仕事のオファーが増える!宣材写真でおすすめのポーズを解説します

はじめに

宣材写真についてお考えのみなさん。
宣材写真では、スタイルやファッション、ヘアメイクやメイク、ポージングや背景など、自分を良く見せるために様々な点に気を配らなくてはなりません。
なかでもポーズは重要で、宣材写真のポーズひとつで仕事のオファーに大きな影響を及ぼします。
自分にはどんなポーズがふさわしいのか、悩まれている方々のためにも今回は、仕事のオファーを増やすための、宣材写真でおすすめのポーズについて男女別に解説いたします。
こちらを読んで、ぜひ自分を一番良く見せられる宣材写真のポーズを身に着けてください。

宣材写真で自分をアピールするのにポーズは重要

宣材写真で自分を最大限アピールするために、ポーズはとても重要です。
ここからは、ポーズの重要性について解説いたします。

ポーズが重要な理由1:見せたい自分を表現できる

見せたい自分やなりたい職業によって、ポーズは異なります。
アイドル希望であれば、元気いっぱいのポーズが目を引きますし、演奏家を目指しているなら、落ち着いたイメージのポーズが求められます。
求める理想像や職業のイメージとかけ離れたポーズはちぐはぐな印象を与えてしまいますが、逆にどんな自分を表現したいかでポーズを変えれば、より写真から受ける良いイメージがぐっと増します

ポーズが重要な理由2:スタイルを良く見せれる

宣材写真はポーズを変えるだけで、写真の加工をせずともスタイルを良く見せられます。
体の向きをカメラに向かって少し斜めの角度にすることで体のラインが細く見えるし、さらに顔に手を添えたり顔を傾けたりすることによって頭を小さく見せることができます。
また、足の向きや揃え方を変えて、アングルを工夫して撮影すると足を長く見せることができます。
これほどまでに宣材写真のポーズはスタイルを良く見せる効果が高まるので、何も考えずに棒立ちで撮影してはとてももったいないです。

宣材写真でポーズを撮る際に重要なこと

続いて、宣材写真やオーディション写真を撮る際のポーズで重要なポイントをお伝えします。カメラマンの視点から解説しているので、自分ではわからなかった点だと思いますよ!ぜひ読んでみてください!

重要なこと1:目線

宣材写真での目線は、カメラ目線が基本です。
カメラ目線をすることによって自分を強く印象付けられますし、クライアントや一般人などの、宣材写真を見る相手を【意識してまっすぐ見ている】というアピールになります。
目力が強ければその効果は高まり、宣材写真を見ている人に対して、写真をしっかり見ようという意識を植えつけることができます
宣材写真ではないイメージカット等では視線をずらした写真も効果的ですが、宣材写真だとどこを見ているのかわからないと思われ逆効果です。

重要なこと2:背筋

宣材写真では背筋はまっすぐにしましょう。
猫背だとだらしなく暗い印象に、逆に胸を張りすぎると偉そうに見えてしまいます。
体幹を意識して、上から真っすぐに吊り下げられているようなイメージで背筋を自然にまっすぐに伸ばしてください

重要なこと3:体の向き

宣材写真の体の向きは、真正面からの撮影が良いと思われがちですが、そんなことはありません。
顔はカメラの方向を向けたまま、体の向きを少し斜めにずらすとスタイルが良く見え、ウエストを細く見せることもできます。

重要なこと4:つま先の向き

つま先まで映る宣材写真の全身撮影では、足の向きが重要です。
つま先の向きと膝の向きが合っているポーズが好まれます。膝の向きとつま先の向きが合ってないと写真全体がちぐはぐな感じがして、違和感が生じます。
特に全身写真では足をよく見られますので、つま先まで意識したポージングが重要なのです。

【女性編】宣材写真を撮るためにおすすめのポーズ

ここからは、男女別に宣材写真を撮るためにおすすめのポーズをご紹介します。
特に足の形や手の位置など、ぜひ参考になさってください。

全身写真にオススメのポーズ3選

まずは女性の宣材写真の、全身写真を撮影する際におすすめのポーズを3つご紹介します。
全身写真は顔の次に見られる体系の良し悪しをはっきりと見られます。少しでも良いスタイルであることをアピールするべく、自分が最も綺麗に見えるポーズを見つけてくださいね!

オススメのポーズ1:片手を腰・足をクロス

女性の宣材写真ではよくあるポーズで、足をクロスさせ、腰に手を置きます。
足をクロスさせると写真に写る足全体の面積が減るので、足が細く見えます。
また手を腰に置くことでウエストが細く見えます。
手を置く位置を高くすれば、足長効果も期待できます。
多くの人に似合いやすいポーズで、同じポーズでも服装や表情を変えるだけで様々な職種に対応できる、万能ポーズです。

オススメのポーズ2:片手を腰・足を重ねる

続いてのおすすめポーズは、片手は一つ目と同じく腰の位置に、足は重ねます。
手を腰に置くポーズの効果は、一つ目と同じくウエストを細く見せ、足を長く見せることができます。
足はクロスとは違ってカメラに向かって重なるように撮影します。
足の面積が狭まるため、スラっと足が長く見えます

オススメのポーズ3:膝を合わせたポーズ

全身写真で最後におすすめするポーズは膝を合わせたポーズです。
膝を重ねて、そこから下を少し開き気味にすると可愛さを強調することができます。
アイドルなど、可愛らしさをアピールしたい方に特におすすめです。

バストアップ写真にオススメのポーズ3選

次にご紹介するのは、女性のバストアップの宣材写真におすすめの3ポーズです。
顔をまず見られるバストアップ(上半身写真)ですが、いかに顔を良く見せられるか、上半身のスタイルにおいても良く写るかを考えて撮影しましょう。

オススメのポーズ1:手を腰に置く

宣材写真では手を腰に置くことで姿勢を良く見せるととともに、ウエストを細く見せることができます。この時、正面ではなく体は少し斜めにして顔だけ前を向いた方が首元も綺麗に見せることができます。
また全体的に自信に満ちたイメージとなり、堂々とした印象になります。首を同時に傾けると女性らしさも演出できます。
また腕と体の間に三角形の空間が生まれることで、写真に動きが出ます。

オススメのポーズ2:手を前で組む

手を前で組むことでエレガントさが増し、清楚で女性らしい印象になります。上品で優しいイメージになるため、女性らしさを出したい時におすすめです。
自分が憧れている人を想像しながら撮影すると、手を組む場所のイメージが掴みやすくなります。

オススメのポーズ3:手を後ろで組む

女性が手を後ろに組むと可愛らしい印象になります。
また、バストアップ効果や、くびれを強調するポーズとなるため、可愛らしく女性らしい写真に仕上げたい方におすすめです。

【男性編】宣材写真を撮るためにおすすめのポーズ

ここからは男性の、宣材写真を撮るためにおすすめのポーズをご紹介します。男性は女性と異なり、男らしさの中にも清潔感を演出できるポージングが好まれます。全身写真とバストアップ写真とそれぞれご紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてください!

全身写真にオススメのポーズ3選

まずは男性の宣材写真の、全身写真におすすめのポーズを3つご紹介します。

オススメのポーズ1:腕を垂らす・足を重ねる

最初のおすすめは、両腕を自然に垂らして、足を重ねるポーズです。
足はクロスまではいきませんが、カメラから見て重なるようにします。
こうすることで足が長く見え、垂らした腕との相乗効果で、手足が長く見えます
垂らした手が手持無沙汰と感じられる場合には、肘を少しだけ曲げたりさりげなく親指をポケットに入れてもOKです。

オススメのポーズ2:前で腕を組む

腕を前で組むことで男らしさを演出でき、自信がありそうに見えます。
ただし腕を組んで真顔だと怖く、近寄りがたい雰囲気になってしまうので腕を組む場合には表情は笑顔がおすすめです。

オススメのポーズ3:上着を掴む

最後にご紹介する、男性の全身写真でおすすめなのは上着を掴むポーズです。
ジャケット着用の場合に使えるテクニックで、おしゃれに着こなしている感を出すことができ、こなれた雰囲気になります。
上着のお腹あたりを掴むのもありです。

バストアップ写真にオススメのポーズ2選

続いて男性のバストアップ写真にオススメのポーズを3つご紹介します。

オススメのポーズ1:背筋を伸ばし腕を垂らす

背筋を伸ばして腕を垂らすというポーズは、男性の宣材写真ではシンプルなポーズのため、顔のイメージが協調されます。
他の情報が無い分、顔の魅力が伝わりやすくなるため顔に自信がある方におすすめです。

オススメのポーズ2:笑顔で腕を組む

腕を組むことによって男らしく頼もしい印象になります。
ただし真顔だと怒っているようにも見えるので要注意です。
腕を組んで撮影する場合には、口角を上げて笑顔で撮影してください

ポーズで悩むならプロのカメラマンに頼るのが一番!

宣材写真には様々な効果的なポーズがあることをお分かりいただけましたでしょうか。
ポーズ一つで印象ががらりと変わり、スタイルも良くなるとすると、宣材写真ではポーズを味方につけないのはとてももったいないですよね。
しかし、せっかく良いポーズを習得しても、カメラのアングルが悪かったり、ライティングがイマイチだとその効果を全く活かすことができなくなります。
なので、宣材写真はよほどの理由が無い限り写真スタジオで撮影するのをおすすめします。
写真スタジオでは宣材写真のトータルプロデュースをしてもらえるので、あなたに合ったポージングや表情の提案をしてもらえて、それに合ったライティングやカメラアングルで撮影してもらえます。
そのように撮影された宣材写真は目を引き、記憶にも残りやすくなり、仕事のオファーも増えること間違いなしです。

宣材写真におすすめのポーズまとめ

いかがでしたでしょうか。
今回は仕事のオファーが増える宣材写真でおすすめのポーズについて男女別に解説いたしました。
宣材写真のポーズには、あなたの今後の活躍がかかっていると言っても過言ではありません
ぜひ自分を最大限に表現できる、魅力的なポーズを見つけてみてください。

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました