アイコン:目次目次

もくじをタップするとページ内を移動します

ポニーテールで大学受験写真を撮影してもいい?セットの注意点を解説

本サイトはプロモーションを含む場合があります。
ポニーテールで大学受験写真を撮影してもいい?セットの注意点を解説

はじめに

志望校の合格を勝ち取るために日々受験勉強に励んでいる皆さん。 大学受験写真を撮影する時に、どんな髪型にしたら良いのか悩んでいる方も多いのではないでしょうか?特に女性の場合、ポニーテールにする方が多いのですが、ポニーテールも長さや触覚などで印象が変わってしまうため迷いますよね。
そこで今回は、 「大学受験写真ではどんな髪型が理想的なの?」 「ポニーテールに撮影する場合はどんなことに気をつけたら良いの?」 「触覚を出すポニーテールで大学受験写真を撮影しても良いの?」 という受験生の疑問を解説します。
こちらの記事では、
  • 大学受験写真における理想的な髪型の仕上がり
  • 大学受験写真でポニーテールに適した髪の長さ
  • 大学受験写真におけるポニーテールのセットの注意点
  • 大学受験写真のポニーテールにおすすめのセットアイテム
  • 大学受験写真でポニーテールをする際は触覚を出していいか
  • 大学受験写真における服装のポイント
などを順番に解説していきますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

大学受験写真における理想的な髪型の仕上がりは?

ポニーテールで大学受験写真を撮影してもいい?セットの注意点を解説1
大学受験写真における理想的な髪型の仕上がりは、表情が見えて清潔感のある髪型です。 大学受験で使用する証明写真は、試験当日に本人確認のために使われるため、
  • ・前髪が目にかからないようにする
  • ・サイドの髪で顔の輪郭が隠れないようにする
  • ・首周りがすっきりするようバックの髪をまとめておく
など、顔の輪郭がはっきりするような髪型に仕上げましょう。 また、大学受験写真はその学校の生徒としてふさわしい人物かを見極める選考材料になる場合も多く、清潔感のある印象も大切です。癖毛や後れ毛などがあると例え少しのことでもマイナス印象に繋がりやすいため、撮影する前に直しておきましょう。

大学受験写真でポニーテールに適した髪の長さは?

ポニーテールで大学受験写真を撮影してもいい?セットの注意点を解説2
大学受験写真でポニーテールをする際は、肩につく長さの髪の毛が理想的です。 髪が短い状態でポニーテールをした場合、
  • ・髪を結ぶ時に短い髪がたくさん残る
  • ・髪が軽くなる分だけアホ毛や後れ毛が多くなる
  • ・ゴムでまとめた髪でも癖がつきやすくなる
などのトラブルが起こりやすくなってしまいます。 肩につくくらいの長さでポニーテールにすれば、ほとんどの髪がゴムでまとめられてアホ毛や後れ毛が目立ちません。髪に適度な重さがあるため癖もつきにくく、仮に癖が気になる部分があっても直しやすいです。そのため、大学受験写真をポニーテールで撮影する予定の受験生は髪を伸ばしておきましょう。

大学受験写真におけるポニーテールのセットの注意点

ポニーテールで大学受験写真を撮影してもいい?セットの注意点を解説3
ポニーテールで大学受験写真を撮影する際は、どのようにセットをすれば良いのでしょうか?実は注意点がいくつかあります。大学受験写真におけるポニーテールのセットの注意点について、以下で順番に解説していきます。

その1:高すぎる位置で結ばないようにする

大学受験写真を撮影する時のポニーテールは、高すぎる位置で結ばないように注意しましょう。正面から撮影した際に髪が見えてしまうほど高い位置のポニーテールは、カジュアルな印象になってしまいます。そのため、真面目さが求められる大学受験写真では、カジュアルな雰囲気の髪型はふさわしくありません。 耳よりも低い位置を意識して結ぶようにすると、落ち着いた雰囲気で好印象の大学受験写真になります。

その2:後れ毛が落ちてこないようにする

大学受験写真におけるポニーテールのセットでは、後れ毛が落ちてこないようにすることも大切です。髪を高い位置で結んでしまうと結びきれなかった髪が発生したり、後れ毛が落ちてきやすくなったりします。清潔感のある印象に仕上げるためにも、後れ毛が落ちてこないよう髪を下の方で結ぶのがおすすめです。

その3:髪の毛にクセがある場合は事前にストレートにしておく

ポニーテールで大学受験写真を撮影する場合、髪の毛にクセがある場合は事前にストレートにしておきましょう。 確かに髪をまとめれば癖毛がごまかしやすいのですが、癖毛のままポニーテールをしてしまうとボリューム感が出やすくなります。正面から撮影した際に、顔周りに余分な髪の毛が写り込んでしまうことがあるため注意が必要です。 撮影する前に髪の毛の癖をストレートにしておくと、顔周りがはっきりとして好印象の大学受験写真になります。

その4:アホ毛がないようにスタイリング剤でまとめる

大学受験写真におけるポニーテールのセットでは、アホ毛がないようにスタイリング剤でまとめることも大切です。 ぱっと見で全体的にアホ毛がないように見えても、1本だけ髪が浮いている場合もよくあります。「少しくらい大丈夫。」と思ってしまいそうですが、写真を見た時に意外と視線が行きやすいところです。ちょっとしたアホ毛も見逃さないよう念入りにチェックして、アホ毛を見つけたらスタイリング剤できちんとまとめておきましょう。

大学受験写真のポニーテールにおすすめのセットアイテム

ポニーテールで大学受験写真を撮影してもいい?セットの注意点を解説4
大学受験写真におけるポニーテールのセットの注意点はたくさんありますが、好印象の写真に仕上げるためにも1つ1つ気をつけていきたいですね。 そこで大学受験写真のポニーテールのセットアイテムとして、
  • ワックス
  • ヘアスプレー
  • 黒や茶色のアメピン
などを上手に活用することをおすすめします。 上記の大学受験写真のポニーテールにおすすめのセットアイテムを順番に解説しますので、髪のセットに自信がない方もぜひ参考にしてみてくださいね。

ポニーテールにおすすめのセットアイテム:ワックス

大学受験写真のポニーテールにおすすめのセットアイテムには、まずワックスがあります。 付けすぎてガッチリ固めている感を出すのも良くないのですが、まとまらない癖毛や後れ毛を整えるための身だしなみとして使うくらいで十分です。 鏡で髪全体をチェックした時に、
  • ・髪の輪郭からはみ出している髪
  • ・顔の輪郭や耳にかかっている髪
  • ・首周りに出ている髪
などがありませんか? 上記のような髪を発見したらワックスを馴染ませて、髪の輪郭に収まるようにセットしてきましょう。

ポニーテールにおすすめのセットアイテム:ヘアスプレー

大学受験写真のポニーテールにおすすめのセットアイテムには、ヘアスプレーもあります。 ヘアスプレーもワックスと同じように、たっぷり付けてガッチリ固めるのはあまりおすすめしません。 髪の輪郭からはみ出している髪や顔の一部にかかっている髪など、まとまらない癖毛や後れ毛をさっと吹きかけてセットしましょう。ワックスは直接手にとって使用するので手が汚れてしまいますが、ヘアスプレーは吹きかけるだけで良いため撮影直前のセットにも便利です。

ポニーテールにおすすめのセットアイテム:黒や茶色のアメピン

ポニーテールで大学受験写真を撮影するなら、黒や茶色のアメピンもおすすめのセットアイテムです。 真面目な印象が重視される大学受験写真ではカラフルなアメピンはNGで、黒や茶色など落ち着いた色のアメピンを使用しましょう。癖毛や後れ毛はワックスやヘアスプレーで頑張ってセットしても、なかなかまとまらなかったり、時間とともに崩れてしまったりすることもよくあります。大学受験写真を撮影する前に黒や茶色のアメピンで固定してしまうと、髪全体が綺麗にまとまりやすいです。 特にゴムで結びきれなかった髪や癖毛、後れ毛などは必要に応じてアメピンで固定することをおすすめします。

大学受験写真でポニーテールをする際は触覚を出していい?

ポニーテールで大学受験写真を撮影してもいい?セットの注意点を解説5
大学受験写真でポニーテールをする際は、触覚は出さないようにしましょう。 触覚を出した方がフェイスラインが引き締まって小顔に見える効果があり人気です。 しかし本人確認を目的とした大学受験写真では、顔周りに髪の毛があると顔がはっきりと見えないため適していません。清潔感のあって真面目な印象が感じられる証明写真にするためにも、触覚を出さずに全ての髪を後ろでまとめるヘアスタイルがおすすめです。

大学受験写真では髪型だけでなく「服装」にもこだわろう

ポニーテールで大学受験写真を撮影してもいい?セットの注意点を解説6
大学受験写真では、髪型だけでなく服装にもこだわって撮影することをおすすめします。大学受験写真にふさわしい服装は以下の通りです。
  • ・高校の制服
  • ・フォーマルな私服
  • ・スーツ
大学受験写真では、指定がない限り上記の服装から自由に選んで問題ありません。ただし、大学受験写真がそのまま学生証になる場合制服での撮影が不可とされる場合があるので事前に確認をしておきましょう。 私服を着用する場合は、白の襟付きシャツやブラウスの上に、黒などの落ち着いた色味のジャケットを羽織るのがおすすめです。大学受験といったシーンに合うようなフォーマルな印象を大切に服装を選びましょう。

まとめ

今回の記事では、
  • 大学受験写真における理想的な髪型の仕上がり
  • 大学受験写真でポニーテールに適した髪の長さ
  • 大学受験写真におけるポニーテールのセットの注意点
  • 大学受験写真のポニーテールにおすすめのセットアイテム
  • 大学受験写真でポニーテールをする際は触覚を出していいか
  • 大学受験写真における服装のポイント
を紹介しました。
大学受験写真では試験当日の本人確認はもちろん、大学によっては学校にふさわしい生徒かどうかを見極める重要な選考材料になる場合があります。 お洒落感を出すよりも社会人らしく清潔感のある証明写真の方が、学校の先生に良い印象を持ってもらえる可能性が高いです。 顔全体がはっきりと見える理想的なポニーテールで、他の受験生と差を付けられる大学受験写真を撮影しましょう。
トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました