アイコン:目次目次

もくじをタップするとページ内を移動します

アナウンサー就活写真は茶髪でもいいの?OKな髪色や修正可能なスタジオを紹介!

本サイトはプロモーションを含む場合があります。
アナウンサー就活写真は茶髪でもいいの?OKな髪色や修正可能なスタジオを紹介!

はじめに

外見も選考の対象となるアナウンサー就活において、印象を左右する要素の一つに髪色があります。一般の就活写真ではNGとされている茶髪ですが、アナウンサー就活写真ではどうなのでしょうか? 今回は、
「アナウンサー就活写真ってそもそも茶髪は大丈夫なの?」 「アナウンサー就活写真で好印象に見える髪色ってなんだろう」
といったアナウンサー就活写真の髪色の悩みに対して、
  • アナウンサー就活写真は茶髪で撮影してもいいのか
  • アナウンサー就活写真を撮影する際の注意点3つ
  • アナウンサー就活写真の髪色修正ができるおすすめ写真スタジオ3選
  • アナウンサー就活写真で明るすぎる髪色となった際の修正方法
の4つに分けて、解説します。 記事の最後には、アナウンサー就活写真における髪色以外のポイントも解説しています! この記事を読んで、髪色はもちろん、ぜひアナウンサー就活写真の撮影する際の参考にしてください。

アナウンサー就活写真は茶髪で撮影してもいい?

アナウンサー就活写真は茶髪でもいいの?OKな髪色や修正可能なスタジオを紹介!
アナウンサー就活写真は、茶髪で撮影しても大丈夫です。 アナウンサー就活写真では、個性が尊重されるため、もともと自由度が高い傾向にあります。よって、茶髪にすることで自身の個性がより魅力的に写るのであれば問題ありません。 ただし、明るすぎる茶髪だと就活写真で不自然に浮いてしまうことがあるため、「焦茶」の髪色がちょうど良いでしょう。 アナウンサーは多くの人々の目にとまる職業である以上、どんな年齢にも不信感を与えないことが大切です。アナウンサー就活写真の髪色は、落ち着きのある黒と、あかぬけ感のある茶色の中間である「焦茶」をおすすめします。

華やかなアナウンサー業界=派手髪OKではない

華やかなアナウンサー業界だから、髪色も派手にしても良いということではありません。 多くの人の目に触れるアナウンサーは、華やかな印象が求められます。 しかし、華やかさ以上に、清潔感や親しみやすさがある就活写真であることが重要です。 誰から見てもマイナスな印象を抱かれないようにするためにも、安直に派手な髪色にすることは控えましょう。

アナウンサー就活写真を撮影する際の注意点3つ

アナウンサー就活写真は茶髪でもいいの?OKな髪色や修正可能なスタジオを紹介!
アナウンサー就活写真の髪色には、撮影時における注意点がいくつか存在します。 髪色のどのようなことに注意すれば、印象の良いアナウンサー就活写真が撮れるのでしょうか?ここからは、アナウンサー就活写真の髪色に関する3つの注意点を説明していきます。

アナウンサー就活写真の髪色における注意点1:なるべくセルフでは染めないようにする

アナウンサー就活写真の髪色における注意点の1つ目は、なるべくセルフでは染めないようにすることです。 撮影費用を抑えるために、セルフで染めようと考えている方もいるでしょう。しかし、セルフだと綺麗に染めることが難しいです。髪色にムラができたり、変に明るく染まったりして、清潔感が欠けた写りのアナウンサー就活写真となってしまう可能性があります。 選考を大きく左右するアナウンサー就活写真であるからこそ、髪色は美容院で染めてもらうことをおすすめします!

アナウンサー就活写真の髪色における注意点2:プリンや色が抜け落ちている状態はNG

アナウンサー就活写真の髪色における注意点の2つ目は、髪色がプリンになったり、色が抜け落ちたりした状態での撮影しないということです。 プリンの状態でアナウンサー就活写真を撮影すると、清潔感に欠けた仕上がりになってしまうことが多いです。 そのため、アナウンサー就活写真の前には美容院へ行き、髪色を綺麗に整えてから撮影するようにしましょう。

アナウンサー就活写真の髪色における注意点3:室内では髪色が実際より明るく見えてしまう

アナウンサー就活写真の髪色における注意点の3つ目は、室内では髪色が実際より明るく見えるということです。 蛍光灯の光によって、室内は室外よりも物の色が明るく見える傾向にあります。アナウンサー就活写真の撮影は室内で行われるため、「思ったよりも髪色が明るかった」という事態になりかねません。 撮影時は色が明るく見えるということを意識すると、アナウンサー就活写真における髪色の失敗を防げるでしょう。

髪色が明るすぎたアナウンサー就活生必見!証明写真の髪色修正の方法

アナウンサー就活写真は茶髪でもいいの?OKな髪色や修正可能なスタジオを紹介!
これまで、アナウンサー就活写真の撮影時における注意点を解説しました。 しかし、いくら注意を払ってアナウンサー就活写真を撮影しても、想像したより髪色が明るかったり、色ムラができたりしてしまうでしょう。そんな時には、髪色修正によって隠すことが可能です。そこで以下では、髪色修正の方法を紹介していきます。

【1】撮影したアナウンサー就活写真をセルフで髪色修正する場合

撮影したアナウンサー就活写真をセルフで髪色修正する場合は、加工アプリを用いましょう。 最近はスマホで就活写真の修正アプリが多くリリースされており、以前よりも手軽に髪色修正が行えるようになりました。 ただし、セルフでの髪色修正は、あまりおすすめしません。自分自身で修正してしまうと、限度がわからず不自然な仕上がりになってしまうからです。そのため、緊急の場合を除き、髪色修正は写真スタジオでやってもらうことをおすすめします。

【2】撮影したアナウンサー就活写真を写真館で髪色修正する場合

撮影したアナウンサー就活写真を写真館で髪色修正する場合は、セルフで髪色修正をかけるよりも失敗が少ないです。 写真館では、技術も知識も豊富なプロが修正を担当してくれます。プロだと自然な範囲で髪色の修正をしてくれるため、クオリティが高く、不自然さもほとんどない髪色に仕上げてくれます。プロがセルフでは再現できない綺麗な髪色にしてくれるはずです。 また、中にはプロと相談しながら修正ができる写真館があります。 アナウンサー就活写真にふさわしい髪色となることはもちろん、セルフよりもより好印象な写りとなること間違いなしです。アナウンサー就活写真の髪色修正は、写真館に頼んだ方が安心でしょう。

アナウンサー就活写真の髪色修正を行うなら写真スタジオでプロにお願いしよう!

アナウンサー就活写真は茶髪でもいいの?OKな髪色や修正可能なスタジオを紹介!
ここまで、好印象のアナウンサー就活写真とするためには、髪色が重要であることが分かったと思います。 ところが、髪色の修正はセルフでは難しいのが現状です。
  • 「髪色でアナウンサー就活写真を失敗したくない」
  • 「髪色を活かして、自分のアピールに繋げたい」
といったように、なるべく綺麗に整った髪色でアナウンサー就活写真の撮影ができたら良いですよね。 そんなアナウンサー就活写真で、髪色修正が不安な方は写真スタジオのプロにお願いすることをおすすめします! 写真スタジオのプロに髪色修正を担当してもらえることで、
・自然な範囲の修正で、セルフ修正よりもナチュラルな髪色に仕上げてくれる ・自身の雰囲気にあった髪色となり、より魅力的に写ったアナウンサー就活写真となる
といったメリットがあります。 他にも、写真スタジオでアナウンサー就活写真を撮影するメリットとして、
・プロの機材で撮影ができるため、高画質なアナウンサー就活写真となる ・プロがポージングの指導をしてくれるため、リラックスした表情で撮影ができる
といった点があり、より好印象なアナウンサー就活写真となるでしょう。 髪色で不安なことがあるアナウンサー就活生は、ぜひ、写真スタジオにアナウンサー就活写真を任せてみてはいかがでしょうか。

おわりに

これまで、
  • アナウンサー就活写真は茶髪で撮影してもいいのか
  • アナウンサー就活写真を撮影する際の注意点3つ
  • アナウンサー就活写真の髪色修正ができるおすすめ写真スタジオ3選
  • アナウンサー就活写真で明るすぎる髪色となった際の修正方法
の4つについて解説してきました。 良い写りのアナウンサー就活写真を撮るためには、髪色で失敗しないことが重要です。また、ふさわしい髪色を選ぶことで、より自身の魅力が伝わるアナウンサー就活写真となるでしょう。 この記事を就活写真の髪色を考える際の参考にして、好印象のアナウンサー就活写真を撮りましょう!
トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました