就活の証明写真は普段よりもブスになる!写りが変にならない対処法は?

はじめに

  • 「大体証明写真ってブスに写るから撮りたくない」
  • 「せっかく就活写真を撮ったのに盛れなかった」

このように、証明写真の写りに対して“ブス・ブサイクだ”と、普段の写真に比べて満足いかない仕上がりになることを恐れる、またはなってしまった就活生は多いです。
就活の最初の書類審査を通過できるかがかかる証明写真。自信を持って提出したいですよね?
であれば、自分自身がブスだなと感じる証明写真で就活を勝負してはいけません!

そこで今回は、就活の証明写真がなぜブサイクに見えてしまうのか、またブサイクに写らない撮影方法についてご紹介していきます。

証明写真が盛れずにブスに感じる就活生は多い!

就活の証明写真に対して、

  • 「いつもより盛れてない」
  • 「証明写真がブサイクに見える」
  • 「目が小さい!鼻が小さく見えてブスに写って見える!」

など、写りに対して不満を持っている就活生ははっきり言って多いです。

多くの就活生が「お金をかけて撮影したから今さら撮り直すのもなんだかもったいない」と、不満足のままの証明写真で就活をに勝負を挑んでいます。
しかしそう言った自信のない就活写真で就活を進めていても、人事の方に見透かされて残念な結果になりがちなのです。
したがって、自分で納得のいく就活写真で撮影できた方がスムーズに就活も進むため、自分自身がいつもよりブスと感じる証明写真での就活はおすすめしません。

就活の証明写真は基本的に普段よりもブスに写る

就活の証明写真は、普段の写真に比べてどうしても写りが悪くなってしまいがちです。
出来上がった写真を見てがっかりすることもありますが、写りが悪くなるのには理由があるのです。
以下よりその証明写真がブスに見える理由をいくつか解説していきます。

ブスに写る理由1:服装・髪型がおしゃれじゃない

就活の身だしなみは、黒や紺色のスーツにナチュラルメイク、1つに縛った髪の毛‥と、普段に比べるとかなり地味ですよね。
身だしなみが地味なので個性もなくなり、どうしても普段より盛れない写真になってしまいます。

ブスに写る理由2:顔が大きく見える

証明写真では、写真全体に対する顔の比率が大ききくなるため、どうしても顔が大きく見えてしまいます。
また、証明写真は真正面からの撮影になるので顔ものっぺりと平面的に写りがちです。

ブスに写る理由3:表情が普段よりも暗い

証明写真は、歯が見えないよう口を閉めるので、普段より表情が暗くなってしまいます。
また、撮影時に緊張して硬くなり、無表情になってしまうのも写りが悪くなる原因ですね。

ブスに写る理由4:加工アプリに目が慣れている

就活生の多くは普段からSNSなどに投稿するために加工アプリを用いて写真を撮ります。
アプリでの加工は非常に過度なものが多く、その過度な加工が施された自分の姿に目が慣れてしまっているという方も多く、より自然な加工を施す証明写真の自分がブサイクに見える、ということもあるのです。

ブスに写る就活写真を撮っても合否には関係ない

就活用の証明写真の写りによって、採用の合否が決まるということはありません。
でも、直接話ができない書類選考の段階では、もし履歴書がほぼ似たような内容の二人がいた場合に、添えられた写真を見て印象の良い方が選ばれやすいということは否定できません。

顔立ちそのものが美しいかブサイクかということではなく、「この人と一緒に働きたいな」と思ってもらえるような、清潔感があり明るく爽やかな印象を与えられる写真にすることが、合格への鍵となる場合もあります。

就活写真で脱ブサイクのための方法

どうしても写りが悪くなりがちな就活の証明写真ですが、幾つかのポイントを押さえれば印象の良い写真が撮影できます。
ここからは、その方法を詳しくみていきましょう!

脱ブサイクの方法1:証明写真で映えるメイクをする

まずは「証明写真で映えるメイク」をすることが、脱ブサイクへの近道です。
証明写真は真正面からの撮影のため、のっぺりと平面的な顔に写ってしまったり、写真全体に対して顔が占める割合が多い事から顔が大きく見えてしまうので、立体感のあるメイクでそれを回避しましょう。
具体的には、顔の外側にいくにつれて薄くなるベースメイクで顔の中心に光を集め、立体感のある顔立ちに仕上げます。鼻筋や頬に自然なハイライトを入れるとさらに効果的です。

脱ブサイクの方法2:口角を上げた笑顔で撮る

次に、撮影の際には口角を上げて撮影することも大切です。
証明写真というと、無表情で撮らなければいけないと思うかもしれませんが、就活の写真では、歯を見せず口角を上げ自然と微笑むような表情がベストです。
無表情では自らブサイクに映ることを選んでいるようなもの!口角を少し上げるだけでぱっと明るい印象になるので、ぜひ試してみてください。

脱ブサイクの方法3:撮られることに慣れておく

そして、表情が硬くなる一番の原因は「緊張」です。スピード写真機であろうと写真館であろうとカメラの前だとどうしても緊張してしまいますよね。
そんな方は、事前に写真を撮られることに慣れておくことが大切です。
スマホでもいいので、家族に撮影してもらったり、自撮りで撮影してみたり、ベストな表情を作る練習をしておくだけで撮影当日かなり違います。

変な就活写真に仕上がらないためにも撮影はプロに任せよう

就職活動の証明写真は、スピード写真機でサッと済ませようと考えている方もいるかもしれませんが、写りを少しでも良くしたいなら、やっぱりプロに任せるのが一番です。
就活専用の写真館や、証明写真を取り扱っている写真館なら、プロの知識と技術で希望の業界に合わせた背景や雰囲気の写真に仕上げてくれます。
ヘアメイクのスタッフが在籍していれば、就活にぴったりのヘアセットやメイクを依頼することもできますよ。

さらに、表情が硬くならないように声をかけてくれたりするので緊張もほぐれ、自然な笑顔が作れます。
お店によってはヘアメイク+撮影+プリント+Webエントリー用のデータがセットになっている就活プランなどもあるので、チェックしてみてくださいね。

就活写真の撮影におすすめの写真スタジオ

就活写真におすすめの写真スタジオを2店舗ご紹介します。

【1】スタジオインディ

高クオリティな就活写真が手に入るとして人気なのが『スタジオインディ』。
プロのカメラマンが撮影を行ってくれるので、志望する職種にあった雰囲気の写真に仕上げてくれます。
修正も隣で相談しながらしてもらえるので、気になる部分は修正してもらえるのも嬉しいポイント。
またヘアメイク付きのプランを選べば、就活にぴったりのヘアメイクを施してくれるので、さらに印象の良い写真に。
ライティングも一人一人の顔の作りやメイクに考慮して設定してくれるので品質が高く、利用者からの口コミも好評です。

スタジオインディ ホームページ

 

【2】カメラのキタムラ

お手軽に証明写真の撮影ができるスタジオといえば『カメラのキタムラ』。
就活応援パックでは、写真だけでなくスマホやPCに保存できるデータまでついて5,980円(税込)という安さです。
修正は肌補正のみですが肌も明るくなりますし、スピード機での撮影よりも断然仕上がりは綺麗です。
ヘアメイクはついていないので、しっかりヘアメイクをした状態で来店することをおすすめします。

カメラのキタムラ ホームページ

就活の証明写真がブサイクに写ることについてまとめ

いかがでしたでしょうか?
就職活動でとても重要な証明写真。もともとの顔の作りは変えられませんが、清潔感のあるメイクや明るい表情で見る人の印象はかなり変わります。
少しでも良い印象のものが撮れるよう、今回の内容をぜひ参考にしてみてください!あなたの就職活動がうまくいくよう願っています。

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました