宣材写真のリップメイクはナチュラル重視!カラーやメイク法を紹介

はじめに

タレントやモデル、役者といった芸能人は印象が命。そのため「少しでも自分の魅力を引き出せる好感度の高い宣材写真を撮りたい!」と誰もがそう思うはずです。
しかし、

  • 「どんなメイクにすればいいか分からない‥。」
  • 「メイクが裏目に出たらどうしよう‥。」

そう不安に感じる女性もおられます。
しかし宣材写真で大切なある大原則を心に留めるだけで、誰でも好感度の高い宣材写真を撮ることができるのです!
そこで今回は、おもに宣材写真で気を付けたいリップメイクのポイントやおすすめのカラー、メイク法を解説していきます。
この記事によって、顔の中で最も女性らしいリップの悩みが軽減されるでしょう!

宣材写真からあなたをイメージする

「穏やかで温かみのある親しみやすい人か?」「上品で清潔感があり信頼できる人か?」写真は多くを語ります。もちろん写真がすべてではありません。
しかしクライアントは宣材写真から醸し出されるあなたの人柄を感じ取り、あなたに対するイメージを膨らませていきます。
さらに一緒に働くことで「ブランド価値や企業イメージはどうなるか」など未来もイメージしていきます。宣材写真で良い印象を与えることでその後の信頼関係も築きやすくなるでしょう。
そしてそもそもクライアントが求めるイメージと宣材写真が一致しなければ、オファーがくることもありません。仕事を増やしていくためにも宣材写真は大切なものなのです。

写真だからと手を抜かず、あなたの魅力を最大限に発揮された1枚で、芸能界という厳しい世界で勝負していってください。その勝負を支えてくれるのもまた宣材写真。メイク1つで女性は大きく雰囲気を変えることが出来ます。後悔のしないメイクにするためにもぜひ勉強してから撮影に臨んでくださいね!

宣材写真のリップメイクは”ナチュラルさ”重視

「ナチュラルリップ」これが宣材写真の大原則です。なぜかというと、リップの質感やカラーによって印象は一瞬で変わってしまうからです。
宣材写真となると気合いが入り過ぎ派手なメイクになる人がいますが、化粧によって印象がブレる可能性があります。それで特に宣材写真のリップは健康的に見える程度のナチュラルリップを心掛けましょう。
清潔感や明るい印象を与える事ができ、あなたの素の魅力を引き出してくれます。

宣材写真に適したリップメイクアイテムの特徴

実はプライベートで多用するリップメイクアイテムが宣材写真にも最適というわけではない場合もあります。宣材写真のメイクをする前に、適したリップメイクの特徴を押さえておきましょう。特徴は主に、⑴質感⑵カラーと分けて解説していきます。

【1】質感

大原則はナチュラル感ですので、質感も自然なものが好ましいです。
ナチュラルな質感を与えるおすすめのリップアイテムはこの2つ。

  • ・シアーリップ
  • ・セミマットリップ

シアーリップは透け感のある程よいツヤを与え、「塗り過ぎ感」を避けることができます。
マットなリップに苦手意識のある女性もいますが、セミマットリップはうっすらとした自然なツヤを与えてくれます。
ちなみに、リキッドタイプはべたっとつき過ぎて、口元がパキッとした印象になり「派手、きつい女性」という印象を与えかねません。役柄や与えたい印象によってはリキッドでも問題ありませんが、そこまで考えていない方にはおすすめしません。
ナチュラルな質感は先入観を与えることなく、いろんなあなたをイメージしやすくなるため宣材写真にはシアーリップかセミマットリップのどちらかの質感がおすすめです。

【2】カラー

色においても大原則はやはり“ナチュラルカラー”です。
宣材写真メイクでこのナチュラルカラーリップをつけることで、健康的な印象を与えることができクライアントも様々なシチュエーションで起用しやすくなります。
しかし逆に真っ赤やパッションピンクは見る人によってだいぶ印象が変わってしまうので非常にリスキーなカラーといえます。
派手なイメージが定着し過ぎると他のクライアントから声が掛からなくなり仕事の幅が広がらない可能性もあります。
一度固まってしまったイメージを除くのは簡単ではありません。
それでイメージが命のタレントはまずはフラットに仕事を受けやすいナチュラルカラーを選びましょう。
ではその宣材写真にオススメのナチュラルカラーリップ、具体的にはどのような色なのでしょうか?一般的に多い与えたい印象に分けて以下より解説します。

フレッシュな印象を与えるリップカラー

フレッシュな印象を与えたいならピンクやコーラル系がおすすめ
中でもコーラルピンクは健康的に見えるだけでなく、柔らかい印象を与え、人当たりも良く見えるのでおすすめです。
さらにコーラルピンクは日本人の肌と相性がいい色と言われています。
コーラルピンクは顔色を良く見せ、幅広い年齢層の人に合うカラーです。
しかし色が薄過ぎると幼稚な印象を与えてしまうこともあるので発色はいいものを選びましょう。

落ち着いた印象を与えるリップカラー

落ち着いた印象を与えたいならピンクベージュがおすすめです。
女性らしく、大人っぽい印象を自然と与えてくれます。
しかもどんなメイクにも合わせやすく、主張し過ぎないのも嬉しいポイントです。
しかしベージュ系のリップは唇本来の魅力を失わせる可能性もあります。
もともと血行の良いピンク色の唇も、ベージュ系カラーによって発色が悪くなりせっかくのチャームポイントが消えてしまうことも。
自分の唇の特徴を良く理解した上でリップカラーを選ぶことも大切です。

宣材写真で”ナチュラル”に見えるリップメイクとは

上記で宣材写真におすすめのリップの特徴をご紹介しました。ナチュラルさが重要と解説してきましたが、ここからはそのナチュラルに見えるリップメイクとは具体的にどのようなメイクなのかをご紹介します。
宣材写真でナチュラルに見せる一つのポイントは“血色感”
血色感メイクとはお風呂上がりのほんわか赤くなったようなメイクのことです。
ナチュラルに見えるリップメイクはとても簡単です。以下メイク法をまとめます。

    【宣材写真でナチュラルに見えるリップメイクのやり方】

  • ⑴リップクリームで唇全体に潤いを与え、本来の血色を上げていく
  • ⑵口紅をスティックから直接塗るのではなく、指に付けてポンポンと優しく唇を叩くように塗る。唇が刺激されこれだけでもナチュラルな血色リップに変化していきます。
  • ⑶全体を馴染ませるようにブラシで全体の色合いを整えて完成

ちなみにリップコンシーラーをはじめに使うと唇の色味が整うだけでなく、色乗りも良くなり血色感をキープしやすくなりますよ。
宣材写真はデータで見られる際に拡大されることも多いです。ずれや乾燥が目立たないよう気をつけましょう。

宣材写真のリップメイクのポイント

ご紹介した宣材写真のリップメイクをする上でのポイントは「薄塗り」です。
塗り過ぎて唇が強調されすぎると唇ばかりが目立ってしまい、全体のバランスが失われてしまいます。
それで肌とのコントラストを見ながら徐々に色を濃くしていくことも1つのテクニックです。
さらに宣材写真では唇の輪郭をしっかり出すことも喜ばれます。
唇の輪郭をぼかすと透明感のある印象を出せたり、オーバーリップにすると色っぽい雰囲気を出せたりイメージを変えることができます。
しかし体のラインと同じく顔のパーツが分かりにくいとクライアントは素材の判断が難しくなってしまいます。
それで宣材写真のリップメイクは初めは薄塗り、輪郭はっきりを意識しておこなうと良いでしょう。

宣材写真のリップメイクではグロスを重ねて塗っても良いの?

日頃から仕上げにグロスを重ねている方からよく付けていいのかと質問をいただきます。結論、宣材写真での重ねグロスはあまりおすすめできません。
日頃のメイクと異なり、宣材写真の撮影時にはライティング・ストロボといった光がよく飛び交います。そのためテカテカになりストロボの光が反射して不自然な写りになってしまいます。
特にバストアップ写真では顔の作りがアップになるので、グロスによって唇がより強調され主張の強い写真になってしまいます。
さらにグロスもオーバーリップと同じように色っぽい雰囲気を出すことはできますが、重ねて塗るとぼってりとした唇になり爽やかな印象が損なわれかねません。
軽く塗るぐらいのグロスであれば大きな問題はありませんが、グロスの重ね塗りは宣材写真では控えた方が良いでしょう

万人ウケする宣材写真のメイクはプロに依頼しよう

ここまで宣材写真のリップメイクをご紹介してきましたが、それでも自分でやるのは不安という方もいると思います。そういう方や、そうではなくとも大切な宣材写真はやはりプロのメイクがいるスタジオに依頼するのが1番です。
メイクには癖があります。宣材写真だから適したメイクにしなければと思いつつも、ついつい普段と同じメイク、同じ仕上がりになりがちの方が多いです。普段し慣れたメイクを脱却して宣材写真用のメイクをマスターするのは簡単ではありません。
しかしフォトスタジオにはプロのヘアメイクさんが在籍していたり、他の美容室などと系列していたりと、とにかくプロにやってもらえます。
第3者の視点からより良い写りに仕上げてくれるメイクさんは心強いパートナーです。
他者が好感を持つ写真を撮りたければプロの力に頼りましょう。

宣材写真は思い切ってフォトスタジオで!

メイク以外にも宣材写真をフォトスタジオで撮影することのメリットは沢山あります!
セルフメイクで完璧に仕上がっても撮影時のフラッシュや光の角度を自分で調整することはできませんが、プロのカメラマンはそちらも調整してくれます。また、宣材写真に慣れているスタジオならポージングのアドバイスや撮影後のレタッチも含め、すべてを安心して任せることができますよ。クライアントも写真を見るプロであるからこそ、撮影もそんなプロたちの考えを分かりきっているカメラマンに撮影してもらうと良いでしょう。
さらに宣材用のセットや背景、屋外での撮影も行なっているスタジオもあります。自撮りや知人に撮影してもらうよりは多少お値段は高いかと思います。しかし、他の人たちと比べ一際目立つ宣材写真を手に入れて、自信を持って芸能活動をしていきませんか?

女性の宣材写真のリップメイクまとめ

今回は宣材写真で気を付けたいリップメイクのポイントやおすすめのカラー、メイク法を解説しました。
大原則はナチュラルリップです。
あなた好みのリップではなく万人受けしやすいリップでクライアントのオファーを独占しましょう!
経験豊かなプロが揃うフォトスタジオなら、あなたの魅力を活かせる最高の一枚を残すことができますよ。

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました