就活の証明写真の注意点【よくある失敗を知って写真での失敗を防ぐ】

はじめに

「就活写真で失敗したくないから注意点が知りたい!」
このように考える就活生も多いのではないでしょうか?
書類選考の段階で人事担当者は、非常に多くの履歴書をチェックする場合があり、就活写真の印象だけで選考から漏れる場合も十分に考えられます。
今回は就活写真を撮る前に知っておくべき、身だしなみや表情、提出の際のマナーにおいて、よくある失敗を紹介した上で、注意点について解説します。

就活写真で失敗してしまうと内定が遠のくかも

就活写真で失敗すると内定が遠のくことも考えられます。
多くの会社に応募することを考え、一般的に就活写真は10枚以上同じ写真で準備することもあり、失敗した写真で漫然と応募を続ければ内定率は下がるでしょう。
本記事を読むと就活写真の注意点が分かるので、失敗を未然に回避し、結果的に内定率が下がるのを防げます。

就活写真でよくある失敗とそれを防ぐための注意点

ここからは就活写真でありがちな失敗と、予防のために気を付けておくべきポイントを、身だしなみ・撮影時・写真使用時の3つに分けて解説します。

就活写真の身だしなみでよくある失敗と注意点

まずは就活写真を撮る際の身だしなみについて、よくある失敗例や注意すべきポイントを3つ解説します。

メイクが普段通り

メイクを普段通りにしてしまうと、就活写真では失敗することがあります。
就活メイクには清潔感を意識したナチュラルメイクが適切なのを、就活生のあなたならすでに知っているかもしれません。
しかし就活写真の撮影においては、ライティングによる効果を考慮したメイクをする必要があります。
ライティングが当たるとメイクの色味が飛び、薄くて目立たない部分ができるので、のっぺりとした印象に仕上がる傾向にあるためです。
特にメリハリをつけるポイントメイクの使い方が重要といえます。
アイライナーは写真にはっきり写る黒系のリキッドタイプで、いつもの就活時より少し濃く引くのがおすすめです。
チークは撮影時の表情を作った上で、頰骨からこめかみに向かってふんわりと広く塗るのを意識すると、健康的な顔色を演出できて良いです。

参考サイト:スタジオインディ
就活写真メイクでのチークはした方がいいの?色、位置までプロが解説
就活写真メイクでのアイラインの適した引き方をプロが解説

服にシワや汚れがついている

服にシワや汚れがついた状態で撮影に臨むのはNGと言えます。
身だしなみに気を配れないと「自己管理能力が低いのでは?」と人事担当者がマイナスなイメージを持ってしまうからです。
撮影前日までにはアイロンをかけ、シワを取り除いておきましょう。
ほこりは一度自宅で取り除いておき、撮影直前に再度鏡でチェックしておく必要があります。
身だしなみに気を配れば「しっかり仕事をしてくれそう」と採用側の印象もアップしますので、抜かりなく点検しましょう。

おしゃれした方が内定に有利だと考える

おしゃれな服装・髪型で、見た目をイケイケに演出すれば内定をもらいやすいと考えるのは基本的にやめたほうが良いでしょう。
採用に当たっては、個性の強さより協調性の高さを求められる場合が多いからです。
よって、周りから浮かない無難な服装にしておくのが良いと言えます。
ここで「無難な服装とは、やはりリクルートスーツのこと?」と疑問に思う場合もあるでしょう。
確かにリクルートスーツは就職活動において、無難に対応できるのは間違いありません。
しかし、アパレル業界のようにトレンド感覚を求められる業界もあります。
この場合はリクルートスーツだと浮いてしまうこともあるでしょう。
志望する業界や企業によって、どんな服装やヘアメイクでの応募が適切なのか、事前にリサーチする必要があるといえます。

就活写真の撮影時によくある失敗と注意点

続いて撮影時によくある失敗と注意点について3つ解説します。
写真スタジオで撮影する場合には、プロのカメラマンがアドバイスしてくれますが、忙しい就活生であれば、写真機を使って自分で撮影する場合もあるでしょう。
これから紹介するポイントを気を付けておくと、就活写真の印象をグッと良いものすることが可能です。

顔が真顔で怖い・笑いすぎて幼稚に見える

就活写真で好印象を与える表情は意外と難しく、真顔でも笑いすぎでも、印象を下げてしまう場合があります。
真顔では「怖そう」「暗そう」という印象を与えかねませんし、「笑いすぎ」は幼稚に見えてしまうのでどちらも適切とは言えません。
口を閉じ歯が見えない状態にして、口角を少し上げるのが好感度の高い自然な笑顔と言えるでしょう。
ここで、「口角を少し上げると言っても加減がわからない」という場合があると思います。
その場合は鏡を見ながら自然な口角の上げ具合を、事前に研究してみると良いでしょう。

撮影時の姿勢が悪い

撮影時の姿勢が悪い場合にも、写真の印象を悪くしてしまう可能性があります。
例えばあごの引きすぎや、肩の上がりすぎがよくある失敗例です。
小顔に見せるという観点から、多少あごを引くのは良いですが、やりすぎると上目遣いになり違和感の強い写真になってしまいます。
また、緊張により肩が上がりすぎると、硬くぎこちない印象が強まります。
自分では良い姿勢をとっているつもりでも、緊張から姿勢が崩れている場合が多いです。
どうしても緊張する場合は、客観的な目線で姿勢についてのアドバイスをもらえて、何度も撮り直しが可能な写真スタジオでの撮影がおすすめです。
プロのカメラマンがリードしてくれるので、美しい姿勢で写真を撮ることが可能といえます。

レタッチで修正しすぎて顔が別人

レタッチによる修正を適度に利用するのは良いですが、顔が別人のようになってしまうほど修正しすぎるのは、就活写真としてNGです。
就活写真は面接時に本人確認をするためのものだからです。
具体的には肌荒れやくまを隠すための美肌補正は利用して問題ないです。
しかし、「目を大きくする」「鼻筋を高くする」「輪郭を細くする」など、別人のように仕上がってしまう加工は控えましょう。
レタッチで過度に修正した写真を提出してしまうと、実際に面接で対面した際のギャップに驚き、採用担当者が不信感を抱く可能性があります。

参考サイト:スタジオインディ
就活写真の加工の許容範囲をNGな加工とともにプロが解説!

就活写真を使うときによくある失敗と注意点

就活写真を使う時のよくある失敗と注意点について3点解説していきます。
良い写真が撮れても気を抜かず、利用するときのマナーや注意点についても理解しておきましょう。

焼き増し用データを使ってしまう

「スタジオで焼き増し用のデータをもらったし、webエントリーにも対応できるな」
このように考えがちですが要注意です。
焼き増し用データは、高解像度でサイズが重く、必要な範囲だけにトリミングされていないのでwebエントリーにそのまま用いるには適しません。
焼き増しデータはエントリー先の企業の指定に合わせて、自分でリサイズやトリミングなど、加工する必要があるので注意しましょう。
写真スタジオによっては、リサイズやトリミングが撮影プランに含まれている場合もあるので、利用すると手間が省けて便利です。
もし指定された加工を施さずに、焼き増しデータのままで送ってしまうと「細かいことを気にしない人」と、マイナスなイメージを持たれてしまうことがあるので注意が必要です。

参考サイト:スタジオ728
【証明写真の罠】データをもらえたらそれでOK?

使う写真が古い

古い証明写真は使わないようにしましょう。
就活写真は写真の自分と実物の自分を照合して、本人確認ができることが大切だからです。実際に就活写真の期限は、古くとも3ヶ月から6ヶ月以内がルールとされています。
夏のインターンのために撮った写真が残っているからと、就活写真へ使い回しはできないので注意しましょう。
ここで「もう大人なのだから顔が大きく変わることはないし、使い回してもバレないのでは?」と思うかもしれません。
確かにバレないかもしれませんが、写真が古いかどうかは、髪型や体重の増減による顔の輪郭の変化などで意外に判断できてしまう場合があります。
バレてしまったとき、不誠実な印象を与えてしまうリスクもあるので、なるべく直近で撮影した、鮮度の良い写真を使いましょう。

履歴書に写真を貼るとき裏に名前を書かない

履歴書に写真を貼るときに裏に名前を書かないのは、就活写真のマナーとしてはNGなので気を付けましょう。
履歴書の裏に名前と大学名を書くことで、写真が履歴書からはがれても誰の写真かすぐにわかるメリットがあります。
この一手間をおこたると、「周りに配慮ができない人」とレッテルを貼られてしまう可能性もあります。
証明写真の裏には名前と大学名を書くのが常識なので、無記名のままで添付することのないように注意しましょう。

就活写真でよくある失敗と注意点のまとめ

今回は、書類選考での第一印象を左右する就活写真について、よくある失敗や注意点について解説しました。
失敗に気づかず漫然と就活写真を使ってしまうと、内定率が下がってしまうこともありえます。
自分で実践できて、就活写真の印象を高められるポイントもいくつかありましたが、撮影時の正しい姿勢や好感度の高める表情のように、客観的なアドバイスをもらわないと修正が難しいポイントもありました。
就活写真の撮影はプロのカメラマンが対応してくれる、写真スタジオでの撮影をおすすめしますので検討してみましょう。

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました