東京で人気なセルフ写真館ピックアップ10選!流行店舗をご紹介

はじめに

自分のタイミングで簡単に本格的な撮影ができる「セルフ写真館」をご存知でしょうか。
韓国でブームとなっている写真スタジオで、最近日本にも上陸し若年層を中心に人気のようです。

今回はそんなセルフ写真館について、どのようなサービスなのかという点や料金の相場について、また自分にあったセルフ写真館の選び方のポイントとともに、東京にあるセルフ写真館の中からおすすめのスタジオをエリア別に紹介します。

セルフ写真館とはどういうものなのか知りたい方、またセルフ写真館に実際に行ってみたい方はぜひ参考にしてみてくださいね。

「セルフ写真館」って知ってる?

セルフ写真館とは、あらかじめカメラや照明などがセッティングされた本格的なフォトスタジオ空間で、カメラマンではなく自分で撮影する、韓国発祥の写真スタジオです。
自分で撮影すると聞くと難しそうですが、機材は手元にあるリモコンのスイッチを押すだけでシャッターが切れて撮影できる状態にしてあるので、カメラの扱い方を知らなくても簡単に撮影できます。

スマホでの自撮りやプリクラのように簡単な操作で、写真館やフォトスタジオ並の本格的な撮影が楽しめることから、セルフ写真館は日本でも2020年の冬ごろからじわじわと増えてきています。

撮影中はカメラマンやスタッフがスタジオにいないというのもセルフ写真館の大きな特徴です。自分たち以外には誰もいない、完全にプライベートな空間での撮影となるので、自分のタイミングでシャッターを切って、リラックスした自然な表情の写真を撮影できます。カメラマンの前ではとりにくい、思い切ったポージングを試してみるのもいいかも知れませんね。
もちろん、スタッフはスタジオの外に待機しているので、トラブルなどの時にはすぐに来てくれます。

また、1回3,000円~5,000円程度という、一般的な写真館やフォトスタジオよりリーズナブルな料金で写真を撮影できるのも魅力の一つ。友だちと遊びに来たついでや恋人とのデート記念、家族の誕生日のお祝いなどちょっとした写真を撮りたいときに使いやすいスタジオです。

自分にあったセルフ写真館の選び方ポイント

  • 「セルフ写真館に行きたいけどいっぱいあってどこが良いかわからない」
  • 「セルフ写真館は何を基準に選べば良いの?」

このようにセルフ写真館選びに悩まれる方も多くいます。
セルフ写真館で失敗をしたくない方のために、ここでは自分にあったセルフ写真館の5つの選び方についてご紹介していきます。

【1】モノクロ?カラー?どちらで撮影したいか

これまではメイクや画像加工などで「盛った」写真が人気でしたが、最近では逆にナチュラルテイストのモノクロ写真がトレンドとなっているようです。
そのため、ほとんどのセルフ写真館ではモノクロ撮影が基本となっています。

もちろんカラー撮影もできるセルフ写真館も多いのですが、カラー撮影が有料オプションとなっていたり、そもそもカラー撮影に対応していなかったりするスタジオもあります。
また、少数派ですがカラー撮影のみに対応したスタジオもあるので、セルフ写真館を選ぶ際にはまずはモノクロ撮影とカラー撮影のうち、自分が臨むタイプの撮影ができるかどうかをチェックしましょう。

スタジオによってモノクロやカラーの雰囲気も全然違う!

一口にセルフ写真館と言っても、使用する機材の種類や配置、撮影ブースの背景などはスタジオによって千差万別なので、仕上がる写真の雰囲気もスタジオによって大きく違ってきます。
特にモノクロの場合、コントラスト(明るさ)一つで全く違う雰囲気の写真になることもあるので、それぞれのセルフ写真館の公式HPや公式インスタグラムに掲載されている写真を見比べ、自分が撮りたい雰囲気の写真が撮れそうなスタジオを選ぶのがおすすめです。

【2】写真データはもらえる?

セルフ写真館で撮影した写真は、写真データと現像プリントの2つの形式で受け取れるケースが多いようです。
スタジオによってはデザインに工夫を凝らしたプリントの方に目が行きがちですが、写真データをもらえるかどうかも忘れずにチェックしておきましょう。写真をSNSにアップしたり、離れた場所にいる友人や家族と共有したりするにはデータの方が便利ですし、データがあればプリントの焼き増しも簡単にできます。

写真データの受け取り方については、iPhoneのスマホを持っていればAirDropを使うのが一般的ですが、androidのスマホを使っているなどの理由でAirDropが使えない場合は、スタジオごとに受け取り方が違ってきます(LINEやGoogleフォトでの共有、メールアドレスにダウンロード用URLを送信、SDカードやCD-Rなどに入れて手渡しなど)。
出かける前に、自分が利用するセルフ写真館での写真データの受け取り方は必ずチェックしておき、受け取りに使うスマホの容量にはある程度の余裕を持たせておきましょう。

【3】セルフ写真館以外にも遊べるエリアがおすすめ

ほとんどのセルフ写真館では、撮影時間が15分~30分程度と意外に短く、撮影前の準備や説明、撮影後の写真受け取りや清算の時間を合わせても30分~1時間くらいしかかかりません。
学校や会社からの帰宅時に寄る場合や、他に用事がある場合なら短時間で撮影を楽しめるのは嬉しいのですが、セルフ写真館での撮影以外にその日の予定がない場合は、中途半端に余った時間の使い方で少し悩んでしまうかも。

セルフ写真館を選ぶ際は、できれば映画館やカフェ、ショッピングモールなど他に遊べるスポットが豊富なエリアにあるスタジオをおすすめします。撮影前に映画館に行って、パンフレットやグッズを撮影小物に使ったり、撮影後にカフェで写真の鑑賞・共有会を開いたりと、他のスポットと組み合わせればセルフ写真館での撮影をより楽しめそうですよね。

【4】自分の撮りたい雰囲気にあった小物はある?

サングラスや造花、椅子など豊富な撮影小物を用意しているセルフ写真館もたくさんあります。どんな小物を用意しているかはセルフ写真館の公式HPや公式インスタグラムに掲載されていることが多いので、自分が撮りたい写真の雰囲気に合った小物があるかどうかは事前にチェックしておきましょう。

イメージ通りの撮影小物があるセルフ写真館が見つからない場合は、自分で用意してスタジオに持ち込むのも一つの手です。セルフ写真館の中には、自由に小物の持ち込みができるスタジオもたくさんあります。

【5】オプションで撮影後に追加料金がかかることも!

セルフ写真館の料金システムはスタジオによってまちまちで、基本撮影料金に含まれているサービスの内容もさまざまです。
全写真データの受け取りや写真の現像、カラー撮影への切り替えなど、あるスタジオでは基本撮影料金だけでできるのに別のスタジオでは有料オプションとして追加料金がかかるということもよくあります。

予想外の出費であわてることのないように、セルフ写真館を利用する際には、基本撮影料金の金額はもちろん、基本料金でもらえる写真の枚数や利用できるサービスの内容、そしてどんなオプションがあるかを公式HPなどで必ずチェックしておきましょう。
公式HPに記載のないオプションを用意しているスタジオもあるので、できればサービスの内容について事前に問い合わせてみることをおすすめします。

セルフ写真館の相場

セルフ写真館では、一般的な写真館やフォトスタジオより安価で撮影を楽しめますが、具体的にどのくらいの費用がかかるのでしょうか。
東京にあるセルフ写真館の基本撮影料金をリサーチしたところ、料金の相場は以下のようになりました。

原宿・表参道エリア 約2,900円
渋谷エリア 約3,300円
新大久保エリア 約3,600円
その他のエリア 約3,800円

各種オプションも利用する場合、一度の撮影にかかる費用は、一人~二人の利用で5,000円程度(三人目以降は一人につき+1,000円程度)になると考えられます。

原宿・表参道エリアでおすすめのセルフ写真館

ここからは、東京のおすすめセルフ写真館をエリア別に紹介します。まずは、流行の発信地の一つである原宿・表参道エリアです。

スタジオ名 最低価格 特徴
Original 原宿店 1,500円(税込) ・フォトスタジオ運営店こだわりの内装・機材
・土日限定で二面スタジオ化
Wee 原宿店 3,500円(税込) ・モノクロ写真専門のセルフ写真館
・ペットとの撮影可能

Original 原宿店

Original 原宿店』はフォトスタジオ「スタジオキャラット」が運営しているセルフ写真館。全国展開の写真スタジオ運営だからこそできるこだわりの撮影機材や内装、そして豊富な撮影備品が魅力です。

東京では原宿店と二子玉川店のみですが、お近くだと千葉の幕張店や、神奈川県のみなとみらい店などがあります。原宿店では土日限定でスタジオが二つになるので、休日でも予約が取りやすいのも嬉しいポイントですね。
撮影料金は一人につき1,500円で、撮影時間は15分。撮影後はAirDropかダウンロードURLで全データを受け取れます。写真はカラーかモノクロを選択できるほか、1グループに付き+1,000円でカラー・モノクロ両方の写真を受け取ることもできますよ。
ドライフラワーやビニール傘、英字本などおしゃれな小物も揃っているため、韓国風な写真が撮れると人気です。

店舗情報

店名(店舗名) Original 原宿店
最寄り駅 東京メトロ(副都心線/千代田線)明治神宮前〈原宿〉駅から徒歩1分
住所 東京都渋谷区神宮前6-10-9 原宿董友ビル7F
電話番号 050-1861-4062
営業時間 11:00~19:00(定休日:年中無休)
撮影料金 1,500円(税込)
撮影タイプ モノクロ・カラー
公式HP Original 原宿店の公式ホームページ

Wee 原宿店

Wee 原宿店』は原宿と渋谷に店舗を置く、モノクロ撮影専門のセルフ写真館です。
プロが設定したカメラやライティングを使って、一度に4人まで撮影できます。無料で使える撮影小物やアメニティが充実している点や、ペットとの撮影もできる点も魅力の一つ。

撮影時間は15分で、撮影後は全写真データを受け取れます。撮影料金は二人まで3,500円(ペットも一人と数えます)、三人目以降は一人につき+1,000円。人数追加以外のオプションがなく、料金がわかりやすいのも嬉しいポイントです。

店舗情報

店名(店舗名) Wee 原宿店
最寄り駅 JR(山手線)原宿駅から徒歩3分
住所 東京都渋谷区神宮前1丁目7−3 175番館ビル本館305
電話番号 なし(お問い合わせ・予約は公式HPから)
営業時間 12:00~20:00 土日11:00~20:00(定休日:年中無休)
撮影料金 3,500円(税込)
撮影タイプ モノクロ
公式HP Wee 原宿店の公式ホームページ

渋谷エリアでおすすめのセルフ写真館

続いては、若者の街として知られる渋谷エリアのセルフ写真館を紹介します。

スタジオ名 最低価格 特徴
GENICBOOTH(ジェニックブース) 1,900円(税込) ・基本料金で写真プリント3種類を人数分受け取れる
・ペットとの撮影可能
selphoto studio 渋谷本店 3,800円(税込) ・オプション追加でモノクロ・カラー両方の写真を受け取れる
・ポージングアルバム利用可能
selsta 2,000円(税込) ・夕焼けを演出する「夕日ライト」利用可能
・試し撮りコースあり(500円)

GENICBOOTH(ジェニックブース)

GENICBOOTH(ジェニックブース)』は、2021年2月に代官山にオープンしたセルフ写真館で、6月に渋谷に移転オープンしました。オープン以来2000組以上のゲストに利用され、TVでも紹介された人気店です。ペットとの撮影ができるほか、フリーWifiが使えるのもちょっと嬉しいポイントですね。

撮影料金は一人1,900円(三人目からは一人あたり+1,000円)、15分間の撮影です。写真はモノクロ写真データ10枚のほか、Lサイズ写真+4カット写真+ハーフサイズ写真のセットを人数分受け取れます。全データ受け取りや、カラー写真変更はオプションです。
完全予約制のスタジオなので、来店前に公式HPからご予約ください。

店舗情報

店名(店舗名) GENICBOOTH(ジェニックブース)
最寄り駅 JR/京王/東急/東京メトロ・渋谷駅から徒歩5分
住所 東京都渋谷区神南1丁目20−3 渋谷KSビル2F
電話番号 なし(お問い合わせ・予約は公式HPから)
営業時間 11:00~20:00(定休日:不定休)
撮影料金 1,900円(税込)
撮影タイプ モノクロ・カラー
公式HP GENICBOOTH(ジェニックブース)の公式ホームページ

selphoto studio 渋谷本店

selphoto studio 渋谷本店』は渋谷と神保町に店舗を構えるセルフ写真館です。モノクロ撮影が基本ですが、カラー写真オプションを利用するとモノクロ・カラー両方の写真が受け取れるのが最大の魅力。また、撮影時間30分のコースがあり、ポージング例をまとめたポージングアルバムも用意してあるので、ポージングに悩みがちな方や初めてセルフ写真館を利用する方にもおすすめのスタジオです。

撮影料金は15分撮影コースが3,800円、30分撮影コースが5,900円(二人まで、三人目からは一人+950円)。カラー写真オプションは700円です。なお、どのコースでも写真データは全て受け取れますよ。

店舗情報

店名(店舗名) selphoto studio 渋谷本店
最寄り駅 JR/京王/東急/東京メトロ・渋谷駅から徒歩7分
住所 東京都渋谷区渋谷1丁目3-18 ビラモデルナC108号室
電話番号 なし(お問い合わせ・予約は公式HPから)
営業時間 11:00~20:00(定休日:年中無休)
撮影料金 3,800円(税込)
撮影タイプ モノクロ・カラー
公式HP selphoto studio 渋谷本店の公式ホームページ

selsta

selsta』は奥渋谷(オクシブ)と呼ばれる閑静なエリアにあるセルフ写真館。韓国っぽい可愛くてスタイリッシュな内装や、夕焼けに照らされたような写真が撮れる「夕日ライト」が特徴のスタジオです。
撮影料金は一人2,000円(三人以上で割引あり)、撮影時間は15分。写真はモノクロ写真データ10枚を受け取れるほか、ミニサイズ写真4枚と人数分の4カット写真を後日自宅まで送ってくれます(写真全データ渡しはオプション)。
また、一人500円で5分間撮影、モノクロ4カット写真を受け取れる「試し撮りコース」もありますよ。

店舗情報

店名(店舗名) selsta
最寄り駅 京王電鉄(井の頭線)神泉駅から徒歩5分
住所 東京都渋谷区円山町25-7 ファザーランド渋谷Ⅲ4F
電話番号 なし(お問い合わせ・予約は公式SNSから)
営業時間 12:00~20:00(定休日:月)
撮影料金 2,000円(税込
撮影タイプ モノクロ・カラー
公式HP selstaの公式ホームページ

新大久保でおすすめのセルフ写真館

続いては、韓国ブームの発信地であるコリアンタウン・新大久保エリアでおすすめのセルフ写真館を紹介します。

スタジオ名 最低価格 特徴
刹那館(せつなかん) 3,480円(税込) ・日本セルフ写真館発祥のお店
・韓服レンタル、写真修整など豊富なオプション
storybooth(ストーリーブース) 3,800円(税込) ・肌補正レタッチオプションあり
・基本料金でデータと写真を受け取れる

刹那館(せつなかん)

刹那館(せつなかん)』は日本におけるセルフ写真館の発祥とされるスタジオです。そのため立地も日本の韓国である新大久保。
撮影ブースは鍵付きの完全個室となっているので、プライベートな空間で安心して撮影を楽しめます。韓服(ハンボク)や韓国式スポットライトの貸し出し、写真修整など豊富なオプションや、多数用意されている韓国風撮影小物も魅力です。
撮影料金は15分撮影で3,480円(三名以上は追加料金必要)。写真データは基本料金では2枚受け取りなので、オプションの全写真データ送付(980円)は必須と言えるでしょう。また、一人500円でセルフ写真館の撮影を体験できる「4STYLE(ネスタイル)」(3分撮影、写真1枚付き)もおすすめです。

ただ撮影ブースが他スタジオと比べ少々小さいため、大人数での撮影にはおすすめしません。

店舗情報

店名(店舗名) 刹那館(せつなかん)
最寄り駅 JR(中央・総武線各駅停車)大久保駅から徒歩2分
住所 東京都新宿区百人町1丁目23−1 タキカワ百人町ビル3F・4F
電話番号 070-8427-1655(営業日のみの対応)
営業時間 11:30~18:30 土日祝11:00~20:00(定休日:12月30日~1月3日)
撮影料金 3,480円(税込)
撮影タイプ モノクロ・カラー
公式HP 刹那館(せつなかん)の公式ホームページ

storybooth(ストーリーブース)

storybooth(ストーリーブース)』は2012年7月にオープンした韓国式写真館で、韓国式証明写真の撮影のほかセルフ撮影プランも取り扱っています。セルフ写真館では数少ない肌補正レタッチオプションがあるスタジオなので、撮影当日にニキビなどのお肌のトラブルがあっても安心して撮影に臨めます。また、ペットとの撮影もできますよ。
15分撮影で撮影料金は二人まで3,800円、三人目からは一人ごとに+800円。写真はデータ10枚と現像写真を人数分受け取れます。全データ受け取りオプションもありますが、肌補正レタッチとは同時に利用できない点にご注意ください。

店舗情報

店名(店舗名) storybooth(ストーリーブース)
最寄り駅 JR(山手線)新大久保駅から徒歩8分
住所 東京都新宿区大久保3-5-3 B1
電話番号 090-8446-0098
営業時間 11:00~18:00 土日11:00~19:00(定休日:不定休)
撮影料金 3,800円(税込)
撮影タイプ モノクロ・カラー
公式HP storybooth(ストーリーブース)の公式ホームページ

その他エリアでおすすめのセルフ写真館

東京には、これまで紹介したエリア以外にもたくさんのセルフ写真館があります。その中から、今回は3軒を紹介します。

スタジオ名 最低価格 特徴
スタジオセルフィア中目黒 3,500円(税込) ・ナチュラルな補正で綺麗な仕上がりの写真に
・モノクロ1種+カラー4種の撮影プランを用意
@ITSUMO(あっといつも) 5,998円(税込) ・本格的なスタジオと撮影機材が使えるセルフ写真館
・人数による追加料金なし
Studio Moment 4,000円(税込) ・ワイヤレスシャッターで自由なポージング
・40分撮影プランあり

スタジオセルフィア中目黒

スタジオセルフィア中目黒』は中目黒駅・代官山駅から徒歩圏内、閑静な住宅街にあり立ち寄りやすいフォトスタジオです。撮影した写真に、一般的なフォトスタジオでも使われるナチュラルな補正を施してくれるオプションがあるので、データだけでなく現像した写真も自然に、かつ綺麗に仕上げてくれます。
撮影プランは、モノクロ撮影ができる「ベーシックプラン」のほか、カラー撮影ができるプランを4種類用意。すべてのプランで全データが受け取れます。誕生日や結婚祝いで撮影する方には、スタジオの飾りつけもしてもらえる「セルフィアゴールドプラン」はいかがでしょうか。
撮影は完全予約制となっているので、来店前に公式HPからご予約下さい。

店舗情報

店名(店舗名) スタジオセルフィア中目黒
最寄り駅 東急電鉄(東横線)/東京メトロ(日比谷線)中目黒駅から徒歩5分
住所 東京都上目黒1-11-4
電話番号 090-4361-7510
営業時間 11:00~19:00(定休日:不定休)
撮影料金 3,500円(税込)
撮影タイプ モノクロ・カラー
公式HP スタジオセルフィア中目黒の公式ホームページ

@ITSUMO(あっといつも)

@ITSUMO(あっといつも)』は30色から背景紙を選べる2つのスタジオと、プロもうらやむ高性能機材で本格的な撮影が楽しめるセルフ写真館です。友だち同士の気軽な撮影だけでなく、成人式やウェディングなどフォーマルな記念撮影やビジネスポートレート撮影、コスプレ撮影などあらゆるジャンルの撮影に対応できます。メイクルームのほかスタジオ内にもメイクコーナーがあるので、スタジオから出なくてもメイク直しができるのも嬉しいポイントです。

撮影料金は膝上・バストアップ撮影向きのAスタジオが5,998円、カラーフィルターが使える全身撮影向きのBスタジオが14,998円です。どちらも撮影時間は30分、人数の制限や追加料金は特になく、全写真データをLINEまたはSDカードで受け取れます。

店舗情報

店名(店舗名) @ITSUMO(あっといつも)
最寄り駅 都営地下鉄(大江戸線)/東京メトロ(副都心線)東新宿駅から徒歩3分
住所 東京都新宿区新宿6-26-2 コーラルビル1F
電話番号 03-6205-9447
営業時間 14:00~20:00(定休日:火)
撮影料金 5,998円(税込)
撮影タイプ カラー
公式HP @ITSUMO(あっといつも)の公式ホームページ

Studio Moment

Studio Moment』はグレーの背景で撮影できる銀座のセルフ写真館。撮影にはワイヤレスリモコンシャッターのカメラを使用するので、自由なポージングで写真が撮りたい方におすすめのスタジオです。新聞紙や縄跳び、自由に文字を変えられるレターボードなどユニークな撮影小物を豊富に用意しているのも嬉しいポイントですね。

撮影プランは15分撮影で4,000円(高校生3,000円)の「BASIC plan」と、40分撮影で8,000円の「PLUS plan」の2種類。PLUS planは人数による追加料金がないので、大勢での撮影にもおすすめです。写真はどちらのプランでも、全写真データと名刺サイズの写真を受け取れます。

店舗情報

店名(店舗名) Studio Moment
最寄り駅 都営地下鉄(浅草線)/東京メトロ(日比谷線)東銀座駅から徒歩2分
住所 東京都中央区銀座4丁目13−5(たつみ酒造隣の白い4階建てビルの2階)
電話番号 090-4820-4772
営業時間 11:30~19:00 土日祝11:30~19:00(定休日:不定休)
撮影料金 4,000円(税込)
撮影タイプ モノクロ・カラー
公式HP Studio Momentの公式ホームページ

まとめ

今回は、東京にあるおすすめのセルフ写真館を紹介するとともに、セルフ写真館について料金の相場や選び方のポイントを含め説明いたしましたが、いかがだったでしょうか。

セルフ写真館はこれからも全国的に増えていくことが予想されます。この記事を参考に、あなたのお気に入りのセルフ写真館を探してみてくださいね!

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました