中学受験写真でメイクはNG!ノーメイクでも綺麗に撮るための方法を紹介!

はじめに

中学受験に向けて証明写真を撮影する人の中で、
「中学受験の証明写真を撮る時にメイクをしてもいいの?」
と、気になっている方はいませんか?

小学生は思春期真っ只中であり、肌トラブルなどに悩んでいる人もいるでしょう。

そこで今回は、

  • 中学受験写真をノーメイクでも印象良く撮る方法
  • 中学受験写真を撮影する際の肌荒れを隠す程度のメイクはOK
  • メイクなしで印象の良い中学受験写真にしたいなら写真スタジオがおすすめ

について解説していきます。

中学受験写真ではメイクはしない方が無難

中学受験写真では、メイクをしないほうが無難です。
その理由として、

  • ・中学校はメイクが校則で禁止されていることがほとんど
  • ・本人確認が目的の中学受験写真でメイクをすると悪印象

が挙げられます。

理由1:中学校はメイクが校則で禁止されていることがほとんど

メイクが校則で禁止されていることが多い中学校において、受験写真でメイクをすることはふさわしくありません。そのため、メイクをした証明写真は「入学後に校則を守らない」というマイナスな印象を与えてしまう可能性があります。
そのため、中学受験写真の時点からメイクを控えるようにしましょう。

理由2:本人確認が目的の中学受験写真でメイクをすると悪印象

本人確認が目的の中学受験写真において、メイクをしてしまうと悪印象となります。
中学受験写真は、本人確認のために提出します。中学受験写真でメイクをし、当日はすっぴんでいった場合、本人確認に支障をきたしてしまうかもしれません。
悪い印象を持たれないようにするためにも、中学受験写真ではメイクをしないようにしましょう。

中学受験写真をノーメイクでも印象良く撮る方法

ノーメイクでも、印象の良い中学受験写真を撮影することが可能です!
そこでここからは、ノーメイクでも中学受験写真を印象良く撮る方法である

  • ・眉毛を整えて中学受験写真を撮影する
  • ・化粧水などで肌を保湿しておく
  • ・色付きでないリップクリームで保湿する
  • ・中学受験写真の撮影後にレタッチで加工する

について詳しく解説していきます。

眉毛を整えて中学受験写真を撮影する

眉毛を整えて中学受験写真を撮影すると、ノーメイクでも印象の良い中学受験写真に仕上がります。
眉まわりの不要な毛をカットして整えることで、やぼったい印象から垢抜けた印象へと変わります。ただし、中学校によっては眉毛をいじることを校則違反としている場合があるので気をつけましょう。
眉周りの毛を抜くなど自然な範囲で行い、眉が細くなりすぎないように注意してください。

化粧水などで肌を保湿しておく

中学受験写真を撮る前に、化粧水などで肌を保湿しておくことも大切です。
肌に化粧水などを塗ることで肌が潤い、ツヤが生まれ健康的な印象になります。
普段あまりスキンケアをしていないお子さんも、撮影前は肌を保湿しておくことをおすすめします!

色付きでないリップクリームで保湿する

ノーメイクで中学受験写真を撮る際、色がついていないリップクリームで唇を保湿しておくとよいでしょう。
唇がかさついていると、清潔感のない印象を与えてしまうため、唇の保湿も効果的です。
ノーメイクで色付きのリップを使ってしまうと唇だけ浮いているように感じてしまうため、色付きのリップは使わないようにしましょう。

中学受験写真の撮影後にレタッチで加工する

中学受験写真をノーメイクで撮影した後にレタッチで加工すると、仕上がりがより良くなります。
証明写真におけるレタッチは、

  • ・ニキビや顔の傷を消す
  • ・アホ毛などを消す

ことを指します。その結果、より清潔で健康的な証明写真となります。
しかし、素人がレタッチを行うと不自然な仕上がりになってしまうため、写真スタジオのプロのカメラマンにレタッチを任せることをおすすめします。

中学受験写真を撮影する際の肌荒れを隠す程度のメイクはOK

中学受験写真においてメイクはNGと話しましたが、撮影する際に肌荒れを隠す程度のメイクであればOKです。
特に、レタッチがついていない写真館を予約した後、ニキビができて困っている場合におすすめです。肌荒れを気にしながら撮るよりは、コンシーラーやファンデーションで隠したほうが、肌荒れも気にならず納得のいく証明写真に仕上がるでしょう。
コンシーラーやファンデーションをつける際は指でポンポンと馴染ませ、薄付きとなるように心がけましょう。

メイクなしで印象の良い中学受験写真にしたいなら写真スタジオがおすすめ

メイクなしで印象の良い中学受験写真にしたい場合は、「写真スタジオ」で撮影することをおすすめします。
写真スタジオで中学受験写真を撮影すると、

  • ・肌荒れを隠すためのメイクをしてもらえる
  • ・プロにレタッチをしてもらえる

というメリットがあります。

写真スタジオで撮影することで、中学受験写真に適しているヘアスタイルや、肌荒れを隠すためのメイクを施してもらうことができます。
また、写真スタジオにはレタッチのサービスが多いため、プロにニキビなど気になるところをレタッチもしてもらうことが可能です。
納得のいく質の良い中学受験写真を撮るためにも、写真スタジオで撮影することをおすすめします。

まとめ

この記事では、

  • 中学受験写真ではメイクはしない方が無難
  • 中学受験写真をノーメイクでも印象良く撮る方法
  • 中学受験写真を撮影する際の肌荒れを隠す程度のメイクはOK
  • メイクなしで印象の良い中学受験写真にしたいなら写真スタジオがおすすめ

について解説してきましたがいかがでしたか?

中学受験写真を撮る際はメイクはせずに、眉周りを整えたり、化粧水やリップで保湿をしたりしましょう。
また、より良い中学受験写真を仕上げるためにも、プロに撮影やレタッチなどをしてもらえる写真スタジオを利用することをおすすめします。

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました