アイコン:目次目次

もくじをタップするとページ内を移動します

女子の大学受験写真でメイクはあり?服装や撮り方のポイントを解説!

本サイトはプロモーションを含む場合があります。
女子の大学受験写真でメイクはあり?服装や撮り方のポイントを解説!

はじめに

大学受験を控えている受験生のみなさんにとって、あらかじめ準備が必要なものの1つに証明写真があります。 その中で、
「受験勉強ってどんな服で撮影すればいいのかな?」 「受験写真で髪型ってなんでもいい?」
など、悩んでいる方も多いのではないでしょうか。 今回の記事では、「女子の大学受験写真の撮影のポイント」について取り上げます。 その中でも、
  • 大学受験写真の撮影前のチェックポイント
  • 女子の大学受験写真の撮影にふさわしい身だしなみ
  • オススメの女子大学生の受験写真の撮影方法
などの大学受験写真の撮影における項目を紹介していくので、ぜひ参考にしてみてください。

大学受験における証明写真の使い道は?

女子の大学受験写真でメイクはあり?服装や撮り方のポイントを解説!
大学受験の証明写真の用途として、
  • ・受験当日の本人確認
  • ・大学入学後の学生証に使用
が挙げられます。 基本的に大学受験日当日の本人確認として証明写真が使用されますが、一部の大学では大学入学後の学生証写真として利用されます。 そのため、自宅で撮影したり寝癖のまま撮影した受験写真が、学生証として大学在学中の四年間利用しなければならなくなる可能性があるのです。 見栄えの良くない学生証になってしまうことを防ぐために、なるべく高品質な受験写真を用意するようにしましょう。

大学受験写真を撮影する前にチェックしておきたいこと

女子の大学受験写真でメイクはあり?服装や撮り方のポイントを解説!
大学受験写真を撮影する際に、あらかじめ確認しておきたいポイントが多くあります。 以下では、撮影時期や証明写真のサイズなど、大学受験写真を撮影する際にチェックしておきたい項目を解説していきます。 これから大学受験写真を撮影する予定の受験生は、ぜひ参考にしてくださいね。

(1)大学受験写真をいつ撮影すれば良いか

大学受験の方式により、大学受験写真の撮影時期は異なります。 今回は、総合型選抜・学校推薦型選抜・一般入試の三種の入試携帯ごとの適切な撮影時期を紹介します。
総合型選抜:5月〜6月
└総合型選抜の大学受験写真の撮影時期は、5月頃がオススメです。 総合型選抜は、願書提出が8月から始まる大学が多いです。しかし、7月や8月は、就活生がサマーインターン用に就活写真を撮影しに写真館に訪れるため、混雑しています。そのため、早めに撮影することをおすすめします。
学校推薦型選:7月〜8月
└学校推薦選抜の大学証明写真の撮影時期は、7月〜8月が良いでしょう。 学校推薦選抜の願書提出時期は10月〜11月が多く、合格も年内に決まる大学が多いです。9月からは七五三の撮影時期とかぶってしまい思い通りの日程で予約できなくなる可能性があります。そのため、学校推薦選抜の大学証明写真は7月〜8月に取り終えておくことがオススメです。
一般入試:大学入学共通テストありは6月〜7月、私立の一般のみは10月〜11月
└大学入学共通テストの出願だと6月〜7月、私立の一般は10月〜11月がオススメです。 大学入学共通テストの出願時期は、9月〜10月と早い時期となっているため、6月頃から撮影をしましょう。私立のみの場合は1月以降に出願ですが、前もって年内に撮影を済ませておくことをおすすめします。

(2)大学受験写真がカラーor白黒指定どちらか

自分の受験する大学の受験写真が、
  • ・白黒でも可能
  • ・カラーのみ
なのかを事前に確認しておきましょう。 なぜなら、写真館によっては白黒の大学受験写真が撮影できるところもあれば、できないところもあるからです。大学受験写真の取り直しを防ぐためにも、募集要項の受験写真の規定は確認しておきましょう

(3)大学受験写真で背景色の指定があるか

大学受験写真の背景色の指定があるかを確認しておきましょう。 大学側から「背景色の指定がないもの」と指定されている場合は、一般的な大学受験写真の背景色である白・ライトグレー・ライトブルーがオススメです。 もし服装が背景色とかぶってしまうと、服装と背景が同化してしまい、ぼやけて見えてしまうので服装と背景色は異なる色にしましょう。

(4)大学受験写真で指定されたサイズは何か

大学受験の証明写真は、縦4cm×横3cmが一般的です。 大学受験写真のサイズは学校によって指定がある場合があるので、受験要項の確認が必要です。指定されたサイズの大学受験写真がプリントできるか不安な人は、写真館に問い合わせることをオススメします。

(5)インターネット出願をするか

自分の志望している大学の出願方法がインターネット出願かを確認することも重要です。 最近は、インターネット出願を取り入れる大学が増加しています。そして、インターネット出願は、証明写真データをアップロードする必要があります。そのため、大学受験の写真データを受け取ることができる写真館かの事前確認も必要となってきます。 したがって、自分の受験校の出願方法がインターネット出願だと確認できたら、写真データを受け取ることが可能な写真館を選定する必要があります。

女子の大学受験写真の撮影にふさわしい身だしなみを解説

女子の大学受験写真でメイクはあり?服装や撮り方のポイントを解説!
ここまでは、大学受験の証明写真の事前にチェックしておくべき項目を解説してきました。しかし、大学受験写真には上記以外にも、チェックしておくべき項目が存在するのです。 そこで今回は、女子の受験生に焦点を当て、大学受験写真におけるふさわしい「身だしなみ」を解説していきます。 これから大学受験写真の撮影を控えている女子の受験生は、ぜひ参考にしてみてください。

女子の大学受験写真でメイクはしてもいいの?

女子の大学受験写真でメイクはしてもOKです。ただし、派手な色味のアイシャドウやリップなど、過度なメイクは本人確認の妨げになるため避けるようにしましょう。 具体的には、ベースメイクや眉メイクなどのナチュラルなメイクなら適しています。そして、軽くメイクを施すことで、肌荒れや受験勉強で出来たクマなどを隠して健康的な印象を演出できます。しかし、一度もメイクをしたことがない人が突然メイクを行ってしまうと失敗してしてしまい、本人確認を行いにくくなってしまいます。その場合は、ヘアメイクを施してもらうことができる写真館やスタジオで撮影することがオススメです。 したがって、大学受験写真の際にナチュラルなメイクならばしても良いでしょう。 大学受験写真の女子のメイクに関しては以下の記事で詳しく紹介しています。こちらもあわせてご覧ください。 大学受験写真はメイクしてもいいの?OKメイクのポイントを徹底解説!

女子の大学受験写真でカラコンはあり?

女子の大学受験写真では、カラコンを装着してもOKです。 しかし、あまりに目の色が違ったり、大きすぎると本人確認ができないので注意が必要です。 そのため、ふちや柄なし・着色直径が小さいなどのナチュラルなカラコンを選択することがオススメです!

女子の大学受験写真にふさわしい髪型は?

女子の大学受験写真にふさわしい髪型は、髪が落ちてこないようにまとめ、顔がはっきりと見える髪型です。女子は、髪をおろしたままだと顔や目にかかってしまい、本人確認が行いにくくなってしまいます。そのため、髪の毛が落ちてこないようにまとめることで、表情がわかりやすくなり、本人確認にも適した髪型になります。 もし髪の毛をおろしたまま大学受験写真を撮影したい場合は、耳に髪をかけることで顔にかからないように工夫しましょう。

目にかかる長さの前髪はまとめるor左右どちらかへ流そう

大学受験において、目にかかる長さの前髪はNGです。 なぜなら、目が隠れてしまうと、大学受験写真の本来の目的である「本人確認」が困難になってしまうからです。 そのため、前髪は、
  • ・横(左右どちらか)に流す
  • ・後ろ髪と一緒にまとめる
などのスタイルで整えるようにしましょう。 上記のような前髪のスタイルにまとめることで、目や額がはっきりと大学受験写真に映り、本人確認がしやすくなります。

女子の大学受験写真で茶髪はあり?

女子の大学受験写真を茶髪で撮影するのはOKです。地毛が元々茶色の人もいるため、ダークブラウン程度なら違和感ないでしょう。 しかし、総合型選抜・学校推薦型選抜の場合は、自分が受験校に適しているかを大学受験の証明写真でもアピールしなければなりません。 そのため、勉学に励む真面目な様子が伝わる黒髪の方が受験写真の際の髪色に適しています。 大学受験の女子の髪型に関してもっと詳しく知りたい方は以下の記事もご覧ください。 女子の大学受験写真に適した髪型は?長さ別のおすすめアレンジも紹介

女子の大学受験写真にふさわしい服装は?

大学受験写真にふさわしい服装は三種類あります。 以下で詳しく解説していくので、大学受験写真の撮影にどの服装で行くかを決める参考にしてみてください。

①制服

大学受験の証明写真で制服を着て撮影する際には、
  • ・アイロンをかけた白いシャツがおすすめ
  • ・必ずブレザーは着用する
  • ・校章は真っ直ぐ整える
などがポイントとして挙げられます。 大学受験写真でシャツ1枚で撮影した場合、背景と同化してぼやけて見えてしまうことがあります。そのため、シャツの上にブレザーを羽織るようにしましょう。また、大学によっては制服での撮影がNGなところがあるため事前に確認することをオススメします。

②私服

大学受験の証明写真で私服を着て撮影する際には、
  • ・白いシャツ、もしくはブラウスを着用する
  • ・落ち着いた色のジャケットかカーディガン、ベストを羽織る
  • ・大きすぎないサイズのリボンはOK
がポイントとなってきます。 私服で撮影する場合、Tシャツやパーカーなどのカジュアルすぎる服装はTPOに合わないため避けましょう。襟がついた白シャツに落ち着いた色のジャケットを羽織ることで、受験にふさわしいフォーマルな印象になります。

③スーツ

大学受験の証明写真に適しているスーツを着用する上で、
  • ・黒や紺などの落ち着いた色の上着を選択する
  • ・白いシャツを選ぶ
  • ・シャツのボタンは一番上まで閉める
などがポイントです。 スーツの中でも襟のないカジュアルなデザインは、大学受験写真にはふさわしくありません。その理由は、カジュアルすぎるスーツは清潔感を欠いており、だらしない印象を与えてしまうからです。一方、フォーマルなスーツを着用すると、洗練された印象を与えるため、特に総合型選抜やAO選抜試験など、人間性が重要とされる場合に最適です。 大学受験写真の女子の服装に関しては以下の記事で詳しく紹介しています。ぜひご覧ください。 [女子編]大学受験写真におすすめの服装や着こなしの注意点を解説!

大学受験写真でメガネをかけてもいいの?

大学受験写真の撮影には、メガネを着用してもOKです。大学受験写真の使用用途として、「本人確認」という役割があるため、受験当日の容姿と大幅に違っていると本人確認の役割を果たすことができません。そのため、メガネを日常的にかけていて、受験当日にもかける人は、大学受験写真の撮影の際にもメガネを着用するようにしましょう

女子の大学受験写真にふさわしい表情は?

女子の大学受験写真に適しているとされる表情は、「無表情」もしくは「口角を少し上げた表情」です。 もし「歯が見えるほど大きく笑った表情」をしてしまうと、大学受験写真の役割とされる本人確認がしにくくなってしまいます。そのため、表情が崩れるほどの笑顔は女子の大学受験写真には適していないといえるでしょう。証明写真では表情がこわばってしまうということもあるかもしれませんが、なるべくリラックスして自然な表情で撮影してみてください。

女子向けのおすすめ順!大学受験写真を撮影する方法

女子の大学受験写真でメイクはあり?服装や撮り方のポイントを解説!
女子の大学受験生にオススメな大学受験写真の撮影方法を紹介します。 大学受験写真の撮影方法として、
  • ・自分のカメラ
  • ・スピード写真
  • ・写真館
などが思いつくと思います。 しかし、大学受験写真が学生証として大学生の間ずっと使用すると考えると、高画質で写真写りよく撮影できる方法がオススメです。 そこでここからは、よりクオリティが高く大学受験写真が撮影できる「写真館やスタジオ」と「スピード写真」の二つの方法を、より詳しく紹介していきます。

大学受験写真を撮影する方法1:写真館やスタジオ

大学受験の証明写真撮影の方法として最もオススメなのが、「写真館やスタジオ」です。 写真館やスタジオでは、 <
  • ・本格的なカメラや照明でクオリティが高い証明写真が撮影できる
  • ・プロのカメラマンが表情や姿勢、服の着こなしなどのアドバイスをしてくれる
  • ・肌荒れや気になる点をレタッチし、隠すことができる
  • ・ヘアメイクを施してもらえるプランがある
のようなメリットがあります。 ナチュラルなメイクや受験写真にふさわしいヘアセットを、全て自分で行うことに「自信がない」と感じる人も多いでしょう。また、一人で撮影する場合は、ヘアメイクだけでなく、身だしなみの確認やカメラの調整も自分で行わなければなりません。これでは負担が大きく、大学受験に適した証明写真を撮影することができないかもしれません。そのため、女子の大学受験写真の撮影は「写真館やスタジオ」に依頼することをオススメします。そうすることで、クオリティの高い受験写真を負担を少なくして撮影することができます

大学受験写真を撮影する方法2:スピード写真機

次に大学受験写真の撮影にオススメなのが「スピード写真機」です。 最近のスピード写真機では、
  • ・背景色が変更
  • ・スマホで写真データを受け取り
  • ・美肌&肌色補正
などの機能がついている高性能なものもあります。 しかし、写真の再撮影の回数が限られていない場合やレタッチを自分で細かく行えない場合があるなどのデメリットもあります。 そのため、スピード写真機は大学受験写真を撮影するために「写真館に行く時間がない」人にオススメです。

女子で大学受験写真を撮影するなら写真館・スタジオがおすすめ

女子の大学受験写真を撮影する場合は「写真館・スタジオ」がオススメです。 なぜなら、写真館やスタジオでは、 <
  • ・受験写真に適したナチュラルなヘアメイクを行ってくれる
  • ・光の調整を行うことで、顔をはっきりと見せることができる
  • ・細かいレタッチで肌荒れなどの気になるところを隠してくれる
ということが可能になるからです。 上記のように、写真館やスタジオではプロの技術や本格的な撮影器具を活用して、大学受験写真を高品質かつ魅力的に仕上げてくれます。そして、自分自身だけで撮影するには難しい要素をプロの人に任せることで、忙しい受験期の負担を軽減できます。そのため、女子の大学受験写真の撮影は、「写真館・スタジオ」で行うことがオススメです。

落とし穴!大学受験には証明写真の貼り方のルールがある

女子の大学受験写真でメイクはあり?服装や撮り方のポイントを解説!
大学受験の証明写真には、貼り方のルールがあるので注意しましょう。 まずいきなり大学入学願書に貼る前に、油性のボールペンで自分の名前を書きましょう。これは、大学受験写真が剥がれてしまった時に誰のものか確認を取るために必要です。そして、大学受験写真を願書に貼る際は、テープのりより「スティックのり」が良いでしょう。「テープのり」は剥がれやすく、時間が経つとさらに取れやすくなります。 大学受験の証明写真には、上記のようなルールがあるので事前に要項を確認した上で貼るようにしましょう

まとめ

今回は、女子の大学受験写真について紹介してきましたが、いかがだったでしょうか。 本記事の見出しである、
  • 大学受験写真の撮影前のチェックポイント
  • 女子の大学受験写真の撮影にふさわしい身だしなみ
  • オススメの女子大学生の受験写真の撮影方法
などの解説が、大学受験を控える女子の方々の役に立てば幸いです。 高品質な大学受験を撮影し、自信をもって受験に臨めることを祈っています!
トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました