転職写真に適した表情の3つのポイントや表情に自信がない時の対処法

はじめに

「転職写真の印象を良くするためにどのような表情を取るべきか知りたい」
転職活動において、転職写真は採用担当者の印象を決める重要なものです。
しかし、実際にはどのような表情で写れば良い印象を与えられるのかわからない場合も多いと思います。真顔で写るのか笑顔で写るのか、笑顔ならば歯を見せるべきかなど迷うポイントがいくつも存在するからです。

この記事では転職写真の印象を高める表情について解説しているので、転職写真に最適な表情が理解でき、採用担当者の印象を高めることができるでしょう。

転職写真は表情が第一印象を左右する

転職写真であなたの第一印象が決まると言っても過言ではありません。
多くの場合転職活動ではいきなり面接に入ることはなく、書類やWEBを介して選考がスタートするためです。

一次選考では最初に目に飛び込む転職写真で、早速どんな人材かを想像されると考えるべきでしょう。
転職活動を成功するためにも、採用担当者の第一印象を良くするための転職写真の表情について知っておくべきなのです。

転職で採用担当者にマイナスな印象を与えやすい表情とは?

採用担当者にマイナスな印象を与えやすい表情について、いくつか紹介していきましょう。

(1) にやけ顔
口元が緩んで締まりのない「にやけ顔」では、誠実さが欠けた印象を与えます。
転職活動の写真としては適度に緊張感のある写真がベターですので「にやけ顔」はNGです。

(2) 無表情、真顔
「真顔」については誠実な印象があり、転職写真の表情に適しているととらえられがちですが、実は親しみやすさにかけるところがあります。
無愛想な印象を与えるので、転職活動で重要な「一緒に働きたいかどうか」という観点で見た時に印象の良い表情とは言えません。

(3) 上目づかい
転職写真を撮る際、顔の輪郭をシャープに見せるために少しあごを引くのがセオリーですが、過剰にやりすぎると不自然な「上目づかい」になってしまいます。
「上目づかい」はどこか媚びたような印象を与えますし、あごの引きすぎによって首まわりに影ができてしまうので暗い印象となりおすすめできません。

(4) あごをあげてしまう
転職写真を撮影する際、あごをあげてしまうと印象の良くない写真に仕上がるので注意が必要です。
あごをあげると相手を見下すような表情になるので、横柄、威圧的な印象を与えかねません。
写真撮影の際は、あごがあがっていないチェックすると良いでしょう。

転職写真に適した表情のポイントとは?

採用担当者の印象を下げてしまう表情がわかったところで、転職写真に適した表情のポイントについても合わせて学んでいきましょう。

ポイント1:笑顔は微笑むくらいが丁度いい

笑顔は微笑むくらいが丁度いいと言えます。
転職写真の印象を上げる表情は「笑顔」が適しているのですが、「にやけ顔」や「笑いすぎ」では転職写真には適さないからです。
微笑む表情は慣れていないと難しいのでポイント2、3で解説するポイントを意識すると良いでしょう。

ポイント2:真顔はNG、口角を少し上げて印象アップ

真顔は無愛想な印象を与えてしまうので、口角を上げるように意識すると良いでしょう。
口角を上げると、表情が生き生きとするので明るい印象を付与できます。
とはいえ口角を力一杯持ち上げてしまうと、今度は顔の筋肉がこわばって不自然な印象をあたえるので加減が必要です。
口角は少しだけ上げるのが素敵な表情を作るポイントと言えます。

ポイント3:歯は見せない

自然な微笑みを作るポイントはズバリ口元にあります。
口を開いて歯を見せた表情ではくだけすぎの印象になるので、口元を軽く結ぶと上品なイメージの自然な微笑みを作れるのでおすすめです。
ただしアナウンサーなど人に見られる業種においては、歯を見せた晴れやかな表情が歓迎される場合もあるので、業種ごとの特色もおさえながら撮影に臨む必要があるでしょう。
まとめると転職写真では、「口元を軽く結び口角を少し上げた自然な微笑み」が最も良好な印象を与えると言えます。

転職写真を撮影するにあたり表情に自信がないときの対処法

続いて転職写真を撮影するにあたり、表情に自信がない方向けの対処方法を3つ紹介します。

対処法1:転職写真の撮影を写真スタジオに依頼する

表情に自信がないのなら真っ先におすすめしたいのが、写真スタジオに依頼する方法です。
写真スタジオで撮影するメリットについて解説していきます。

プロのカメラマンなら的確なアドバイスをしてくれるから安心

スタジオのカメラマンならば、採用担当者の印象を上げる表情についても的確なアドバイスをもらえます。
数多くの転職写真を手がけてきた豊富な経験があるからです。
転職写真の表情に悩むならば、写真スタジオのスタッフの意見を参考にしてみるのが良いでしょう。

ヘアメイク・加工修正付きのスタジオで撮影すればより写りが良くなる

スタジオ選びのポイントとして、ヘアメイクや写真の加工修正が可能な店舗を選ぶのが良いです。
転職写真の印象を高めるメイクやヘアスタイリングを受けられるのは大きなメリットと言えます。
さらに自分の努力だけでは対処しきれない、肌荒れやアホ毛など隠した方が良いポイントをうまく加工修正で隠すことも可能です。
転職写真の撮影の際は、ヘアメイク・加工修正付きのスタジオを探すようにしましょう。

対処法2:鏡や動画で自分の表情を確認する

転職写真に写る際の表情に自信がない場合に、鏡や動画で自分の表情を確認しておくのもおすすめです。

自分の表情を確認しておくと安心できる

自分の表情を事前に確認しておくと安心して撮影に臨めます。
自分が魅力的な表情をしているときの顔の筋肉の使い方を理解しておけるからです。
転職写真の印象を上げるポイントである「口角の上げ方」や「口元の結びかた」については力の加減を知っておく必要があるので、鏡や動画で自分の表情を確認しておくと良いでしょう。

顔のストレッチを行うと自然な笑顔に

顔のストレッチを行うと自然な笑顔が作れるようになります。
表情筋のストレッチには「アイウエオ体操」が手軽にできておすすめです。
「アイウエオ体操」とは「あいうえお」を発声しながら、頬や口を中心に顔全体をゆっくり大きく動かしていくだけの簡単なストレッチです。
目安としては一音につき、3秒程キープするのを3セット繰り返します。
毎日習慣にしてコツコツ続けると、表情筋がほぐれ「自然な笑顔」を作れるようになるのでおすすめのストレッチです。

参考サイト:「顔の運動不足”を解消! 表情筋を鍛えスッキリ若々しい顔になる方法」

対処法3:人事担当経験のある知人にチェックしてもらう

最後に紹介するのは人事担当経験のある知人にチェックしてもらう方法です。
運良く身近に人事担当の経験がある人がいるならば、転職写真でチェックするポイントについて、実務に基づいた的確なアドバイスをもらえるのでチャンスと言えるでしょう。
「採用担当の経験者なんてそばにいないよ」という方でも、知人の経歴を全て把握している訳ではないと思うので、ひとまず探してみる価値はあるでしょう。

実際の目線で適した表情ができているかチェックしてもらえる

採用担当経験者が見つかったら、実際の目線で表情をチェックしてもらうのがおすすめと言えます。
転職活動の写真撮影に向け、信ぴょう性の高い客観的目線で表情についてのアドバイスがもらえるからです。
少し照れるかもしれませんが、採用担当経験のある知人に同席してもらって自分の表情をチェックしてもらうと良いでしょう。

知人だからこそできるアドバイスがある

近しい知人だからこそもらえるアドバイスもあるでしょう。
写真スタジオだとスタッフとお客様という関係上、少し遠慮をはらんだアドバイスになる場合が想定できます。
その点、知人ならば見たまま感じたまま100%率直なアドバイスをくれるでしょう。
採用担当を経験した知人からのお墨付きがもらえると、撮影の際の表情について自信がつくのは間違いありません。

転職写真の表情についてのまとめ

この記事では応募先の採用担当者の印象を上げる、転職写真に写る際の表情について解説しました。

好印象を抱いてもらうための表情のポイントを紹介していますが、ただ頭に入れただけではいざ撮影となったときに、うまくいかないでしょう。
大切なのは事前に自分で実践して、第三者から意見をもらうことです。
採用担当の経験のある知人や写真スタジオのカメラマンから客観的なアドバイスをもらうのがおすすめと言えるのでぜひチャレンジしてみて下さい。

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました