アイコン:目次目次

もくじをタップするとページ内を移動します

大学受験写真の背景に適した色は?印象や背景色選びの注意点を解説

本サイトはプロモーションを含む場合があります。
大学受験写真の背景に適した色は?印象や背景色選びの注意点を解説

はじめに

受験の証明写真の撮影を考えているなら、ぜひ以下ページも参考にしてください! 受験写真におすすめの写真スタジオを厳選して詳しく紹介しています! 【東京】受験写真におすすめの写真館特集 【大阪】受験写真におすすめの写真館特集 【横浜】受験写真におすすめの写真館特集 【京都】受験写真におすすめの写真館特集 【名古屋】受験写真におすすめの写真館特集
大学受験をするみなさんは、証明写真を何色の背景色で撮影する予定ですか? 大学受験写真の撮影時に服装に気を付けている方は多いですが、背景を意識していない人は案外多いです。 また、背景色も多いので 「大学受験ではどんな背景を選べば良いのだろう?」 「大学受験写真の背景色に決まりはある?」 と悩む方も多いと思います。
そこで今回は、
  • 大学受験写真におすすめの背景の色
  • 大学受験写真の背景色を選ぶ際の注意点
を解説していきます。 大学受験の写真撮影時の背景に悩んでいる方はぜひ最後までお読みください。

受験する大学によっては証明写真の背景色を指定される場合がある

大学受験写真の背景に適した色は?印象や背景色選びの注意点を解説1
受験する大学によっては、願書に使用する証明写真の背景色が指定される場合があります。 そのため、大学受験写真を撮影する際には、必ず志望大学の募集要項で写証明真の規定を確認し、適切な背景で撮影を行いましょう。 また、スピード写真機や一部の写真館では、決まった背景でしか撮影ができない場合があります。いざ大学受験写真を撮影しようとした際に、「希望の背景色で撮影できない」となると、時間も労力もかかってしまいますよね。 そのため、写真館やスタジオを選ぶ際にも、条件を満たすことができるかどうか事前に確認することが重要です。

大学受験写真におすすめの背景の色は?

大学受験写真の背景に適した色は?印象や背景色選びの注意点を解説2
志望大学の募集要項に背景色の指定が無い場合、 「どの背景色で撮影すれば良いんだろう?」 と、迷う方も多いのではないでしょうか? ここからは、大学受験用写真におけるおすすめの背景色を3つ紹介します。 紹介する背景色を参考に、大学受験写真を撮影する際の背景色を決めましょう。

大学受験写真におすすめの背景色:白

大学受験写真の背景色で迷った場合は、一番スタンダードでシンプルな仕上がりになる「白色」がおすすめです。 白色は清潔感やポジティブな印象を与え、受験から就活までどのシーンにも適しています。 しかし、白いシャツで撮影すると、背景と同化してしまう恐れもあります。その場合、ボケた仕上がりになってしまうため、注意が必要です。ジャケットを着用するなど、背景と服を明確に差別化できるようにしましょう。

大学受験写真におすすめの背景色:ライトグレー

大学受験写真におすすめな背景色として、「ライトグレー」もあります。 ライトグレーが背景色の大学受験用写真は、落ち着いた印象を与え、知的さや真面目さも同時に伝わるためおすすめです。 特に、真面目な印象が良いとされる受験シーンにおいて、相性の良い色といえます。 また、服や顔の色と同化しにくい事から人が分かりやすく、本人確認時もスムーズに通りやすいです。
しかし、グレーの色味が濃いと全体的に暗いイメージになってしまうため注意が必要です。 撮影前にグレーの濃度を確認し、印象が暗くならない濃さにするようにしましょう。

大学受験写真におすすめの背景色:ライトブルー

「ライトブルー」のような水色に近い青色も、大学受験用写真の背景色としておすすめです。白と同じように清潔感や爽やかさなどのイメージを与えることができます。 さらに、ブルー系統の色の独特の心が落ち着く感じを証明写真にプラスすることができます。 しかし、白やグレーと違い背景色から顔色が悪く見えてしまう場合もあり、色白の方は特に注意が必要です。ポジティブな印象を与えたい場合、ブルー系の背景色は避け、白やライトグレーでの撮影がおすすめです。

大学受験写真の背景色を選ぶ際の注意点

大学受験写真の背景に適した色は?印象や背景色選びの注意点を解説3
これまでは、大学受験用写真を撮影する際の背景色について紹介してきました。 しかし、「色だけ良ければ問題無い」という事ではなく、気を付けるべきポイントが2点あります。ここからは、背景色を選ぶ際の注意点について、解説していきます。

注意点1:大学受験写真では「無地」の背景色を選ぶ

大学の受験用写真の撮影時には、無地の背景色を選ぶことをおすすめします。無地の背景色は被写体である受験生を引き立て、写真全体が見やすくなるからです。 多くの大学では模様が映った背景色は禁止されており、学校によっては入試課の方からの連絡が入る場合もあります。また、単色であってもグラデーションのような色調が不均一な背景についても避けた方が無難です。 最悪の場合、大学受験写真の撮り直しが必要となりますが、無地の背景を選ぶことでそのような問題を避けることができます。

注意点2:大学受験写真では服装と同系色の背景は避ける

大学の受験用写真を撮影する際、背景色と同色の服を着用することは避けた方が良いです。 背景と服の境界線が曖昧になってしまうと写真がぼやけてしまったり、人物が主張され過ぎてしまったりする可能性があります。 そのため、背景色が白の場合は水色のシャツで撮影したり、ジャケットを羽織るなど同色にならないように注意しましょう。 志望校の募集要項に背景色が指定されている場合は、あらかじめ違う色のシャツを用意するなど準備をしておくことをおすすめします。

大学受験写真は背景色が選べる写真スタジオがおすすめ!

大学受験写真の背景に適した色は?印象や背景色選びの注意点を解説4
大学受験用写真の撮影時の背景に迷う場合は、背景色を複数の中から選べる写真スタジオでの撮影がおすすめです。 大学受験写真を写真スタジオで撮影した場合、受験生の肌の色や服装の色味に合わせて適切な背景色を選んでもらうことができます。そのため、仕上がった証明写真の顔色が悪かったり、ぼやけたりしてしまうことを防ぐことが可能です。 また、大学受験写真をスタジオで撮影することで、
  • ・インターネット出願に対応した証明写真データの付与
  • ・志望大学の規定に合わせたサイズへの変更
  • ・焼き増しサービス
など、背景色の選定以外にも幅広い面でメリットがあります。 写真の仕上がりの良さで合否は決まりませんが、学生証として長く使用する場合もあるため、なるべく高品質な受験写真が欲しいですよね。 スマホのアプリなどに比べれば費用は掛かりますが、色々な背景色を選べる写真スタジオの利用がおすすめです。

まとめ

今回は
  • 大学受験写真におすすめの背景の色
  • 大学受験写真の背景色を選ぶ際の注意点
を紹介しました。 写真の背景に意識が向く方は少ないですが、色が変わるだけで印象は大きく変わります。 志望校側で指定されている場合もありますが、特に決められていない場合は白、ライトグレー、ライトブルーから選ぶと良いです。 どうしても決められない場合は、プロのアドバイスがもらえる写真スタジオを利用するのも一つの手段になります。 受験を万全の状態で挑むためにも、願書に使う写真は細部までこだわっていきましょう。
受験の証明写真の撮影を考えているなら、ぜひ以下ページも参考にしてください! 受験写真におすすめの写真スタジオを厳選して詳しく紹介しています! 【東京】受験写真におすすめの写真館特集 【大阪】受験写真におすすめの写真館特集 【横浜】受験写真におすすめの写真館特集 【京都】受験写真におすすめの写真館特集 【名古屋】受験写真におすすめの写真館特集
トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました