就活写真は歯を見せるのか|笑顔?真顔?意外に難しい証明写真の表情作り

はじめに

これから就活写真を準備するという方の中には、空き時間で手軽に撮影できるスマホ撮影やスピード写真機の利用を考えている方もいることでしょう。
あなたの第一印象を決定付ける就活写真は、身だしなみだけでなく姿勢や表情など、細かい部分にも気を配る必要があります。

特に、就活写真では基本的に歯を見せた表情はNGで、表情にも大きなポイントがあるのです。

  • ・歯を見せてはいけないなら真顔でいいのか?
  • ・どんな表情で挑めば好印象になるの?

と疑問を抱く方も少なくないのではないでしょうか。
今回は、そんな就活写真にふさわしい証明写真の表情作りについて詳しく解説いたします。
意外にも難しい就活写真はどんな表情で撮影に挑めば良いか、知識を深めていきましょう。

証明写真では基本的に歯は見せない

基本的に証明写真を撮影する際には、歯を見せてはいけません。(写してはいけません。)
なぜなら、歯を見せた表情は企業側がマイナスな印象で捉えてしまう可能性が高いからです。

というのも、歯を見せる表情は、ふざけていたり不真面目な印象を与えてしまう可能性があるのです。
また、就活写真以外でもパスポートや免許証などその他の公的書類でも歯が出ている表情は適切ではありません。
歯を見せて大きく笑う姿は、本来の顔つきがどんな人物なのかわからなくなってしまうからです。
証明写真で歯を見せてはいけない、ということは常識であると捉えている方も多いので、常識を知らない、無知であるかと疑われてしまう場合もあります。
そのため、口元が緩んで歯が見えてしまわないように注意しながら証明写真を撮影しましょう。

歯を見せても良い業種もある

証明写真では基本的に歯を見せてはいけませんが、アパレル関係やアナウンサーのような人に見られる職業が希望の場合は、歯を見せても良いとされています。
一般企業と違い、人に見られる職業では、自然な笑顔や写真映えするような華やかな表情の就活写真が好まれます。
そのため、適度に歯を見せてナチュラルで上品な笑顔を心がける必要があるのです。

ただし、歯を見せて撮影する時には歯並びや歯の黄ばみを綺麗に整えておきましょう。
口元は見た目の印象を大きく左右するので、歯が汚いとどんなに素敵な笑顔でもマイナスな印象を与えてしまいます。

就活写真に適した表情は”笑顔過ぎず真顔過ぎない信頼できる顔つき”

先ほど歯を見せた笑顔がNGということをお伝えしましたが、同様に真顔での撮影も避けましょう。
真顔では、企業側に対して暗いイメージや怖い印象を与えてしまうからです。
就活写真には、歯が見えない程度に微笑んだ笑顔が望ましいです。
具体的には以下のことを意識すると良いでしょう。

  • ■ 口元はしっかり閉じながらも口角を上げる
  • ■ 目に力を入れるように、まぶたを少し持ち上げる
  • ■ 目線はカメラの奥を見るイメージで撮影する

口元を閉じながらも口角を上げることを意識することで、印象の良い清潔感のある笑顔が作れます。
さらに目に力を入れることで、企業側に信頼できる人間であることを印象付けるのです。
特に、企業側にとって中途で入る場合は、新卒よりも不安を感じます。
そのため、就活写真で信頼感をアピールすることで、プラス評価に繋げましょう。
適度に微笑みながらも芯のある人物ということが伝わるような表情が就活写真に適しています。

就活写真に適した表情を作るためには事前に表情筋ストレッチ!

就活写真に適した表情を理解できても、撮影時にいきなり就活写真に適した表情で撮影することが難しく感じる方もいるかもしれません。
より印象の良い就活写真に適した表情を作るために、事前に表情筋を和らげるストレッチを取り入れましょう。
ここでは、表情筋を和らげる

  • (1)あいうえお体操
  • (2)日常生活の中でできるトレーニング

をご紹介します。

(1)あいうえお体操
「あいうえお」の言葉に合わせて表情筋を動かすあいうえお体操は、表情筋全体の筋肉をほぐします。
それぞれの言葉を発しながら3秒ずつ表情をキープします。
1セットにつき、5音を3秒ずつで合計15秒を3セット実施しましょう。
それぞれの言葉は、以下のことを意識しながら表情を作ると良いです。

  • 「あ」は、口全体を大きく開けるとともに、目も大きく見開き、眉を上に上げます。
  • 「い」は、顔全体が横に引っ張られるイメージで、口を思いっきり横に広げます。
  • 「う」は、口をすぼめながら目をしっかりと閉じます。
  • 「え」は、口を横に開けながら口角は引き上げます。さらに目を大きく見開きましょう。
  • 「お」は、顔全体が縦に引っ張られるイメージで、口を縦に広げます。
(2)日常の中でできるトレーニング
表情筋は日常生活の中でもトレーニングできます。
具体的には、

  • 食事の際にはよく噛んで食べる
  • 普段よりも大げさに笑ったり、驚いたりする

ということがあります。

日々の食事でよく噛んで食べると、口の周りにある表情筋に刺激を与えます。
刺激を与えることで、表情筋がほぐれてトレーニングに繋がるのです。
ただし、より効果が実感できるように、歯ごたえのある食べ物を取り入れましょう。
また、表情を作ることは顔全体の筋肉が使われます。
普段より大げさに表情を作ることで、表情筋の緊張をほぐし和らげられるのです。
就活写真の撮影の予定を立てたら、表情筋を和らげることを意識して生活すると良いでしょう。

出っ歯で口を閉じても写り込んでしまう時は?

生まれつき歯が出ている方の中には、口を閉じても写り込んでしまうこともあるでしょう。
先ほど、就活写真は歯を見せてはいけないことをお伝えしましたが、口を閉じても歯が写り込んでしまう場合はそのままでも問題ありません。
口元をしっかり閉じておけば、企業側にも意図的に歯を見せているわけではない、ということは伝わります。
したがって、口を閉じても歯が写り込んでしまう方に対してマイナスな印象を抱くことはないのです。

また、口を閉じても写り込んでしまう歯を加工や修正で消してしまおう、と考える方もいるかもしれません。
しかし、無理に加工修正で消してしまうと違和感を感じることもあり、かえってマイナスな印象を与えることも考えられます。
口元を閉じても歯が写り込んでしまう場合でも、自信を持って撮影に挑みましょう。

表情に自信がない方こそ就活写真は写真館で撮影しよう

ここまで就活写真の表情についてご紹介しましたが、セルフで意識して撮影するのは難しそう、と感じる方も少なくないのではないでしょうか。
表情に自信がない方は、思い切ってプロカメラマンが在籍する写真館で撮影すると良いです。
写真館で就活写真を撮ることでどんなメリットがあるのか、またセルフ撮影と比較するとデメリットあるのか、確認していきましょう。

デメリットはお金と手間で後はすべてメリット

就活写真を写真館で撮影することで以下のメリットが得られます。

  • ・ヘアメイクや表情など、細かいアドバイスがもらえる
  • ・あなたの人柄が最大限に伝わる写真が撮影できる
  • ・申し込むプランや写真館によってヘアメイクを依頼できる
  • ・写真館によってはWEBエントリー用のデータも合わせて作ってもらえる
  • ・仕上がりに納得できない時には撮り直しが可能

などのメリットがあります。
写真館には経験や知識が豊富なプロカメラマンをはじめ、プロのヘアメイクの方が在籍しています。
プロの目線から表情やヘアメイク、服装はもちろん、姿勢や顔の向きなど、細かいところまで丁寧なアドバイスがもらえるのです。
また、写真館では作り込まれた自分を写すのではなく、あなたの魅力を活かし、人柄を最大限に伝える撮影ができます。
そのため、面接官に自分のことをより知ってもらえるきっかけを与えてくれるのです。

ちなみに、就活写真を写真館で依頼するデメリットには、

  • セルフで撮影するよりお金がかかる
  • 予約が必要なこともあるため、手間がかかる

ということが挙げられます。
証明写真を写真館で依頼すると、相場は大手チェーンでは5,000円前後、民間スタジオでは7,000〜12,000円前後になります。
セルフで撮影するより費用がかかるものの、プラン内容にレタッチやヘアメイクがついていることが多いので、より完成度の高い就活写真が撮れるでしょう。

写真スタジオで就活写真を撮影した方がスピード写真機よりも採用率が高い

就活写真をセルフで撮影する選択肢の一つとして、スピード写真機があります。
スピード写真機は、低価格で手軽に撮影できるので便利ですが、写真スタジオで撮影した方が採用率が高いです。
なぜなら、写真館でプロカメラマンに撮影依頼した方が、あなたの魅力が最大限に引き出された好印象の写真が撮れるからです。
先ほどもお伝えしたように、プロカメラマンは就活写真に対する知識や経験が豊富にあります。
この知識と経験を活かして的確にアドバイスしてくれるのです。
また、スピード写真機は機械の性質上、光を取り込む量が少ないため、暗い写真に仕上がってしまいます。
写真の仕上がりが暗いことで、表情が暗く見えるのでマイナスな印象を与える可能性があるのです。
しかし、写真館では設備も充実しているため、明るく仕上げてくれます。
プロカメラマンの腕と適切なアドバイス、本格的な設備が整っている写真館で撮影した方が、採用率の高い就活写真が撮れるのです。

就活写真は歯を見せるのかどうかのまとめ

いかがでしたでしょうか。
今回は就活写真の表情作りについてご紹介しました。
就活写真はどんな表情で撮影に挑めば良いか、イメージはつきましたでしょうか。
印象の良い就活写真を撮るためには、信頼感のある明るい雰囲気や清潔感を演出することが大切です。
その上で、自分はどんな人物なのか、企業側にアピールしましょう。
表情だけでなく、服装やヘアメイクなど、就活写真の撮影で不安に思うことがあれば、写真館に在籍するプロのカメラマンやヘアメイクの方の意見を積極的に取り入れると良いです。
あなたの魅力を最大限に引き出せる素敵な就活写真が撮れますことを、ここをより願っております。

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました