女性の就活写真スキッパー?レギュラー?シャツごとの特徴やボタンルールを解説

はじめに

「就活写真のシャツが2種類あってどっち着たら良いかわからない!」
という女子就活生は結構います。
実はスキッパーシャツとレギュラーシャツの2種類では企業に与える印象が変わってくるため、シャツごとの印象を知っておくことが重要です。
また着用するシャツを間違えてしまったことで、内定獲得から遠のいてしまうことも!!

今回の記事では、就活写真のための女性の2種類のシャツの特徴からボタンルールまで解説していきます。
自分が目指す企業に合わせて、より魅力的に見えるシャツを選んでみましょう。

就活写真において女性におすすめのシャツは2種類

就活写真では写る範囲が肩から上と少ないため、そこに写る全てが印象を左右する対象となります。
特に顔の印象を変えるのが、黒スーツから見える白いシャツです。

就活写真を撮る女性におすすめのシャツは、レギュラーシャツとスキッパーシャツの2種類です。
どちらも就活定番のシャツですが、見た目の印象が違うためしっかりと把握しておく必要があります。

レギュラーシャツの印象

レギュラーシャツは就活シャツの中でも、最も正統派なシャツです。
第一ボタンまで閉めるタイプのシャツで、真面目で誠実な印象に残ります。
公務員や事務職など、堅実さが求められる職業を目指す女性は、レギュラーシャツがおすすめ。
レギュラーシャツのきっちりとしたイメージが、実直さをアピールするのに適しています。

スキッパーシャツの印象

スキッパーシャツは、第一ボタンがなく首元が開いたデザインのシャツです。
レギュラーシャツほど堅苦しくなく、柔らかく明るい印象が残ります。
接客業など人と関わる機会が多い職種を目指す女性は、スキッパーシャツがおすすめ。
スキッパーシャツの明るく社交的なイメージが、フレッシュな魅力を引き立ててくれます。

シャツの種類でボタンの留め方が異なる

レギュラーシャツのボタンルールと注意点

レギュラーシャツは引き締まった印象が魅力のシャツですが、着方を間違えてしまうと逆にマイナスイメージを持たれてしまうため要注意です。
就活写真でレギュラーシャツの魅力を落とさないために、ボタンルールと注意点を把握しておきましょう。

ボタンは一番上まで留める

レギュラーシャツは、一番上の第一ボタンまで全て留めましょう。
レギュラーシャツの魅力は首元をしっかりと閉め、真面目さがアピールできることです。
ボタンを閉め忘れてしまうと、レギュラーシャツが持つ引き締まった魅力を損ねてしまうため注意が必要です。
就活写真を撮る際には、首元を確認しボタンを一番上まで留めておきましょう。

襟はスーツの内側にしまう

レギュラーシャツの襟はスーツの内側にしまうのが正しい着こなしです。
片方だけ襟が出ていたり、両方とも襟を出したりしてしまうと、だらしがない服装になってしまうため要注意。
就活写真を撮る際には、両方の襟をしっかりとスーツの内側にしまいましょう。

スキッパーシャツのボタンルールと注意点

スキッパーシャツは肌の露出が多い分、明るく元気な印象が魅力のシャツです。
就活写真でスキッパーシャツの魅力が活かせるよう、ボタンルールと注意点を見ていきましょう。

一番上のボタンは開ける

スキッパーシャツの一番上のボタンは開けておきましょう。
スキッパーシャツの魅力は、首回りの肌の露出により表情を明るく見せてくれることです。
一番上のボタンを閉めてしまうと、スキッパーシャツ本来の魅力が半減し、堅苦しい印象のシャツになってしまいます。
就活写真を撮る際には、第一ボタンを開けて表情を明るく見せましょう。

襟はスーツの外側に出す

スキッパーシャツの襟は、スーツの外側に出すのが正しい着こなしになります。
襟が外に出ているとだらしがないのでは?と迷う女性も多いですが、スキッパーシャツは襟を出して大丈夫です。
襟を外に出すことで首回りの肌が露出され、明るく元気な印象を与えることができます。
就活写真を撮る際には、襟を外に出して華やかに見せましょう。

就活写真で着るシャツに迷ったらレギュラーシャツ

就活写真で迷ったら、レギュラーシャツを着ておけば失敗がありません。
受ける業種がバラバラで迷っている女性は、レギュラーシャツを選んでおくのがおすすめ。
最もオーソドックスなシャツのため、どんな職種を受ける場合でも融通が利きます。

レギュラーシャツが良い理由1:より真面目に見える

レギュラーシャツは、真面目さがアピールできるシャツです。
どんな企業も真面目に励んでくれる人材が入社してくれることを願っています。
レギュラーシャツを着ることで、より真面目な印象を与えることができため職種を問わず対応できます。

レギュラーシャツが良い理由2:多くの業界で受け入れられる

レギュラーシャツは真面目さを与えられるがゆえに、多くの業界で受け入れられる万能シャツです。
どんな職種を目指す場合にも悩む必要がなく1枚用意しておくことで、どこでも通用します。就活写真で着るシャツに迷ったら、レギュラーシャツを着ておきましょう。

就活写真での女性のシャツについてまとめ

今回の記事では、就活写真での女性シャツごとの印象や注意について解説しました。
スキッパーシャツもレギュラーシャツも就活向きのシャツのため、どちらが正しいという正解はありません。
しかしシャツによって与える印象が異なるため、印象に合わせてシャツを選ぶことで強みや自信に繋がります。
つい緊張してしまう就活写真ですが、シャツ選び1つ変えてみるだけで自信が沸いてくるので、ぜひ意識してみてください。

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました