アイコン:目次目次

もくじをタップするとページ内を移動します

女性の転職写真に適したスーツ選びや撮影時の注意点を解説

本サイトはプロモーションを含む場合があります。
女性の転職写真に適したスーツ選びや撮影時の注意点を解説10

はじめに

履歴書が手書きからデジタルへと移り変わりつつある昨今、証明写真は応募者の人となりを現すものとしてますます注目されています。新卒はもちろん、転職においても第一印象を決める写真は自分にとって良い企業に移れるかを決める重要なアイテムです。
転職の際に悩みがちなのが転職写真の撮り方。新卒の頃とは違い、年齢に合わせた落ち着きやキャリアを重ねた貫禄をアピールできる工夫が求められます。 また、転職写真に必須であるスーツの選び方や着こなしにも注意が必要です。 普段スーツを着て仕事をしている方もしていない方も、転職写真に適したスーツで撮影することで応募先の好感を得られる、ということをご存知でしたでしょうか?
ここではそんな女性の転職写真に適したスーツの選び方や、撮影する際に押さえておくべきポイントをご紹介いたします。転職写真を撮る際にはぜひ参考にしてみてください。

女性の転職写真はマナーを守って大人な印象を与える

女性の転職写真に適したスーツ選びや撮影時の注意点を解説14
女性の転職写真は、就活生や新卒の転職とは違う服装の方が有利だと言われています。転職においては年齢や社会人経験の積み重ねをアピールでき、かつ、自分らしい写真が求められるからです。無難に選んだスーツに着られるだけではなく、着こなしや表情、髪型を工夫して転職時に有利になる大人な印象を証明写真からアピールしましょう。
また、転職写真には着こなし方のマナーがあります。見る人に清潔感と好印象を与えるためのマナーなので必ずチェックしておきましょう。証明写真が理由で不採用、なんてことにならないよう十分な注意が必要です。

転職写真用で注意すべきスーツ姿は普段の注意点と異なる!

女性の転職写真に適したスーツ選びや撮影時の注意点を解説11
転職写真でのスーツ姿と普段のスーツ姿は注意すべき点が異なります。普段のスーツ姿との最大の違いは“写真撮影を前提としていること”です。 特に多いミスとして挙げられるのは左右が非対称であること。 襟が曲がっていたり、左右のバランスが不恰好だと理想的な転職写真になりません。 スーツは左右対称の構造をしているため、転職写真のように真正面から撮影する場合は左右対称に揃えておくときっちりとした印象の写真を撮ることができます。
また、ストロボが反射する色を使うことは避けましょう。オレンジやピンクなど鮮やかな色はストロボに反射し、被写体に色を被せてしまいます。 光を吸収する黒や濃い色のスーツを着用し、シャツは反射しても問題ない白か明るい色のものを選びましょう。

転職写真で女性がスーツで間違いがちなこと

女性の転職写真に適したスーツ選びや撮影時の注意点を解説8
転職用のスーツと普段使いのスーツは求められるものが違います。違いを理解していないと、いざ転職写真を撮影するためのスーツ選びでつまづいてしまう可能性があります。
ここでは転職写真で女性がスーツ選びで間違いがちなことをご紹介いたします。転職写真に適したスーツを選ぶためにぜひ一度チェックしてください。

間違い1:かわいく写ろうと色物のアイテムを着用

女性の転職写真に適したスーツ選びや撮影時の注意点を解説2
自分の個性を魅せようとつい転職写真に可愛らしさを求めてはいませんか?実は転職写真で可愛さを主張してしまうのはNGなのです。 色物のアイテムや個性的な服装はカジュアル感が強くビジネス向けではありません。派手なメイクやピアスも同様の理由で、転職写真においては好印象を与える手段にはなりづらいでしょう。
アパレル関係やエンターテイメント関係への転職を前提としている場合も、企業指定がない限りは同様です。マナーを守り、場をわきまえる人物であることを示すために華美な服装やアイテムは控えましょう。

間違い2:普段使っているジャケットを着ておけばOK

女性の転職写真に適したスーツ選びや撮影時の注意点を解説13
普段スーツを着て仕事をされている方の中には、転職写真を日頃使っているスーツで撮ろうと考えている方もいらっしゃるでしょう。しかし普段使っているスーツが転職希望先での業務に適した服装かは分かりません。場合によっては印象を損なう危険性もあるため注意が必要です。
また、スーツのデザインや色によっては撮影に適さない場合もあります。普段使いのスーツが証明写真の撮影には適していない場合は無理して使い回さず、転職写真用の基本的なスタイルに則ってスーツを選ぶことが望ましいでしょう。

転職写真の「マナー」を大切にしたレディーススーツの選び方

女性の転職写真に適したスーツ選びや撮影時の注意点を解説5
転職写真には最低限守るべきマナーが存在します。マナーを守り撮影した転職写真を使うことで、相手方に清潔感や落ち着きのある好印象を与えることができます。
ここでは転職写真でのマナーをご紹介します。 また、マナーを大切にしたレディーススーツの選び方も合わせてご説明します。

選び方1:スーツのカラーは理由がない限りブラックが無難

スーツのカラーは余程の理由がない限りはブラックを選びましょう。スーツとして定番のブラックならば悪印象を与えることは少なく、また落ち着いた雰囲気も演出できます。普段スーツを着用しなくてもブラックのスーツならば冠婚葬祭に利用できるので転職写真を機に仕立てるのもおすすめです。
女性の転職写真に適したスーツ選びや撮影時の注意点を解説1
転職活動には基本的におしゃれは必要ありません。しかし黒は没個性、自分らしさをスーツの色で表現したいと考えるのならば、ネイビーやグレーなど黒に近い色を選びましょう。 黒よりも柔らかく、親しみやすい雰囲気を出せるため、柔和な印象を持たせたいときにはおすすめです。

選び方2:柄は大人な印象を与える無地なものを選ぶ

女性の転職写真に適したスーツ選びや撮影時の注意点を解説3
スーツやシャツの中には柄や模様が入っているおしゃれなものもあります。しかしながら転職写真においては落ち着いた印象を与える無地のものを選ぶことをおすすめします。採用担当者の中には転職のスーツといえば無地のもの、と考えている方も少なくありません。スーツの柄で印象が損なわれてしまうなんて勿体無いですよね。
無地のブラックやネイビーのスーツが野暮ったく感じてしまうなら、さりげないストライプ柄のスーツがおすすめです。ただし、あまりストライプが目立つスーツは派手な印象を与えてしまうので極力柄の薄いスーツを選ぶよう留意しましょう。

選び方3:妥協せずぴったりなサイズを選ぶ

普段スーツを着用する機会のない女性の中には、昔着ていた就活用スーツを流用したいと考えている方も少なくないでしょう。 しかし年齢により体型は確実に変化します。特に妊娠出産前と後では女性のボディラインは大きく変わります。
女性の転職写真に適したスーツ選びや撮影時の注意点を解説15
大きさの合わないスーツを無理に着て転職写真を撮影することは控えましょう。ダボっとした大きめのスーツは野暮ったさを、小さくてきついスーツは窮屈さから余裕のない印象に繋がりがちです。大切な転職活動の印象を左右する写真なのですから妥協せず、今の自分に合ったサイズのスーツを選びましょう。

レディーススーツの「マナー違反」を防ぐ撮影時の注意点

女性の転職写真に適したスーツ選びや撮影時の注意点を解説7
いざ転職写真に適したレディーススーツを選び撮影しても、思わぬマナー違反でせっかくの写真が使えなくなってしまっては台無しです。ここでは見落としがちなレディーススーツでの撮影マナーについてご説明いたします。撮影直前でも対策できるものもありますので、転職写真を撮影する前にぜひ確認しておいてください。

注意点1:前のボタンを全部留める

ジャケットの一番下にあるボタンをあえて外す「アンボタンマナー」をご存知でしょうか? このマナーに則ってスーツの一番下のボタンを外して転職写真の撮影をする女性もいらっしゃいますが、実はそれマナー違反なのです。
女性の転職写真に適したスーツ選びや撮影時の注意点を解説9
「アンボタンマナー」はメンズスーツにおけるマナーであり、レディーススーツでは事情が異なります。 レディーススーツは全てのボタンを留めることを想定したシルエットで作られており、ボタンを留めずに撮影するとだらしない印象に見えてしまう可能性があります。 女性用のスーツジャケット着用時はボタンの数に関わらず、全て留めるよう気をつけましょう。

注意点2:ホコリや汚れが付いていないか確認

つい忘れがちなのが撮影直前の最終確認。特にスーツのホコリや汚れは要チェックです。 転職活動で着用する無地のブラックスーツはホコリや糸くずが目立ちがち。小さなホコリでも写真で見ると目についてしまう場合もあります。転職写真で不潔な印象を与えてしまわないよう、撮影前にはブラシなどでホコリや汚れを落としておきましょう。
女性の転職写真に適したスーツ選びや撮影時の注意点を解説12
また、スーツと同じくメガネや髪の毛に付いたホコリや汚れも写真に撮ると意外に目立ちます。こちらも撮影前に鏡などで確認し、清潔感ある転職写真を撮れるよう心がけておきましょう。

注意点3:スカートの丈は適切かどうかチェックする

全身を撮影する転職写真を撮影する際にはスカート丈もチェックしておきましょう。スーツのスカート丈は直立したときと着座したときのバランスを考慮して選ぶのがおすすめです。短いよりも長い方がいいのではないかと誤解されがちですが、長すぎるスカートは野暮ったく見えてしまい、あまり良い印象を残せません。
女性の転職写真に適したスーツ選びや撮影時の注意点を解説6
バストアップの転職写真のみを撮影する場合でも、面接などでは上記のようなスカート丈が好印象を与えることができます。 撮影時からスカート丈を調整しておけば急な面接でも焦らず対応できますのでぜひチェックしておきましょう。

転職写真のスーツに合わせる他アイテム

女性の転職写真に適したスーツ選びや撮影時の注意点を解説4
レディーススーツはネクタイがない分、中に合わせるワイシャツやブラウスの襟元の印象が重要になります。選ぶ際はスーツと同じく自分の体に合ったものを選びましょう。首周りが大きすぎたり小さすぎたりすると襟が左右対称にならず不恰好な印象を与えてしまいます。同様に肩周りも自分の肩幅に合っているかチェックしましょう。
転職写真のレディーススーツに合わせるのならば襟のしっかりしているワイシャツがおすすめです。形状はスキッパータイプでもレギュラータイプでも問題ありませんが、それぞれの着こなしが異なるので注意しましょう。スキッパータイプならばジャケットから襟を出して形を整えると綺麗に見えます。レギュラータイプならば第1ボタンまできっちり留めると真面目で誠実な印象を演出できます。
ワイシャツの色は白無地がおすすめです。無地のワイシャツが野暮ったく感じる場合は薄いストライプ柄などできるだけ控えめな柄のワイシャツを選びましょう。

転職写真での女性のスーツについてまとめ

転職写真でのレディーススーツの選び方や撮影時の注意点について解説させていただきました。 普段用のスーツと転職撮影用のスーツではマナーや着こなし方が異なります。普段着ているスーツで自分らしさを演出したくても、相手方の面接官に意図が伝わらなければ逆効果です。基本やマナーをしっかり守り、経験を重ねた社会人らしい落ち着きある写真で大切な転職活動を成功させてください。
トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました