【音楽家】仕事が増える宣材(プロフィール)写真の撮り方を解説

はじめに

音楽家のみなさん、宣材(プロフィール)写真は撮影しましたか。
初めて撮影される方は、どんなふうに撮ったらいいのか迷っているのかもしれませんね。
撮影した方も、いまいち仕事が増えないと悩んでいませんか。
宣材写真の撮り方が、音楽業界での今後の仕事に影響している場合もあるのです。
そこで今回は、音楽家としての仕事が増える宣材写真の撮り方を解説していきます。
宣材写真の撮り方がわかると、あなたの魅力が引き出された宣材写真を撮影でき、音楽家の仕事にもつながっていくでしょう。
クオリティの高い宣材写真を撮って、自分もまわりの人も嬉しい仕事を増やしたいですね。

音楽家にとっての宣材写真を撮る目的は?

そもそも「音楽家」とは、作曲や演奏などを専門の仕事としている人のことです。
演奏家・声楽家・指揮者・作曲家・音楽教室の講師などが、総じて音楽家として活動しています。ちなみに、バンドや歌手はミュージシャンやアーティストと総称されており、音楽家とは別に分類されています。

音楽家が宣材写真を撮る目的は、以下の3点です。
いずれも仕事につなげるために達成するべき目標で、宣材写真も目標達成のために必要なツールであると言えます。

宣材写真を撮る目的1:オファーを受ける際に使う

制作会社やスポンサーは宣材写真を参考資料として、音楽家の出演を決めています。
音楽家にオファーを出す人たちは、音楽家のパフォーマンスだけでなく、宣材写真から伝わる本人の雰囲気や人柄も含めて判断をしているのです。

宣材写真を撮る目的2:ポスターやパンフレット、音楽雑誌に掲載する

音楽家の宣材写真は、ポスターやパンフレット、音楽雑誌、チラシなどにも使用されます
観客や読者にどのような音楽家が出ているのかを知ってもらうために、宣材写真が掲載されるのです。

宣材写真を撮る目的3:ホームページに掲載する

音楽家が出演するイベントのホームページや自身のオフィシャルサイトでも、音楽家の宣材写真は使用されます。
ホームページを閲覧する人は、宣材写真を通して音楽家はどんな人なのかを知りたいからです。

音楽家はどんな宣材写真を撮れば良いの?

それでは、音楽家の宣材写真は、どのように撮れば良いのでしょうか。
好感度が上がる宣材写真や、音楽家の魅力が見える宣材写真を撮れるのが望ましいです。
具体的には、次の3点を踏まえると、理想的な宣材写真ができるでしょう。

【1】音楽家自身の雰囲気が伝わる写真

音楽家は、宣材写真を通して「コンサートの雰囲気に合うのだろうか?」と、見られています。
もしくは、「宣材写真を見る限り、カジュアルな雰囲気のある音楽家だから、親しみやすい雰囲気の演奏会でオファーを出してみよう」と考えられている場合があるでしょう。
雰囲気の合う音楽家を選ぶのか、音楽家の雰囲気に合ったイベントにオファーを出すのか、状況によって異なりますが、音楽家自身の雰囲気が伝わるような宣材写真は良い写真となります

【2】自信が伝わる写真

プロの演奏家は、お客さんからお金をいただく立場です。
お金をいただけるだけの実力やパフォーマンスが求められています。
それなのに、自信がなさそうな表情やポーズをしていたら、実力がないように見えてしまうのではないでしょうか。
自信は実力の裏付けという見方もあります。
お客さんを感動させるために、自信は重要な要素です。

【3】協調性や積極性が伝わる写真

音楽は、複数人が関わって成り立つものです。決して一人でできるものではありません。
音楽家には、周りに合わせる協調性が求められているのです。
また、積極性は先述した自信にも直結し、お客さんを感動させることにつながる要素でもあると言えます
オンリーワンな個性も大切な要素ですが、音楽において自己中心的な個性を持った音楽家は不要と見なされ、ネガティブに受け止められてしまうかもしれません。

音楽家におすすめの宣材写真の撮り方

音楽家はどのような宣材写真を撮ればよいのか、お伝えしてきました。
さらに音楽家の特長や人柄が伝わるような、おすすめの撮り方をご紹介します。

実際に使う衣装で撮影する

男性ならスーツやタキシード、女性ならドレスを着て撮影するのがおすすめです。
実際に使う衣装を着ることで、音楽家自身の雰囲気や性格を表現しやすく、伝わりやすい宣材写真となります。
靴はコーディネートに合ったものを選びましょう。バストアップ写真なら靴まで合わせなくても良いと思われるかもしれません。
ところが、急な予定変更で全身写真を撮影する場合もありますし、バストアップだけでも全体的にバランスの良い写真が撮れます。

音楽家におすすめの髪型

男女ともに、清潔感のある髪型が、好感度アップにつながります。
セルフで髪型を整える自信がなければ、スタジオのヘアメイクサービスや美容院を利用しましょう
ヘアメイクサービスを併設しているスタジオでは、撮影中にヘアスタイルの直しや変更と臨機応変に対応してもらいやすいです。

音楽家の宣材写真におすすめの髪色

髪色は、男女ともに黒から暗めの茶髪が良いでしょう。
暗めの髪色であれば、クラシックコンサートにもカジュアルコンサートにも対応できます
明るい色だと、個性が強すぎると思われて協調性に欠けると思われるかもしれません。

音楽家の宣材写真におすすめの髪型

男性音楽家には、短めで毛流れの整った髪型をおすすめします。清潔感のある髪型で、全般的に好感を持たれやすい髪型だからです。よくワックスやジェルでがっつり抑え込んでいる髪型を連想される方が多いですが、最近ではそこまでしっかりとセットせず、少々ラフに髪を立てていても問題はありません。
一方女性音楽家には、ドレスに負けない華やかに見える髪型が宣材写真に向いています。
巻き髪、アップ、ハーフアップなど、コンサートの雰囲気にもふさわしい髪型を選びましょう。
髪飾りを付けるかどうかも、コンサートの傾向に合わせて選んでください。

音楽家におすすめのメイク

次は音楽家の方の宣材写真の撮影時におすすめのメイクです。男性の方は「え?僕も?」と思われる方が多いと思います。普段からメイクをする男性は少ないと思いますが、宣材写真の際には撮影を考慮したメイクをすることがおすすめです。

男性音楽家におすすめのメイク

男性音楽家のメイクは、テレビに写っている男性芸能人のメイクが参考になります。
肌荒れが目立たないようにベースメイクをして、眉毛・ひげを整えるくらいで良いでしょう。
その際、眉毛・ひげを整えるのが苦手という方はいっそサロンに行かれて丁寧にセットしていただくことをおすすめします。上述したように求められる清潔感に沿わせることで、好印象が生まれ少しでもあなたの音楽を評価していただくことにも繋がります。

女性音楽家におすすめのメイク

女性音楽家はメイクが濃すぎると、音楽よりも音楽家のメイクが気になり、演奏シーンを見る観客にとって妨げとなる場合があります。
ナチュラルメイクが望ましいのですが、ドレスアップは必須な女性音楽家が普段どおりのメイクでは、ドレスの主張が強くなりすぎて、メイクと釣り合いが取れません
宣材向きのナチュラルメイクであれば、普段のメイクと比べて3割濃い程度がちょうど良いでしょう。

音楽家におすすめの表情

宣材写真では、まず笑顔で撮影するのをおすすめします。
ベーシックなのではないかというほど、音楽家が笑顔で写っている宣材写真を見かけるからです。
歯を出している人が多いですが、口元に自信のない方もいらっしゃるでしょう。
無理せずに口を閉じて口角を上げるだけでも、笑顔は十分に表現できます。
他にもおすすめの表情はありますので、笑顔が苦手な人も安心してください。
真面目な表情で楽器を演奏するのも、真剣さや臨場感が伝わる表情になるのでおすすめです。
角度によっても表情の見え方は違うので、様々な角度で撮影してもらいましょう。

音楽家におすすめのポーズ

どのポーズにも必要なのは、キレイな姿勢に見えるように背筋を伸ばすことです。
猫背では、衣装もメイクもポーズも台無しになってしまいます。
胸も張ると、自信があるように見せられます。

バストアップ写真におすすめのポーズ

バストアップ写真では、演奏家の方は楽器を抱えたり手に添えたりするポーズがおすすめです。
コンサートや演奏会関連で使用される宣材写真は、複数人の音楽家の写真を載せる性質上、小さく掲載される傾向にあります。
小さい写真でも「誰がどの楽器を演奏するのか」が明確に伝わるように、顔や楽器が大きく見えるバストアップ写真が求められます。
宣材写真を自身のホームページなどに使いたい場合は、楽器のないポーズも良いのですが、楽器を持ったポーズのバストアップ写真は1枚撮っておくのがおすすめです。

全身写真におすすめのポーズ

全身写真はバストアップ写真とは違って、ソロで利用される場合が多いです。
音楽家自身を全面にアピールしやすくなるため、衣装も魅せる要素となります。
演奏会では全身が見られるため、バストアップ写真以上に体のラインや姿勢の良さを求められることを意識しましょう。
全身写真でおすすめのポーズは、楽器や衣装を全面的に魅せられるような、バストアップ写真ではできないポーズです。
ピアノやハープ、チェロなどのパフォーマンスポーズを撮った宣材写真は、臨場感あふれることでしょう。
女性音楽家は、ドレスのすそをふわっと広げて華やかさや美しさを表現でするのもおすすめです。
衣装も音楽家を表現するツールですので、最大限に活用しましょう。

演奏家なら楽器も一緒に撮る

演奏家の方は、楽器を持って宣材写真を撮ってもらいましょう
楽器と一緒に写っていると、演奏会での様子をイメージしやすいからです。
ピアノに手を添えたり、バイオリンを抱えたりすることで、どの楽器の音楽家であるかが明確になります。
また、実際に演奏しているシーンを撮ってもらうと、あなたらしさの溢れた宣材写真ができあがるでしょう。
ただし、楽器の持ち込みができる撮影スタジオでなければ、撮影できませんので、事前に確認してください。
声楽家は楽器がありませんが、目線や表情、姿勢など魅せるポイントがいくつもあります。

音楽家におすすめのレタッチ

撮影の日に、あいにくコンディションが良くないということもあるでしょう。
だからといって、別の日に変更するのが難しい場合も少なくありません。
レタッチは、そんなピンチのときに助けてくれる機能です。
整形のように顔の形やパーツが変わるようなレタッチは望ましくありませんが、一時的な肌荒れを隠すなら、レタッチで自然な修正ができます
他にも、気になる部分のレタッチを検討している場合は、相談可能です。

たくさんの人に見られるから宣材写真の撮影はプロに任せよう!

宣材写真は、たくさんの人に見られるものであり、自身を表現するものです。
だからこそ、より良い写真を撮ってもらうためにプロに依頼することをおすすめします。
プロはあなたの魅力を引き出す技術に長けており、メイクや表情、ポージングなどの相談もできます。
プロにまかせることは、あなた自身が気づいていない特長や気づきを得るチャンスでもあるのです。
宣材写真をプロに頼むと、きっと自信を持って撮影に臨めるでしょう。

音楽家の宣材写真の撮り方まとめ

いかがでしたでしょうか。
今回は音楽家の仕事が増える宣材写真の撮り方を解説しました。
仕事が増える宣材写真がを撮るためのポイントは伝わりましたでしょうか。
音楽家が仕事をしていくために、音楽だけでなく複数の角度からアピールしていく必要があります
外見も重要なアピールポイントですので、宣材写真は欠かせません。
宣材写真が撮れて、あなたの魅力が伝わった人や会社から仕事が増えますように、心から願っています。

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました