ヒゲは生えていてOK?運転免許証の写真の規格と照らし合わせて解説

はじめに

  • 「運転免許証の写真ってヒゲが生えていても良いの?」
  • 「証明写真だし剃っといた方が良いかな…」

今回の記事では上記のような疑問をお持ちの方に向けて、実際の規定はどうなっているのかを含めて解説していきます。
初めて免許の写真を撮影する場合や、近々免許更新のタイミングが近づいているという方は、今回の記事の内容を参考に当日の身だしなみを考えてもらえたらと思います。

運転免許証写真は持ち込みができるって本当?

運転免許証は公的に身分を証明するために利用されるため、国から写真の内容に関する規定がいくつか定められています。
下記に代表的な運転免許証写真の規定をいくつか挙げます。

  • ■縦3cm×横2.4cmのサイズであること
  • ■カラー写真であること
  • ■申請前6ヶ月以内の撮影写真であること
  • ■目が隠れていない写真であること

などなど、運転免許証の写真には規定がしっかりと定められています
運転免許証の写真は免許交付時にあわせて撮影するイメージが強いかと思いますが、実は持ち込みの写真でも受け付けてもらうことができます。
当然、写真の規定に沿った写真である必要はありますが、必ずしも運転免許場で撮影した写真で無ければいけないという規則はありません。

運転免許証写真でヒゲはOK?

運転免許証の写真においてヒゲがOKかという部分ですが、結論からお伝えすると生えていても問題はありません
しかし、運転免許証写真は一定期間利用し続けるものである点は踏まえておいてください。
仮に運転免許証写真の撮影後にヒゲを剃ってしまった場合には、免許証を一瞬見ただけでは本人かどうかを判断できない場合もあります。
確認に時間がかかってしまう写真では、身分証明の役割を果たす免許証として少し不便かもしれません。

運転免許証写真でヒゲが生えていてもOKなわけ

運転免許証の写真でヒゲがOKとなる理由ですが、髪型やヒゲは時間の経過とともに変化していくものであり、本人かどうかを確認するという観点ではそこまで重要視されていないためです。
一方で目・鼻や口の位置など、普遍的に本人であることを証明する顔の部位に重きが置かれています。

ヒゲの運転免許証で気をつけること

先ほどはヒゲの写真でもOKという内容をお伝えしましたが、全ての条件化においてヒゲが許されるわけではありません
ヒゲが生えている状態で運転免許証写真撮影の際に気をつけるべきポイントを確認しておきましょう。

【1】ヒゲの毛量・面積

ヒゲの毛量や面積によっては運転免許証写真として成立しない可能性があります。
運転免許証の写真においては、顔の各部位と輪郭がはっきりしていることが前提条件となります。
ヒゲの毛量が多過ぎて、顔の輪郭がわからないくらい隠してしまっている場合にはNGになってしまうかもしれません。
また、特殊なデザインなどでヒゲが顔のパーツを隠している場合も同様に運転免許証写真として認められない場合があります。

【2】清潔感

また、仮にヒゲが生えている状態で運転免許証写真を撮影する場合にも、見た目のデザインやお手入れには気を配って置くことをおすすめします。
何年にもわたって使用する写真であり、日常的な利用シーンも多いため他人に見られることも想定して、後から恥ずかしい写真であると後悔しないようにだけはしておきましょう。
ヒゲは生えている状態でも清潔感という点は大切にしておいてください。

運転免許証はヒゲなしにしたい!ヒゲが濃い人必見、対処法3つ

運転免許証の写真はヒゲなしでいきたいけれど、体質的にヒゲが濃いという方向けに対処法をいくつかご紹介します。
それぞれの方法を駆使して、ヒゲのない清潔感のある写真に仕上げてください。

【1】撮影の直前にヒゲを剃るべし

運転免許証写真を撮影する当日の朝にヒゲをしっかり剃っておくという対応がまずは堅実です。
注意していただきたい点として、つい気合いが入り過ぎてしまい流血するほどにヒゲを剃ってしまわないようにしてください。
カミソリではなく、電気シェーバーを使えば安全かつしっかりとヒゲを剃ることが可能です。

【2】メイクでヒゲを隠すべし

しっかりとヒゲを剃った上で、青髭など気になる部分が残る場合にはメイクで目立たなくする方法があります。
コンシーラーやファンデーションを利用すれば、大きく見た目を改善することができます。

【3】レタッチでヒゲを消すべし

髭剃り&メイクでも隠しきれない気になる部分がある場合には、レタッチ(写真の編集)で調整するという手段もあります
しかしやり過ぎてしまうと身分証明写真の定義から逸脱してしまうため、気持ち隠す程度にレタッチを施すようにしてください。

運転免許証写真の撮影ならフォトスタジオがおすすめ

安心して納得のいく運転免許証写真を撮影したいという方は、フォトスタジオを利用することをおすすめします。
今回の記事でお伝えしてきた通り、運転免許証の写真には必要とされる規定がいくつも存在します。
個人で撮影しても顔の向きや、サイズが上手くいかなかったりと、失敗が増えてしまいます。
フォトスタジオの場合には、写真のプロたちが在籍しているため規定通りの写真が撮影できることはもちろんのこと、プロのメイクさんや美容室などと提携しているケースが多いため、写真のクオリティは確実に保証されます
また、スピード写真とは異なり、撮影した写真を随時確認しながら進めることができるので自分の納得のいく写真になるまで撮影を行うことができます。
長い期間にわたって使用する写真だからこそ、自分で気に入った写真にしたいという方はフォトスタジオで撮影する形が間違いないでしょう。

【まとめ】運転免許証写真におけるヒゲ

いかがでしたでしょうか。
運転免許証写真におけるヒゲの有り無しについて理解が深まったかと思います。
ヒゲがあっても運転免許証写真としては成立しますので、自分の好みに応じて撮影写真を決めていただければと思います。
ただし、いくつNG写真の規定があるため、その点にはお気をつけください。
規定通りであり、かつ自分の納得のいく写真を撮影できる形が一番理想的ですね。
今回の記事が参考になったのであれば、とても嬉しく思います。
最後までお読みいただき、ありがとうございました!

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました