アイコン:目次目次

もくじをタップするとページ内を移動します

女性の転職写真で着るべきシャツは?色・柄・サイズまで完全ガイド版

本サイトはプロモーションを含む場合があります。

はじめに

就活より厳しいとされる転職。 そんな転職活動の第一関門を突破するにあたり重要なアイテムとなるのが“証明写真”です。 「とりあえずブラウスやシャツを着て空き時間にボックス写真で撮れば良いでしょ」 とお考えの方がいたら大間違い!! あなたのお考えのシャツやブラウス、本当に転職活動を突破するに適していますか?そのシャツによってスムーズに転職写真がいかないなんてこともあるのです。
この記事では、転職写真の撮影時に着用するレディースシャツに注目をして、おすすめのカラー・柄・サイズについての情報を紹介しています。 次のステップに繋げやすい転職写真を用意するためにも、シャツについての情報をしっかりチェックしておきましょう。

女性の転職写真には転職に合わせたシャツ・ブラウスを選びましょう

女性の転職写真で着るべきシャツは?色・柄・サイズまで完全ガイド版7
転職写真を撮影する時には、状況にあったシャツorブラウスの着用がポイントとなります。 どんなシャツやブラウスを転職写真用に選ぶべきなのかを確認してみましょう。

女性の転職写真において選ぶべきシャツとは?

女性の転職写真におすすめのシャツは、白の無地ワイシャツを置いて他にはありません。 太くストライプが入ったワイシャツや、ラメ、その他の柄などの派手なワイシャツは絶対に避けましょう。 白のワイシャツは、真面目さや誠実さ、清潔感も演出できる最強アイテムと言っても過言ではありません。 また、白×無地のワイシャツは写真の撮影時に顔色を明るくみせてくれる効果もあるので、写真写りをよくしてくれるというメリットも。
どうしても色付きのシャツが着たいという場合には、白と同様に清潔感と知的なイメージが演出できるライトブルーのワイシャツにしておきましょう。 同じようなライトカラーであっても、ピンク系の色合いは見る人によって受ける印象が大きく変わるため転職写真には不向きです。

女性の転職写真用のシャツには2種類タイプがある

女性の転職写真で着るべきシャツは?色・柄・サイズまで完全ガイド版6
転職写真を撮影する時に選ぶべきシャツデザインは大きく分けて2種類のタイプがあります。それは、(1)レギュラータイプシャツ(2)スキッパータイプシャツ の2種類。 ここではそんな2種類のシャツから受ける印象を紹介します。転職活動において自分に合ったシャツデザインを選ぶ参考にしてみてくださいね。

【1】レギュラータイプシャツを選ぶポイント

女性の転職写真で着るべきシャツは?色・柄・サイズまで完全ガイド版5
レギュラータイプのシャツとは、もっともスタンダードなタイプのシャツのことです。特徴は襟元の幅が少し小さく、第一ボタンまでしっかりついていること。
スーツ専門店や百貨店その他、レディーススーツを取り扱っている店舗であれば必ず用意のあるシャツデザインと言えます。 無難かつシンプルなデザインなので、どんなジャケットとでも合わせることができます。 首元の一番上のボタンまできちんと留めて着こなす必要がある点には注目しておきましょう。

レギュラーシャツが与える印象

オーソドックスで癖のないデザインであるレギュラーシャツは、好印象を掴みたい転職写真用の服装としてもおすすめです。 真面目で誠実なイメージ、清潔感、知的な雰囲気など、ビジネスの場面で演出したい要素を兼ね備えているシャツタイプです。
シャツの色は白を選ぶべきですが、ライトブルーなど知的なイメージのカラーであれば取り入れても問題ありません。 大人っぽい顔つきの方や、知的なイメージが重要となる業界を希望する方には特におすすめのシャツデザインです。

特にコノ業界を志望する転職生におすすめ!

真面目さ・誠実さ・知的さがアピールできるレギュラータイプのワイシャツは、お堅めな業界への転職を考えている女性にとくにおすすめのワイシャツです。 金融系や公務員、その他事務仕事がメインになるような業界や職種を希望している方は、写真撮影用の衣装として上手に取り入れてみましょう。 転職したい業界がとくに決まっていない方や、まだ迷っているという方もレギュラータイプシャツでの写真撮影をおすすめします。

【2】スキッパータイプシャツの選択基準ポイント

女性の転職写真で着るべきシャツは?色・柄・サイズまで完全ガイド版2
スキッパータイプシャツとはレギュラーとは違い、首元に第一ボタンがなくVネック状に首元が開くデザインのシャツのことを指します。 また、レギュラータイプシャツと比べて襟が大きく作られており、転職写真の撮影時にはジャケットの上に襟を出して形を整える必要があるデザインです。
レギュラーシャツよりも華やかさや活発な印象が強調されるシャツと言えるので、必要に応じて効果的に取り入れたいですね。 華やかな雰囲気を演出したいと言っても、ストライプなどの柄シャツは転職シーンには不向きなので無難なホワイトカラーのスキッパーシャツを選んでおきましょう。

スキッパーシャツが与える印象

レギュラーシャツよりも大きい襟と首元が広めに開くデザインのスキッパーシャツは、華やかさや明るいイメージ、フレッシュな雰囲気を強調したい場合におすすめのデザインです。 活発さをアピールしたい方や、華やかな業界に転職したい方にはとくにオススメと言えます。 レギュラーシャツの首元が窮屈に感じる女性もスキッパーシャツを上手に取り入れてみると良いですね。

特にコノ業界を志望する転職生におすすめ!

スキッパーシャツを着用することで好印象を掴みやすい業界は、美容系やエアライン関連、広告業界などです。 また、営業や接客業などコミュニケーションスキルが重要視されるような職種への転職を考えている女性にもおすすめです。 華やかさやアクティブさが求められる業界への転職を考えている女性は、転職写真の撮影用衣装にスキッパーシャツを上手く活用してみましょう。

シャツ・ブラウスのサイズは首周り・肩周りに合わせたサイズを選ぶ

女性の転職写真で着るべきシャツは?色・柄・サイズまで完全ガイド版1
レギュラーシャツorスキッパーシャツ、自分に合ったシャツのデザインがわかっていてもサイズ感が自分に合っていないシャツを着用していては好印象を掴むことができません。 転職写真の撮影ではとくに、首回り・肩回り・胸元のサイズがきちんと自分に合っているサイズのワイシャツを用意するようにしましょう。 女性の場合はとくに胸元のサイズが窮屈に見えないように気を使う必要があります。 服装のサイズ違いは案外目立つものです。 ぶかぶかシャツでもぴちぴちシャツでもない自分にぴったりサイズのシャツをスマートに着こなして、転職写真の撮影に臨みましょう。

転職用証明写真を撮影する際の女性用シャツ・ブラウスについての注意点

女性の転職写真で着るべきシャツは?色・柄・サイズまで完全ガイド版4
転職用の証明写真を撮影する時には、シャツやブラウスの着こなしにも注意が必要です。 服装の選択は良かったとしても、着こなしにミスがあれば好感度を高めることはできません。 普段のビジネスシーンにも言えることが多いので、この機会に改めて確認をしてみましょう。

撮影前はアイロンがけをしてシワを無くす

転職写真を撮影する時のシャツやブラウスには、とくに念入りにアイロンがけをしておきましょう。 シワやヨレは案外目立つものですよね。 転職写真の撮影にもワイシャツのシワやヨレが写ってしまうと、だらしない印象や清潔感にかけた印象が出てしまいます。 どれだけ優れた人物であっても証明写真の時点でマイナスイメージがついてしまうと転職がスムーズに行えない原因にもなります。 当日は念入りにアイロンがけをしたワイシャツを着こなして転職写真の撮影を行いましょう。

撮影する前にホコリや汚れがないか確認する

転職写真を撮影する前に、ジャケットやシャツブラウスにホコリや汚れがないかを念入りに確認しておきましょう。 ホコリはまだしも、汚れの箇所や状態によっては撮影時に目立ってしまう可能性もあります。 万が一の場合には写真のレタッチサービスを利用して汚れを消すという方法もありますが、それにも追加料金がかかる場合があります。
  • ① 撮影日の前日までに当日の服装に目立った汚れがないかを確認する
  • ② ホコリなどのゴミが付着していないかを撮影直前に再度確認する
以上の2点を意識しておきましょう。

シャツの襟が左右対称になるようにチェックする

とくにスキッパータイプのレディースシャツは襟の形が目立つので、写真撮影の時には襟が左右対称になっているかしっかりチェックしておきましょう。 美しく整った襟のスキッパーシャツでないと、きちんと感や清潔感が伝わらない証明写真になってしまう可能性が高くなります。 写真館での撮影はもちろん、スピード写真機などで自分で写真を撮影する場合はとくに襟にも注意を払っておきましょう。

写真スタジオによってはシャツのレンタルが可能な所もある

女性の転職写真で着るべきシャツは?色・柄・サイズまで完全ガイド版3
転職活動や就職活動用の写真撮影に特化した写真館やフォトスタジオでは、撮影用のシャツやスーツのレンタルが可能なところもあるので上手に活用してみましょう。 レンタルには追加料金がかかる場合がありますが、無料もしくは撮影プラン料金に最初から組み込まれている場合もあります。 服装に自信がない、シャツだけ手持ちがないなどの悩みがある女性は、自分に合った撮影プランのある写真館を探してみましょう。
また、手軽に撮影できるスピード写真機での撮影は便利ですが、印象の良い証明写真を用意したいのなら写真館での証明写真撮影が断然おすすめです。 転職写真の時点で好印象を掴むことができれば次の段階にも繋がりやすいので、転職活動がスムーズに行える可能性も高まります。

まとめ

今回の記事では、転職用の証明写真を撮影する時に着用するシャツに注目して情報を紹介いたしました。 白×無地の無難なワイシャツを用意して、きちんとした着こなしで撮影に挑めば好印象を掴みやすい写真を撮影することができます。 また、転職を希望する業界・職種、自分のキャラクターを考えてレギュラータイプorスキッパータイプどちらのレディースシャツを着用するべきか考えてみましょう。 限られた時間でスムーズに転職活動を行うためにも、できるだけ印象の良い証明写真が用意できるように行動することをおすすめします。
トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました