遺影写真の背景は何が良いの?適切な色・柄などを紹介

はじめに

皆様は「遺影写真」というものをご存知でしょうか?

遺影写真には、家族が「故人を思い出しやすくするため」に故人が元気に生きていたという証を1枚の写真に納めるといった意味が込められています。
近年は生前のうちに遺書と共に遺影写真を撮影する方も少なくありません。

しかし実際に遺影写真を作成するとなると、写真選びや撮影、加工などを行うのは簡単なことではないことも事実です。
また遺影写真の加工においては多くの加工方法の選択肢があり、なかなか決めきれなかったりする人も少なくありません。

その中でも選択肢が多くて迷いやすいのが背景。

  • 「遺影写真の背景を選びたいけど、どの色がいいのか全然わからない」
  • 「祖父母のために華やかな遺影写真を作りたいけど、どんな背景が相応しいのだろう?」

このような疑問を抱えている方も多いと思います。

ここからは、遺影写真を撮影・加工するにあたってのオススメな背景について詳しく解説していきます!

遺影写真の背景は決まっているの?

「遺影写真の背景を選ぶときのルールはあるのだろうか?」
実際に遺影写真の背景を選択するとなると、まずはこのように考える方が多いことでしょう。
実際には、遺影写真の背景を選ぶにあたっての明確なルールはありません。
赤色や背景や真っ黒な背景など常識的にNGな色を除いて、基本的にはどんな色やどんな柄でも問題はありません
「明確な決まりがないのはわかったけど、実際どんな背景がいいのかが知りたい!」
そう感じている皆様もご心配なく!
ここからは、遺影写真の背景に相応しい背景・オススメな背景について詳しく紹介していきます。
今後遺影写真を作成する予定のある方は、是非参考にしてみてください。

遺影写真にふさわしい背景

「遺影写真を作成するとき、背景はどんなものを選んだらいいんだろう?」
初めて遺影写真の背景を選ぶ方は、まずこのような疑問を抱くことでしょう。
遺影写真の背景を選ぶ時のポイントはデザインとベースとなる色であり、遺影写真の背景のデザインを選ぶにあたっては、

  • ■ 単色
  • ■ 風景
  • ■ 模様(グラデーション)

の3つのパターンがオススメです。
またベースとなる背景の色は、グレーや薄めの青色など比較的ナチュラルで控えめな色がオススメとなってきます。
ここからは、これら3つの遺影写真にふさわしいパターンの背景について詳しく解説していきます。

遺影写真の背景におすすめな色

ここからは、遺影写真の背景を選ぶにあたっておすすめな色について紹介していきます。
遺影写真の背景におすすめな色は

  • ・グレー
  • ・青色
  • ・ピンク
  • ・紫色

の4種類があります。
ここからは、これら4種類の背景色をベースにした遺影写真が周りに与える印象について詳しく解説していきます。

遺影写真の背景におすすめな色1:落ち着いた印象を与える『グレー』

遺影写真の背景を選ぶにあたって1つ目のオススメな色はグレーです。
グレーはひと昔前の時代の遺影写真(白黒写真)に最も近しい色であることから、今でも遺影写真の背景の人気色の一つとして使われています。
グレーの背景の遺影写真は厳かで落ち着いた印象を与えやすいため、普段からスーツや和服など正装を着る機械の多い方にオススメです。

遺影写真の背景におすすめな色2:爽やかで明るい『青色』

遺影写真の背景を選ぶにあたって2つ目のオススメな色は青色です。
青色の背景の遺影写真は爽やかで明るい印象を周りに与えやすいため、男女共に様々な服装に似合うことが特徴です。
普段からスポーツやキャンプなどアウトドアの好きな方や、釣りや海の好きな方にオススメな背景色です。
青色を遺影写真の背景色に選ぶにあたって気をつけておきたいのは、あまりに原色に近いショッキングカラーの青色を選ぶと背景ばかりが目立ってしまうので避けることです。
また故人の着ている服装と同系色のものを選んだ場合、故人の顔だけが浮き出てしまい不自然な写真の仕上がりになってしまうため注意が必要です。

遺影写真の背景におすすめな色3:柔らかい印象を与える『ピンク』

遺影写真の背景を選ぶにあたって1つ目のオススメな色はピンクです。
ピンク色の背景の遺影写真は周りに柔らかでおしとやかな印象を与えやすいため、高齢の方や女性の方に人気のある背景色の一つとなっております。
またピンク色の背景は桜の花を連想しやすいといった特徴もあり、春に生まれた方や普段からカジュアルな普段着を着ることの多い方にもオススメです。
ピンク色を遺影写真の背景色に選ぶにあたっても青色と同様に、蛍光色に近いピンク色は写真全体の見栄えのバランスを崩しやすいため避けるよう注意しておきましょう。

遺影写真の背景におすすめな色4:気品の出る『紫色』

遺影写真の背景を選ぶにあたって1つ目のオススメな色は紫色です。
紫色の背景の遺影写真は周りに品の良さや大人らしさを伝えやすいため、凛として上品な雰囲気を醸し出す遺影写真を作ることができます。
普段から知的でクールな男性や、品のあって美しい女性にオススメの背景色です。

遺影写真の背景におすすめな風景はこれ!

こちらでは、遺影写真の背景にオススメな風景についていくつか紹介していきます。
遺影写真の背景を選ぶにあたってオススメな風景は

  • ・桜
  • ・富士山
  • ・花畑
  • ・グラデーション

の4種類が挙げられます。
ここからは、これら4種類のオススメ背景について詳しく紹介していきます。

遺影写真の背景におすすめな風景1:男性・女性共に人気の『桜』

1つ目の遺影写真の背景にオススメな風景は桜です。
遺影写真を作成するにあたって桜の風景は男女共に人気であり、桜を背景にして笑顔で遺影写真を撮影することで写真の華やかさがより一層アップします。
3月〜4月の桜が満開に咲き誇る時期に生まれた方や、普段から押し花や観賞植物などが好きな方にもオススメな風景です。

遺影写真の背景におすすめな風景2:日本人らしさを醸し出す『富士山』

2つ目の遺影写真の背景にオススメな風景は富士山です。
富士山は何といっても日本を象徴する観光地でもあり、その美しさと壮大さから屈強で男らしさを連想しやすいため男性の方に人気な風景の1つです。
普段から山登りやランニングなどが好きな方や、若い頃に何かの目標に向かって数々の山を乗り超えてきた方にもオススメな風景です。

遺影写真の背景におすすめな風景3:賑やかな印象を与える『花畑』

3つ目の遺影写真の背景にオススメな風景は花畑です。
花畑の風景は主に女性に人気であり、周りに賑やかでフレッシュなイメージを与えやすくなります。
中でもそれぞれの季節を代表する桜や朝顔、向日葵や紫陽花といった花の沢山咲いている花畑の写真は賑やかさと同時に日本人らしさも体現することができるのでオススメです。
故人の好きな花が沢山咲いた花畑の写真を背景にすることで、賑やかな遺影写真を創り上げましょう。

遺影写真の背景におすすめな風景4:遺影らしさを感じるグレー目の『グラデーション』

4つ目の遺影写真の背景にオススメな風景はグラデーションです。
模様は様々なパターンがあるため選ぶのがやや難しいですが、明確なきまりはないので選択肢は無限にあるというのが特徴です。
しかし、ストライプやタールなどのデザインは模様がはっきりしすぎているため写真の主役である故人が目立たなくなってしまうためオススメできません。
グラデーションを遺影写真の背景に選ぶ時は、あくまでシンプルに写真の見栄えを整えて故人を目立たせるといったイメージを忘れないようにしましょう。

このように、遺影写真の背景には日本の象徴である富士山や桜をはじめ、花畑やグラデーションなどシンプルにお洒落で故人を引き立てやすい風景がオススメとなっております。
家の付近に桜や花畑がなく撮影のための移動も困難だという方は、遺影写真を撮影した後に画像編集ツールやソフトウェアなどを使っての合成・加工を試してみましょう。

遺影写真の背景素材に花をつけると写真が華やかに!

遺影写真の背景素材には、花をつけることがオススメです。
遺影写真の背景素材に花をつけると、写真全体が華やかになります。

またそれぞれの花には花言葉というものがあるため、その花によって故人のイメージを醸し出すことが出来るといった特徴があります。
例えば春を代表する桜の花には「純潔」「優美な女性」、夏の象徴とも言えるひまわりには「憧れ」、花束として人に贈られうことも多いバラの花には「愛情」「情熱」といった花言葉があります。
遺影写真の背景素材に故人のイメージにあう花や故人の好きな花、生き方に合う花言葉の花を素材として使うことで、故人らしさをより一層体現できること間違いなしです!

遺影写真の背景を決めたらフレームも考えよう!

遺影写真の背景のデザインが決まったら、次は遺影写真を飾る時のフレーム(額縁)についても考えてみましょう。
遺影写真のフレームについても背景同様明確な決まりやルールはなく、一般的には白黒や薄めのピンクや紫色などの自然な色のものが人気となっております。
また裏加工してある素材のフレームは衝撃にも強く壊れにくいといった特徴があるため、家族に小さな子供がいる方や地震などの多い地域にお住まいの方にオススメです。

遺影写真の背景まとめ

いかがでしたでしょうか?
今回は、遺影写真のオススメ背景についてまとめさせていただきました。
遺影写真を作成するにあたって最も大切なことは、故人らしさを最大限に引き出すことです。
そして、遺影写真の背景となる色や模様・風景は、写真の主役である故人を引き立てるための大切な要素となるのです。
作成方法に明確なきまりやルールのない遺影写真だからこそ、実際に作成する時には対象となる家族としっかりと話し合い、双方共に納得のいく1枚を創り上げましょう!

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました