周りに劣らない!女性の就活写真でのスーツ選びや撮影時の注意点を解説

はじめに

女性が就活写真を撮る上で大切なことは、正しいスーツ選びです。
いくら履歴書に立派な学歴や志望動機が書かれていても、就活写真で着ているスーツがいい加減だと評価は大きく下がります。それはあまりにもったいないですよね。
就活に適した女性らしいスーツを選んで写真を撮ることで、企業に好印象を持たせることができ、内定率もグンとあげることができます。

今回の記事では、周囲に劣らない女性の就活写真でのスーツ選びや撮影時のポイントを紹介していきます。
本記事で就活スーツ選びの正しい知識を身に付け、自信を持って就活写真を撮影できる女性になりましょう。

女性の就活写真にはスーツ必須

企業のイメージや社風から、清潔感のある服装で写真に写っていれば問題ないと考えている女性も多いのではないでしょうか。
女性の就活写真はスーツを着て写ることが、暗黙のルールです。
いくら会社が私服で働いている企業だとしても、最初に見てもらう就活写真から私服では社会人としてのマナーに疑問を持たれてしまいます。
私服はあくまでも普段の生活の中で着用するというのが基本。就活写真でスーツを着ることは、この会社に入りたいと誠意を見せる役割もあります。
たとえ指定がなくとも、スーツを着ることであなたの真剣さを知ってもらう事が、好印象を残すことに繋がるのです。

就活写真は企業があなたの姿を見る最初の瞬間。あなたの第一印象を左右する重要なポイントなのです。
就活写真は肩から上しか写らないからこそ、じっくりと全体に気を配る必用があります。
就活写真を撮るときは社風やイメージに関わらず、必ずスーツで撮影しましょう。

就活写真を撮る服装で女性が勘違いしがちなこと

就活写真の服装に対する勘違いを抱えたまま写真を撮ってしまうと、企業に悪印象を与えてしまう場合があるため注意が必要です。
ここでは就活写真を撮る上で、女性が勘違いしそうなポイント3つを紹介していきます。
自分に当てはめながら読み進めてみてください。

勘違いしがちなこと1:服装で目立った方がいいと考える

就活写真の服装を派手にして目立つことで、企業に印象強くアピールできると考えていませんか?
服装で個性を出そうとしてしまうと協調性がない女性だと思われ、逆にマイナスな印象を与えてしまいます。
企業で求められるのは、個人主義の人材ではなく協調性を大切にして一緒に働ける人材です。
派手な服装からは「やんちゃ」や「変わり者」というイメージを抱かれることが多く、少なくとも謙虚なイメージは持たれません。
やる気をアピールすることも大切ですが、就活写真では誠実なイメージを持たれることが大切です。
就活写真を撮るときは、ほかの就活生と同じくリクルートスーツを着用し、社交性がある女性だと伝わるよう意識しましょう。

勘違いしがちなこと2:おしゃれした方がいいと思っている

就活写真において、おしゃれやファッションセンスは求められていません。
ですが女性の中には気合いが入るとメイクが濃くなって、服装も派手になりがちという女性の方もいるのではないでしょうか。
女性の就活写真はリクルートスーツを着て、最低限の身だしなみに気を配っていれば問題はありません。
はりきり過ぎた濃いメイクや就活にそぐわない服装は就活写真の第一印象で、気の強い女性だと警戒心を与えてしまいます。
就活写真の役割はあくまでも、履歴書の文章で読み取ることができない人柄を見るものです。あなたの顔から出る自然な雰囲気や人間性を見ています。
就活写真はナチュラルなメイクを心がけ、清潔感のあるスーツを着用してありのままの魅力を見てもらいましょう。

就活を不利にしないための女性のスーツ選び

就活スーツを正しく選ぶことで、あなたのイメージをグンっと上げることができます。
ここでは女性が就活スーツを選ぶ上で注意すべきポイントを3つ紹介。
就活を不利にしないために3つのポイントをおさえて、正しい女性スーツ選びましょう。

スーツの選び方1:色は理由がない限り黒

就活写真で着るスーツの色は黒色と紺色、どちらを選べばいいか悩む女性も多いのではないでしょうか。
スーツの色はよほどの理由がない限りは、黒のスーツを着用しましょう。
ライトグレーやベージュといったデザイン性の強い華美な色は、就活写真にふさわしい色とは言えません。
明るい色の入ったスーツはパーティーや祝い事など華やかなシーンをイメージしてしまうため、就活スーツとしては不向きなのです。

しかし選ぶ職業によっては「もう少し柔らかいイメージを持たれたい」という場合もありますよね。
どうしても黒の固いイメージを避けたい場合は、濃紺色やダークグレーなど、黒に近い落ち着きのある色を選ぶようにしましょう。
あなたの希望する職種の雰囲気や特徴を事前によく調べておき、適したスーツの色を選ぶことが大切です。

スーツの選び方2:柄は無地一択

就活写真のスーツは、柄があった方が見栄えがあって良いのではと思っていませんか?
面接官は年配の方が多く、スーツと言えば無地というイメージを持たれる方がまだまだ多いです。
企業の担当者がよほど個性的な方でない限りは、柄の入ったスーツに良い印象を持たれることはないでしょう。
ストライプや水玉のように柄の入ったスーツを着てしまうと、型破りで常識のない女性だと思われてしまうため就活場面にふさわしくありません。
したがって就活写真のスーツの柄は悩むことなく、無地一択です。
無地を選んでおけばどんな企業を受ける場合でも通用するので、失敗することもありません。
スーツを選ぶときは柄の入ったものは避け、無地のスーツを選ぶようにしましょう。

スーツの選び方3:ぴったりなサイズ

「証明写真ごときでスーツを買うのがもったいない」という理由から友人や家族から借りて、不自然なサイズのスーツを着ようとしていませんか?
就活写真で着るスーツは、自分にぴったりと合ったサイズを選びましょう。
大きくダボついたスーツはだらしない印象をもたれ、逆に小さすぎるスーツは心に余裕がないように感じられます。
女性が就活スーツを選ぶときは、袖丈は手首が隠れる程度、スカートは立ったときに膝にかかる程度のものがふさわしいです。

就活写真の第一印象で企業に好印象を持たせるには、最初のスーツ選びが肝心。
自分のサイズに合わないスーツを着ていると、いざ面接の場面でも袖丈やサイズ感を気にしてしまい、集中できないなんてことも。
気になる部分を何度も触ってしまう動きは、不自然で落ち着きのない女性に見えてしまうため要注意です。
就活写真のスーツを選ぶときは、専門店でサイズを計り、自分のサイズにぴったりなスーツを着用しましょう。

実際にスーツを着て撮影するときに女性が気をつけること

就活写真のスーツ選びもバッチリ、あとは撮影するだけになりました。
せっかく正しいスーツ選びを身に付けたのですから、万全の状態で写真に写りたいですよね。
最後にスーツを着て撮影するときに女性が気を付けるポイント2つを紹介します。

前のボタンを全部留める

スーツを着て就活写真を撮るときは、必ず前のボタンを全て留めましょう。
写真には写らないからと気を抜いしまい着崩してしまうと、面接でもそのいい加減さが出てしまいます。
また、スーツの前ボタンを開けて写真を撮ると、首回りや胸元がヨレてしまうことも。
そうなると就活写真を再度、撮り直さなければいけない、なんて事にもなりかねません。
特に就活写真をボックスで撮った場合、画面ではわかりにくく、実際にプリントアウトされて見てから気付くこともあります。服装の乱れは心の乱れ。
就活写真を撮るときは、スーツを正しく着用して気を引き締めておきましょう。

ホコリや汚れが付いていないか確認

就活写真を撮影する前には、スーツにホコリや汚れが付いていないか入念に確認しましょう。
特に女性は写真を撮る前にメイクをしているため、ファンデーションやチークの粉がスーツに飛んでしまっているなんてこともあります。

就活写真で着ているスーツにホコリが付いていると、あなたの顔よりも目立った存在感を放ってしまいます。
そのためスーツにホコリが1つあるだけで清潔感のない、だらしない女性だとマイナスな印象を与えてしまうことも。
そんなときために就活の写真を撮るときは、汚れを落とすブラシやテープを準備しておくと便利です。
ほんの少しの意識で自分の容姿を美しく保つことができます。写真を撮影する前に、頭のてっぺんから足先まで清潔感に気を配りましょう。

就活写真での女性のスーツについてまとめ

今回の記事では女性の就活写真でのスーツ選びや、撮影時の注意点について解説しました。
就活写真での女性のスーツ選びは、社風や職種にかかわらず、スーツを着ることが社会人としての基本です。
目立とうと私服を着たり、着崩したスーツの着方をしてしまうと、スタート地点で周囲に遅れを取ってしまうことになります。
就活写真は企業にあなたの第一印象をアピールする最大のチャンス。履歴書に張られた就活写真の印象1つで、面接でのあなたの言葉の重みや深さにも影響します。
女性らしく正しいスーツ選びを意識して、好印象な写真で就職活動に励みましょう。

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました