就活写真の加工はやるべき!NGな例や加工無しで写りを良くする秘訣も公開

はじめに

  • 「証明写真って基本写真写り悪いから、就活くらい写りをもっと良くしたい!」
  • 「自分の志望企業が求めるような見た目になりたい!」
  • 「撮影時にニキビやクマが出来ちゃって消したい!!」

採用担当の第一印象を左右する大切な就活写真の写真写りを良くしたいと、多くの就活生が考えるのではないでしょうか?
撮影前にメイクをしたり、表情をチェックしたりしても、いざ撮影した就活写真をみるとなんだか微妙・・・。そんな時に写りを良くする方法として“レタッチ”があります。
しかし何をレタッチすれば良いのか、どこを修正すれば良いのか、素人の学生にはもちろんわからないことばかり。

そこでこの記事では、就活写真の写真写りを良くするための写真加工修正について解説します。
読めば志望業界の採用担当者の印象をグッとアップする写真が撮影でき、就職活動を有利にすすめられますよ。

そもそも「レタッチ」って何?

就活用の証明写真を撮影しようと写真館等のホームページを見るとよく「レタッチ」と書かれています。一体「レタッチ」とは何のことでしょうか?

「レタッチ」とはパソコンの専用ツールを用いて写真や画像を加工修正すること。私たちが普段からスマホアプリで加工修正することと類似しています。

就活時におけるレタッチは以下のことが挙げられます。

  • ●肌身の赤みなどの色味修正
  • ●ニキビやクマなどの肌トラブルの削除
  • ●目元や眉位置を左右対称に近づける
  • ●ワイシャツのシワを消す
  • ●髪の毛のアホ毛や後毛をカバーする  etc

これらの加工修正を就活写真ですることで、より健康的に・社交的に・明るい印象などと人事の第一印象を操作することができ、より第一関門となる書類審査の通過率を上げることができるようになるのです。

就活写真では適度な加工をやるべき

「写真を加工修正出来ることはわかったけど、身分証明書なのに顔をレタッチしても良いの?」

結論、就活写真では適度に加工を利用すべきです。
確かに顔が変わりすぎて“別人”と感じる様な加工はNGですが、印象を高めるポイントを知って適度に施すなら就活時には有効です。

では具体的に、就活写真において避けるべきNG加工と、施したほうが良い加工について解説します。

就活写真においてNGな加工の例

就活写真の加工でNGとなるのは、実物と写真が別人の様になってしまうことです。
よくあるNGな加工例を二つ紹介します。

NGな加工の例1:目や鼻といった顔のパーツをいじる

写真の加工で目を大きくしたり、鼻を高くするのはNGです。
特に目は顔の印象を決定づけるパーツなので、いじると面接官がすぐに加工していると気づきます。
鼻筋が通り目が大きく見えると魅力的に見えるので、加工したくなる気持ちはわかりますが、顔のパーツをいじるのは控えましょう。

NGな加工の例2:骨格の変わる加工

小顔に見せようと骨格を加工でいじるのもNGです。
面接官が特にギャップを感じやすいポイントなので、マイナスの原因になると言えます。
写真スタジオや加工業者では、左右の顔のバランスを撮るために骨格の微調整を施すことはあるので、すべての骨格加工がNGというわけではなく、小顔にすることを目的とした骨格調整を控えれば良いです。

就活写真でやったほうがいい加工の例

就活写真において適度な加工は書類選考の際、ポジティブな印象に働くのでおすすめです。
ただ適度な加工と言われても、どの程度加工して良いものかは難しいと思いますので、具体的に加工すべき2つのポイントを紹介します。

やったほうがいい加工の例1:肌をキレイに整える

肌を綺麗に見せる美肌修正は取り入れるべき写真加工の一つです。
美肌修正は、就活と勉強の両立による寝不足やストレスから肌トラブルを起こしやすい就活女子にとって、強い味方となります。
具体的には、目の下のクマを消したり、ニキビのある箇所を補正したりします。
肌全体を加工するのでなく、トラブルを起こしているポイントに絞って加工を施すならば問題ありません。

やったほうがいい加工の例2:アホ毛や後れ毛を隠す

どんなにしっかりヘアスタイルをセットしたとしても、アホ毛や後れ毛は写真に写りこんでしまうので、加工で隠しましょう。
アホ毛や後れ毛が写った状態で応募してしまうと、どうしても「だらしなさ」が目立ち「清潔感」を損ねてしまいます。
後れ毛やアホ毛を消したところで、面接官に「写真と別人のよう」と違和感を与えることはまずないので、積極的に利用すると良いでしょう。
就活写真の加工は、自分でアプリを用いて行う方法もありますが、加減が非常に難しいのでおすすめしません。
写真加工を行ってくれる写真スタジオや業者に依頼して仕上げるのがベストと言えます。

参考:就活写真のスタジオインディ:​​就活写真の加工の許容範囲をNGな加工とともにプロが解説

加工無しで就活写真の写りを良くするための秘訣3選

  • 「就活写真の加工修正を自分ではできない」
  • 「急いで証明写真を用意しないといけないので、レタッチしている時間がない」

などと加工修正をしたくない就活生のために、レタッチなしでも就活写真の写りを良くする秘訣を3つ紹介します。
参考にして、レタッチありにも負けないような就活写真を撮影してみましょう。

就活写真の写りを良くする秘訣1:証明写真用のメイクをする

就活写真の撮影時は証明写真用のメイクを意識する必要があります。
「えっ?いつも通りのメイクじゃダメなの?」と疑問を持った方にはおさえておいてほしいのですが、撮影時のライティングが顔の凹凸を目立たなくするのです。
よって、普段通りのメイクではのっぺりとした印象の写りになります。

ベースメイクはしみやそばかすをコンシーラーで丁寧で隠しつつ、ファンデーションは立体感を出すのを意識して、輪郭部分が薄くなる様に塗りましょう。
また、チークやリップなど、ポイントメイクをいつもより少し濃いめに入れて、カメラのライティングに負けない華やかさを演出するのが良いです。
就活女子におすすめのカラーとしては、健康的かつ清潔に見えるコーラルピンクが最適と言えます。

参考:カネボウ化粧品「証明写真メイク」

就活写真の写りを良くする秘訣2:小顔マッサージをする

撮影の前には即効性のある小顔マッサージを活用しましょう。
むくみの原因になる余分な水分を流していけば小顔な印象になるだけでなく、顔の筋肉がほぐれて柔らかい表情になるので、実践するメリットは大きいでしょう。

小顔マッサージはWEB上でたくさん紹介されているのでいろいろ試してみて、「自分で手軽にできるもの」や、「即効性が実感できるもの」をおさえておくと良いでしょう。

就活写真の写りを良くする秘訣3:写真撮影に慣れる

写真撮影に普段から慣れておくのも有効です。
写真を撮られることに慣れていないのが原因で「自分は写真写りが悪い」とレッテルを貼っている人は意外に多いです。

苦手意識が強いと、カメラのレンズを向けられた瞬間に体に力が入り表情が硬くなったりするので、結果良い写真が撮れなかったりします。
まずは、自撮りを習慣にして写真を写ることに慣れておくと良いでしょう。
鏡の前でいろいろな表情を試してみると、自分が魅力的な表情をしているときの顔の筋肉の使い方も理解できるのでおすすめです。

就活写真の加工まとめ

この記事では、就活写真の写真写りを良くする秘訣について解説しました。
カメラをライティングを意識したメイクを学んだり、普段から写真に写ることに慣れれば、写真写りは確実に改善できます。
少し抵抗があるかもしれませんが、適度に写真に加工を施せば、就活写真の質はさらに高まります。
写真加工は自分でやろうとすると加減が非常に難しく、写真スタジオや加工業者のプロにお任せするのが良いので検討してみましょう。

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました