アイコン:目次目次

もくじをタップするとページ内を移動します

エアライン・CA就活写真の適切な撮影時期はいつ?日系・外資系別に解説!

本サイトはプロモーションを含む場合があります。
エアライン就活写真の適切な撮影時期はいつ?日系・外資系別に解説!

はじめに

エアライン企業への内定を目指している就活生のみなさん、”就活写真”の準備はできていますか?
  • 「エアライン就活の証明写真を撮るのはいつが良いだろう。」
  • 「エアライン就活のスケジュールってどんな感じだろうか。」
就活生はこのような悩みが尽きないですよね。 そこで今回は、
  • エアライン就活のスケジュール
  • 外資系・日系エアラインごとの細かい日程
  • エアライン・CA就活写真の撮影に適した時期
  • エアライン・CA就活写真を撮影する際の注意点
を解説していきます! エアライン業界の内定獲得への道のりは、スケジュール管理から始まっています。 スケジュールを踏まえた上で、ベストな撮影時期を逆算しましょう。 それでは、エアライン就活のスケジュールと、適した証明写真の撮影時期について説明していきます。 エアライン就活写真が撮影できるおすすめのスタジオは以下で紹介しています!ぜひご覧ください!

東京でエアライン・CA就活写真におすすめの写真スタジオ特集

大阪でエアライン・CA就活写真におすすめの写真スタジオ特集

エアライン業界の内定獲得への道のりはスケジュール管理から始まっている

エアライン・CA就活写真の適切な撮影時期はいつ?日系・外資系別に解説!1
エアライン・CA就活写真を撮影する適切な時期を決めるためには、エアライン就活のスケジュールをまずは把握する必要があります。 エアライン就活スケジュールを踏まえることで、予定から逆算することができるので、ベストな撮影時期を選択することができます。 まだエアライン就活スケジュールを確認していない方は、自分が希望する航空会社のスケジュールを確認しておきましょう。

エアライン就活のスケジュールと適した証明写真の撮影時期

エアライン・CA就活写真の適切な撮影時期はいつ?日系・外資系別に解説!2
エアライン就活のスケジュールは、エアライン就活をインターンから始める場合と本選考から始める場合と、それぞれスケジュールが異なります。 以下にエアライン就活のスケジュールと、適した証明写真の撮影時期を紹介します。 自分が該当するエアライン就活のスケジュールを把握し、適した証明写真の撮影時期を確認してみましょう。

【1】エアライン業界のインターンに参加する就活生

エアライン業界には、インターンを設けている企業があります。企業理解を深めるだけでなく就活の情報収集もできるため、インターンへ参加する学生も非常に多いです。 そんなインターンも書類選考がある場合が多いため、しっかりと就活写真を準備しなければなりません。 問題なくインターンへ参加するためにも、スケジュールをしっかりと確認しておきましょう。

エアライン就活のインターンはいつから始まる?

エアライン業界のインターンは、11月下旬から2月にかけての冬の時期に実施され、募集の締め切りは10月〜11月上旬です。 しかし、インターンは人気のため先行して募集する会社もありますので、希望している会社の募集時期を見逃さないように、注意が必要です。

エアライン就活のインターンから始める場合の証明写真の撮影時期

インターンから始める場合の証明写真の撮影時期は、大学3年生の7月〜8月がおすすめです。 募集の締め切りは10月から11月ですが、この時期は他のインターン応募者も殺到するので、写真スタジオが混雑します。忙しい就活生にとって、希望する時間に予約が取れないとなるとストレスも溜まってしまいます。 そのため、夏休みを利用して大学3年生の7月から8月にかけて撮影するのがおすすめです。

【2】エアラインの本選考から就活を始める場合の就活生

エアラインには、日系と外資系の2つがあります。どちらも本選考の時期を正確に把握した上で、撮影に臨むのが必須です。 それぞれ、本選考の時期と証明写真の撮影時期をみていきます。

日系エアラインの本選考はいつから始まる?

一般的な日系エアライン業界の本選考のスケジュールは、以下のようになります。
3月〜4月 エントリーシートを希望の就職先に提出
4月~5月 書類選考
6月~7月 面接
エアライン業界のスケジュールの特徴として、面接が一般企業よりも遅れてくることがあります。 そのため、後述しますが、エアライン・CA就活写真と現在の姿が統一されるように注意を払う必要があります。

日系エアラインの本選考から始める場合の証明写真の撮影時期

日系エアラインの、本選考から始める場合の証明写真の撮影時期は、大学3年生の9月〜10月の撮影が良いです。 日経エアラインのエントリーシートの提出は、3月〜4月となっています。 逆算して写真撮影の時期を決めていくと、期間的ゆとりがあるため1月〜2月で良いと思うかもしれません。 しかし、1月〜2月は成人式・卒業式など就活以外のイベントも多く、写真スタジオの繁忙期となるため、予約が埋まっている場合が多いです。 よって、比較的予約が落ち着いている秋頃の9月〜10月の撮影がおすすめです。

外資系エアラインの本選考はいつから始まる?

外資系エアラインの本選考のスケジュールは以下のようになります。
4月〜5月 エントリーシートを希望の就職先に提出
5月~6月 書類選考、英語試験
6月~8月 面接
外資系エアラインのスケジュールの特徴は、日系エアラインより1か月遅れて開始する点です。 外資系エアライン就活では、英語試験を設けている場合もあるため、試験勉強にも身が入るように、余裕をもって準備を行いたいところです。

外資系エアラインの本選考から始める場合の証明写真の撮影時期

外資系エアラインの本選考から始める場合の証明写真の撮影時期は、日系エアラインと同様に大学3年10月頃がおすすめです。 外資系エアラインは日系エアラインよりも開始が遅いため、エントリーシート提出が4月頃となります。 日系と同様ゆとりをもった時期として1月〜2月が最適のように思うかもしれませんが、前述したように1月〜2月は成人式、卒業式などで繁忙期となります。 写真スタジオの繁忙期に当たる前にゆとりをもって撮影ができるので、日系エアラインと同様に大学3年10月ごろがおすすめとなります。

エアラインの就活写真を撮影する時期は“早め”がおすすめ

エアライン・CA就活写真の適切な撮影時期はいつ?日系・外資系別に解説!3
ここまで、日系・外資系エアラインにおける、おすすめの就活写真の撮影時期を解説してきました。 上記でも述べてきた通り、エアラインの就活では、一般企業の就活よりも就活写真を早めに撮影することをおすすめしています。 なぜ、エアライン就活では早めの撮影が良いのでしょうか?以下で2つの理由を解説していきます。

エアライン・CA就活写真の早期撮影をおすすめする理由:複数枚の写真を用意する必要があるから

エアラインの就職活動では、一般の就職活動と比べて準備する写真の種類と枚数が多くなります。複数の写真を用意する必要があるため、どうしても一般の就活より時間がかかってしまうのです。 エントリーシートの提出間近に焦らないためにも、エアラインの就活写真を撮影する時期は“早め”にしておくのが無難です。 では実際にエアライン就活では、どのような証明写真を準備しなければならないのでしょうか?以下で詳しく解説していきます。

エアライン就活で必要な証明写真1:バストアップ写真

エアライン就活で必要な証明写真の1つ目は、バストアップ写真です。 バストアップ写真は、名前の通り胸から上の顔写真を撮影したもので、一般の就活写真でも提出を求められることが多いと思います。 エアライン・CA就活写真では、華やかさを出すために斜めを向いて撮影することが多いです。 バストアップ写真のサイズはエアライン企業によって様々であるので、自分のいきたい企業の写真サイズをあらかじめ確認しておきましょう。

エアライン就活で必要な証明写真2:全身写真

エアライン・CA就活写真で必要な写真の2つ目は、全身写真です。 これは、頭からつま先までの全身を撮影した写真であり、スタイルや外見を重視するエアライン企業ならではの証明写真となっています。 ポーズは、バストアップ写真と同様、身体の向きを軽く斜めにし撮影することが一般的です。 全身写真では、下半身もしっかりと映るため、立ち姿やスカートのシワにも注意しましょう。

エアライン・CA就活写真の早期撮影をおすすめする理由:2月~3月の繁忙期には写真館の予約が取りづらいから

エアライン・CA就活写真を早めに撮影した方が良い理由の一つとして、予約の取りずらさがあります。 エアライン・CA就活写真が必要になってくる1月〜3月は、一般業界の就職活動も本格的になってきますので、写真スタジオが非常に混み合ってきます。 エントリーシートの記入や面接の対策など、忙しいエアライン就活生にとって、取りたい時間に予約が取れないのは大変です。あらかじめ立てていたスケジュールが崩れてしまう可能性があります。 そのため、エアライン就活では前もっての行動を心がけ、12月ごろにはエアライン・CA就活写真の撮影を行えるよう予約をしましょう。

エアライン・CA就活写真を撮影する際の時期の注意点

エアライン・CA就活写真の適切な撮影時期はいつ?日系・外資系別に解説!4
エアライン・CA就活写真を撮影する際の時期は、確かに“早め”がおすすめなのですが、あまりに早く撮影してしまうのも問題です。 また、写真と面接時の姿が異なってしまっても、違った印象をもたれ悪い評価を受けることもあります。 このような失敗をしないための注意点を紹介します。

(1)エアライン・CA就活写真は企業へ提出する1年以上前に撮影しない

就職活動の写真は、基本的に3ヶ月〜半年前までのものは、使用して良いとなっています。 また、見た目や雰囲気が写真とそこまで変わらずに、一致しているような場合は多少オーバーしても問題ありません。 ただし、1年以上前の写真となると見た目や雰囲気が異なってしまうため、採用担当者に不信感を与えてしまいます。 つまり、エアライン・CA就活写真は企業へ提出する3ヶ月〜半年前までのものを使用し、1年以上前に撮影したものの場合は再撮影を行いましょう。

(2)エアライン・CA就活写真の撮影時の髪の長さをキープする

エアライン業界のインターンの募集締め切りは10月〜11月上旬ですので、インターンに参加する就活生は特に早い時期に撮影します。 そのため、数ヶ月の中で髪が伸び、あまりにも写真と実際の髪の長さが違うとマイナスの印象を与えてしまいます。 エアライン就活の写真と現状の姿が統一されるよう心がけることが重要です。

エアライン・CA就活写真は写真スタジオでプロにお願いしよう

エアライン・CA就活写真の適切な撮影時期はいつ?日系・外資系別に解説!5
ここまで詳しく解説してきたエアライン・CA就活写真ですが、撮影は写真スタジオを利用することをおすすめします。 エアライン・CA就活写真は、一般の就活写真とは違い”全身写真”の提出が求められます。 自分でスマホを使って撮影することも可能ではありますが、やはり写真スタジオと比べると品質の差は一目瞭然。多くの就活生を見てきた採用担当者からも、「気を抜いている」とマイナス印象をもたれてしまう可能性もあります。 写真スタジオを利用すると、エアライン・CA就活写真の知見をもったプロによって、高品質な仕上がりの写真を受け取ることが可能です。また、エアライン業界に適したメイクや服装のアドバイスももらうことができますよ!

まとめ

エアライン就活のスケジュールと、適した証明写真の撮影時期を中心に、説明しました。 インターン、日経エアライン、外資系エアラインと、それぞれスケジュールは異なります。 自分の希望する航空会社のスケジュールをいち早く把握し、撮影の時期を“早め”に設定することが重要です。 今回の記事では
  • エアライン就活において最適な証明写真の撮影時期
  • エアライン・CA就活写真の早期撮影をおすすめする理由として
  • エアライン・CA就活写真を撮影する際の時期の注意点
を解説してきました! 繰り返しになりますが、エアライン業界の内定獲得への道のりは、スケジュール管理から始まります。スケジュールを踏まえた上で、自分にベストな撮影時期を逆算し、後悔のない就活にしましょう。 以上、この記事が少しでも参考になれば幸いです。 エアライン就活写真が撮影できるおすすめのスタジオは以下で紹介しています!ぜひご覧ください!

東京でエアライン・CA就活写真におすすめの写真スタジオ特集

大阪でエアライン・CA就活写真におすすめの写真スタジオ特集

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました