7歳の七五三写真メイク!お子さんも満足のメイク方法やアイテム選び

はじめに

7歳の女の子にとって、七五三写真は2回目。3歳の頃に比べると身長もかなり伸び、できることもたくさん増えてきましたよね。
きらびやかな衣装を着て行う七五三写真の撮影に興味津々になるお子さんも7歳の七五三では多くなります。
そんな7歳の七五三写真の撮影で、お子さんのメイクはどうしようかと悩んでいるお母さん、お父さんもいるかと思います。
そこで今回は、衣装に合わせてメイクをした方が良いのかやメイクをする上での注意点やポイントを詳しくご紹介していきます。

7歳の七五三写真メイクはしないといけないの?

七五三写真のメイクは絶対にしなくてはならないものではありませんが、7歳女の子の七五三ではメイクすることが一般的です。
3歳の時より成長してお顔つきが大人っぽくなっているので、それに合わせた衣装・髪型・お化粧にすることが多いです。
ただし、メイクすることが難しい状況もあるので、まずは以下の2点を確認してからメイクするかどうか決めるようにしてください。

7肌荒れしないかどうか

お子さんのお肌が弱く、過去にメイクで肌荒れしてしまったことなどがあるなら無理に七五三写真メイクをしない方が良いです。
その場合、お顔全体をメイクするのではなく、できるパーツのみメイクしてもOKです。お子さんの肌の状態に合わせて、判断してあげてください。

お子さんの希望はどうか

7歳の女の子は自我が芽生えていて、3歳の頃に比べて好みもはっきりしてきています。お母さんお父さんだけで決めてしまわずに、お子さん本人にメイクしたいかどうか意思確認をしておくことがおすすめです。
ママさんのお化粧などを見て、メイクに興味を持っている子も多いです。
お子さんの中には照れてしまって答えられない子もいるので、日々の様子を見ながらメイクに興味があるのか、嫌がるのか見極めることが重要です。

7歳の七五三写真メイクの注意点

7歳の女の子は、成長してきたといってもまだまだ幼く、一方で自我が芽生えているタイミングだからこそ、七五三写真のメイクにおいて気をつけた方が良い注意点があります。
七五三写真の撮影中も撮影後もお子さんや家族皆さんが楽しい時間を過ごせるよう、お子さんのお肌や好みを気にかけてあげてくださいね。

注意点1:低刺激タイプのアイテムを使用する

7歳の女の子は普段お化粧する機会が少なく、急に刺激を与えると肌荒れを起こしてしまうことがあります。また、七五三写真の撮影は長時間にわたるのでお子さんのお肌にはダメージです。
せっかくのおめでたい日に肌が荒れてしまってはかわいそうなので、子ども用の化粧品やオーガニック系や低刺激タイプの化粧品を使うことがおすすめです。

注意点2:お子さんの好みも重視する

7歳ともなると、特に女の子は色や雰囲気の好き嫌いなど好みがはっきりとしてくる年頃です。お母さんお父さんだけで決めて、お子さん本人が納得していなかったり、好きな色ではなかったりすると不機嫌になってしまい、ぶすっとした表情のまま七五三写真の撮影にのぞむなんてことも。
好みを直接聞いてもまだよくわからないというお子さんも多いので、見本写真やカタログなどを一緒に見ながら選んだり、好みの傾向を把握したりしておくと良いです。

注意点3:化粧はしっかりと落とす

化粧品がお肌についたままの状態はダメージとなり肌荒れの原因になります。大人でも同じですが、もともと肌の弱い子どもはよりダメージが大きくなります。
長時間メイクをしっぱなしの状態は避けてあげた方が安心ですので、低刺激のメイク落としを使用して、大人がしっかりと落としてあげましょう。

パーツ別!七五三写真メイクのアイテム選びとメイク手順

華やかな七五三写真にぴったりの7歳の七五三メイクについて、パーツ別にアイテムの選び方やメイク方法を詳しく解説していきます。
ご家族でお子さんのメイクをしてあげる際に、参考にしてくださいね。

七五三写真に適した7歳向けベースメイク

7歳の女の子のお肌は、何もしなくてもすべすべな素肌です。そのため、ベースメイクはマストではありません。透明感をより高めたい場合などに使うと良いです。

7歳の七五三向けベースメイクアイテムの選び方

もともと7歳女の子のお肌は、シミなどもなくすべすべなためカバー力の高いファンデーションを使うと重たくなりすぎてしまいます。
さらっとした仕上がりになるフェイスパウダーを選ぶことがおすすめです。

七五三写真メイクのベースメイク方法

薄付きになるように、フェイスパウダーをパフなどに取った後、一度ティッシュやママの手にポンポンと余分なパウダーを落としてから、お子さんの顔全体にのせるようにしてください。軽くて明るい印象の仕上がりになります。

七五三写真に適した7歳向けアイメイク

7歳女の子の七五三メイクでは、アイメイクをすると着物やドレスと相まって、一気に大人びた雰囲気になります。
一方で、濃すぎる色のアイメイクでは派手な印象や怖い印象になってしまうので、注意が必要です。

7歳の七五三向けアイメイクアイテムの選び方

七五三写真のメイクでは、着物やドレスと同じ色味のアイシャドウを選ぶことがおすすめです。衣装とアイメイクの色味を同系色にすることで、自然な一体感を演出できます。
また、日本人の肌の色に馴染みやすいブラウン系やベージュ系のアイシャドウも、どんな衣装にも合いやすく、大人っぽい落ち着いた印象となるのでおすすめです。
ラメ入りのアイシャドウなら目元がキラキラと明るくなり、顔色がパッと明るくなります。

七五三写真メイクのアイメイク方法

七五三写真のアイメイクでは、まずアイライナーを細めに引きます。アイラインが太いと派手で不自然に見えるので、細く引くようにすると良いです。目尻中心に引くだけでも目がぱちっと大きく見えますよ。
アイラインが引けたら、アイシャドウをふんわりのせていきます。赤系やピンク系などのはっきりとした色味のアイシャドウを使う時は、目尻のみにワンポイントとしてのせると可愛らしい印象になります。
最後に、軽くビューラーをしてマスカラをつけていきます。ビューラーは苦手なお子さんには使わなくても問題ありません。

七五三写真に適した7歳向けアイブロウメイク

7歳になると女の子でも、お子さんによっては眉毛がしっかり生えてきています。七五三写真の撮影では、少し眉毛を整えておくとキレイな写真写りとなるので、大人用の眉ハサミで良いので、余分な眉毛はカットして形をさっと整えてあげておくと良いです。

7歳の七五三向けアイブロウメイクアイテムの選び方

7歳の女の子にはパウダータイプのアイブロウがおすすめ。色味については、黒髪に合いやすいダークブラウンが最もおすすめですが、髪色の明るいお子さんや眉毛がしっかりと生えているお子さんには、少し明るめのブラウン系が合います。

七五三写真メイクのアイブロウメイク方法

基本的には、アイブロウパウダーをふわっと眉毛にのせる程度でOKです。眉毛が生えそろっていないところや薄いところがある場合には、アイブロウパウダーの前にアイブロウペンシルで、1本1本描き足しておいて、最後に全体をぼかしてあげると良いです。
ふんわり自然体な眉毛にすることで、七五三写真にぴったりなきちんと感がありつつ子供らしさもある仕上がりになります。

七五三写真に適した7歳向けリップメイク

顔立ちがはっきりし、華やかさがグッとあがるリップメイク。特に七五三写真の撮影で着物を着る場合には、上品で大人っぽい仕上がりになるリップはマストアイテムです。

7歳の七五三向けリップメイクアイテムの選び方

リップは、衣装の色に合わせて赤やピンク、オレンジ系のしっかり色付くリップを選びましょう。お子さんによっては、好きな色がはっきり出てきている年頃なので、お子さんと一緒に選んでもいいですね。
イメージとしては、赤系のリップは鮮やかな衣装や大人っぽい印象、ピンク系やオレンジ系のリップは可愛らしい衣装やナチュラルな印象に合いますよ。
また、ボルドーなどの暗めの色味は、メイクの中で唇だけ不自然に浮いてしまいがちなので、避けた方が良いです。

七五三写真メイクのリップメイク方法

まだ7歳の女の子の唇は大人に比べると小さいので、はみ出さずにキレイな仕上がりになるよう、リップブラシなどにリップを取って、うっすら縁取りをしてから塗っていきます。
塗り終わったら、ティッシュオフして余分な油分を落としておくことで、ムラになったりテカったりしにくくなりますし、化粧崩れもしにくくなりますよ。

七五三写真に適した7歳向けチークメイク

顔色をパッと明るくしてくれ、立体感も演出してくれるチークメイク。ライトを当てて行われることが多い七五三写真の撮影では、チークメイクがないとぼやっとした印象になりがちです。

7歳の七五三向けチークメイクアイテムの選び方

チークメイクアイテムを選ぶときは、リップの色味と同系色のものを選ぶといいでしょう。リップとチークの色が違うとちぐはぐな印象になってしまうので、同系色で統一感を出すことがおすすめです。
また、パウダータイプのチークの方が、濃くなりすぎず、ナチュラルで子供らしい仕上がりになります。

七五三写真メイクのチークメイク方法

チークをパフにとって、頬の笑うと高くなる場所に置いて、こめかみに向かってうっすらと伸ばします。形としては、まん丸よりも楕円形を意識すると良いです。
チークが濃すぎると、厚化粧で野暮ったく見えるので、重ね塗りは何度も何度もしないようにしてくださいね。

大切な我が子の七五三写真のメイクに自信がないなら写真館で

お子さんにとってもメイクの機会はあまりなかったと思いますが、ママさんにとってもお子さんをメイクする機会はなかったので、上手く七五三写真のメイクをしてあげられるのか不安になりますよね。
大切な日だからこそ、失敗したくないという方には、写真スタジオでプロのメイクさんにお子さんのメイクをしてもらうのがおすすめ
中でもヘアメイク付きのプランにすれば、プロの手でお子さんの髪型やメイクを可愛く仕上げてもらえます。
たくさんのお子さんにメイクをした経験があるプロのメイクさんによって、衣装や七五三写真に合うメイクをしてもらえるので、安心してお任せすることができます。

7歳女の子の七五三写真メイクまとめ

今回は、7歳の女の子の七五三写真メイクについてご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?
7歳の七五三は、お子さんにとって最後の七五三であり、記憶にも残りやすいです。ステキなメイクをしてお姫様気分を楽しませてあげたいですよね。
笑顔いっぱいの可愛らしい七五三写真が撮影できることを願っています。

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました