男のマイナンバー写真は眉毛が好印象の鍵!デザインやセット方法を紹介

はじめに

  • 「自分でも満足できるマイナンバー写真を撮るためには、どこにポイントをおけば良いかな?」
  • 「男だけどできるだけ好印象も持たれるようなマイナンバー写真を撮りたい!」

と思っている男性も多いのではないでしょうか?
どんな場面でも写真を撮るのであれば、少しでもすてきな写真を撮りたいと思うのは男性でも同じです。
しかし化粧をする女性とは違ってどこに気を配れば、満足のいく写真を撮れるのか分からないという意見を耳にします。
実際に男性が顔写真を撮る上で、気を配るべきところ実は『眉毛』なのです。
この記事では、男性がマイナンバー写真を撮るときに、眉毛でどの程度印象が変わるのか?好印象を与えるためにはどのような眉毛にすればよいのか?についてお伝えします。

マイナンバーを申請する時には顔写真が必要!

マイナンバーを作成する際に必要になるのが、通知カード・マイナンバー交付申請書・印鑑・証明用顔写真1枚(6カ月以内に撮影したもの)です。
一般的に運転免許証・パスポート・健康保険証といったさまざまなタイプの身分証明証がありますが、健康保険証などは顔写真がついておりません。
それに比べて、マイナンバー・運転免許証・パスポートには住所の記載の他、顔写真も貼付してあり、ほとんどの場合において1点のみで身分証明書としての役割を果たします。
そのため貼付する顔写真は、自分であることをしっかりと確認できる顔写真を用意しなくてはいけません。
顔に影が写っていたり、顔写真の背景に柄・家具が写っていたりと本人であることを確認しづらい写真では規格に通らないこともあるのです。
せっかく撮影した写真が規格外となってしまうと、撮り直して再度申請しなくてはいけませんので、どの点に気をつけて撮影をするべきか注意してください。

マイナンバー撮影に関する注意点やサイズに関しては、以下の記事で詳しく解説しています。参考にしてみてください。

【知らなきゃ撮り直しかも】マイナンバー写真の撮り方を徹底解説

マイナンバー写真は4×3サイズじゃダメ!正しい大きさや撮影方法を解説

男性のマイナンバー写真の写りは”眉毛”がキーポイント

マイナンバーカードは、申請をすると「発行日から申請者の10回目の誕生日まで」と、とても長い期間使用することが可能です。
約10年の間には、さまざまなシーンで提示する機会があるからこそ、少しでも写りのいい写真を撮影しましょう。
メイク次第で印象を変えられる女性に比べて、普段メイクをしている男性は少ないといえます。
ではどこで印象に差をつければよいでしょうか。
正解は「眉毛」です。
男性の顔写真のキーポイントになる眉毛をしっかりと整えて、好印象を与えるマイナンバー写真にしましょう。

マイナンバー写真にはこの形!男の眉毛デザイン3つ

眉毛の形や濃さで印象が変化しますが、マイナンバーを撮る際におすすめの男性の眉毛デザインは3つのタイプがあります。それは以下の3つです。

  • ストレートタイプ
  • インテリジェンスタイプ
  • ナチュラルタイプ

自分はどのタイプの男性として写りたいかとイメージした上で、理想の眉毛デザインを選ぶとよいでしょう。では以下よりそれぞれご紹介します。

マイナンバーにおすすめ眉毛デザイン1【ストレート】

マイナンバーにおすすめの眉毛デザインのひとつに【ストレート】タイプがあります。
ストレートタイプの眉毛とは、眉頭から眉尻までを同じ太さでキープしたデザインなので、芯の強い誠実な男性といったイメージです。
眉毛の太さを統一することで、キリっとした男らしい印象を与えるため、体育会系の人にとても似合います。
また、普段人からよわよわしい印象に見られることがある男性は、ストレートタイプの眉毛に変えることで男らしい印象へとイメージチェンジしてみましょう。

マイナンバーにおすすめ眉毛デザイン2【インテリジェンス】

マイナンバー写真におすすめする眉毛デザインに【インテリジェンス】タイプがあります。
インテリジェンスタイプの眉毛とは、眉毛が全体的に細めで、眉尻もすっきりとしているデザインです。
清潔感がありスタイリッシュな印象を受けるため、とても知性的に見えるため、落ち着きのある大人の男性に似合います。
幼く見られてしまう男性は、インテリジェンスタイプの眉毛デザインに変えることで、大人っぽい男性へと印象を変えてみましょう。

マイナンバーにおすすめ眉毛デザイン3【ナチュラル】

マイナンバー写真におすすめする眉毛デザインの3つめは、【ナチュラル】タイプです。
ナチュラルタイプとは、自分本来の眉毛をいかした丸みのあるデザインで、ストレートタイプやインテリジェンスタイプに比べて、自然な眉毛に近いことから、誰にでも似合うデザインです。
丸みのある眉毛は、あたたかい優しい男性を感じさせるので、人からいつも不機嫌そうと誤解されたり、怖そうな人と思われたりといった男性が好印象なイメージに変えるのに適しています。

男性の眉毛メイクに必要なアイテムとその特徴

「自分の眉毛だけでは、理想の眉毛デザインを作れそうにない。」
そんな男性は、眉毛メイクをしてマイナンバー写真を撮影してみましょう。
眉毛メイクに必要なアイテムは、アイブロウペンシルやアイブロウパウダーを用意するだけでOKです。

メイクアイテム1:アイブロウペンシル

眉毛の長さが同じの人は少なく、眉毛の密集した部分があったり、逆に眉毛の少ない部分があったりします。
そんなときに眉毛に統一感を与えてきれいな眉毛に整えてくれるアイテムがアイブロウペンシルです。
アイブロウペンシルを使えば、男らしいきりっとした印象の眉毛を描くことができます。
そして、アイブロウペンシルを選ぶときには、自眉と同じ色か少しだけ明るい色味のものをおすすめします。
アイブロウペンシルの種類も多く、ペンシルの太さも細いものや太いもの、楕円形のものまでさまざまです。
普段メイクをしない男性でも、眉毛が描きやすく、失敗しにくいのは楕円形を選ぶことをおすすめします。

メイクアイテム2:アイブロウパウダー

眉毛メイクで頼りになるのが、アイブロウパウダーです。
アイブロウパウダーには複数の色がセットになったものがあるので、メイクに慣れていな男性にはこちらのタイプをおすすめします。
複数の色を塗り分けることで色味の調整が可能なため、自眉の色にも合わせやすく、自然な眉毛に仕上がります。
アイブロウパウダーの中には、塗った色をぼかすことができるブラシがついたものがよいでしょう。
ブラシつきのアイブロウパウダーなら、失敗しても修正もしやすいので、メイクに自信のない男性でも安心です。

マイナンバー写真をビシッと決める!男性の眉毛メイクステップ

マイナンバー写真をビシッと決めたいなら、眉毛のお手入れが必須です。
男性の眉毛をかっこよく整えるためのポイントをまとめました。

ステップ1:無駄な眉毛の処理

普段、眉毛の手入れをすることのない男性も多く、伸びっぱなしで長すぎる眉毛の人や、眉毛の濃すぎる人を多く目にします。
あまりにも長すぎる眉毛のままでは、だらしない印象を与えてしまう恐れがあり、濃すぎる眉毛は眉毛にばかり目がいってしまう原因にもなるのです。
そこで、眉毛を整える第一歩は、シェーバーや毛抜きなどを使用して、余計な眉毛を処理しましょう。
長すぎる眉毛や濃すぎる眉毛は、専用のハサミでカットしてほどよい長さ、濃さに調整することで、眉メイクもしやすくなります。
またメイクをしていない時でも、形や濃さの整った眉毛は、スッキリとした好印象へとイメージアップできます。

ステップ2:眉毛の形を描く・整える

次に眉毛をアイブロウペンシルで丁寧に描いていきます。
ここでポイントになるのは、眉毛の描き方ですが、まるで色鉛筆を塗るかのように、さっと一気に描いてしまってはNGです。
整った眉毛を描くためには、まず、ペンシルで軽く眉毛の縁の部分を描いていきます。
縁の部分を描き終えたら、鏡で眉毛全体を確認し、眉毛の少ない部分などがあったら、足りない眉毛を一本一本丁寧に書き足すことが大切です。
一本ずつ書き足すことにより、自然な仕上がりの眉を描くことができます。

ステップ3:眉毛の濃さを調節

アイブロウペンシルで眉毛を描いた後、眉メイクの仕上げはアイブロウパウダーです。
メイクをした眉毛は、自眉だけの時よりも鮮明に見える分、眉毛の量や生え具合に差があると、とても目立ってしまいます。
眉毛の色合いが統一されていないと、眉毛だけが浮いてみえる原因にもなりますので、鏡を少しだけ離してみて、顔全体をしっかりとチェックしてみましょう。
眉毛の薄いところや眉毛の色味がまばらになっているところには、アイブロウパウダーを乗せて眉全体が均一になるように調整してください。

メイクポイント!マイナンバー写真のための男性の眉毛

メイクに不慣れな男性に注意してほしいのが、あまりにも気合を入れた眉メイクを避けるように心がけましょう。
キリっとした印象に仕上げたいという思いが強すぎてしまうと、つい、メイクを濃くしすぎてしまうこともあります。
濃く描きすぎた眉毛では、せっかくの顔写真も眉毛ばかりが目だってしまい、不自然な印象を与えてしまいます。
眉メイクを成功させるコツは、あくまでもナチュラルに仕上げることです。色味の加減に気をつけましょう。

マイナンバー写真はフォトスタジオで撮影が安心

「眉メイクをうまくできる自信はないけど、理想の眉毛でマイナンバー写真を撮りたい。」
そんな人は、写真館やフォトスタジオに行って、顔写真を撮影してもらいましょう。
写真館やフォトスタジオには、プロのヘアメイクさんが在籍していることもあり、自分の思い描いている眉毛の印象に仕上げてもらうこともできます。
ほかにも表情や顔の向き、写真のサイズなど、素人の人間では難しいマイナンバー写真の規格をきちんと抑えた上で撮影してくれます。
まちなかにあるスピード写真などは撮り直し回数も少なく、満足のいく撮影ができずに写真を選ぶこともありますが、スタジオでは自分が納得できる撮影できるメリットもあります。

男性のマイナンバー写真の眉毛メイクまとめ

いかがでしょうか。
今回は、眉毛に手を加えて、好印象のマイナンバー写真を撮る手順をご紹介しました。
長い期間、申請時の顔写真を貼付するからこそ、いくつになっても胸を張って提示できる証明写真にしたいものです。
マイナンバー写真で好印象に見えるためのプロセスは、

  • 1. 眉の形はシェーバー・毛抜き・専用のハサミを使ってそろえる
  • 2. 眉メイクのアイブロウペンシル・アイブロウパウダーは、ナチュラルな仕上がりになるように心だける
  • 3. 自分で眉メイクに自信がないなら、プロにお願いしてみる

これらの点に気をつけながら、満足のいくすてきなマイナンバー写真を目指しましょう。

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました