運転免許証写真の写りを良くする表情作りのポイントを3つ解説

はじめに

本人確認書類としても幅広く活用できる運転免許証。
他人に見せる機会が意外と多い運転免許証だからこそ、なるべく写りの良い写真を用意したいですよね?

この記事では、運転免許写真の写りを少しでもよくするための表情作りに注目をした情報を紹介しています。
初運転免許をゲットする方も免許更新を控えている方も、友だちにも自信を持って見せられる運転免許写真が撮影できるようにしっかり情報をチェックしてみましょう。

運転免許証写真の表情はなんでも良いというわけではない

運転免許証の写真写りをよくしたいからと言って、なんでもかんでも好きな表情をして良いかというとそういうわけではありません。
本人確認ができる写真付きの公文書である運転免許証ならではの写りポイントをしっかりチェックしておきましょう。

NGな表情1:目が細くなる

本人確認をするための役割を担うことも多い運転免許証の写真では、極端に目が細くなってしまうような写真写りはNGとされています。

目が細くなっている写真以外にも、通常時の顔付きと大きな違いが生まれてしまうような写りの写真を運転免許証に使用することは認められません。
目が細くなるような写りを好む方は少ないかと思いますが、まずは運転免許証用の写りとして認められない表情についてきちんと確認しておきましょう。

NGな表情2:めちゃくちゃ笑ってる表情

公文書となる運転免許証だからこそ、素敵なにっこり笑顔の写真が使えたら嬉しいですよね。
しかし、NGな表情1と同じく通常の顔付きが確認しにくくなってしまう表情はNGとなりますので注意をしておきましょう。

とっておきの笑顔写真を持ち込んでも運転免許証用の写真として認められずに撮り直しとなってしまうので、おすすめできない表情となります。

OKな表情1:口角を上げる

今度は運転免許証の写真でもOKとなる表情についてチェックしてみましょう。
口角をあげる程度の自然な笑顔であれば運転免許用の写真として使用が認められるうえ、写真写りもよく見えるのでもっともオススメの表情と言えます。
口角を自然にあげた表情が作れるように事前に表情作り練習をしておきましょう。

OKな表情2:真顔

運転免許証の写真として無難な表情は真顔です。
本人確認をする写真としても真顔は適切であり、書類用としても好まれる表情と言えます。
しかし、暗い印象や怖い印象がでてしまうので写りのよい写真で運転免許証を作成したいと考える方にはあまりおすすめの表情ではありません。

ただ、もし真顔写真で運転免許証を作成することになっても本人確認用の書類としては正解なので、落ち込む必要はないですよ。

免許証写真の写りを良くする表情の作り方

運転免許証用の写真としてOKな表情・NGな表情を知ったところで、実際の写真撮影時にも活かせる表情作りについての情報をチェックしてみましょう。

撮影時のポイント

運転免許用の写真を撮影する際のポイントを3つに絞って紹介いたします。
この3点に気を付けるだけで写真写りの改善にも繋がりやすいのでしっかりと意識してみましょう。

ポイント1:頬を上げるイメージの表情にする

運転免許写真を撮影する際には、口角というよりは頬を上げるようなイメージで微笑む表情をしてみましょう。
頬に軽く力を入れることで顔が明るく見える効果もあるので、ほんの少し頬を持ち上げるような表情作りを心がけてみることをおすすめします。

ポイント2:目を見開き眼力があるように見せる

顔のパーツのなかでも目の印象によって全体の雰囲気や写真写りが大きく左右されると言っても過言ではありません。
目はしっかりと開いて、デカ目&メヂカラを意識した表情作りを行いましょう。
表情作りに慣れていない方の場合は、自分で思っているよりも目が開けられていないことも多いので事前に鏡でチェックしながら丁度良い目の開き具合を知っておくことがおすすめです。
しかし、あくまで自然に見えるレベルのメヂカラにしておく必要があるということも忘れずに。

ポイント3:しっかりとカメラを見る

運転免許写真を撮影する際には、しっかりとカメラを見るように意識することも大切です。
ワンポイントアドバイスとしては、目と目の間(鼻のつけ根あたり)をレンズに向けるようにしてみることです。
視線だけでカメラを見ようとすると視線が落ちて上目遣いのようになってしまったり、顎を引きすぎる原因となってしまうので注意をしてみましょう。
顎の引きすぎは表情が暗く写ってしまったりクマが目立つ原因ともなってしまうので、ちょうどよい顎の角度を鏡などで事前にチェックしておいたほうが安心です。

撮影前の準備で重要なこと

運転免許用の写真写りを良くしたいのなら写真撮影の前にも必ず準備を行っておきましょう。
表情作りは意外と難しく、自分で思い描いている表情が再現できていない可能性も高いので、鏡などで事前にチェックをしておくことがおすすめです。

【1】マッサージで顔の筋肉をほぐす

運転免許証の写真撮影をする前にマッサージなどで顔の筋肉をほぐしておくことがおすすめです。
顔の筋肉をほぐすことで表情作りがよくなるだけでなく、むくみなども改善できるため小顔効果も期待できます。
運転免許の写真撮影では、とくに目元のマッサージを入念に行うことがおすすめです。
顔のマッサージ方法はさまざまなので、自分に合った顔マッサージを事前にリサーチしておきましょう。

【2】しっかり保湿する

運転免許証用の写真撮影をする前日や当日朝にはしっかりと顔の保湿を行っておくこともおすすめです。
顔を入念に保湿しておくことで肌ツヤがよくなるほか、表情も作りやすくなるのです。
乾燥などで肌がつっぱっていると良い表情作りが難しくなってしまうので、写真撮影の前日、当日朝にはしっかりと保湿を行っておきましょう。

【3】自撮りで表情作りの練習をする

普段から写真撮影に慣れていない方が運転免許証用の写真撮影をする時にだけ良い表情を作るというのは案外ハードルが高いです。
写真撮影に慣れておくためにも、自撮りなどで表情作りの練習をしてみることをおすすめします。
自分の思い描いている表情と写真に撮影される表情には違いがあることも珍しくありません。
メヂカラの入れ方や、ちょうどよい顎の引き具合を知るためにも自撮りで表情練習をしてみましょう。

表情以外で免許証写真の写りを良くするポイント

免許証写真の写りをよくするポイントは表情作りだけではありません。
もっとよい運転免許証用の写真を撮影するためにも、それ以外のポイントにも目を向けてみましょう。

【1】姿勢

運転免許証の写真撮影に限らず証明写真などを撮影する際には、キレイな姿勢を意識することで写りの良い写真を用意することができるので意識をしておきましょう。
ポイントとして「背筋をしっかりと伸ばす」「肩はリラックスする」点に意識を持つことが大切です。
背筋をしっかりと伸ばすことで首も自然と伸びるため、きりっとした印象のある良い写真を撮影することができます。
また、背筋を伸ばそうと身体に力を入れすぎると緊張感や固い雰囲気がでてしまうために、肩の力は抜いてリラックスすることも同時に意識してみましょう。

【2】服装

運転免許証の写真撮影で着用する服装は自由なので、少しでも写真写りがよく見える服装を意識してみましょう。
おすすめは明るい色でVネックなどの首回りがあいている服装です。
雰囲気が明るく、首が長く見えるため写真写り向上にも良い効果をもたらしてくれます。
運転免許証の写真撮影では青や水色を背景にすることが多いので、ホワイトやピンク系の服装がとくにおすすめです。

【3】メイク

運転免許証の撮影時には、しっかりめのメイクを施すこともおすすめです。
普段のメイクよりもポイントメイクをしっかりめに施して明るい雰囲気をプラスしてみましょう。
ただ、派手な色のカラコンはNGとなってしまうので気を付けておきましょう。
つけまつげやアイプチ、ナチュラルなカラコンであれば通常の化粧範囲として認められるので基本的に心配をする必要はありません。
顔の印象を大きく変えるようなメイク、ウィッグや眼帯など顔を隠してしまうアイテムの使用は出来ないので必ず確認をしておきましょう。

運転免許証の写りを良くする表情まとめ

今回の記事では、運転免許証の写真写りを良くする表情についての情報を紹介いたしました。
本人確認書類として提出することも多い運転免許証には、少しでも写りのよい写真を使いたいですよね。
表情を意識して変えるだけでも写真写りが大きく変わることもあるので、運転免許証の写真を撮影する前に表情作りの練習をしておきましょう。

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました