【メイク総集編】パスポート写真のメイクポイントはここだ!

はじめに

パスポートは海外出張や旅行など、ワクワクするような時に使うことが多いですよね。
そのため多くの女性の方は「パスポートの写真はできるだけ綺麗に撮りたい!」と思っていることでしょう。
しかし、普段から慣れていない写真撮影において、

  • 「どんなメイクをすれば良いの?」
  • 「パスポート写真のメイクは何に気をつけてメイクをしたら良いの?」

と、写真撮影用・パスポート写真用のメイクに悩まれているかと思われます。

5年、10年と長期間使用するパスポート写真は、長い期間目にしますのでできれば最高の仕上がりにしたいですよね。
今回はそんな女性の皆さんのために、パスポート写真のメイクポイントを解説します。
パスポート写真のルールなどもご紹介しますので、こちらの記事は強い味方になってくれること間違いなしです!

パスポート申請用の写真にはルールがある!

そもそも「パスポート」とは、国籍や身分の証明書であり公的機関が発行するものです。
有効期限は5年または10年で、期限ごとに更新が必要です。
そんなパスポートには写真が必須で、身分証明のための公的な写真となります。
パスポート写真には細かい規格があり、以下のような決まりを厳密に守らなくてはなりません

  • ・正面向きの写り
  • ・帽子を被らない
  • ・無背景
  • ・影がないこと
  • ・眼鏡のレンズに光が反射していない

参考:外務省『パスポート申請用写真の規格』(一部抜粋)

規格から外れた写真では申請すらできませんので、撮り直しになり二度手間になってしまいます。
規格から外れないようにしっかりチェックして準備を進めましょう。

パスポート写真のメイクにルールはある?

女性ならパスポート写真で気になるのはメイクですよね。メイクに関してはパスポートの規格に特に決まりはありません。
もちろんすっぴんでも構いませんし、濃いメイクでも問題は無いのです。なぜなら化粧だけで人物の識別を行っているわけではないからです。
確かに「整形メイク」などと言われる過度なメイク方法もあり、そういった本人確認が取れないようなメイクは多少認められない場合もあるでしょう。しかし、一般的なメイクは本人確認をするにあたり識別は容易にできるレベルです。そのため「ルールに従ったメイクをしなくちゃ!」とそこまで過敏になる必要はありません。

パスポート写真のメイクで気をつけてほしいこと

パスポート写真のメイクに特に決まりはないものの、いくつか気を付けてほしいポイントがあります。以下より解説していきます。

気をつけてほしいこと1:別人級のメイクを控える

上述したように、パスポートは身分証明書であるため、写っている写真と本人があまりにかけ離れていると、身分を証明したいときに支障をきたします。
最もパスポートが必要となる入国審査時にも、実物と写真にギャップがある場合には普通の人より時間がかかることもあります。
実物と写真で違和感がないように、普段通りのメイクをしましょう

気をつけてほしいこと2:5年10年使用する写真であることを意識する

パスポートは5年・10年と長い間使用し、その間パスポート写真の変更はされないでしょう。そのため、今流行りのメイクで撮影してしまうと、年数が経過したときに時代遅れのような写真になってしまい、開けるたびに残念な気持ちになることも…。
そのため、今流行しているメイクではなく無難な仕上がりのナチュラルメイクがおすすめです。
なお、パスポートの写真はパーツの位置や瞳の色から本人であると機械で判別するので化粧が多少違うからといって別人と判断はされません。

パーツ別!パスポート用写真のメイクポイントと撮影時の注意点

パスポート写真のポイントについて理解が深まったところで、ここからは具体的にどんなメイクをしたら良いか、パーツ別のポイントと撮影時の注意点をご紹介します。

【ベースメイク】

まず最初は顔の土台となるベースメイクから解説します。

ベースメイクのポイント

パスポート写真では、ベースメイクは自分の肌の色とあっているカラーのものを使用しましょう。
顔色より明るかったり暗かったりすると顔だけ浮き出て見えてしまいます。
またニキビ跡やシミ、クマやくすみなどの肌トラブルはしっかり化粧でカバーしましょう。
長く使うパスポート写真なので、後で見てがっかりするような仕上がりにならないよう、丁寧にベースメイクを完成させます。

パスポート写真撮影時の注意点

公的に使わない、履歴書写真やプロフィール写真は、肌はある程度レタッチでカバーできますが、パスポート写真は身分証明のためのものなのでレタッチは極力控えましょう
その分フラッシュの効果を最大限に発揮できるよう、ムラなく均一にベースを作ることが大切です。

【アイメイク】

続いてアイメイクをご紹介します。
なるべくぱっちり印象的な目に仕上げましょう

アイメイクのポイント

ナチュラルメイクで目元をぱっちりさせるポイントはまつげです。
まずビューラーでしっかりまつげをカールさせて、マスカラで濃く仕上げると良いです。
マスカラはまつげが短くて少ない方はロングタイプ、長さはあるけど量が少ない方はボリュームタイプがおすすめです。
またアイシャドウはグラデーションにして目のキワを濃い色でしめてあげると立体感が生まれ、のっぺりした感じがなくなります。
アイシャドウの色は流行に左右されないブラウンやベージュを選びましょう。

パスポート写真撮影時の注意点

目元は写真に写すとフラッシュによってアイシャドウやアイラインの色が薄くなり、のっぺりとした印象になってしまうので普段よりしっかり目にメイクをしましょう。
またカラーコンタクトはNGで撮り直しになります。
瞳のフチだけ強調するディファインタイプは受け付けてくれる場合もあるようですが、出入国審査などで質問を受ける場合があり、避けたほうが無難です。

【アイブロウ】

続いてアイブロウメイクについて解説します。
眉毛は流行が出やすいパーツなので、流行の眉毛ではなくオーソドックスな形に仕上げましょう

アイブロウのポイント

アイブロウは太すぎず細すぎず、あまり流行にとらわれないような形にしましょう
ペンシル・パウダー・眉マスカラ等を駆使して眉毛全体が同じ色味・濃さになるように調節すると、長期間使用しても古臭い印象にはなりません。

パスポート写真撮影時の注意点

パスポートは5年10年と長期間使用しますので、流行りの眉毛にしてしまうと後々時代遅れになってしまいます。
なるべくナチュラルなアイブロウメイクにしましょう
また眉マスカラが明るすぎるとフラッシュで色が飛んでしまう場合があるので、濃いめの色を選びましょう。

【リップメイク】

続いてリップメイクのポイントをご紹介します。
リップが薄すぎると顔色が悪く見えますので、きちんとメイクをしましょう

リップメイクのポイント

パスポート写真ではどんな色を使ってもOKですが、長く使う写真だということを意識して、なるべく流行に左右されない基本的な色を選びましょう。
塗り方には流行りがあまり無いパーツなので、無難に仕上げておけばOKです。
輪郭をしっかり描き、いつもより濃いめに塗ると、写真ではちょうどよくなります

パスポート写真撮影時の注意点

唇の色が薄いと顔色が悪く見えるので、いつもより濃いめに塗りましょう
また撮影では強い光が当たるので、テカテカした唇だと反射して白くなってしまうことがあります。
そのためグロスは避け、口紅でメイクしましょう

【チークメイク】

最後にご紹介するのはチークです。
顔の血色を良くし、顔が立体的に見えることで小顔効果もありますのでぜひチークでメイクを仕上げましょう。

チークメイクのポイント

パスポート写真でのチークは、笑った時の頰の一番高い箇所からこめかみに向かって楕円形に乗せてあげると自然で美しい仕上がりとなります。
色はピンクやコーラルなど、基本的な色を選びましょう

パスポート写真撮影時の注意点

パスポート写真でチークはフラッシュによって色が薄くなるので、普段よりしっかり目に乗せると写真写りが良くなります。
チークが薄いと顔の立体感や血色を欠き、のっぺりした印象になるので気を付けましょう。

パスポート写真の撮影をプロに任せるという選択肢

パスポート写真は5年10年ずっと同じものを使うので、少しでも良い仕上がりで撮影したいですよね?
スピード写真などで自前で用意する人も多いですが、プロにお願いするのもおすすめです。
写真館やフォトスタジオにはプロのヘアメイクさんが在籍していたり、他の美容院などと提携していたりと、とにかくプロに一式お任せできます
パスポート写真には表情や顔の向き、サイズ等細かい規格があり、それを押さえた撮影を行ってくれます。
なのでせっかく良い仕上がりになったのに申請時にやり直しになると言った二度手間を回避できます。
またスピード写真では撮り直し回数が少なく、結局妥協することが多いですが、プロにお願いすれば規格通りなだけでなく、納得のいくまで撮影できるのが大きな魅力です。
お金はかかってしまいますが、数年に一度のことなのでぜひプロにお願いしましょう。

パスポート写真のメイクまとめ

今回はパスポート写真のメイクについてご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。
長期間使用するパスポートは、後々見返してみると時代遅れのメイクになっていてがっかりすることも多いですが、ポイントを押さえればいつまでも魅力的な写真を撮ることができます
特に、今まで仕上がりに妥協していた方はぜひパスポート写真にふさわしいメイクを研究して、美しい写真を仕上げてください。

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました