フォトウェディングの小物はレンタル?手作り?衣装別におすすめの小物アイテムを紹介

はじめに

結婚式や披露宴を行わず、写真撮影のみを行うフォトウェディング。結婚の新しいスタイルとして浸透してきています。
そんなフォトウェディングでは、撮影をもっと楽しくするためにいろいろな小物が用いられているのをご存知でしょうか?
小物を充実させると写真の仕上がりも一層素敵になりますが、撮影用の小物をどのように準備すれば良いかわからないという方もいるかもしれません。
そこで今回は、撮影用の小物をどのように準備するかや、衣装別のおすすめのアイテムをご紹介します。

フォトウェディングの小物はレンタル?手作り?

フォトウェディングの小物は、購入またはレンタル、手作りでも用意することができます。
まずはどこで揃えることができるかや、それぞれのメリット・デメリットなどを見ていきましょう。

(1)フォトウェディングの小物をレンタルする

フォトウェディングの小物をレンタルする場合は、レンタル衣装の専門店や、ネットショップを利用します。
購入する場合に比べるとリーズナブルで、撮影が終わったあとも小物の保管場所に困りません。
ただ、使いたいものが他の人に借りられている場合もあるので、撮影日が決まったら早めに押さえておく必要があります。

(2)フォトウェディングの小物を購入する

  • ・和傘や扇子…和装専門店や百貨店
  • ・フォトフレームやガーランド、イニシャルオブジェなど…雑貨屋、インテリアショップ
  • ・ブーケ…生花なら花屋さん、ドライフラワーや造花なら雑貨屋やインテリアショップにも。

小物を購入する場合は、ネットショップや専門店で用意することができます。
少し費用がかかる場合もありますが、一生に一度のフォトウェディングなので、自分たちだけのこだわりの小物を選んで使えるというメリットがあります。
ただ、撮影が終わった後に保管場所に困ることもあるかもしれません。

(3)フォトウェディングの小物を手作りする

フォトウェディングの小物は手作りすることもできます。
ガーランドやフォトプロップスは、千代紙や包装紙などを使って作ったり、テンプレートがネットでダウンロードできたりもします。
造花のブーケの作り方もネットで動画を見ながら作ることもできるのでハンドメイドが好きな方は是非トライしてみてください。
手作りの小物は思い出にも残り、撮影後もインテリアとして飾るのも素敵ですね。手作りの場合は撮影中に崩れないよう注意が必要です。
補修できる材料や道具を持っておくと安心です。

100均でも小物を購入できる?材料が売っている?

ガーランドやフォトフレーム、イニシャルオブジェ、風船、シャボン玉、扇子、折り紙など100円ショップで購入できるものもあります。
手作りする場合の材料も揃えることができ、造花やリボン、包装紙や千代紙などがあります。

事前に確認!フォトウェディングの小物を選ぶ上での注意点

フォトウェディングの小物は、レンタルや購入、手作りでも用意することができますが、事前に確認しておきたいことも幾つかあります。
ここからは小物を選ぶ際の注意点を見ていきましょう。

フォトウェディングの小物選びの注意点1:レンタルするなら気に入ったものがあるか

費用を抑えることができ、撮影後の保管場所にも困らないので小物は全てレンタルにしようと考えている方は、まずレンタルショップやレンタル専門のサイトで気に入ったものがあるかチェックしておきましょう。
レンタルは、リーズナブルで気軽に利用できますが、需要のあるものを重点的に揃えているので、定番のものしか置いていない事もあります。
デザインやカラーにこだわりたいという方は、まず気に入ったものがあるかを確認して、どうしてもない場合は購入や手作りも検討してみるといいですね。

フォトウェディングの小物選びの注意点2:持ち込み可能か、制限はあるか

撮影を依頼する写真館のプランでは、衣装や小物の持ち込みに制限がある場合もあります。
例えば持ち込み料が発生する場合もあるので、事前にどのような小物を使いたいかを相談して、料金が発生する場合は金額も確認しておきましょう。
写真館にも小物の用意はあるので、気に入ったものがあれば利用できます。

フォトウェディングの小物選びの注意点3:購入・手作りならいつから準備が必要か

小物を購入する場合、オーダーメイドや受注販売のもの、配送のものは撮影日に間に合うか確認が必要です。
また、手作りする場合は制作期間はどれくらいかかるのか、撮影日から逆算して予定を立てましょう。
一度で上手にできるかわからない物は、事前にサンプルを作ってみるなど、撮影に間に合うよう計画的に進めたいですね。

フォトウェディングの小物選びの注意点4:ふたりの意見をまとめる

フォトウェディングは、新郎新婦それぞれがどんな写真にしたいかのイメージを固めておくとスムーズに進みます。
まずは雑誌やWebなどを見て二人の理想の写真を探してみましょう。
そこから、どんな小物が必要なのかピックアップして準備を進めると良いですね。

小物・ポーズのふたりのイメージを伝える「指示書」

撮影を依頼する写真館での打ち合わせに、二人の撮りたい写真のイメージを伝える指示書を用意するのもおすすめです。
指示書には、雑誌やWebで見つけた理想の写真を貼ったり、必要な小物や撮影場所、ポーズなどをなるべく具体的に書き込むことが素敵な写真に仕上げるポイントです。

【洋装】フォトウェディングにおすすめの小物アイテム

洋装のフォトウェディングにおすすめなのはどんな小物でしょうか?
それぞれどんなシーンに合うか、手作りが可能かなど、詳しくご紹介します。

洋装におすすめのおしゃれ小物1:赤い糸

引用元:okinawa-wedding
赤い糸で結ばれた運命の二人を表現するこのアイテム。青い空や海にも映える可愛らしい写真に仕上がります。
このアイテムは全て100円ショップで購入できる材料で作ることができます。
手芸用の赤い紐に針金を通して好きな文字や形に曲げて行くだけ!
あらかじめ、紙にマジックで作りたい形や文字を描き、それに沿って作っていくといいですよ。

洋装におすすめのおしゃれ小物2:ガーランド

引用元:photorait
ガーランドとは、三角や四角、丸などの形の紙をリボンで繋いだ飾り付けのことです。
もともとインテリアとして、壁を装飾するものでしたが、最近ではフォトウェディングのアイテムとして人気となっています。
mikiseabo」などで無料素材をダウンロードすることができ、印刷してハサミでカットし、リボンでつなぐだけで簡単におしゃれなガーランドが作れます。
100円ショップで好きな柄の包装紙や千代紙を購入して作ることもできます。「HAPPY WEDDING」「JUST MARRIED」などメッセージが入ったものもおすすめです。

洋装におすすめのおしゃれ小物3:フォトフレーム(額縁)

引用元:okinawa-wedding
フォトフレームや額縁もフォトウェディングの人気アイテムです。
二人でフレームを持って撮影したり、額縁を手前に配置して遠近法でその中に二人の姿が収まるように撮影するのも素敵ですね。
小さめのフォトフレームなら100円ショップで購入できますし、大きいものでも300円~500円ほどで用意できます。
自分たちで好きな色にリメイクするのもおすすめです。
重厚感のあるアンティーク調のものは、インテリアショップやリサイクルショップ、美術用品店などで購入できます。

洋装におすすめのおしゃれ小物4:糸電話

引用元:photorait
子供の頃、一度は作ったことのある糸電話がフォトウェディングでもとっても可愛い撮影アイテムになります。
こちらの材料も100円ショップで用意できる紙コップと毛糸のみ。コップに穴を開けて紐を通すだけで簡単に手作りできます。
紐の部分に文字や飾りをつけて、糸電話ガーランドにするのもおすすめです。
実際に声が聞こえるので、子供に戻って内緒話をしながら楽しく撮影できそうですね。

洋装におすすめのおしゃれ小物5:イニシャルオブジェ

引用元:marry
二人のイニシャルのオブジェを並べて撮る写真もフォトウェディングで人気です。
イニシャルブロックは100円ショップやインテリアショップ、雑貨屋で購入することができ、それにリボンやラインストーンなどで装飾を加えるのも素敵です。
撮影後はそのままインテリアとしてお部屋に飾っても可愛いですよね!

洋装におすすめのおしゃれ小物6:黒板ボード

引用元:cebu-photowedding
二人の名前やメッセージを書いて撮影できる黒板ボードもおすすめです。
黒板は何度でも書き直せるので撮影中のいろいろなシーンで使うことができます。
撮影後もお部屋に飾ることもできますね。黒板ボードは小さめのものであれば100円ショップでも購入できます。
大きめのサイズはネットショップで700円~購入することができますよ。

洋装におすすめのおしゃれ小物7:フォトプロップス

引用元:okinawa-wedding
フォトプロップスとは、棒の先にいろいろな文字や形の飾りがついたアイテムで、手に持って撮影するととってもおしゃれでトレンド感のある写真に仕上がります。
ネットショップなどでフォトプロップスのセットも購入できますが、100円ショップにある材料で手作りもできます。
柄付きのストロー、厚紙にネットで好きな無料素材を印刷して貼り付けるだけなのでとても簡単ですよ。

洋装におすすめのおしゃれ小物8:風船

引用元:結婚式準備.com
風船は、手軽に可愛くておしゃれな写真に仕上がる小物としてフォトウェディングでは定番のアイテムとなっています。
スタジオ撮影でも、ロケーション撮影でもいろいろなシーンで使えます。
ふわふわ浮くようにするには、ヘリウムガスを入れて膨らませます。
自分で用意する時は、ヘリウムガスを入れられる家庭用のガスボンベを使いましょう。
風船は100円ショップでもパステルカラーやハート型のおしゃれなものも購入できます。
もちろんバルーンショップに依頼することもできます。

洋装におすすめのおしゃれ小物9:シャボン玉

引用元:pinterest
シャボン玉は屋外の撮影にぴったりで、ファンタジックで可愛らしい雰囲気の写真に仕上がります。
撮影スタッフに吹いてもらってもいいですし、二人で吹いているシーンを撮影するのも素敵です。
100円ショップや雑貨屋で手軽に用意することができます。

洋装におすすめのおしゃれ小物10:ウェルカムドール

引用元:weddingnews
ウェルカムドールは、結婚式や披露宴を行う場合受付に飾るぬいぐるみです。
お気に入りのキャラクターや、テディベアなど好きなものでOK!
新郎新婦とお揃いの衣装が作れるぬいぐるみ衣装の専門店もあります。

洋装におすすめのおしゃれ小物11:ブーケ

引用元:photorait
ウェディングの撮影には欠かせない小物といえばブーケです。
衣装に合わせてフラワーショップで注文することもできますが、好きな色の造花、レースやリボン、フラワーテープなど100円ショップで買える材料でオリジナルのブーケを作ることもできます。
造花のブーケは撮影後にもインテリアとして飾ることもできて思い出に残ります。

【和装】フォトウェディングにおすすめの小物アイテム

次に和装でのフォトウェディングにおすすめの小物をご紹介します。
和装ならではの日本の伝統的なアイテムで素敵な写真に仕上げましょう!

和装におすすめの人気のアイテム1:和傘(番傘)

引用元:pinterest
和傘は和装のロケーションフォトでは定番のアイテムです。
カラフルな色彩が日本庭園の緑によく映え、情緒豊かな写真に仕上がります。
和傘はレンタルショップで1000円~8000円ほどで借りることができます。
購入する場合は和装専門店やネットショップで3000円~10000円ほどで購入できます。

和装におすすめの人気のアイテム2:紙風船

引用元:pinterest
日本の伝統的な遊び道具紙風船は和の雰囲気を引き立ててくれるアイテムとして和装の撮影に用いられます。
100円ショップや駄菓子屋さんでも購入でき、簡単に膨らませることができるので、畳の部屋にたくさん飾るのも可愛いですね。

和装におすすめの人気のアイテム3:習字

引用元:the-sky-wedding
自分たちで書いた習字を使うのも素敵なアイディアですね。
二人の名前や、入籍した日付け、「夫」「妻」、二人の決意や好きな言葉などがおすすめです。
毛筆を習い事でしていた方などは、撮影までに自分で書いておくとオリジナリティ溢れる写真に仕上がります。

和装におすすめの人気のアイテム4:御守り

引用元:marry
夫婦守りや家内安全のお守り、二人にゆかりのある神社などのお守りを撮影に取り入れるのも素敵ですね。
ロケーションフォトで神社を訪れ、その場所で記念にお守りを購入するというのも良い思い出になります。

和装におすすめの人気のアイテム5:扇子

引用元:felicita
扇子も和装の撮影では良く用いられるアイテムです。
和柄の扇子を普通に使うもの良いですが、最近人気なのが扇子を自分でデコレーションした扇子プロップスや扇子ブーケです。
こちらも元になる扇子、造花、リボン、水引など100円ショップにある材料で手作りすることができます。
「愛」や「夫」「妻」「寿」などの漢字を入れるのも良いですね。

和装におすすめの人気のアイテム6:折り紙

引用元:オトナのウェディングフォト
日本の伝統的な遊びとして親しまれてきた折り紙は和装のウェディングフォトにぴったりです。
美しい柄の千代紙で折った鶴や花の折り紙を散りばめればそれだけで華やかで可愛らしい雰囲気になります。

和装におすすめの人気のアイテム7:お面

引用元:みんなのウェディング
他の人とは一味違う、個性的な写真にしたいという方におすすめの小物は、お面です。
キツネやおかめさん、ひょっとこなどの日本で昔からあるお面を使った撮影は、面白いけどどこかおしゃれでアーティスティックな雰囲気の写真に仕上がります。
お面はネットショップなら1000~3000円ほどで購入できます。

【思い出】フォトウェディングにおすすめの小物アイテム

二人の思い出の品をフォトウェディングの小物として使うこともできます。
二人だけのオリジナリティー溢れる写真になりそうですね。おすすめのアイテムをご紹介します。

ふたりの思い出を残す小物アイテム1:ふたりの思い出の品

引用元:BRIDAL PHOTO WORKS
おしゃれ好きの二人ならお揃いのネックレス、時計などのファッションアイテム、同じ部活で出会った二人ならラケットやユニフォーム・楽器など、二人の思い出の品を撮影に使うのも素敵です。
二人にしかできない特別なフォトウェディングになりますね。

ふたりの思い出を残す小物アイテム2:婚約指輪・結婚指輪

引用元:photorait
フォトウェディングでは、婚約指輪や結婚指輪も撮影しておきたいですね。
チャペルで指輪の交換シーンを撮ったり、指輪をしている二人の手元を撮影するのも良いですね。
指輪を飾るリングピローを手作りするのもおすすめです。

ふたりの思い出を残す小物アイテム3:共通の趣味のアイテム

引用元:enchante
ライブ好きの二人ならアーティストのグッズやTシャツ、サッカーやサーフィンなどのスポーツのウェアや道具、楽器や好きなアニメ・映画のポスターなど、二人の共通の趣味のアイテムを撮影で使うのもおすすめです。
楽しくてバラエティ豊かな写真に仕上がりますよ。

ふたりの思い出を残す小物アイテム4:ふたりの写真

引用元:marry
二人の子供の頃の写真や、結婚前の思い出の写真と一緒に撮影するのも素敵なアイディアですね。
小さな頃の写真は二人のご両親が見ても嬉しくなりそうです。
おしゃれなフレームに入れたり、写真を貼り合わせてコラージュ作品を作ったりいろいろな工夫ができます。

ふたりの思い出を残す小物アイテム5:マタニティ花嫁ならエコー写真

引用元:ANOTHER BRIDAL
マタニティの花嫁さんなら、お腹の赤ちゃんのエコー写真と一緒に撮影するのも良いですね。
お腹の前にエコー写真を添えたり、検診ごとのエコー写真をガーランドのように繋いで飾るのもおすすめです。

小物だけじゃない、工夫したポーズで素敵なフォトウェディングに

ここまでフォトウェディングを演出する小物をご紹介してきましたが、さらに素敵な写真にするためにはポーズも大切です。
二人が撮影したい小物を使ったウェディング写真をWebで検索するなどして、自分たちの理想に近いポーズのイメージを固めていきましょう。
どんな小物を使うかによってもいろいろなポーズのアイディアがあるので、撮影当日までにしっかりと吟味してくださいね!

フォトウェディングの小物まとめ

いかがでしたでしょうか?
フォトウェディングに自分たちらしい小物を用意しておくことで、写真の仕上がりは格段にアップします。
使いたいアイテムによってレンタル品や購入品、手作りのものをバランスよく取り入れるとオリジナリティ溢れる写真になりますよ。
是非今回の内容を参考にしてみてくださいね!思い出に残る素敵なフォトウェディングになることを願っています。

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました