アイコン:目次目次

もくじをタップするとページ内を移動します

カラコンをつけて就活写真を撮るのはNG?カラコン必須者向けの選ぶポイントも紹介!

本サイトはプロモーションを含む場合があります。
カラコンをつけて就活写真を撮るのはNG?カラコン必須者向けの選ぶポイントも紹介!

はじめに

エアライン就活生のみなさん、就活写真の準備は進んでいますか? 就活写真を撮影する際は、 「どこで撮る?何を着る?髪型は?メイクは?」 など、決めなければならないことがたくさんあります。
その中の一つとして、 「カラコンはどうする?」 「就活写真でカラコンをつけても良いのかな?」 と悩んでいる人もいるでしょう。 特に、普段カラコンをつけることが当たり前になっている人にとっては、とても大きな問題ですよね。
この記事では、
  • エアライン就活写真でカラコンをつけると選考で落ちてしまう?
  • エアライン就活写真でカラコンを装着するメリット・デメリット
  • エアライン就活写真でNGなカラコンの特徴
  • エアライン就活写真でOKなカラコンの特徴
  • エアライン就活写真が不安な人は写真スタジオでお願いしよう
これらのことについて解説していきます。 エアライン就活写真のカラコンについて悩んでいる人は、ぜひ最後まで読んで参考にしてみてください。

エアライン就活写真でカラコンをつけると選考で落ちてしまう?

カラコンをつけて就活写真を撮るのはNG?カラコン必須者向けの選ぶポイントも紹介!1
エアライン就活写真では、カラコンをつけると書類選考で落ちてしまうのでしょうか。 その答えは、
「エアラインの企業による」
です。 エアライン業界では、企業によってカラコンが完全にNGとなっているところもあります。 そのような企業に就職を考えている人は、カラコンをつけずに就活写真を撮影し、面接時もつけないようにしましょう。 カラコンがOKの企業でも、写真の時点で採用担当者に派手だと思われた場合は不利になってしまうため気を付けてください。 大事なのは、自分が受けようと思っている企業の規定に従って準備をすることです。エアライン就活写真でカラコンをつけたいと考えている人は、それぞれの会社の規定をしっかり確認しておきましょう。

エアライン就活写真でカラコンを装着するメリット・デメリット

カラコンをつけて就活写真を撮るのはNG?カラコン必須者向けの選ぶポイントも紹介!2
エアライン就活写真でカラコンを装着すると、どのようなメリット・デメリットがあるのでしょうか。メリット・デメリットに分けて解説していきます。

エアライン就活写真でカラコンをつけるメリット:瞳の印象や雰囲気を変えることができる

エアライン就活写真でカラコンをつけるメリットは、瞳の印象や雰囲気を変えることができるということです。 そのため、
・白目の面積が広い三白眼などで、目つきの悪さがコンプレックスの人 ・周りから目つきがきついと言われたことがあり気になる人
このような人は、カラコンをつけることで瞳の部分が強調され、優しい雰囲気の目元になることができます。
すると自分の目つきが気にならなくなり、
・自信をもってエアライン就活写真の撮影や面接に行くことができる ・気持ちが上向きになり写真や面接時の表情・雰囲気も良くなる
このようなことにつながっていきます。 自分の目つきで悩んでいる人は、不自然にならず、ナチュラルに目元の印象をアップさせるカラコンを探してみましょう。

エアライン就活写真でカラコンをつけるデメリット:採用担当者に悪印象を持たれ選考から外れてしまう可能性がある

エアライン就活写真でカラコンをつけるデメリットは、採用担当者に悪印象を持たれ、選考から外れてしまう可能性があるということです。 エアライン業界はお客様と接することが多い接客業であり、一般企業よりも華やかさを求められる業界です。しかし、華やかすぎて派手になってしまうと、お客様に不快に思われてしまいます。そのため、エアライン業界で働きたいと思っている人は、就活写真でも派手過ぎずきちんとした身だしなみを意識しなければなりません。
もし、エアライン就活写真で明るい色やデザインなどの派手なカラコンをつけていた場合、 「この人は社会性がない」 「うちの会社には適合していない」 と採用担当者に思われてしまいます。 どんなに経歴が素晴らしい人でも、カラコンをつけているというだけで選考から外れてしまう可能性は十分に考えられます。そのため、エアライン就活写真でカラコンをつけるのはできるだけ避けた方が良いでしょう。

エアライン就活写真におけるNGなカラコンの特徴

カラコンをつけて就活写真を撮るのはNG?カラコン必須者向けの選ぶポイントも紹介!3
エアライン就活写真におけるNGなカラコンの特徴をまとめました。
  • 青やグレーなどの色味が派手すぎるカラコン
  • 着色直径が大きすぎるカラコン
  • 柄が入っているカラコン
の3つに分けてみていきましょう。

エアライン就活写真におけるNGなカラコンの特徴1:青やグレーなどの色味が派手すぎるカラコン

青や緑、黄色や明るいグレーなど、色味が派手すぎるカラコンはNGです。すぐにカラコンだとわかるような色合いは、写真を一目見ただけで 「派手過ぎる」 「仕事とプライベートの区別ができていない」 という印象を持たれてしまいます。 エアライン就活写真でカラコンをつけたい場合は、自分の目の色からかけ離れた色は選ばないようにしましょう。

エアライン就活写真におけるNGなカラコンの特徴2:着色直径が大きすぎるカラコン

着色直径とは、カラコンの色がついている部分のサイズのことです。 市販されているカラコンのサイズと、日本人の瞳のサイズは次の通りです。
・カラコンのサイズ:12.5~14.6㎜ ・日本人の瞳の平均的なサイズ:11~12.5㎜
市販されているカラコンの多くは、0.1㎜ごとにサイズが展開されています。個人差はありますが、着色直径が瞳の大きさよりも一回り以上大きな13.5㎜をこえるものは、カラコンをつけているとわかってしまう場合が多いでしょう。自分の瞳よりも大きすぎるカラコンは不自然に見え、採用担当者に悪い印象を与えてしまうため、エアライン就活写真には適していないと言えます。

エアライン就活写真におけるNGなカラコンの特徴3:柄が入っているカラコン

カラコンの中には、
・レース柄 ・花柄 ・フチあり
など、さまざまなデザインのものがあります。 柄やフチがあるカラコンは美しく印象的な瞳を演出し、なりたい目元を叶えてくれるデザインですが、エアライン就活写真でつけてしまうと、瞳が強調されすぎてしまい不自然に見えてしまいます。こちらも社会性がなく派手すぎるという印象を与えてしまうため、柄やフチありのカラコンはエアライン就活写真にはふさわしくありません。そのようなカラコンは、プライベートの場で楽しむようにしましょう。

エアライン就活写真におけるギリギリOKなカラコンの特徴

カラコンをつけて就活写真を撮るのはNG?カラコン必須者向けの選ぶポイントも紹介!4
三白眼などでどうしても目に自信がなく、カラコンをつけてエアライン就活写真を撮りたい人もいるでしょう。そのような場合は、自己責任ですがギリギリOKといえる特徴を持ったカラコンを使用して就活写真を撮影しましょう。 エアライン就活写真におけるギリギリOKなカラコンの特徴を、
  • 着色直径
  • 柄やフチ
の順に解説していきます。

エアライン就活写真におけるギリギリOKなカラコンの特徴1:色は黒または茶色のカラコン

エアライン就活写真においてカラコンをする場合は、黒または茶色のものを選びましょう。同じ黒でもグレーに近い色のものや、明るすぎる茶色では日本人の瞳の色と合わず不自然に見えてしまうので気を付けてください。エアライン就活写真でカラコンをつけたい人は、自分の瞳の色とよく比較し、より近い色のカラコンを選ぶようにしましょう。

エアライン就活写真におけるギリギリOKなカラコンの特徴2:着色直径が裸眼と同じくらいのサイズのカラコン

エアライン就活写真でカラコンをつけたい場合は、着色直径にも気を付けてください。
(1)眼科やコンタクト販売店などで自分の瞳の直径を測る (2)瞳と同じくらいの着色直径のカラコンを選ぶ (3)大きくても13.5㎜未満のもの (4)家族や友人に見てもらい、不自然じゃないかチェックしてもらう
このようにカラコンを選べば、ナチュラルに目元の印象を変えられます。 着色直径は裸眼の瞳と同じくらいのサイズを選び、自然に見えるカラコンを探しましょう。

エアライン就活写真におけるギリギリOKなカラコンの特徴3:柄やフチなしのカラコン

エアライン就活写真では、柄やフチのないカラコンを選びましょう。 レース・花などの柄やフチがついていると、カラコンをつけているということがわかりやすく、不自然に見え悪い印象を与えてしまいます。現代のエアライン就活写真は技術が発達しているため、細かい部分も鮮明に映し出します。そして、採用担当者は就活写真の隅から隅まで厳しくチェックしています。 「瞳の中まではわからないでしょ」 と考えず、柄やフチのないカラコンをつけるようにしましょう。

視力が悪いエアライン就活生は普通のコンタクトがおすすめ

カラコンをつけて就活写真を撮るのはNG?カラコン必須者向けの選ぶポイントも紹介!5
エアライン業界では、視力が悪い場合コンタクトでの矯正が基本です。 なぜなら、飛行機内や空港内でメガネをかけていると、
・顔や表情がわかりにくくなる ・レンズが反射して不快感を与えたり業務に支障をきたしたりする ・緊急事態のときなどに眼鏡が外れて見えづらいと対応できない ・もしレンズが割れたら本人や乗客の怪我につながる
このようなことがあってはならないので、多くの航空会社でメガネはNGとなっています。 エアライン就活生で視力が悪く、普段メガネを使っているという人は、就活写真を撮影する前にコンタクトレンズを準備しましょう。その際は、悪い印象を持たれやすいカラコンは避けて、普通のコンタクトレンズをつけるのがおすすめです。

エアライン就活写真の撮り方が不安な人は写真スタジオにお任せしよう!

カラコンをつけて就活写真を撮るのはNG?カラコン必須者向けの選ぶポイントも紹介!6
エアライン就活写真は準備する写真の種類が多く、ヘアメイクや服装、表情など気をつけなければならないこともたくさんあります。自分では良いと思っていても、他人から見るとどのような印象になるのかとても気になりますよね。エアライン就活写真の撮り方が不安な人は、写真スタジオでヘアメイクや撮影などをプロにお任せしましょう。 写真スタジオの中には、
・エアライン専門で撮影を行っているところ ・エアライン就活生のためのプランがあるところ
もあります。 上記のようにエアライン就活写真でカラコンをどうしてもつけたい人は、選んだカラコンが不自然になっていないかチェックしてもらうこともできるでしょう。プロのヘアメイク・カメラマンたちの的確なアドバイスや撮影技術で、自信をもって就活に臨めるエアライン就活写真に仕上げてもらいましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。 今回の記事では、
  • エアライン就活写真でカラコンをつけると選考で落ちてしまう?
  • エアライン就活写真でカラコンを装着するメリット・デメリット
  • エアライン就活写真でNGなカラコンの特徴
  • エアライン就活写真でOKなカラコンの特徴
  • エアライン就活写真が不安な人は写真スタジオでお願いしよう
について解説しました。 エアライン業界は華やかできらびやかな部分が注目されがちですが、そこで活躍するまでには多くの時間と労力、精神力が必要です。努力が無駄にならないようできればカラコンは避け、どうしてもつけたい場合はカラコンの種類に十分注意して就活に臨みましょう。 エアライン就活生のみなさんが納得のいく就活写真を撮影し、良い結果につながるよう願っています。
トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました