宣材写真ってどの頻度で撮り直しするの?撮り直しのポイントを解説

はじめに

実は宣材写真は1度撮って終わりというものではありません。
定期的に更新していく必要があります。
しかし「どのくらいの頻度で撮り直せばいいのか分からない」という声も聞かれます。
結論から言うと宣材写真の撮り直しに明確な決まりはありません。
しかし覚えておきたいのはクライアントが知りたいのは「今のあなた」ということです。
表情は撮影時のコンディションや雰囲気でまったく変わってきます。
子供であればなおさらです。
では宣材写真はどのくらいの頻度で撮り直せばよいのでしょうか?撮り直しのポイントも解説していきます。

宣材写真の撮り直しはどのタイミングですれば良いの?

大人の場合、宣材写真の撮り直しは半年から1年に1回がベストです。
人によっては「少し太ってしまった‥。」「この写真が気に入っている」など撮り直しに躊躇してしまう理由があるかもしれません。
しかし冒頭でも触れたようにクライアントが知りたいのは今のあなたです。
積極的に宣材写真の撮り直しを検討しましょう。
また子役から高校生あたりは成長につれて顔も変わってしまうので半年に1回、宣材写真の撮り直しをおすすめします。
実際にクライアントとお会いした時に宣材写真と印象がまったく違うと信頼を失いかねません。
定期的に宣材写真を撮り直し、気持ちを新たにお仕事に臨みましょう。

宣材写真を撮り直すときに考えるポイントとは?

宣材写真を撮り直す際に考えるべきポイントは主に2つです。

  • ⑴撮影するスタジオをどうするか?
  • ⑵どんな印象を与えたいか?

この2点を考える必要があります
以下より詳しく説明していきます。

撮影する写真スタジオをどうするか

宣材写真で大切なのは自然な表情で撮影することです。
前回と同じスタジオなら関係性もできているのでリラックスして撮影でき、良い表情で撮影しやすくなります
カメラマンとしても「今回はこんなポーズや雰囲気で撮ってあげたい」というイメージが沸きやすくなります。
また撮影プランなども理解しているので、予想外に高くなってしまったというトラブルを避けることもできます。
では新しいスタジオは避けたほうがいいのでしょうか?
そちらは後ほど紹介します。

宣材写真でどんな印象を与えたいか

現在使っている宣材写真と違う印象を与えたいならメイクや髪型、ポーズを変える必要があります
それで今回どんな印象を与えたいのか、撮り直しの理由なども前もって考えておくとよいでしょう。
はっきりしたイメージを伝えたほうがカメラマンは撮影しやすくなるからです。
また前回の宣材写真で改善したい点があるなら、はっきり伝えるのもよい方法です。
与える印象を変えたいのであれば、カメラマン任せのポーズではなく自信をもってオリジナルポーズを提案することも大切です。

宣材写真を撮る際のフォトスタジオ・写真館選びのポイント6

前回の宣材写真に満足しているならスタジオを変える必要はもちろんありません。
しかし前回のクオリティに満足していないのであればスタジオを変えてもまったく問題ありません
ではどんなことを踏まえて写真館を選べばよいのでしょうか?
写真館選びの6つのポイントをご紹介します。

ポイント1:宣材写真用のプランがあるか

スタジオによっては宣材写真のプランがない場合もあります。
「プランがなくても撮影できます」というスタジオもあるかもしれません。
しかしカメラマンが宣材写真の撮影に慣れておらず満足のいく撮影できないという可能性もあります。
宣材写真は家族写真やプロフィール写真と違い、ポージングや姿勢などで与える印象がまったく変わってきます。
違うスタジオでの撮り直しを検討しているのであれば宣材写真用のプランがあるかを必ず確認しておきましょう

ポイント2:ヘアメイク付きのプランがあるか

特に女性は髪型やメイクで雰囲気がまったく変わってきます。
もちろん自分でヘアメイクして撮影に臨むことができますが、プロのヘアメイクは写真写りを考慮したメイクなので各段に写真の仕上がりがよくなります
さらに宣材写真はバストアップ写真も必要なので顔がアップになります。
それで宣材写真を撮るときに押さえるべきポイントを理解したプロのメイクがいるかも確認するとよいでしょう。
自分ではできないような素敵な仕上がりになりますよ。

ポイント3:全身撮影をできるスタジオか

バストアップ写真と全身写真を撮るときは照明の角度や距離感が変わってきます。
それで照明器具を固定し、用途ごとに部屋を分けているスタジオもあります。
例えば、家族写真用、証明写真用、プロフィール写真用の部屋といった具合です。
それで全身写真も撮影可能かを確認しておきましょう
また宣材写真を撮り慣れていないスタジオは、宣材写真に全身写真が必要ということを知らない可能性もあります。
知ってて当たり前と思わずにバストアップ写真と全身写真が必要ということは必ず伝えておきましょう。

ポイント4:自分好みの背景色に変えられるか

予算や規模によっては背景色を変えられないスタジオもあります。
しかし宣材写真は背景で写真全体の印象が変わってくるので、背景色を選べるのは重要です。
さらに自前の衣装で宣材写真を撮る場合、自分の衣装と背景が同化する可能性もあります。
背景が変えられないと同化した写真しか撮ることができなくなり、あなたの魅力が埋もれかねません。
それで宣材写真を撮り直すときは事前に何色の背景があるかを確認しておくことも大切です。

ポイント5:複数のカットをもらえるか

複数のポーズからお気に入りの1枚だけを提出したいですよね。
でもスタジオによっては複数ポーズで撮ると追加料金がかかり予想以上に高くなる所もあります。
例えば1カット増えるごとにプラス1500円、2カット追加でプラス3000円など料金設定がされています。
それで新しいスタジオで撮影するときは複数ポーズを撮ることが可能か、また料金設定なども事前に確認することをおすすめします。

ポイント6:スタジオに更衣室はあるか

このポイントも意外に大切です。
宣材写真の衣装は特別なので「衣装のまま外出するのは恥ずかしい」「スタジオに着いて着替えよう」と考える方もたくさんおられます。
雨の日であればなおさらスタジオで着替えようと考えるかもしれません。
しかし更衣室がなければスタジオの片隅やトイレで着替える羽目になりかねません。
綺麗な衣装にシミやホコリが付いてしまっては宣材写真の印象は台なしになってしまいます。
それで更衣室があるかを確認しておくのもよいでしょう

本サイト『写真館アワード』では全国各地でおすすめのスタジオを紹介しています

写真館やフォトスタジオによって得意な分野が異なります。
せっかくの宣材写真、撮り直すなら宣材写真を撮ることが得意なスタジオにお願いしたいですよね。

本サイトでは宣材写真で多くの実績を残す、おすすめ写真館をご紹介しています
詳しくはこちらからどうぞ!

宣材写真の撮り直しについてのまとめ

今回は、宣材写真の撮り直しのタイミングとフォトスタジオ・写真館の選び方のポイントを解説しました。
宣材写真を撮ると気持ちもホッとするものです。
しかし宣材写真はスタートに過ぎません。
大人であれば1年に1度、子供から高校生であれば半年に1度は宣材写真を撮り直して仕事のオファーに備えましょう
プロの写真スタジオなら、今のあなたの魅力を自然に引き出し、オファーの来やすい宣材写真を撮影してくれますよ。

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました