就活用の証明写真においておすすめな背景は?色と柄を解説!

はじめに

就活用の証明写真では、背景色によって採用担当者へ与える印象が変わるため重要です。
就活用の証明写真の背景色は、採用担当者へ与える第一印象を左右するため適当に選ぶのはやめましょう。
少し大げさですが、背景色であなたの人生が変わることもあります
しかし、初めて就活用の証明写真を撮影する人は、「背景色ってどれがいいの?」「柄はあり?」とどれを選べばいいのか疑問を持つと思います。
そこで今回はとても重要な就活証明写真の背景色で、おすすめの3色をご紹介します
合わせて、背景色や柄を選ぶ際の注意点と、おすすめ背景色を撮影できる場所もご紹介します!

就活用の証明写真の背景色は何色にすべき?

就活用の証明写真においておすすめな背景は?色と柄を解説!1

就活用の証明写真では、白色、青色、薄いグレーが背景色として一般的です。
基本的には、就活用の証明写真の背景色で「この色でないとダメ」ということはありません。
しかし、企業によっては背景色の指定があるので、間違いがないように事前に確認してから証明写真を撮影しましょう。

白色は多くの就活生が選ぶ定番色

毎年、就活生の多くの就活生が証明写真の背景色を白色にしています。
白色は一般的な背景色のため、大学・スピード写真機では背景色が白色になることが多いです。
そのため、白色は一般的で就活用の証明写真の背景色として無難な色のためおすすめです。

白色をおすすめする理由

就活証明写真の背景が白色の場合は、採用担当者へ清潔感・明るいといった第一印象を与えやすいです。
そのため、証明写真ではプラスな第一印象を与えることができます
また、多くある背景色の中でも自分自身がよく引き立つ色でもあります。
したがって就活用の証明写真では白色の背景色をおすすめします。

青色は清潔な印象を与える

青色が背景色の就活証明写真は、採用担当者へ清潔な第一印象を与えやすいです。さらに、青色は清潔な印象に加えて、爽やかな印象も与えやすいため、採用担当者へは好印象を与えられる背景色の一つです。
濃い青色では、採用担当者へ暗い印象を与えてしまうため青色でも薄めのブルー(水色)がおすすめです。

青色をおすすめする理由

就活証明写真の背景色が青色の場合には採用担当者へ清潔な印象に加えて、はっきりとした顔を見せる効果があり、表情がわかりやすい色といえます。
はっきりと顔が見える証明写真では、採用担当者へ“熱意”や“やる気”が伝わりやすいです。
そのため、証明写真で自分の“熱意”や“やる気”を伝えたい営業や商社志望の就活生には青色もおすすめです。
また、エアライン志望の方には青色の背景もおすすめです。
昔からエアライン=青色背景というイメージがあるようで、今だに定着したままの航空会社も多くまずマイナスな印象になる事はないでしょう。

薄いグレーは落ち着いた印象を与える

就活証明写真で薄いグレーを背景色にすると、採用担当者へ落ち着いた印象を与えやすいです。
落ち着いた印象からは“知的さ” や “真面目さ” も伝わるため、銀行や事務などを志望する就活生におすすめの背景色です。
注意点は、濃いグレーを背景色にすると採用担当者へ暗い印象を与えてしまうため、薄いグレーを背景色にしましょう。

薄いグレーをおすすめする理由

薄いグレーが背景色の就活証明写真では、落ち着いた印象を与える他に、顔色がわかりやすいという点があります。
写真館・写真スタジオで、メイク・撮影した就活生の方は、薄いグレーは顔色がよく健康的な印象をより与えやすい背景色となります。
上述したように、“知的さ” や “真面目さ” といった印象が伝わりやすい、銀行や事務などを志望する就活生には薄いグレーがおすすめです。

就活証明写真の背景を選ぶ際の注意点は?

就活用の証明写真においておすすめな背景は?色と柄を解説!2

ここまではおすすめの背景色をご紹介しました。
ここからは就活証明写真に適切な柄について、これまでとは逆におすすめしないNGな背景色についてもご紹介します。それでは背景の柄・背景色を選ぶ時の注意点を解説します!

注意点1:背景の柄は無地かグラデーション

就活用の証明写真の柄は “無地” か “グラデーション” です。
無地は一般的で無難な柄です。無理にグラデーションにする必要はありません。
しかしグラデーションは場合によって、自分自身を引き立ててくれたり、無地よりも表情が明るく見えたりするといったメリットがあります。
ちなみに雲模様ですが、こちらは就活用の証明写真ではNGです。写真の背景でよく見る雲模様は家族写真といったプライベートの写真によく使われ、就活においては不向きといった印象を持たれています。そのため、就活証明写真の柄は“無地” か “グラデーション” にしましょう。

注意点2:派手な色はNG

就活の証明写真では、赤色やオレンジ、ピンクといった派手な色の背景色はNGです。
就活用の証明写真で自分をアピールしようと派手な赤色を背景色にした場合は、その色のイメージに沿った印象を持たれます。色に対するイメージは人それぞれな点もあるため、マイナスに捉える企業側の方もいる事でしょう。そのため、就活用の証明写真において派手な色を背景色にすることは避けた方が良いです。

白・青・薄いグレーの背景色で就活写真を撮影できる場所は?

就活用の証明写真においておすすめな背景は?色と柄を解説!3

基本的には、白・青・薄いグレーは一般的な色のため、ほとんどのスタジオで撮影可能です。
しかし、中にはおすすめの背景色を選んで撮影できる場所もあります。
そこで、就活証明写真で白・青・薄いグレーの背景色を撮影できる場所をご紹介します!

写真館・写真スタジオがおすすめ

背景色に限ったことではありませんが、就活証明写真を撮影するなら写真館・写真スタジオがおすすめです。
写真館・写真スタジオで撮影すると、お店によっては様々な色や柄を選択することができます。撮影前に何色の背景色があるのか事前に確認しておくことをおすすめします。
ちなみに「自分に合う背景がわからない」という方も、写真スタジオで撮影すればプロのカメラマンがこれまでの経験を生かして、あなたに合う背景色を教えてくれますよ。
ただでさえ自撮りやスピード写真機よりも確実に良い証明写真になることは間違いないので、その点も踏まえ就活用の証明写真の撮影は写真館や写真スタジオですることをおすすめします。自信を持って就活に臨める自分自身の魅力を最大限に引き出した就活証明写真になりますよ。

スピード写真機は背景色を選べない場合があるので避ける

おすすめの背景色を選んで撮影できない場所というのが、スピード写真機です。
写真館・写真スタジオと異なり、スピード写真機では背景色を自分で選べない場合があります。
そのため、スピード写真機で撮影する場合には、事前に調べてから撮影しましょう。
中にはスピード写真機でも、背景色が選択できるものもありますがプロのカメラマンよりも質は低いです。
したがって、自分の魅力を最大限に引き出した証明写真にするためにも、スピード写真機は避けて写真館・写真スタジオで撮影しましょう。

就活写真の背景色についてのまとめ

いかがだったでしょうか?
就活用の証明写真について、おすすめの背景色と柄について、背景色と柄を選ぶ際の注意点を解説しました。最後に簡単にまとめてみました。

就活用の証明写真でおすすめの背景色は、

  • 白色
  • 青色
  • 薄いグレー

就活証明写真の背景を選ぶ際の注意点は、

  • 柄は “無地” か “グラデーション”
  • 派手な背景色は選ばない(赤色やオレンジ、ピンクなど)

おすすめの背景色で就活写真を撮影できる場所は、写真館・写真スタジオです。
(※スピード写真機は、色が選べないことがあるためできるだけ避ける。)

ぜひ、この記事を参考に就活用の証明写真の背景色を選んでみたください。
自分に合った背景色を見つけて、魅力が最大限に引き出された証明写真で、採用担当者の第一印象を好印象にしましょう!

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました