点と、再利用することができる点です。

ウェディングフォトや結婚式で身に付けたアイテム。何かひとつ記念として残しておきたいという方も多いのではないでしょうか?
アクセサリーならドレスよりも保管がしやすいので、記念として残しておくことができます。
他にもフォトウェディングで使用した後は、使いやすいようにリメイクをして日常使いをするという方法もあります。

アクセサリーを購入1:どこで購入できるか

では実際、フォトウェディング用のアクセサリーはどこで購入ができるのか?
それは主に3つの購入手段があります。以下よりご紹介します。

(1) ブライダルアクセサリー専門店
ブライダルアクセサリーに特化した専門店は、品揃えが豊富です。
ウェディングドレスや撮影したいイメージに合わせてぴったりのアクセサリーを購入することができます。
シンプルなアイテムからデザインアイテムまで幅広いので、アクセサリーにこだわりがある方におすすめです。
料金相場はブランドやインポートかどうか等で大きく異なりますが、3万円前後が平均的な相場です。
(2) 貴金属店
貴金属店は宝石を扱うお店。デザインアイテムは少ないですが、ダイヤやパールなどのジュエリーの取り扱いが豊富。宝石のカラットやカットの形をオーダーできる場合が多いです。
正統派のジュエリーを身につけたい方、今後も使えるシンプルなアイテムを購入したい方におすすめです。
料金相場は宝石やブランドによって大きく異なります。パールのシンプルなもので数万円、ダイヤモンドなどの宝石使用で10万円〜が相場です。
(3) 通販
比較的低価格で購入できる方法が通販です。
宝石を使用したジュエリーアイテムは少ないですが、オリジナルのアイテムを販売しているお店が多いので、お洒落でデザイン製のあるアイテムを低価格で購入できる点がメリット。人とは違うアイテムを購入したい方や自宅でゆっくりと選びたい方におすすめです。
料金相場はリーズナブルなもので数千円から販売されています。

アクセサリーを購入2:持ち込みは可能か

アクセサリーを購入する前に注意したい点が、フォトスタジオや結婚式場に持ち込みができるかどうかです。
持ち込み禁止という場所は少ないですが、フォトスタジオや結婚式場によっては高額な持ち込み料金が発生する場合もあります。事前に確認しておきましょう。

(3)花嫁のアクセサリーを手作りするメリット&料金相場

三つ目の花嫁のアクセサリーの準備方法は手作りです。
花嫁のアクセサリーを手作りするメリットは低価格で準備ができる点と、自分好みのアイテムを作成できる点。何かとお金がかかる結婚準備。節約できる部分は抑えたいですよね。
最近はアクセサリーのDIYブームもあり、レースやリボン、パーツを扱うお店も多く、材料も手に入れやすいです。手作りなら料金相場は数千円。
自分好みの色やパーツを使ったデザインを身につけることができます。手先が器用な方はチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

フォトウェディングのアクセサリーの選び方&合わせ方

フォトウェディングアクセサリーは身につけるアイテムひとつで写真の印象が大きく変わるアイテム。
選び方や合わせ方を間違えるとあなたの魅力が半減してしまう恐れも!
以下から解説するアクセサリー選びのポイントを参考にしてぴったりのアイテムを選びましょう。

花嫁のブライダルアクセサリー選び1:ウェディングドレスに似合わせる

一つ目はウェディングドレスに似合うアイテムを選びましょう。
フォトウェディングで着用するドレスはどんなドレスでしょうか?例えば人気のプリンセス風の白いドレス。
シンプルなジュエリーや可愛い雰囲気のあるデザインアクセサリーはよく似合います。
一方でヴィンテージ風や色味が効きすぎているものはアクセサリーが目立ってしまいドレスの印象が薄くなってしまいます。
ウェディングドレスに似合わせることで、あなたとドレスの魅力がより増した写真になります。

シルバーが定番だけどゴールドや他の色はだめ?

シルバーのアイテムはどんなドレスにも似合う定番アイテム。
でもせっかくのフォトウェディングだからお気に入りのアイテムを身につけたいですよね。結論、シルバー以外のカラーはNGではありません。
ゴールドのアイテムはシンプルなデザインのものなら悪目立ちしません。小さめのアイテムを選びましょう。
カジュアルな写真や、個性的なドレスを着用される方はカラーのアクセサリーもおすすめ。カラーアクセサリーが良いアクセントとなって、お洒落な印象の写真を撮影することができます。

花嫁のブライダルアクセサリー選び2:花嫁の顔タイプに似合わせる

二つ目は花嫁の顔タイプに似合わせたアイテムを選びましょう。
例えば年齢より大人っぽく見られるお顔立ちの方には、輝きのある宝石、ヴィンテージ感のあるアイテムなど大人っぽいアイテムが良く似合います。
パステルカラーのカジュアルなアイテムなどはお顔の印象と似合わず、ちぐはぐな印象になってしまう可能性も。

花嫁のブライダルアクセサリー選び3:花嫁の雰囲気に合わせたサイズ・デザイン

三つ目は花嫁の雰囲気に合わせたサイズ・デザインを選びましょう。
可愛いらしい雰囲気を持つ方で正統派の写真を撮影したい方には、一点ダイヤやパールなどの小さめでシンプルなアクセサリーがおすすめ。
アクセサリーが悪目立ちすることなく輝き、ドレスとあなたの魅力を引き出します。
個性的でお洒落な雰囲気の方におすすめなのはデザインの効いたアイテム。
インポートアイテムやレースなどを使用した少し大きめでお洒落なアクセサリーはインパクト抜群。ドレスとあなたの雰囲気をより魅力的にします。

花嫁のブライダルアクセサリー選び4:アクセサリー全体の統一感

四つ目は、アクセサリー全体に統一感を意識してアイテムを選びましょう。
イヤリング・ピアスが高級感のあるジュエリーなのにネックレスは手作りのカジュアルなアイテムだと、統一感がなくカジュアルなアイテムが目立ってしまいます。
なりたい雰囲気に合わせてアイテムの雰囲気を統一すれば、あなたが目指す雰囲気の写真により一層近づくことができます。

フォトウェディングでアクセサリーなしはだめ?

実際、フォトウェディングにおいてアクセサリーをつけることは必須なのでしょうか?
いえ、必須ではありません。フォトウェディングならアクセサリーを身に付けても付けなくても撮影は可能です。

アクセサリーを付けない場合は全身写真なら大丈夫ですが、アップ写真の場合は少し寂しい印象になってしまう可能性も。
またドレスの形によってもポイントが。ネックレスについてはハイネック、アメリカンスリーブ、ホルタータイプ、ワンショルはネックレスを付けるとバランス悪くなるので付けなくてもOKです。

金属アレルギーの花嫁の対処方法

金属アレルギーの場合アクセサリーを身に付けることができるか心配ですよね。
イヤリングやピアスは装着部分が樹脂製のアイテムをチョイスしましょう。
ネックレスは金属製のものが直に触れてしまうので、ネックレスを付けなくて良いドレスを選んだり、レースやパールなど金属を使用していないアイテムを選びましょう。
金属でなくても可愛いアイテムはたくさんありますのでご安心下さい。

種類別のフォトウェディングにおすすめのアクセサリータイプ

ではここからは、フォトウェディングにおすすめのアクセサリーの種類を、ネックレス・イヤリング/ピアスに分けてご紹介していきます。

  • 「フォトウェディング用のネックレスにどんな種類があるのか知らない」
  • 「どんなイヤリングをつけたら良いか分からない」

といった方はぜひ参考にしてください!

【ネックレス】花嫁におすすめの種類

ウェディングアクセサリーのネックレス。シンプルな形のタイプからデザインのあるタイプまで様々な形のアイテムがあります。
以下にてフォトウェディングでおすすめの種類をご紹介します。

人気のネックレスの種類1:ラウンドタイプ

引用元:ANNAN WEDDING
ネックレスの種類の中でも最も定番の形の「ラウンドタイプ」。
鎖骨を綺麗に魅せる形で、年齢問わずに魅力を引き出すアイテムです。目立ちすぎず胸元にまとまるので清楚な印象に。
胸元が広めのドレス着用の方には特におすすめのアイテム。

人気のネックレスの種類2:Vラインタイプ


引用元:ANNAN WEDDING
ネックレスのチャーム部分がV字のようになっている「Vラインタイプ」。
胸元に沿って狭くなったり、V字にモチーフが象られている形状なので、肩幅が広く華奢に見せたい方には特におすすめのアイテムです。華やかに印象付けるネックレスです。

人気のネックレスの種類3:チョーカータイプ


首にぴったり巻く短いネックレスは「チョーカータイプ」。
ラウンドやVラインよりは、アクセサリーの印象が残るアイテム。クラシカルな雰囲気のドレスによく似合うアイテムです。
首にぴったりと密着するので、華奢な方や首が長い方は特に似合うアイテムです。

【イヤリング・ピアス】花嫁におすすめの種類

顔まわりを華やかに引き立てるイヤリング・ピアス。
こちらもいろんな種類があるアイテムですが、フォトウェディングにぴったりのアイテムをご紹介します。

人気のイヤリング・ピアスの種類1:小顔効果抜群の大ぶり


引用元:ANNAN WEDDING
胸元から上のアップ写真を多めに撮影する場合におすすめなのが「小顔効果抜群の大ぶりタイプ」。
大きめのアイテムをお顔まわりに身につけることで、お顔が小さく見える効果があります。
ジュエリーで彩られた豪華なアイテムや、レースやモチーフでデザインのあるアイテムなど大きめといっても種類は様々。
あなたとドレスの雰囲気にあったアイテムを選びましょう。

人気のイヤリング・ピアスの種類2:ナチュラルで洗練された小ぶり


小さいパールなどの幅広い年齢の方に似合うのが、「ナチュラルで洗練された小ぶりタイプ」。
小さいけれど輝きや形は繊細で煌びやか。悪目立ちせずに洗練された印象を作ります。
豪華なヘアアクセサリーを着用する場合にも、引き算となって統一感のある写真になるのでおすすめです。

花嫁も長さのある揺れるイヤリング・ピアスはNG?

日常使いの場合は可愛くて人気のある揺れるタイプのイヤリング・ピアス。
フォトウェディングはいろんなポーズで撮影をするので動くことが多いです。
長さがある揺れるタイプのイヤリング・ピアスだと写真がブレてしまい取り直しになってしまう場合もあるので避けたほうが良いです。
どうしても着用したい場合は、小ぶりなアイテムよりも揺れにくい、重さがあるアイテムを選びましょう。

【デザイン】おしゃれなフォトウェディングの花嫁のアクセサリー

フォトウェディングのアクセサリーデザインは様々。
ジュエリーやパールなど使用している素材はもちろん、アイテムの形もいろんな種類があります。
アクセサリーデザイン選びは女性にとって心ときめく時間ですよね。
最高のフォトウェディング撮影にぴったりなアクセサリーデザインをご紹介します。

おしゃれなアクセサリーデザイン1:憧れのダイヤモンド


女性の永遠の憧れ「ダイヤモンド」。
1粒ダイヤのピアス・イヤリングならその輝きがお顔まわりをぐっと華やかに。
ワンランク上の上質な雰囲気の写真に仕上がります。日常使いしやすいデザインが多いのもポイントです。

おしゃれなアクセサリーデザイン2:美しい輝きを放つスワロフスキー


引用元:ANNAN WEDDING
デザイン性が高く、豪華に見えるのが特徴の「スワロフスキー」。
特にシンプルなドレスには豪華なスワロフスキーのネックレスはとても映えます。
日常で使用する機会が無いからこそ、フォトウェディングではゴージャスで非日常なアクセサリーを身に付けてはいかがでしょう。
まるでプリンセスになったような1枚を撮影することができます。

おしゃれなアクセサリーデザイン3:上品なパール

30代以上の大人花嫁におすすめしたいデザインが「上品なパール」。
パールの色味は日本人の肌に馴染みが良く、ネックレスとして着用すれば、デコルテを綺麗に見せることができます。
くすみがちな大人の肌を明るく見せ、若々しい1枚に。
上品な印象があるので、クラシカルな雰囲気を目指す方にもおすすめです。

おしゃれなアクセサリーデザイン4:お花のモチーフ


引用元:ANNAN WEDDING
ピアス・イヤリングとして着用すれば、お洒落な1枚に仕上がるアイテムが「お花のモチーフ」。
特にお花モチーフはブライダルアクセサリーとして人気です。
パールなどで白を基調として形作られたお花のモチーフは「純白の花嫁」のイメージにぴったり。
お洒落でありながらも可愛らしい雰囲気で撮影できます。

おしゃれなアクセアリーデザイン5:カラーストーン

クラシカルで格式高い雰囲気を身に纏えるアイテムの「カラーストーン」。
イヤリング・ピアスとして使用すれば存在感は抜群。
ヴィンテージドレスやクラシック風ドレスなど装飾が少ないドレスと合わせることで、こだわりのお洒落な1枚を撮影できます。
合わせにくいアイテムかと思いますが、チャレンジしてみてはいかがでしょう。

ネックレス・イヤリング(ピアス)のセットもおすすめ

ウェディングアクセサリーの合わせ方は初めてだと難しいですよね。
そんな方はネックレスとイヤリング(ピアス)がセットになっているアイテムがおすすめです。
同じショップでデザインされているので、アクセサリーが持つ雰囲気の統一感は抜群。
ネックレスとイヤリング(ピアス)の雰囲気が異なり浮いているという失敗も無くなります。
選び方に迷ってしまう方はぜひセットアイテムを選びましょう。

花嫁のアクセサリーの人気ブランドとは

人生で1回のフォトウェディング撮影。せっかくなら憧れのブランドや人気のブランドを身につけてみたいですよね。
花嫁のアクセサリーでに人気のおすすめのブランドをご紹介します。

フォトウェディングアクセサリーのおすすめブランド1:MIKIMOTO

日本でも歴史ある真珠を扱うジュエリーブランド。一粒のパールの輝きはとても美しく、いつか身につけたい憧れブランドです。

MIKIMOTO公式サイト

フォトウェディングアクセサリーのおすすめブランド2:MARIKO

お手頃な価格で、フルオーダーでアクセサリーを製作してくれるブランドです。
サイズ感やデザインなど既製品だとぴったりのアイテムが無くても、フルオーダーならあなたのイメージにぴったりのアイテムを身につけることができます。

MARIKO公式サイト

フォトウェディングアクセサリーのおすすめブランド3:フォーエバーマーク

憧れのダイヤモンドジュエリーブランドがフォーエバーマーク。
商品としてダイヤモンドの基準を満たすのは世界の天然ダイヤモンドの1%未満というこだわり。
小さくても輝きは抜群。記念として購入したいブランドです。

フォーエバーマーク公式サイト

花嫁のネックレス・イヤリングと一緒に考えたい「ティアラ」

花嫁ならではのアクセサリーといえば「ティアラ」。
王冠をモチーフとして作られたアクセサリーは特別感たっぷりで頭上でキラキラと輝き女性の憧れ。
身につけるだけで高貴で上品な雰囲気に仕上がります。ネックレス・イヤリングと共にぜひチョイスしてはいかがでしょう。

フォトウェディングのアクセサリーまとめ

フォトウェディングのアクセサリーについてご紹介しました。
一生に一度のフォトウェディング撮影だからこそ、ドレスだけでなくアクセサリーもとっておきのアイテムを選びたいですよね。
自分がなりたい雰囲気にぴったりアクセサリーを身につけて、何度も見返したくなるような最高の1枚を撮影しましょう。

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました