女性が転職写真を撮る時の服装|プロが選び方と正しい着こなしを解説

はじめに

転職をスムーズに進めたい場合、「転職写真の出来栄えが採用に大きく影響する」と言っても過言ではありません。
限られた時間の中で自分をアピールしなくてはならない転職活動では、第一印象となる転職写真にしっかりと力を入れてみましょう。

この記事では、女性が転職写真を撮影する時の服装選びと正しい着こなしについての情報を紹介しています。
転職活動を今から始めようと考えている方も、すでに始めている方もためになる情報をチェックしてみてくださいね。

女性の転職写真で好印象を与えるには服装がカギ

転職写真で先方の好印象を掴むためには、撮影時の服装に着目してみましょう。
髪型やメイクももちろん大切なポイントです。しかし、それら全体の細かい印象を左右したり補う役割を果たしているパーツが“服装”なのです。

とはいっても、転職のために気合いを入れて新しい服を買うべき!とお伝えしたいわけではなく、転職写真用にでも適していれば前職でも活用していたスーツを着用すればOKです。
撮影時に着用するスーツとしてふさわしいものが選べるようにぜひこの記事で情報をチェックしてみましょう!
転職写真にふさわしい服装が手持ちにない場合には、新しいスーツ購入を検討されたり、写真館の衣装レンタルを利用することをおすすめします。

普段のスーツ姿と転職写真用のスーツ姿には違いがある

基本的には、前職や現在着用している女性用スーツで転職写真の撮影を行えうことはOKです。
しかしスーツのなかには普段の着用では問題がなくても、写真撮影に不向きなタイプがあるという点には注意をしておきましょう。

例えば、左右非対称に見えるデザインのシャツやジャケット、撮影時のストロボが反射して色飛びを起こしてしまうような明るい色合い&生地感のジャケットは転職写真の撮影に不向きです。
転職写真用の服装では、あくまで無難かつ控えめな服装選びができるようにしてみましょう。
転職写真におすすめの服装については以降の項目から具体的に紹介いたします。

女性の転職写真にふさわしい服装の選び方

女性の転職写真にふさわしい服装とはどんなスーツを指すのでしょうか。
カラーや柄、襟のデザインに注目して写真撮影にふさわしい一着を用意してみましょう。

レディーススーツの選び方

転職写真用の服装として選ぶべきレディーススーツ。
カラーや柄、サイズ感などに注目して自分に合ったスーツ姿で好印象を掴みましょう。

【1】カラーは黒・濃紺・ダークブラウンがおすすめ

転職写真の撮影に選ぶスーツには、黒・濃紺・ダークブラウンのカラースーツを選びましょう。

黒・濃紺・ダークブラウンのスーツが持つイメージには、真面目さや知的な雰囲気、清潔感など転職活動でも好印象を掴みやすい要素がつまっています。
職種によっては明るいカラーのスーツを選んでもよい場合もありますが、ほとんどの場合では黒・濃紺・ダークブラウンにしておけば間違いありません。中でも迷った場合は黒で良いでしょう。
きちんと感のある定番カラーを転職写真に取り入れてみましょう。

【2】柄は無難に無地なものを選ぶ

転職写真を撮影する時のスーツには、無難な無地デザインを選ぶことがおすすめです。
普段の仕事でストライプなどの模様入りスーツを着用するのが好きという方も、転職写真用には無地を選んでおきましょう。

転職活動に使用する写真でおしゃれ感重視の服装をしていると、マイナスイメージをもたれてしまったり、我が強い印象を与えてしまったりと悪印象に繋がる可能性が高いです。
転職活動をスムーズに進めたいのなら、写真用の服装にはあえて無難なカラー&無地の控えめスーツを選んでおきましょう。

【3】肩幅に合わせたサイズ感を選ぶ

転職写真用のきちんと感を演出するためには、自分の肩幅にあったサイズ感のジャケットを用意することも大切です。
顔周りと首、肩、胸元のみが撮影される転職写真では、目に入る要素が少ない分そのひとつひとつが目立つことを覚えておきましょう。

写真に撮影されている肩の部分が不自然にダボついていたり、反対にぴっちり感がでてしまうようなサイズ感のジャケットは避ける必要があります。
写真を目にした人に違和感を与える原因となってしまう可能性を排除するためにも、自分に合ったちょうどよいサイズのスーツジャケットを用意するべきです。

【4】胸のサイズに合わせたスーツを選ぶ

転職を考えている女性の場合は、胸のサイズに合わせたスーツを選ぶというポイントも大切にしておきましょう。
胸のサイズによってはスーツの第一ボタンを留めるとジャケットの襟元が大きく開いてしまい、胸元が変に強調されてしまうこともありますよね。
仕方ないこととはいえ、なんの対策もせずに写真撮影を行うとだらしない雰囲気のあるマイナスイメージ写真ができあがってしまいます。

少しでも好印象を掴むためには、スーツの襟元が不用意に強調されないサイズ感のジャケットを選ばなくてはなりません。胸に合わせると肩幅が大きくなってしまう方はそのままのスーツにし、肩幅はレタッチで調整をすることをおすすめします。
胸元対策をしっかり行ってから転職写真の撮影をしてみましょう。

レディースワイシャツの選び方

転職写真で好印象を掴みたいのなら、レディーススーツに合わせるワイシャツにも気が抜けません。
シャツのカラーと襟デザインにとくに注目してみましょう。

【1】カラーはホワイトの無地にして柄物等では攻めない

転職写真で着用するワイシャツは、ホワイトの無地がおすすめです。
おしゃれ感のあるカラーや柄シャツを取り入れたい気持ちもわかりますが、ホワイト×無地のワイシャツにまとめておいた方が無難かつ好印象を掴みやすいです。

ホワイトカラーのワイシャツは清潔感&知的な印象が演出できます。さらに、写真撮影時には顔色を明るくするという嬉しい効果も発揮してくれます。
顔まわりが明るくみえると健康的な雰囲気も演出ができて良いことづくめなので、転職写真用のワイシャツにはホワイトの無地タイプを選んでおきましょう。

【2】襟はレギュラータイプかスキッパータイプにする

ワイシャツ襟のデザインでは、「レギュラータイプ」か「スキッパータイプ」を選んでおく必要があります。

レギュラータイプとは?
もっともオーソドックスな形のワイシャツで、首元の一番上までボタンのあるデザインのシャツを指します。
スキッパータイプとは?
一番上までボタンを留めても首元がV字になるデザインかつ襟が大きめのワイシャツを指します。

どちらのタイプのワイシャツを選んでも基本的にはOKです。
それぞれの印象としては、レギュラータイプは真面目さや誠実感が強め、スキッパータイプは明るさや社交的なイメージが強めなデザインと言えます。

真面目な印象が大切になる事務職、金融系などで転職活動をしている方はレギュラータイプがおすすめ。
明るい印象をプラスしたい営業職や接客業などで転職活動をしている方はスキッパータイプなど使い分けてみると良いですね。

女性の転職写真を撮る時の正しい着こなし方

転職写真にふさわしいコーディネートの情報を学んでも、着こなしでマイナスイメージがでてしまっては意味がありません。
効果的なアイテムを効果的に利用することで、好印象を掴める転職写真の撮影が可能になる、ということを忘れないようにしましょう。

女性のスーツの正しい着こなし方とは

普段からスーツを着用している女性でも、写真撮影時の着こなしには自信がなかったり勘違いをしている場合もあります。
転職写真の撮影場面にふさわしい着こなし情報をしっかりと頭に入れておきましょう。

前のボタンはすべて留める

転職写真ではジャケットの前ボタンをすべて留めてから撮影に臨みましょう。
ジャケットのボタンをしない状態で写真撮影を行う方もいるのですが、やはりどこかだらしないイメージや我が強い雰囲気がでてしまうのでおすすめできません。
ジャケットボタンを全部留めることで襟元からシャープに見せることができ、きちんと感や控えめな雰囲気が出て好印象を掴みやすくなるため、前ボタンは全て留めると良いでしょう。

ボタンを全部留めると胸元がきつかったり、スーツのシワが不自然になってしまったりなどの理由がある場合は、一番上のボタンを留めるだけでもOKです。しかし、写真に映らない背中や首元でクリップや洗濯バサミでサイズ感を調整しつつ、前を全部留めておくことをおすすめします。
写りや撮影方法によってはシャツが下から見えてしまうこともあるので、その場合も前ボタンをきちんと全部留めるorクリップなどを活用してシャツが見えないように対策をしておきましょう。

女性のワイシャツの正しい着こなし方とは

転職写真の撮影では、ワイシャツの着こなしにも注意を払っておきましょう。
ワイシャツのシワが目立たないようにあらかじめアイロンをかけておくなどの対策も重要です。

スキッパータイプの場合は襟をスーツの外に出す

スキッパータイプのワイシャツを着こなす場合は、スーツの外に襟を出すようにして着用しましょう。
レギュラータイプと比べて大きめであるスキッパータイプの襟をジャケットに収める形で着用してしまうと、首回りがゴワついてしまいスマートな印象が出せません。
左右対称に襟を整えて清潔感と共に活発的な印象が引き出せるようにスキッパータイプを着こなしてみましょう。

レギュラータイプの場合はボタンを一番上まで留める

レギュラータイプのワイシャツを着こなす場合は、シャツボタンを一番上まできちんと留めるようにしましょう。
レギュラータイプのワイシャツはとにかく真面目に無難に着こなすことが大切です。
首元が詰まったり窮屈感が嫌だと感じる場合は、ワイシャツのボタンを外すのではなくスキッパータイプのワイシャツをおすすめします。

首の長さや体型によって首元がキツそうに見えてしまう場合は、着こなしを変える程度では対策のしようがないので、自分に合ったサイズ感のワイシャツを買い直すかシャツデザインを変えるかで対応するよりありません。

レギュラータイプの襟はスーツの内側に

レギュラータイプのワイシャツ襟はスーツの内側にしまうように気を付けておきましょう。
レギュラータイプの襟デザインはジャケット上に出すように考えられたデザインではありません。
ジャケットの内側に襟をしまうことでレギュラータイプ向けのきちんと感と清潔感がより強く演出できるということを覚えておきましょう。

袖のボタンは腕が広がって見えないようにしっかり留める

袖ボタンが空いているままだと二の腕付近のジャケット・ワイシャツが膨張して写ってしまうことがあります。そのため、写真には写らないですが撮影時にはしっかりと両方の袖ボタンを留めておくと良いでしょう。

スーツとワイシャツのレンタルを行っている写真スタジオがある!?

スーツを着用しない職種を希望する方や、自分に合ったサイズスーツの用意が間に合わなかった方。
そんなみなさんは、女性用スーツやワイシャツのレンタルを行っている写真館があることはご存じでしょうか?
転職写真では自分に合ったサイズのスーツやシャツを自分の手で用意することが一番です。ただ、事情によっては「スーツ全般をレンタルで済ませたい」方もいらっしゃるかと思います。

「貸出スーツあり」などの表記がある写真館や、就活証明写真の撮影に力を入れている写真館ならスーツレンタルの利用ができる可能性が高いので、必要に応じて探してみましょう。
利用する撮影プランによってスーツのレンタル料も最初から撮影料金に含まれている場合や、衣装レンタルはオプション料金になる場合など違いがでてきます。
自分にあった撮影プランを利用するためにも、撮影プランの内容やオプション料金がかかる条件などを事前にチェックした上で写真館を選んでみましょう。

転職写真でスーツレンタルが可能な就活写真スタジオ

ここで転職写真の撮影におすすめの写真スタジオの中で、さらにスーツレンタルもできるスタジオを2つご紹介します!
どこのスタジオに行けば良い転職写真が撮れるのか迷われている方はぜひ、行ってみてくださいね!

【1】スタジオインディ

まずご紹介する『スタジオインディ』はスーツだけでなく、シャツやネクタイも全て無料でレンタルすることができます。サイズも豊富に揃えられており、女性のブラウスは「スキッパータイプ」と「レギュラータイプ」から好みのスタイルを選ぶことができます。
レンタルする際の事前予約やクリーニング代は一切かからないので、スーツの準備が間に合わない方や用事のついでに撮影したい!という方も安心して利用できるお店です。

スタジオインディは関東では東京駅前店・新宿店・渋谷店・池袋店・横浜店の5店舗展開しており、関西では大阪梅田店・京都烏丸店・神戸三宮店の3店舗、名古屋にも栄店を構えています。全て駅から徒歩5分以内の場所にあるので、雨の日や用事のついでに立ち寄りやすいのも嬉しいポイント。

撮影した写真は即日お渡し可能なので、忙しい転職者にはぴったりな写真スタジオです。証明写真専門スタジオとして、利用者からの口コミランキングも2年連続第1位。実績もあり、写真スタジオとしては珍しく保証も充実しているため、失敗の少ない写真スタジオとしてもおすすめです。予約はこちらから。

スタジオインディ

【2】スタジオアップ

『スタジオアップ』ではスーツ・ジャケット・ネクタイを無料でレンタルすることが可能なのですが、なんとスーツ専門店のSUIT-SELECTの商品をレンタルすることができます。
レンタルなのにきちんとした専門店のスーツを着用して撮影できるのは他にはない魅力ポイントですよね。

ヘアメイク無しのプランであれば、写真2枚と美肌修正がついて3,630円(税込)とお安く撮影できるので、急に写真が必要になった!という方も気軽に利用できる写真スタジオです。

スタジオアップ

女性の転職写真の撮影時の服装についてのまとめ

今回の記事では、女性の転職活動に必要となる転職写真を撮影する際の服装についての情報を紹介いたしました。
スーツのコーディネートや着こなし方によって、写真から受ける印象が大きく変わることもあるので、気合いを入れて撮影に臨みましょう。
限られた時間のなかで効率よくスムーズに転職を進めるためにも、よりよい転職写真が用意できるようにしてみてくださいね。

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました