前髪は上げる?流す?どちらがよい?男性の就活写真に適した前髪をプロが徹底解説!

はじめに

男性の就活生のみなさんこんにちは!

就活写真の印象が前髪によって変わるってご存知ですか?

どんな前髪が似合うかは人それぞれですが、就活写真で好印象を与えるためには前髪を整える必要があります。

今回の記事では男性向けに就活写真に適した前髪について解説していきます。

この記事を読むことで、

  • 男性は就活写真の撮影でどんな前髪にすればいいのか
  • 前髪別のセットのポイント・セット方法
  • 前髪ごとの注意点

がお分りいただけると思います!

早速解説していきましょう!

就活写真を撮る時は目・眉・ひたいが見えることが重要

就活写真の撮影において「絶対にこの髪型にしないといけない!」ということはありません。

男性の就活写真では、目・眉・額が見えるように前髪を上げるか、分けることが重要です。

就活写真の主な役割は、採用担当者があなたを本人と確認する、書類選考時に採用担当者があなたのことをどんな人であるか判断するの2つがあります。

採用担当者が就活写真を見るときに、目・眉・額がはっきり見えていると、本人確認もしっかりでき、顔が明るく見えて第一印象も良くなりやすくなります!

そのため、就活写真では、目・眉・額がしっかりと見えるように前髪をセットしましょう。

就活写真におすすめの前髪

男性の就活写真におすすめの髪型は、

  • (1)アップバング
  • (2)流し前髪
  • (3)オールバック

の3つです。

これらの髪型を前髪の長さ・セットの方法、注意点まで詳しくご紹介していきます!

就活写真におすすめの前髪:アップバング

引用元:ホットペッパービューティー

まず、1つ目の就活写真におすすめの前髪は、アップバングです。

そもそもアップバングとは・適した前髪の長さ・セット方法・注意点を順に解説します!

「アップバング」とは

アップバングとは、写真のように前髪を比較的真上に上げた前髪のことです。

前髪を“バング”といって、前髪を上げるのが“アップ”というため、アップバングと言います。

アップバングは前髪を上げてセットするので、額が出ます。

そのため顔がはっきり見え、「明るい・活発的・清潔感がある」という採用においての好印象を企業側に持たれやすいです。

アップバングに適した前髪の長さ

アップバングにする場合に適した前髪の長さはおでこの真ん中より下から眉上です。

前髪がおでこの真ん中よりも短い場合には、髪型全体のバランスが悪くなります。

逆に前髪が長すぎる場合には、額や眉毛、目が隠れてしまい就活に適さない髪型になってしまいます。

そのためアップバングにする人は、前髪の長さは、おでこの真ん中より下から眉上が良いです。

アップバングのセット方法

具体的なアップバングのセットは以下の手順で行います。

  • ⑴髪を濡らす
  • ⑵ドライヤーで前髪を上げた状態に乾かす
  • ⑶ワックスを全体に付ける
  • ⑷スプレーで固める

まずは髪全体を根元から濡らしてタオルで拭きましょう。しっかりと根元から濡らすことによりセットがやりやすくなります。

水滴が垂れてこないくらいまで髪を拭いたら、ドライヤーを使って髪を乾かしていきます。

髪型の仕上がりを意識して前髪を上げた状態で強熱風で8割ぐらい乾かして、弱熱風で形を整えながら乾かしましょう

仕上げに冷風を使ってドライヤー終了です。

ドライヤーの後はワックスを髪全体につけていきます。手のひらに1円玉サイズのワックスを出して、伸ばしてから後頭部→トップ→サイド→前髪の順に塗っていきます。

髪全体にしっかりと馴染むようにワックスを付けましょう。

理想的な髪型になったらスプレーで髪を固めます。

アップバングの注意点

アップバングの注意点としては、前髪の毛量が多いと毛の重さで前髪が下がってくることがあります。

毛の重さで前髪が下がってしまってはセットした髪型が無意味になってしまい、髪型全体のバランスが崩れて見た目も悪くなってしまいます。

そのためアップバングの上げた前髪は、撮影前にスプレーで頑丈に固定し垂れてこないようにしましょう。

毛量が多い方や毛が固い方は、強めのワックスとスプレーを使いましょう。

就活写真におすすめの前髪:流し前髪

引用元:ホットペッパービューティー

次に、2つ目の就活写真におすすめの前髪は、流し前髪です。ここでの流し前髪には七三分けも含めて解説します!

「流し前髪」とは

流し前髪は文字通りで、前髪を左右どちらかに流すことです。

前髪を左右に流すことで、目・眉・額を出すことができます。流し前髪は比較的知的で落ち着いた雰囲気が感じられる前髪です。

流し前髪に適した前髪の長さ

就活写真の撮影で流し前髪にしようと思っている男性の方は、前髪の長さをおでこの真ん中から目の上にしておきましょう。

前髪が短いと、流した時に流しきれないことがあります。逆に前髪が長いと就活生として不適切な髪型になってしまいます。

そのため就活写真で流し前髪にする場合には、前髪をおでこの真ん中から目の上の長さにしましょう。

流し前髪のセット方法

具体的な流し前髪のセットは以下の手順で行います。

  • ⑴髪全体を濡らす
  • ⑵髪を分けた状態でドライヤー
  • ⑶ワックスをつけ髪全体に馴染ませる
  • ⑷スプレーで髪型を固定する

流し前髪にするときにはまず髪全体を根元から濡らして、水滴が落ちない程度にタオルで拭きましょう。

髪を分けた状態で強熱風で8割乾かして、弱熱風で髪型を整えながら乾かしましょう。

最後に冷風で髪全体を引き締めてドライヤーは完了です。

ワックスは1円玉ぐらいの大きさを手のひらに出し、伸ばしてから後頭部→サイド→トップ→前髪の順につけて馴染ませていきます。

理想の髪型にセットできたらスプレーを使って髪型を固定し完了です。

流し前髪の注意点

就活写真で流し前髪にする場合の注意点があります。

就活写真の撮影時に、ワックス・スプレーが弱く、髪の毛がしっかりセットされていないと、前髪が垂れてきてしまいます

そのため、流した前髪が垂れてこないように、スプレーでしっかり固めましょう。

就活写真におすすめの前髪:オールバックヘア

引用元:ホットペッパービューティー

最後に紹介する就活写真に適したおすすめの前髪は、オールバックヘアです。

それでは順に、オールバックヘアとは、適した前髪の長さ、セットの方法を解説します。

「オールバックヘア」とは

オールバックヘアは、髪を全て後ろへ流す前髪のことです。

前髪を後ろへ流すだけなので、簡単にセットすることができます。

毛の流れに逆らって前髪を後ろに流すため強力なスタイリング剤を使うのがポイントです。

オールバックヘアにすることで、顔が明るく見える、清潔感がある印象を持ってもらいやすくなるといったメリットがあります。

オールバックヘアに適した前髪の長さ

就活写真の前髪をオールバックヘアにするときには、前髪がセットしないときに眉より下の長さが良いです。

前髪が短すぎる場合には、後ろに流しきれずに中途半端なところで前髪がセットされてしまい見た目が悪くなります。

オールバックヘアのセット方法

オールバックヘアにするときのセットは以下の手順で行います。

  • ⑴髪全体を根元から濡らす
  • ⑵セットした状態で乾かす
  • ⑶ワックスをつける
  • ⑷スプレーをする

となります。

まずは髪全体を根元から濡らして、水滴が落ちてこないぐらいまでタオルで乾かしましょう。

髪全体を後ろに流した状態で正面から強熱風のドライヤーで乾かします。

後頭部から前髪の向きにドライヤーの風を当ててしまうと、髪が後ろに流れないので気を付けてください。

強熱風のドライヤーである程度髪が乾いたら弱熱風のドライヤーをあてて髪を乾かします。

仕上げに冷風のドライヤーをして髪のセット力を高めます。

ドライヤーが終わったらワックスを付けましょう。

手のひらに1円玉サイズのワックスを出して、髪全体に馴染ませます。使用するワックスは、セット力の高いものを選びましょう。

髪全体にワックスが馴染んで、髪をセットできたらスプレーをして髪を固定していきます。

使用するスプレーはセット力の強いものを選びましょう。

前髪の根元をしっかりと固定することで、前髪が崩れにくくなり垂れてこなくなります

オールバックヘアの注意点

就活写真で、オールバックヘアにするときには、2つのことに注意しましょう。

注意すること1つ目は「ツヤ感が出過ぎないようにする」、2つ目は「崩れやすいので、しっかりとワックス、スプレーで固める」ことです。

就活写真を撮るときには、ストロボの光が当たります。ワックスやスプレーでツヤ感を出しすぎてしまうと光に反射して、白く写ってしまいます。

オールバックヘアは、自然な方向とは逆にセットするため、髪が反動で戻ってこないようにすることが重要です。自分で髪のセットに自信がなければヘアセットプラン付きの写真館・写真スタジオで撮影してもらいましょう。

男性の就活写真に適した前髪まとめ

いかがだったでしょうか?ここまで男性向けの就活写真に適した前髪について解説しました。

就活写真におすすめな男性の髪型はアップバング、流し前髪、オールバックです。

就活写真では、第一印象で好印象を与えることがとても重要です。

今回紹介した前髪でどれが自分似合うか、自分の魅力を最大限に引き出してくれるのかを考えて撮影しましょう。

自分でどの前髪にするのがいいか分からないときは、写真館・写真スタジオ、美容院など専門家の方に相談してみるのが良いです。

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました