宣材写真のチークはナチュラルさが命!メイクポイントやアイテムの特徴を紹介

はじめに

  • 「芸能界で売れたい!」
  • 「憧れの芸能人と一緒に仕事がしたい!」

そんな夢に向かって日々努力する女性にとって、高感度を上げるメイク法は絶対に知っておきたいポイントではないでしょうか?
芸能人として仕事をスタートするために絶対に欠かせないもの、それが「宣材写真」です。
職種によって好まれるメイク法が違うように、宣材写真にも適したメイクと適さないメイクがあります。
それで今回は好感度を与えるチークのポイントやアイテムの特徴を解説していきます。
宣材写真に適したメイク法を勉強して大切な撮影に挑みましょう。

宣材写真が超重要!印象に残る写真を撮影しよう

第一印象が結果を左右する芸能界にとって宣材写真はとても大切です。
宣材写真にこだわればこだわるほど、クライアントは仕事に対するあなたの取り組み方や本気度を理解してくれます。
しかし、写真だからと手を抜けばすぐに見破られてしまい、クライアントと対面する間も無く信頼を失いかねません。
それほど宣材写真は重要なものです。
良い意味で印象に残る宣材写真を準備するならその後の信頼関係も築きやすくなります。
皆が納得する宣材写真を残して仕事のオファーに繋げましょう。

宣材写真におけるチークの効果とは

チークには顔の血色をよく見せ、健康的な印象を与える効果があります。
またチークにはシミやそばかすを目立たなくする効果もあるので、若々しい印象を与えることが可能です。
特にクライアントは企業にとってプラスになる人材を宣材写真から探していきます。
人を爽やかにする元気で清潔感のある女性はクライアントにとって最高の人材です。
しかしポイントを間違えたチークメイクは逆効果になりますのでポイントを押さえたメイクを学んでいきましょう。

宣材写真におすすめのチークアイテムの特徴

宣材写真のチークには向き不向きがあります。
写真写りを意識したチークアイテムの特徴を紹介します。

特徴1:ラメ感

ラメ入りチークは華やかな印象を与えることができますが、ラメが目立ち過ぎると幼稚さや派手な印象をクライアントに与えかねないので注意が必要です。
宣材写真はいろんなクライアントが見るものですので、できる限り万人ウケするナチュラルメイクがベスト
とはいえ細かなラメは肌にツヤを与え、美肌効果が期待でき写真写りが良くなります。
しかしキメ細かなラメでも付けすぎるとフラッシュが反射して顔がテカって見えてしまうため、あまりキラキラし過ぎないチークをおすすめします。

特徴2:色味

宣材写真のチークにはピンクがおすすめです。
女性らしいカラーで顔まわりがパッと明るい印象になり好印象を残すことができます。
「ピンクは似合わない!」という人はオレンジ系を選ぶと良いでしょう。
健康的に見え、元気のよい印象をクライアントに与えることができます。
しかしベージュや最近流行りのパープルは、地味で個性的な印象に受け取られることもあるので宣材写真用のチークとしては不向きです。
また赤過ぎるチークも要注意。
フラッシュによって白い肌はより白く写りますが、頬の赤味だけが不自然に残ってしまい、頬が浮いた写真になってしまいます。
自然なピンクで血色感のある健康的な女性を演出しましょう。

特徴3:種類

宣材写真のチークはパウダー系の混色がおすすめです。
混色とはパレットタイプのチークで、色をミックスすることによりフワッとした立体感のある頬を作ることができます。
また宣材写真ではリキッドタイプのチークもおすすめです。
リキッドチークは肌に馴染みやすいのでより自然な発色を出すことができます。
ツヤのある肌になるので、写真映えしやすくなります。
しかし宣材写真では腕や足を出す写真が好まれるため、全体の色バランスにも気をつけて自分の肌にあったチークを選びましょう。

宣材写真で好印象となるチークメイクは?

まずはにっこりと鏡の前で笑顔を作り、頬の一番高くなったところに筆をおきましょう。
そこからこめかみに向かってスッと直線に筆を動かします。
一直線に入れたチークに対して垂直になるよう上下に筆を動かし色をぼかしてください。チークは楕円形に仕上げると好印象な宣材写真になります

宣材写真のチークのメイクポイント

押さえておきたいポイントを3つ紹介していきます。

  • ・かたち
  • ・高さ
  • ・量

【1】かたち

まん丸チークは女の子らしく、とても可愛らしいメイクですが人によっては幼さや頼りない印象をクライアントに与えてしまうため、宣材写真のチークとしては不向きです。
女優やタレントは見られる仕事なのに「気を遣えていない、準備不足」と思われかねません。
それで宣材写真のチークはまん丸ではなく楕円形を意識しましょう
ちなみに楕円形のチークを斜めに入れるとシャープな印象に、平行に入れると上品で清楚な印象を与えることができます。

【2】高さ

チークの高さは微笑んだ際の頬骨の高さに乗せるのがベストです。
ナチュラルで血色感のある健康的な仕上がりになります。
しかしチークの位置が高過ぎると幼い印象に、逆に低く過ぎると老けた印象を与えてしまいます。
特に宣材写真でチークの位置が低く過ぎると、チークが影に見えたり不健康な雰囲気になってしまうので注意が必要です。
それでチークの高さは頬骨よりも下にならないように気をつけましょう。

【3】量

宣材写真用のチークメイクは普段のチークより少し多めが適量です。
少なすぎると写真によってはチークしているか分からない場合があり、元気な印象を与えにくくなります。
とはいえ宣材写真はナチュラルさが大切ですのでチークの付け過ぎにも注意しましょう。
チークをつけすぎると顔全体のバランスが壊れてしまい不自然な写真になります。
またチークをのせている箇所と、のせていない箇所がくっきり分かれないようにぼかすことも大切です。
ぼかさないと、適量であってもチークの主張が強い宣材写真になってしまいます。
全体の色のバランスにも気を配りつつ量を調整していきましょう。

宣材写真のメイクはプロにお願いするのもアリ

チークメイクは色や場所、ぼかし加減や筆の入れ方で印象がだいぶ変わってしまいます。
それでポイントは分かっても宣材写真を自前のメイクで挑む自信はないと言う方もおられるのではないでしょうか?
しかしフォトスタジオならプロのメイクさんが在籍している場合が多いため、安心して全て任せることができます。
そして意外と知られていませんが、シミやそばかすはレタッチで消すことはできても、ニキビ跡などの凹凸を編集で消すのは実はかなり難しいのです。
でもプロのメイクさんならベースの段階からしっかり肌を整えてくれるので、編集が難しい凹凸もしっかりフォローしてくれます。
プロの技術力さえあればより他者が好感を持つ宣材写真を残すことが可能です。

宣材写真の撮影はフォトスタジオがおすすめ!

クライアントは何百、何千枚もの写真をチェックしてきたいわば写真選びのプロです。
プロの目にキラリと輝く写真を撮るためには、やはりプロの実力に頼るのが最善でしょう。
特に今回紹介したチークは顔の中でも特に反射しやすい部分なのでライティングを失敗してしまうとせっかくのメイクが台無しになりかねません。
しかしプロのスタジオなら細かなライティング技術によって屋内でも屋外でもあなたの魅力を活かす納得の一枚を残してくれます。
撮影後のレタッチも編集し過ぎず、自然な仕上がりを意識しておこなってくれるのでクライアントの信頼も得やすくなります
それで宣材写真はスタジオ撮影が絶対におすすめです!

宣材写真のチークメイクまとめ

今回は宣材写真で好印象を与えるチークメイクのポイントについて解説しました。
健康的で爽やかな印象を与えるチークのポイントはナチュラルピンクがベストです。
頬の一番高い所にフワッとのせた優しいピンクが女性らしく上品な印象を与えてくれます。
しかし宣材写真の難しい所はクライアントがどう捉えるかということです。
でも宣材写真の注意点を十分に心得ているフォトスタジオならスタッフ全員があなたを全力でサポートしてくれます
芸能界での勝負が掛かった替えの効かない宣材写真、プロのカメラマンとメイクさんの技術に託してみるのはいかがでしょうか?

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました