就活写真のネクタイは何色?おすすめの色・柄・結び方・注意点を解説します!

はじめに

男性の就活生のみなさんこんにちは!

男性の就活写真で他の就活生と最も差がつくとも言っていいネクタイ。

ほとんどの就活生が似たような色のスーツで同じ色のワイシャツを着ているため、ネクタイにより差が出るのです。

そんなネクタイによりプラスな印象もマイナスな印象も与えることができるのはご存知ですか?

今回の記事では就活写真のネクタイについて以下のことを解説していきます。

  • 就活写真に適した・適さないネクタイ
  • 就活写真におすすめのネクタイの結び方
  • ネクタイをつけるときのポイント

この記事を参考に、採用担当者に好印象を持ってもらえるようなネクタイを選び適切な付け方を覚えましょう

そもそも就活写真では絶対ネクタイをつけないといけないの?

就活写真で絶対にネクタイを付けないといけないと言うわけではないです。というのも全ての企業がスーツを着用しての就活写真じゃないといけないということはないからです。

ただしスーツを着用して就活写真を撮影する場合には必ずネクタイを付けましょう。

スーツを着る場合は、ネクタイを付けることが正しい服装なので、もしネクタイがない場合は適切な服装でなくなってしまいます。

私服OKの就活写真の場合はネクタイをつけなくてもいいですが、ほとんどの企業にはスーツの就活写真を提出するので、基本的にネクタイが必要と言えるでしょう。

就活写真にふさわしいネクタイの特徴

それでは就活写真を撮るときにはどういったネクタイを付けるのがふさわしいのでしょうか?

ネクタイの色と柄、太さに分けて、就活写真に適したネクタイとそうでないネクタイの特徴を見ていきましょう。

就活写真のネクタイの色は青か赤がおすすめ!

就活写真を撮る際に着用するネクタイは、青または赤がおすすめです。

なぜこの2色がおすすめなのか、以下より詳しく解説していきます。

就活写真のネクタイで青がおすすめな理由

まずは青色のネクタイがおすすめな理由。

就活写真のネクタイに青がおすすめな理由を解説する前に、青のネクタイがどういった印象を与えてくれるのか見ていきます。

    【青のネクタイが与える印象】

  • ・落ち着いた印象
  • ・知的な印象
  • ・真面目な印象
  • ・冷静な印象

青のネクタイは以上のような印象を与えてくれるので、多くの企業が就活生に求める人物像だと言えます。

金融系や商社、公務員といった知的な職業を志望する就活生には青のネクタイをよりおすすめします。

就活写真のネクタイで赤がおすすめな理由

お次は赤色のネクタイについてです。赤のネクタイが採用担当者に与える印象は次の通り。

    【赤のネクタイが与える印象】

  • ・積極的
  • ・勝負強い
  • ・エネルギッシュで行動力がある

赤のネクタイはこういった印象を与えてくれるので、営業やメーカーといった職業におすすめできます。

また「自分は総合職志望だけど真っ赤な赤は似合わないような気がする」と思いの方は普通の赤よりも少し落ち着いて見えるエンジの色味のネクタイも就活写真で着用するのがおすすめです。

他の色のネクタイで就活写真を撮ってはダメ?

赤系や青系以外のネクタイが必ずしもダメというわけではありません。しかし、就活写真を撮るときにNGなネクタイの色があるのも事実

就活写真にNGな色のネクタイは次の通りです。

    ビジネスシーンではNG
  • 【ゴールドorシルバー】パーティーなどで着用する。就活写真がカジュアルなものになるので避ける方が無難

また紫は若い人に合わない色なので就活写真には向かず、黄色やピンクは派手でカジュアルな印象になるので就活写真では避けた方が良いです。

就活写真の撮影はどんな柄で臨めばいいの?

色を見た次は就活写真におすすめのネクタイの柄を見ていきます。

就活生の中には「ネクタイは無地な方がいいのでは?」と思う人もいるでしょう。

無地のネクタイはNGではないのですが、ネクタイの印象が弱くなり、全体的に印象に残りにくい就活写真になってしまうことも

そのため就活写真を撮るときには柄付きのネクタイで臨むことをおすすめします。それではどういった柄のネクタイがおすすめかを解説していきます!

就活写真におすすめの柄:ストライプ

就活写真のネクタイにおすすめの柄の1つ目はストライプ。

ストライプのネクタイは知的でフレッシュな印象を与えてくれます。

多くの就活生が着用している柄でもあります。

ただし外資系の企業を受ける場合はストライプ柄のネクタイの着用は避けた方が無難。

海外ではストライプ柄のネクタイの着用を避ける傾向にあるからです。

国内の企業を志望して、知的でフレッシュな印象を与えたい場合はストライプがおすすめと言えます。

就活写真におすすめの柄:ドット柄

ドット柄は上品な印象を与えてくれて、どんな場面でも着用しやすい柄です。

大きなドット柄だとカジュアルな印象になってしまいますが、そこまで大きくないドット柄のネクタイは就活を含める多くのビジネスシーンに向いている柄と言えます。

ストライプやドットでも大きな柄は避けたほうが無難

就活写真を撮るときはたとえおすすめの柄であっても、柄が大きいものは避けた方が無難と言えます。

というのも柄が大きなネクタイはカジュアルな印象を与えてしまい、就活写真には向かないからです。

就活写真を撮るときには細めのストライプや、ドットが細かいネクタイを着用しましょう!

細すぎたり太すぎたりするネクタイはNG

就活写真にふさわしいネクタイの特徴。最後に解説するのは、どういった太さのネクタイが良いのかです。

結論から言うとスーツの下襟と同じ太さのネクタイを選ぶのが良いです。

下襟はラペルとも呼ばれます。

ラペルよりネクタイが細い場合はカジュアルな印象を与えてしまい、太すぎるネクタイは貫禄を与えてしまうので、フレッシュさをアピールする就活には向かないです。

就活写真を撮るときにはラペルと同じくらいの太さのネクタイを選びましょう。

就活写真の撮影時のネクタイの結び方の種類は?

就活写真を撮るときにおすすめのネクタイの結び方を3種類紹介します!

どんな結び方がいいのか分からない人はぜひ参考にしてみてください!

自分を印象付けたいときにピッタリ「ウィンザーノット」

最初に紹介するのは「ウィンザーノット」です。

ウィンザーノットは結び目が大きいので、顔や体格が大きい人がこの結び方をすることで身体全体のバランスが良く見えます。

また就活写真を撮るときにはディンプルと呼ばれるくぼみを作った方が良いのですが、ウィンザーノットはディンプルを最も作りやすい結び方です。

初心者にも結びやすい「プレーンノット」

プレーンノットはネクタイの結び方で基本的な結び方で、ネクタイを結び慣れていない初心者にもおすすめできる結び方です。

シーンを選ばずどういった場面でも使える結び方なので、ネクタイを結ぶのに慣れていない人はぜひこの結び方を覚えましょう!

ビジネスシーンにぴったり「ダブルノット」

ダブルノットもかなり結びやすい方法で、筆者自身が一番最初に覚えた結び方でもあります。

プレーンノットに比べると結び目が少し大きく見えるので、初心者が薄いネクタイを結ぶ場合におすすめできます。

簡単に結べるのに加えて、どんなビジネスシーンでも使えるのでプレーンノットと一緒に覚えたい結び方です。

就活写真を撮るときの結び方の注意点

就活写真を撮影するときにはどういった点に注意してネクタイを結べばいいのでしょうか。

注意点を3つ解説するので、ネクタイを結ぶときに参考にしてもらえればと思います。

注意点1:緩くなって第一ボタンが見えないようにする

ネクタイは長時間つけているとどうしても襟元が緩くなってしまいます。

襟元がゆるくなり第一ボタンが見えてしまうとそれだけでだらしない就活写真になってしまいます。

就活写真の撮影をする前にもう一度ネクタイを結び直すことで、襟元がしっかりと締まった就活写真に仕上がります。

注意点2:結び目の形を整える

「就活写真の撮影時のネクタイの結び方の種類は?」で紹介した結び方は、結び目の形が全て左右対称に近い仕上りになります

ネクタイを結んだ後は結び目がキレイに整っているかを確認しましょう。

注意点3:ネクタイの先が少しベルトにかかる長さにする

就活生の中には「ネクタイの長さはどれくらいがいいの?」と思う人もいるでしょう。

座ったときにネクタイの大剣が少しベルトにかかるくらいの長さがちょうど良いです。

そのためネクタイを結ぶときには座った時を想定し背筋を伸ばした状態で結ぶのがおすすめ。

ベルトに少しかかるくらいの長さで撮影することでネクタイの写る部分のバランスがちょうど良くなります。

就活写真の撮影直前にネクタイでチェックするべきポイント!

就活写真を撮影する前には以下のことをチェックしましょう。

  • ネクタイがシャツの真ん中にあるか
  • ネクタイが折れ曲がっていないか
  • ホコリがついていないか

ネクタイがシャツの真ん中にあるかを確認しましょう。ネクタイが傾いていると、姿勢が悪く見えてしまいます

姿勢が良い写真と悪い写真だとどっちがより好印象なのかは簡単に想像が付きますよね?

より良い印象を持ってもらうためにもネクタイがシャツの真ん中にあるかを確かめましょう。

またネクタイが折れ曲がってないかも注意しましょう。

ネクタイにほこりが付いていると写真の中では目立ってしまうかもしれません。

ホコリがついているとそれだけで不潔な印象を与えてしまうこともあるので、撮影前にホコリを取り除きましょう。

就活写真を撮る際にネクタイピンは付けるべき?

就活写真を撮るときにはネクタイピンは必要ありません。

絶対につけてはダメというわけではないのですが、就活写真に適したネクタイピンをつけても就活が有利になることはないです。

一方で就活写真に適さないネクタイピンをつけてしまうと「カジュアルすぎる」とマイナスな印象を与えてしまい、他の就活生に比べ不利になることも。

マイナスな印象を与えることはあっても、プラスになることはないのでネクタイピンはつけない方が無難です。

就活写真のネクタイについてのまとめ

今回の記事では就活写真におけるネクタイについて解説してきました。

就活写真におすすめなネクタイの選び方は以下の通り。

  • ●色は赤または青
  • ●柄は細いストライプまたは細かいドット柄
  • ●大剣とラペルが同じ太さのネクタイ

また結ぶときには「ウィンザーノット」、「プレーンノット」、「ダブルノット」がおすすめで、左右対称な結び目になるようにしましょう。

この記事を参考にネクタイを選び、適した結び方をしてもらえたらと思います。

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました