男性の就活写真はスーツスタイル一択!選び方や撮影時の注意点は?

はじめに

就活で証明写真を撮影する場合、はじめてのスーツスタイルで気をつけるべきところが分からずお悩みではありませんか?
証明写真は企業の面接官や採用担当者の第一印象につながる重要なものです。なぜならば、“人が見知らぬ人を判断するとき重要視するのが第一印象だから”。
このことから内定を左右する第一印象をよくするためにも、どんなスーツで証明写真を撮影するかは重要なのです。

この記事では、面接官の印象をよくするため、就活スーツの選び方やスーツの証明写真撮影の注意点を解説していきます。
証明写真で面接官に好印象を与える就活スーツスタイルのポイントがわかるのでぜひご覧ください。

就活写真を撮るなら男性はスーツスタイル必須

就活における証明写真ではスーツスタイルが必須です。その理由は「面接官がどんな感性を持っているかわからない」から。
面接官や採用担当者のなかには「面接や証明写真の服装でスーツでないのは一般常識がないな」という感性の方もいるかもしれません。
最近ではオフィスカジュアルも浸透してきていますが、無難で印象を下げないスーツを選ぶのが良いでしょう。

しかしスーツスタイルでも勘違いしてはいけないポイントがあります。ここからはそのポイントについて解説していきます。

就活写真のスーツで男性が勘違いしがちなこと

男性がスーツスタイルで勘違いしがちなことは次の2点です。

  • ■ おしゃれな方が良いと考えてしまう
  • ■ 服装で目立った方が良いと考えてしまう

就活でも、せっかくスーツを着るならおしゃれな方が見た目にもいいのでは?服装で目立てば好印象につながるのでは?と考えがちですがそうではありません。
それはなぜなのか?詳しく見ていきましょう。

勘違いしがちなこと1:おしゃれな方がいいと考える

おしゃれなスーツに憧れをもつ方も多いと思いますが、就活で証明写真の撮影をする際は無難なスーツを選びましょう。
その理由は、無難なスーツはみんなが着ているので、おしゃれなスーツと比べ印象を損なうリスクが低いためです。
学校でもおしゃれと称して制服を正しく着こなしていない人が少なからずいたと思います。その人を思い出すとどんな印象を持ちますか?
ちょっと浮いてしまっているなという印象を持ちますよね?そのため就活でスーツを選ぶ基準は自分の価値観でなく、相手の価値観を意識することが大切です。

勘違いしがちなこと2:服装で目立ったほうが有利と考える

証明写真で目を引こうとして柄物のシャツやネクタイなどを選んで目立とうとするのは、就活においては危険です。
証明写真で目立つ服装だと面接官や採用担当者に「この人は一般常識が無いのかな」と不安にさせてしまいます。
なぜ不安にさせてしまうのか。それは、近年の就活生の大半がシンプルなリクルートスーツで就活をしています。
つまり、リクルートスーツが定番ということが一般常識レベルになっているからです。
とくに日本人は周りと同じであることに安心を覚えるので、無難なスーツが面接官に安心感を与えます。
印象付けることは確かに戦略的に就活を進める上では大切ですが、常識レベルの範囲内で行いましょう。

男性が服装で減点されないためのスーツの選び方

今までスーツを着たことが無いという場合、就活スーツの選び方が分からず不安になってしまう方もいることでしょう。
印象で減点されない就活スーツの選び方で押さえるポイントは以下の3点です。

  • (1) 色は黒が無難
  • (2) 柄は無地の一択
  • (3) サイズはぴったりなものを選ぶ

なぜこれらのポイントが大切なのか?ここから詳しく解説していきます。

色は黒が無難

就活写真で着用するスーツの色は「黒」を選びましょう。現在およそ7割の就活生が黒のスーツを選択しています。
就活生の多くが黒のスーツを着用しているため、悪く印象を損なうリスクを回避できるからです。
そのため就活のスーツは黒を選ぶのが無難と言えます。

柄は無地の一択

就活写真におけるスーツの柄は「無地」一択です。理由はストライプのスーツも、人によってはおしゃれで着ていると見られてしまい浮いてしまう可能性があるためです。
幅の狭いストライプなら写真の見た目上わからないこともあります。しかし、人によって印象が下がる可能性もあるので、スーツの柄は無難な無地を選びましょう。

サイズはぴったりなものを選ぶ

就活写真のスーツサイズは必ず「ぴったりのもの」を選びましょう。
ゆったりしているとだらしない印象になり、小さすぎると全体で見たときに頼りない印象となってしまいます。
証明写真の場合では、とくに肩幅のサイズ感が重要です。
肩幅のサイズが合っていないと、証明写真だけでもだらしなく見えてしまったり、きゅうくつに見えてしまい、よい印象を与えづらくなってしまいます。

もしあなたがどこかのお店の店長だとして、面接に来た人のスーツがギラギラでハデな色、サイズ感が合っていない人だとしたらどのような印象を持でしょうか?
少し極端かもしれませんが、これらのポイントが就活において重要である理由のイメージはできると思います。

男性が実際にスーツを着て就活写真を撮る際の注意点

スーツの着用についても就活写真ではマナーがあります。証明写真撮影時にまず注意することは、以下の2点です。

  • ■ 一番下のボタンは開ける
  • ■ ホコリや汚れが付いていないようにすること

ここからは、これら2つのマナーについて解説します。

一番下のボタンは開けておく

スーツのジャケットを着用するとき注意するポイントのひとつめが「一番下のボタンは開ける」こと。
一番下のボタンを開ける理由は、生地にしわが寄ってしまい前面のラインが美しく見えなくなるからです。

ホコリや汚れが付いていないようにする

言わずもがなですが、汚れやホコリによい印象をもつ人はほとんどいません。証明写真撮影前に必ず確認しておきましょう。
さらにしわがあるとだらしない印象になるので、しわが無い状態にしておくことも大切です。

男性の就活写真でスーツと一緒に用意すべきアイテム

ここまで男性のスーツを中心に解説してきましたが、スーツと一緒に用意するべきアイテムとして、「ワイシャツ」と「ネクタイ」があります。
スーツでの証明写真撮影でワイシャツ・ネクタイもマナーに合わせたものを用意しましょう。
ワイシャツとネクタイも間違ったものを選んでしまうと印象を損ねてしまうので危険です。ここからは、どんなものを選べばよいかを解説していきます。

【1】ワイシャツ

ワイシャツ選びで大切なのは「白」「無地」「サイズ感」の3点です。
まず白は無難かつさわやかな印象になります。無地なものを選ぶ理由は、柄物などはおしゃれと判断されて印象を損なう可能性があるためです。
ワイシャツのサイズ感で気をつけるのは首回りと袖の長さです。ウェストが合っていても、首回りがきつかったり袖が短いと印象を損なうばかりか自分で着ていても辛いです。
そしてしわがない状態にするため「形状記憶」シャツを選ぶのがよいでしょう。

【2】ネクタイ

ネクタイで大切なことは「色」「デザイン」です。無難な色は赤、青や紺、グレーまたはイエローです。
デザインで気をつけるべきは「大きい水玉」「太いチェック」など大きい柄は避けましょう。その理由は、大きい柄だとカジュアルな印象になってしまうため。
そのほか、必ず避けておきたいのは白と黒の無地ネクタイです。これらは慶弔用の色なので履歴書には使用しないよう気をつけましょう。

シャツやネクタイはスーツの印象を引き立てる重要な存在です。せっかく黒の無難なスーツを選択してもシャツとネクタイ選びで間違えてしまうと台無しとなってしまうので気をつけましょう。
はじめての方はとくにネクタイのデザイン選びが分からず苦労することもあると思います。そんなときはスーツショップのスタッフにアドバイスをもらうのがおすすめです。

就活のスーツに自信がなければレンタルする手もある

ここまで就活写真に適切なスーツの選び方について解説してきました。しかしポイントは分かってもいざ自分で選ぶとなると自信が持てないという方もいると思います。
そんな方に便利なのが『就活写真のスーツレンタルサービス』です。

就活スーツのレンタルサービスは色々なところで増えていますが、そのなかでも衣装レンタルのあるフォトスタジオがおすすめ。
その理由は、レンタルしたスーツを着て、そのままプロのカメラマンに撮影を依頼できるからです。
プロの技術で撮影する写真は、証明写真撮影機やスマートフォンで撮影するより好印象になる出来上がりに期待できます。
なぜならば、プロのカメラマンは表情を引き出すコミュニケーション、光の角度など素人では判断が難しい技術を多数持っているためです。
そのため、就活の写真撮影をフォトスタジオに依頼するのもよいでしょう。就活スーツのレンタルを実施している有名なフォトスタジオを2か所紹介していきます。

スーツレンタル可能なスタジオ:スタジオインディ

こちらの『スタジオインディ』は、男女とも就活スーツ・ワイシャツ・ネクタイを無料レンタル可能で撮り直し自由。
スタッフが全員プロなので、志望業界に合わせた証明写真に仕上げてくると好評な就活写真スタジオです。

  • 【スタジオの店舗紹介】
  • 東京:新宿スタジオ/渋谷スタジオ/池袋スタジオ/東京駅前スタジオ
  • 神奈川:横浜スタジオ
  • 大阪:大阪梅田スタジオ
  • 京都:京都四条烏丸スタジオ
  • 愛知:名古屋栄スタジオ
  • 神戸:神戸三宮スタジオ

スーツレンタル可能なスタジオ:スタジオフォプロ

『スタジオフォプロ』でも就活スーツ・ワイシャツ・ネクタイの無料レンタル、メイクも実施しています。
スタジオフォプロでは、メイクなしや修正なしのプランもあるので必要に応じて費用を抑えることが可能です。
スタジオフォプロは展開地域が広いため地方に住んでいる方も利用しやすいのが嬉しいポイント。

男性の就活写真でのスーツについてまとめ

ここまで就活時の証明写真撮影で大切なスーツの選び方や注意点について解説してきました。ここで就活スーツスタイルのポイントをおさらいしておきましょう。

  • ・就活スーツは黒の無地を選ぶ
  • ・就活スーツのサイズは必ずぴったりなものを選ぶ
  • ・ジャケットの一番下のボタンは開けておく
  • ・ワイシャツは白の無地
  • ・ネクタイは白と黒を避け、小さい柄のデザインを選ぶ
  • ・就活スーツ、ワイシャツともにしわがなく汚れていない状態にする

これらのポイントをおさえつつ、撮影時の髪型や表情にも気を配りましょう。
髪型は「整髪料をつけておでこを出す」表情は「自然に口角を上げる」を意識することが重要です。
おでこが出ているとさわやかな印象となり、口角が上がっていると明るい印象になるからです。
ぜひこの記事を参考に、写真の印象をよくして就活の成功につなげてください。

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました