運転免許証写真は持ち込み可能!持ち込むための条件や撮る方法を解説

はじめに

免許センターなどで撮るのが普通だと思っていた運転免許証の写真。
「免許センターの即席な撮り方だといつも写りが悪くなる」と、写真写りに納得がいかない方は多いですよね?
実は自分で写真を持ち込んで使用することも可能なのです。

今回の記事では、運転免許証の写真を持ち込むために必要な条件や撮影方法を解説します。
運転免許証の写真をあらかじめ持ち込むことで、綺麗な表情の運転免許証を発行することができますよ。

運転免許証の写真は持ち込みできる

運転免許証の写真は、自分で持ち込みできる事をご存じでしょうか?
実は持ち込み条件を満たした写真であれば、運転免許証の写真として正式に使うことができるのです。

運転免許証の撮影は椅子に座った瞬間に撮られるため、表情を作ったり服装を整えたりする時間はありません。淡々と撮影していくため、出来上がった写真を見てみると、なかなか表情がしっくりこないと悩む方が多い運転免許証。
自分の納得がいく表情の写真を持ち込むことで、満足のいく、見栄えの良い運転免許証を発行できます。

持ち込んだ写真を運転免許証に使うための条件

運転免許証の写真を持ち込むためには、いくつかの条件があります。
自分の好きな写真を何でも使用できるわけではないため、持ち込み条件の確認が必要です。
ここでは、『運転免許証の写真を持ち込むための条件』を解説します。
運転免許証の写真を持ち込む条件は、意外にもシンプルなため一緒に確認してみましょう。

【1】すでに免許証を持っている

運転免許証の写真の持ち込むためには、すでに運転免許証を持っている必要があります。
新規で運転免許証を発行する場合、写真の持ち込みはできないため新免の方は注意が必要です。次の運転免許証の更新で改めて写真を持ち込むために、ここで条件を認識しておきましょう。

【2】写真のルールが守られている

運転免許証の写真として持ち込む写真は、ルールが守られていることが条件です。
運転免許証はれっきとした公的証明書のため、プリクラやピースをした写真など好き勝手に使用できるわけではありません。
運転免許証の写真を持ち込むための条件の中で、特に気を付けるべき条件を挙げていきます。

  • ●撮影から6カ月以内の写真
  • ●縦3cmm・横2.4cmm
  • ●正面を向き、帽子などをかぶらないこと
  • ●背景が無背景であること(背景との同化にも注意)
  • ●現在の容姿と変貌していないこと
  • ●カラコン・ディファインを使用しないこと

他にも条件はありますが一般的な証明写真の条件を守った写真であれば、運転免許証の写真として持ち込むことができます。

【3】都道府県によっては事前予約が必要

運転免許証の写真を持ち込みには事前予約が必要です。
予約なしで写真を持ち込んでしまうと、せっかく用意した運転免許証の写真が使用できない場合があるので要注意。

予約が必要かどうかは都道府県によって異なるため、更新に行く免許センターのホームページなどから調べておく必要があります。
また、運転免許証の写真を持ち込む場合、交付に時間が掛かったり当日に交付されなかったりする場合があります。事前予約の際に、ここも併せて確認しておくと安全ですね。

持ち込む運転免許証写真を撮る方法3選

運転免許証の写真を持ち込むからには、一番写りの良い写真を用意したいですよね。
写真にしっかりと時間を使うことができるからこそ、雰囲気の良い写真を撮影することができます。
ここでは、運転免許証の写真を撮る方法3つを紹介
撮影方法によって良さが変わるため、自分に合った撮影方法を選んでみましょう。

【1】写真スタジオで撮影する

運転免許証の写真で一番確実なのは、写真スタジオで撮影することです。
プロの機材を整えたスタジオで撮影できるためクオリティも高く、表情も明るく仕上がります。
また、撮影ごとにカメラ写りを確認してもらえるため、思った表情と違ったという失敗もありません。適度な加工修正も加えられるため、クマやニキビなどの肌荒れも消すことができ、より満足値の高い免許証を手に入れられますよ!

【2】証明写真機で撮影する

運転免許証の写真を気軽に撮影できるのが、証明写真機です。
1000円程度で撮影でき一見便利に見えますが、実はデメリットが多い撮影法
運転免許写真では白背景が使用できないため、他の色の背景が使用できる写真機を探す必要があります。
また、思うような写真に仕上がらなかった場合、何度も料金を重ねてしまうことにもなりかねません。写真スタジオで撮影してもワンコインほどしか違いはないため、あくまで証明写真機は時間がない場合の妥協策と考えておきましょう。

【3】自撮りする

運転免許証の写真を用意する最終手段に「自撮りする」という方法がありますが、正直あまりおすすめできません。
運転免許証の写真には顔の角度や背景など条件が細かく定められており、素人の手軽さで撮影するとNGになる可能性が高いです。
また、撮影には自分で機材を用意したりプリントアウトしたりと準備が何かとめんどくさい方法になります。
せっかく運転免許証の写真を持ち込むのですから、写真スタジオでバシッときまった写真を撮影してもらいましょう。

スキャンにより写真劣化する可能性があることを踏まえて持ち込もう

運転免許証の写真を持ち込むときは、スキャンよる写真の劣化も承知のうえで用意しましょう。写りの良い写真が撮れたとしてもスキャンによって画像が粗くなるため、背景や表情の色味が暗くなってしまう場合もあります。
運転免許証の写真の持ち込みはあくまでも『自分が満足できる写真の使用』のみを目的とするのがおすすめです。
スキャンによる画質の粗さがあることも踏まえて、運転免許証の写真を持ち込みましょう。

運転免許証写真の持ち込みについてのまとめ

今回の記事では、運転免許証の写真を持ち込むための条件と撮影方法について解説しました。
運転免許証の写真が持ち込み可能であることをはじめて知ったという方も多いのではないでしょうか。
持ち込みには条件や事前準備も必要ですが、一度更新すると3~5年は使用するため、満足できる写真にこだわってみるのもいいですよね。
この記事が、運転免許証の写真を持ち込んでこだわりたいという方の参考になれば嬉しいです。

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました