生前写真の撮影をするならここ!東京都でおすすめの生前遺影写真の撮影ができる写真館12選

はじめに

近年、生前遺影写真を撮影する人が増えてきているのはご存知でしょうか。

一般的に遺影写真は故人が亡くなった後に遺族が準備する場合が多いです。周囲の人も祖父や祖母が亡くなった後に葬儀屋に頼んで作ってもらったという人が殆どです。
しかし遺影写真は、

  • 「どうしても写真が無かったので免許証を引き延ばして作った」
  • 「亡くなった時の年齢と写真の年齢が違い過ぎる」

などトラブルが起こりやすいものでもあります。
そういったトラブルを避ける為にも、生前遺影写真撮影を行う人は増えてきています。
自分らしい遺影写真を準備しておき、遺族や友人が自分の遺影写真を見て話に華を咲かせていたら素敵だと思いませんか?
しかし、いざ撮影しようとなるとどの写真スタジオにするか悩む方ばかり。
本記事ではそんなあなたの為に、遺影撮影に適した写真館の選び方から、選び方をふまえた東京都でおすすめの写真館12選を紹介します。
この記事を読めば、生前撮影までスムーズに進められるでしょう。ぜひ最後までチェックしてみてください!

これから終活を始める方やどのようなものを遺影写真に選んだら良いのか分からない方はぜひ参考にしてくださいね。

生前撮影を行っておくべき理由と目的は?

そもそも「生前撮影」とは、自分が故人となる前に事前に遺影に飾る写真を撮影しておくことです。生前の姿を思い返すために残される遺影を事前に撮影しておくことで、自分が死んだあと葬儀や仏壇の準備でバタバタと忙しくなる家族の手助けになります。
つまり、「遺影にはこの写真を使えば良い」という状態にしておくことで、残された家族に少しでも面倒をかけない心遣いが生前撮影なのです。
近年終活ブームの中で撮影しておく方は増えています。恥じることなく自信を持って、最後の1枚を用意されてはいかがですか?

生前撮影にふさわしい撮影時期はいつ?

生前撮影のふさわしい撮影時期を年齢・時期に分けて解説します。
まず、生前撮影を撮影する年齢は70~85歳がふさわしく、実際にこの年齢の方の多くが撮影をされています
70歳より前に撮影しておく必要はそこまでないでしょう。なぜなら、遺影に写る姿は亡くなった時から5〜10年前の年齢の時が理想とされているからです。
みなさん「そろそろ・・・」と、ご自身で悟って撮影に挑まれる方が多いので必ず70歳以上が撮影すべきといった話ではありませんが、撮影のタイミングの参考にしてください。

また、生前撮影をされる時期は服装によって選ばれると良いです。
服装を喪服を含む着物にされる方は暑い夏を避け、秋〜冬がおすすめです。写真館へ向かわれる間に汗をかいてしまうと、化粧を直したり髪型を直したりすることになります。
服装を洋服にして撮影される方は春・夏でも良いのですが、やはり汗の対処等を無くしスムーズに撮影が出来るようにするならば夏を避けることをおすすめします。

遺影写真の適切な撮り方とは?

「実際、遺影写真ってどうやって撮影するの?」と思われている方のために、

  • (1) 撮影方法
  • (2) 適した服装
  • (3) 遺影に関する注意点

の3つを解説していきます。

生前撮影の撮影方法は主に3つ

まずは“どうやって撮るの?”を解説します。
生前撮影の撮影方法は以下の3つが挙げられます。

  • 1.写真スタジオで撮影する
  • 2.葬儀場の撮影キャンペーンを利用する
  • 3.自撮りする

実際中でもおすすめなのは1の写真スタジオで撮影する方法です。
葬儀場のキャンペーンは遺影の知識のある方が協力してくれるけど、撮影のプロではありません。ヘアメイクがないことや、顔の色味補正などの加工修正もしてくれないことがほとんどんどです。そのため、遺影の知識ももちろんあるプロのカメラマンに写真スタジオで撮影してもらうのがおすすめなのです。

中には「お金をかけたくない」「家で撮影したい」といった思いのある方もいて、そのような方々3の自撮り(自分で撮影する)でも良いでしょう。しかし、最後の写真として仕上がりはプロにはやはり負けますし、自分でデータにしたり現像写真にしたりするのも容易ではありません。これらのことを考えると多少お金や移動がかかっても、プロに撮影をお任せすると良いでしょう。

遺影にはふさわしい服装マナーがある

遺影を撮影するにあたり、「どんな服装が正しいのか」「自分の持っている洋服で撮影しても良いのか」迷われる方は多いです。

遺影の服装に決まりは特にありません。そのため言ってしまえばどの服でも正しいと言えます。
しかし、“相応しさ”は必要です。男女ともに定番は喪服で、男性はスーツ、女性は訪問着などの和装を着用される方が多いです。
どんな服でもOKですが、自分らしさを感じられる服装にするのが服装選びのポイント。普段和装でないのに無理に着用する必要はなく、普段着で大丈夫です。遺影写真として飾られるのに「生前はこんな人ではなかった」と思われない服装にしましょう。

遺影写真に関する注意点

遺影写真には特別なルールや決まりはありませんが、気をつけるべきことはあります。

例えば、帽子やメガネをつけて遺影写真を撮っても良いのかという質問をよく聞きますが、結論帽子はNGでメガネは色付きでなければOKです。
遺影写真では顔を隠すアイテムをつけずに撮影するのが良いとされています。故人として顔写真を残すのに、帽子で顔半分が影になっていたり、色付きサングラスで目が写っていなかったりすると、生前のお顔がわかりません。生前の姿を思い返すための遺影ですので、顔パーツがはっきりとわかる写真にしましょう。

生前撮影に向いている写真館の6つの選び方

「遺影を写真館で生前撮影することは決めたけど、一体どんな写真館が遺影撮影に向いているの?」

とお悩みの方のために、遺影の生前撮影に適している写真館の選び方を6つご紹介します。選び方は以下の6つです。

  • 【1】カメラマンはバイトではなくプロの方か
  • 【2】ヘアセットやメイクをしてもらえるか
  • 【3】自分の雰囲気にも合う好みの背景があるか
  • 【4】写真の加工修正をしてもらえるか
  • 【5】現像だけでなくデータでも写真をもらえるかどうか
  • 【6】利用者の評判が良いかどうか

家の近所や料金面はもちろん選ぶ基準なのですが、それ以外に見て欲しい選ぶ基準を解説していきますので、ぜひ写真館選びの参考にしてください!

選び方1:カメラマンはバイトではなくプロの方か

写真館や写真スタジオにはまれにプロではないカメラマンがいます。アルバイトでマニュアル通りにシャッターを押すだけのカメラマンです。こういった方が担当になると、以下のことが起こりえます。

  • 撮影時に適切な表情や姿勢のアドバイスはもらえないから困惑しながらの撮影になる
  • ポージングの角度によっての良い写し方を知らないから、正面と斜めのどちらで撮影するか決まらない
  • 写真の仕上がりはカメラマンの技術ではなく、被写体となるあなたの問題として扱われて良い写真にならない

大手チェーンのスタジオ等は多いのでお気をつけください。
プロカメラマンのいる写真館やフォトスタジオであれば上述したことは起こらないのはもちろん、撮影はアドバイスがあるからスムーズだし、遺影のも高品質に仕上げてくれます。せっかくお金をかけて撮影するのだから、技術の高い方に撮影してもらうのが良いでしょう。

選び方2:ヘアセットやメイクをしてもらえるか

遺影は亡くなった後に長く飾られ見られ続ける写真。だからこそ、男女ともに美しい姿を残したいですよね?
そんな方は撮影とともにヘアセットや化粧をしてもらえる写真館を選ぶのがおすすめです。プロのヘアメイクさんであれば技術力を生かし、若々しく、生き生きとした姿に仕上げてくれます。

「自分で髪型のセットと化粧はする」という方もいると思いますが、撮影用のヘアメイクについてご存知でしょうか
撮影時にはライティングや角度を考えて、シャドウを入れたりハイライトを入れたりと工夫してメイクする必要があります。また、ライティングによる光飛びを考えてヘアセットもスタイリング剤を抑えたり、つける場所を変えたりする必要があります。
このように遺影の撮影時のヘアメイクは素人では意外と難しいため、こちらも撮影とともにプロにお任せすることをおすすめします。

選び方3:自分の雰囲気にも合う好みの背景があるか

遺影の雰囲気作りをしてくれるのが“背景”。遺影の背景では無地白の他にも、パステルカラーやグラデーションにした背景、日本を感じる富士山や桜などの背景が使われます
しかし、この背景も用意しているのかどうかは写真館に確認する必要があります。豊富に背景を取り揃えていることを売りにしている写真館なら、複数の好みの背景から選べるためおすすめです。

選び方4:写真の加工修正をしてもらえるか

写真の加工修正ができるかどうかも、遺影の写真館選びのポイントです。
写真の加工修正はレタッチとも呼ばれ、肌の色味補正や衣装のシワや影を隠したりすることに使われます。繊細な技術が必要なため素人では難しく、基本的には写真館やカメラ屋さんに依頼して行ってもらうものです。

遺影もしわの補正やクマのカバー、洋服の汚れ等を隠して、首後ろの影を消したりなどとすることで、より高品質で写りの良い写真に仕上げることができます。加工修正をしているとしていないとでは大違い。ぜひオプションやプランに含まれている写真館やスタジオを選んで、自然に綺麗になれる加工修正を施してもらいましょう。

選び方5:現像だけでなくデータでも写真をもらえるかどうか

遺影というと現像写真のイメージがあるからか撮影しデータを販売していない写真館もあります。近年では、葬儀での写真もデジタルフレームで写真データを投影している葬儀場が増えており、家で飾る際もデジタルフレームで投影する家族も増えています
このように遺影は現像写真ではなく、写真データを利用される場面が増えているのです。データを持っていればもし亡くなってもすぐに葬儀場の方にも写真をいつでもどこでも送ることができ、少しでも現像写真を届けにいく手間を省くことができます。
したがって、写真データももらえるか、購入ができる写真館や写真スタジオを選ばれると良いでしょう。

選び方6:利用者の評判が良いかどうか

最後の遺影写真を撮影する写真館選びのポイントは、利用者の評判の良い写真館かどうかをチェックすることです。

  • 「ホームページでは優しいスタッフと書かれていたが、全然優しくもなく丁寧な接客ではなかった。」
  • 「例画像の写真ではあった背景が、行ってみたら使えなかった。」

などと、実際に行ってみたらこうだったという生の評価を確認することで、より自分にあった良い写真館を選別することができます。来店してみてから後悔することもないため、安心して撮影も進めることができますよ。

2、3店舗候補を挙げたら、クチコミサイト等で利用者からの評判を確認して、最も良い写真館を選ばれると良いでしょう。

東京の遺影写真撮影の相場

それでは実際に東遺影写真を撮る場合の相場はいくらぐらいかかるのでしょうか。ここでは東京の遺影写真撮影の相場を紹介します。

個人経営の街にある写真館の相場は13,000円程度、大手チェーン店だと5,000円〜12,000円程度であり、どちらかというと個人経営のお店よりもチェーン店の方がリーズナブルだと言えます。
ただし、同じ個人経営店でもフォトグラファーの経験年数によって値段も変動していきます。さらにヘアメイクも付けるとなると20,000円前後が相場です。中にはキャンペーンを行っており、期間限定での割引や年齢に応じた割引をしてくれるところも。セット内容によってはデータをCD-ROMにしてくれるところもあるので自分で現像すればお安く済むかもしれませんね。
一概にいくらと回答するのは難しいので、一度ホームページでチェックしてから行かれることをおすすめします。

東京で遺影写真を美しく撮影してくれるおすすめの写真館まとめ

これまでは遺影写真の目的や撮影料金の相場について紹介してきました。ここでは東京でおすすめの写真館を紹介します。

スタジオ名 最低価格 特徴
いえいスタジオ 11800円(税込) ・遺影写真を専門とするフォトスタジオ
・撮影時間延長による追加料金無し
写真の高橋 9,500円(税抜) ・レトロな外観の店舗
・スマホ決済、クレジット決済が可能
えがお写真館 19,800円(税抜) ・シニア世代専門の写真館
・最大17歳若く見えるメイクが好評
STUDIOアップ 7,900円(税抜) ・最寄駅からのアクセスが抜群
・シニア世代のメイクを得意とするスタッフが在籍
ビッグプロスタジオ東京写真館 11,800円(税込) ・大手家電メーカーがつくった写真館
・撮影プラン内にヘアメイクがある
素顔館 20,000円(税抜) ・数多くの受賞歴を持つフォトグラファーが在籍
・光の扱い方が得意
オプシス大丸東京店 男性9,900円
女性13,200円(税込)
・女優のようなメイクが出来る
・出張メイク、出張撮影が可能
コイデカメラ大森店 5,500円(税込) ・全国に49店舗あるチェーン店
・最短即日仕上げ
フォトスタジオリーフ 12,600円(税抜) ・開業10年以内の新しい写真館
・数多くの受賞歴を持つフォトグラファーが在籍
フォトスタジオブラン下北沢スタジオ 19,000円(税抜) ・人物撮影が得意
・コマーシャル撮影を行ったことのあるフォトグラファーが在籍
広映堂 15,200円(税込) ・地元の人に長く愛されてきた写真館
・アクセサリーや服に合わせたヘアメイクをしてくれる
トミタスタジオ 14,300円(税込) ・数多くの受賞歴を持つフォトグラファーが在籍
・無理なシミやシワの修正は行わず自然で美しい表情を撮影してくれる

いえいスタジオ

いえいスタジオ』は遺影写真撮影専門のフォトスタジオ。遺影専門というだけあってヘアメイクや着付けなど撮影に必要なものはフルサポートしてもらえます。これらのサービスは撮影プランの中に含まれていますので、追加料金がかかることはありません。

趣味の服や個性的な服装まで、服装はどんなものでもOK。通常、メイクと服装が合ってないと浮いてしまうことがありますが、専属のスタッフがいるので服装に合ったメイクをしてもらえます。

撮影時間が延びてしまったとしても、余計なお金がかかることはありませんので、時間を気にすることなく撮影をすることが出来ますよ。新宿には写真スタジオが2つあるため、空き状況の具合でどちらかの写真スタジオへの案内となります。注意しましょう。

〈基本情報〉

店名 いえいスタジオ
最寄駅 地下鉄丸ノ内線四谷三丁目駅から徒歩3分
住所 東京都新宿区大京町20-4
電話番号 03-6228-0663
営業時間 9:00~22:00
定休日 無し
撮影料金 11,800円(税込)
衣装レンタルの有無 不可
公式HP いえいスタジオの公式ホームページ

写真の高橋

街中にあるブティックのような外観の『写真の高橋』。レトロな雰囲気なのでリラックスしして撮影することが出来ます。また、困ったことや分からないことはメールや電話でいつでも聞いてもらえます。スマホ決済やクレジット払いにも対応しているので、普段現金を持ち歩かない人にも嬉しいですね。

「気が付いたら遺影写真が色褪せてしまっていた…。」ということはよくあります。写真の高橋では高い技術力をもって古い写真を修復・復元することが可能です。いつまでも綺麗に残しておきたい遺影写真。写真の高橋にお任せすれば安心です。

〈基本情報〉

店名 写真の高橋
最寄駅 JR総武線小岩駅から徒歩5分
住所 東京都江戸川区北小岩2-3-2
電話番号 03-3657-3344
営業時間 要問い合わせ
定休日 不定休
撮影料金 9,500円(税抜)
衣装レンタルの有無 不可
公式HP 写真の高橋の公式ホームページ

えがお写真館

訪れただけで自然と微笑んでしまうような『えがお写真館』。別名「おばあちゃんの町」と呼ばれる巣鴨にある、シニア世代専門の写真館です。和やかな店名だとそれだけでリラックス出来そうですよね。実際、えがお写真館で撮影した人の口コミには「楽しかった」というコメントがとても多いです。

「どうせなら、綺麗に若く撮ってもらいたい!」そんなわがままだって叶えることが出来ます。えがお写真館には専属のメイクアップアーティストが在籍し、最大17歳も若く見えるメイクが好評です。メイクはもちろん、要望に合わせたヘアメイクにするためにじっくりとカウンセリングしてもらえ、かつ心地良いシャンプーやブローまでしてもらえます。撮影日は女優気分で楽しんでみましょう。

〈基本情報〉

店名 えがお写真館
最寄駅 都営地下鉄三田線巣鴨駅から徒歩3分
住所 東京都豊島区巣鴨四丁目22-26光マンション1階
電話番号 03-5944-5737
営業時間 10:00~19:00
定休日 無し
撮影料金 19,800円(税抜)
衣装レンタルの有無 不可
公式HP えがお写真館の公式ホームページ

STUDIOアップ

STUDIOアップ』は最寄駅から徒歩1分とアクセス抜群の写真館。通常の背景やハウススタジオ調の背景が用意されており、撮りたい雰囲気に合わせて背景を選ぶことが出来ます。同じ建物内であるにも関わらずガラリと雰囲気が変わるスタジオは見ものです。

お客様の声から生まれた生前遺影写真のメニューはつい最近出来たのだそう。オプションになりますが、ヘアメイクサービスは大人気です。ヘアメイクスタッフは大手老人ホームに常駐しており、シニア世代をより美しくメイクしてくれる高い技術を持っています。撮影中も楽しい会話で場を和ませてくれ、撮影ポーズまで提案してくれますよ。

〈基本情報〉

店名 STUDIOアップ
最寄駅 東京メトロ丸ノ内線新宿三丁目駅から徒歩1分
住所 東京都新宿区新宿3-4-1東新宿ビル5階 1階みずほ銀行
電話番号 03-3351-1025
営業時間 10:00~18:30
定休日 木曜日
撮影料金 7,900円(税抜)
衣装レンタルの有無 不可
公式HP STUDIOアップの公式ホームページ

ビックプロスタジオ東京写真館

大手家電メーカーがつくった『ビックプロスタジオ東京写真館』。家電屋さんの作った写真館なので、スタジオ機材やカメラには安心感がありますよね。

カメラを知り尽くしているプロの写真撮影なので、緊張している人でもベテランスタッフによる楽しいトークをしている最中にいつのまにか撮影が終わっています。「終活遺影プラン」は全てヘアメイク付きなので、いまいちメイクに自信の無い方にも嬉しいですね。出張撮影も行っているそうですので、思い出の場所で撮影したい方は予約してみてはいかがでしょうか。

〈基本情報〉

店名 ビックプロスタジオ東京写真館
最寄駅 JR池袋駅から徒歩5分
住所 東京都豊島区東池袋1-11-6ビックカメラアウトレット別館2階
電話番号 0120-548-117
営業時間 10:00~21:00
定休日 無し
撮影料金 21,780円(税込)
衣装レンタルの有無 不可
公式HP ビックプロスタジオ東京写真館の公式ホームページ

素顔館

素顔館』は店名の通り、自分らしく自然なままで撮影してくれる写真スタジオです。国内での受賞歴があり、雑誌やテレビで紹介されたこともあるフォトグラファーが在籍しています。撮影される人が自分らしい表情を出せるように撮影には光、目、動きなどといった7つのこだわりを持っています。

特に光の扱い方は素顔館の得意なことのひとつ。その人にあったメイクや表情に合わせたライティングをしてもらえます。自分で写真撮影をする場合、光の当て方までは分からない方が殆どかと思います。自分が一番輝いている光をセレクトしてもらえるのは、やはりプロがいる写真館ならではですよね。また、顔の傷やシミ、歯の黄ばみも希望があれば修正可能ですが、シワの修正に関しては”その人の年輪(公式ホームページより引用)”なので自然な感じで仕上げてもらえます。

〈基本情報〉

店名 素顔館
最寄駅 東京メトロ丸の内線新中野駅から徒歩6分
住所 東京都中野区本町4-4-15 1F
電話番号 03-6659-5111
営業時間 10:00~19:00
定休日 要問い合わせ
撮影料金 20,000円(税抜)
衣装レンタルの有無 不可
公式HP 素顔館の公式ホームページ

オプシス大丸東京店

いつもとは違う自分でいたい人におすすめなのが『オプシス大丸東京店』。オプシス大丸東京店ではまるで女優やモデルのような写真を撮影することが出来ます。長年の経験と技術をもった、オプシス独自のメイクと撮影でいわゆる「奇跡の一枚」に。エレガンスにしたい、ワイルドにしたいなど、様々な願望を叶えてくれますよ。
完全予約制なのでじっくりと要望を聞いてもらえます。出張メイクや出張カメラマンも行っているので、自宅で変身出来るのも嬉しいポイントですね。ずっと残る遺影写真、どうせならとびっきりの写真にしてみませんか。

〈基本情報〉

店名 オプシス大丸東京店
最寄駅 丸ノ内線から徒歩3分
住所 東京都千代田区丸の内91-9-1大丸東京店10F
電話番号 03-6269-9970
営業時間 10:00~20:00/木・金曜日21:00
定休日 無し
撮影料金 男性9,900円/女性13,200円(税込)
衣装レンタルの有無 可(料金は要問い合わせ)
公式HP オプシス(大丸東京店)の公式ホームページ

コイデカメラ大森店

コイデカメラ大森店』は本部を東京に構え、関東圏を中心に全国49店舗ある写真スタジオのチェーン店です。チェーン店は同じ店舗がいくつもあるので、サービスが一貫しているのも嬉しいですよね。また、チェーン店ならではのスピーディさも魅力です。コイデカメラは写真の現像とお渡しまで最短即日仕上げなので、忙しくてなかなか写真館に訪れることが出来ない人におすすめ。もちろん、写真の仕上がりもお墨付きです。

シミやシワ、ほうれい線などはプロによる美肌修正を行ってもらえ、満足行くまで何ショットでも撮影してもらえます。大森店はイトーヨーカドー内にあるので、買い物ついでに訪れてみてはいかがでしょうか。

〈基本情報〉

店名 コイデカメラ大森店
最寄駅 京浜急行線大森海岸線より徒歩3分
住所 東京都大田区大森北2-13-1イトーヨーカドー大森店3F
電話番号 03-5767-0130
営業時間 10:00~21:00
定休日 無し
撮影料金 5,500円(税込)
衣装レンタルの有無 不可
公式HP コイデカメラ(大森店)の公式ホームページ

フォトスタジオリーフ

フォトスタジオリーフ』は最寄駅から徒歩1分も掛からないアクセス抜群の写真館です。写真館まで距離があると、撮影までに疲れてしまって良い表情で撮影することが出来ないということもあるので、移動距離が短いだけでも嬉しいですよね。

2012年5月にオープンした新しい写真館で、フォトグラファーはそれまで約10年別の写真館で撮影した実績があるそうです。独立するだけあってフォトグラファーの腕前は折り紙付き。楽しく丁寧な撮影が好評ですので、一度足を運んでみてはいかがでしょうか。

〈基本情報〉

店名 フォトスタジオリーフ
最寄駅 小田急線喜多見駅から徒歩40秒
住所 東京都世田谷区喜多見9-2-17
電話番号 03-3480-6560
営業時間 9:30~18:30
定休日 火曜日、第二・四水曜日※4月~9月は毎火・水曜日
撮影料金 12,600円(税抜)
衣装レンタルの有無 不可
公式HP フォトスタジオリーフの公式ホームページ

フォトスタジオブラン

フォトスタジオブラン』はポートレート写真をウリにしているだけあって、その人自身が持つ魅力を最大限に引き出してくれます。フォトスタジオブランの「ブラン」とはフランス語で白を意味し、その名の通りスタジオ背景は白がメインになっています。そのため、余計なものを一切いれず、被写体を引き立たせる撮影が可能です。

フォトグラファーはこまめにコミュニケーションを撮りながら撮影を進めてくれるので緊張もほぐれます。フォーマルな表情から自然な笑顔のものまで、要望に合わせた撮影を行ってくれますよ。

〈基本情報〉

店名 フォトスタジオブラン
最寄駅 京王井の頭線新代田駅徒歩1分
住所 東京都世田谷区新代田4-10-23メゾンドール新代田ビルB1F
電話番号 03-6304-7413
営業時間 10:00~18:00
定休日 無し
撮影料金 19,000円(税抜)
衣装レンタルの有無 不可
公式HP フォトスタジオブランの公式ホームページ

広映堂

接客が丁寧で優しく、スタッフ間の雰囲気も良いと評判の『広映堂』。細やかな気遣いとサービスで地元の人に長年愛されている写真館です。スタッフブログには撮影のこぼれ話が書かれており、撮影される側と撮影する側お互いがリラックスして撮影していた様子を感じられます。

シルバーフォトには、ヘアメイクも含まれています。撮影したい洋服やアクセサリーを見ながらアドバイスしてくれますよ。

〈基本情報〉

店名 広映堂
最寄駅 西武池袋線東久留米駅から徒歩5分
住所 東京都東久留米市東本町15-2-105
電話番号 0120-741-063
営業時間 9:00~19:00
定休日
撮影料金 15,200円(税込)
衣装レンタルの有無 不可
公式HP 広映堂の公式ホームページ

トミタスタジオ

ホームページからもこだわりを感じられる『トミタスタジオ』。得意としているのはシルバー写真、成人式写真、家族写真など。フォトグラファーは2003年に富士営業写真コンテストにて金賞を獲得し、その他国内外問わず数多くの受賞歴があります。凄腕のフォトグラファーに撮影してもらうのは緊張しますが、なごやかな雰囲気を作ってもらえるのでいい表情の写真を撮ってもらえますよ。

シミやシワが気になる方もいますが、トミタスタジオでは不自然な加工や修正はしません。あくまでもあなたの今の魅力を十分に引き出してくれます。2020年12月20日までは特別割引をしてもらえるようです。撮影してもらいたい人はぜひご予約を。

〈基本情報〉

店名 トミタスタジオ
最寄駅 京王線長沼駅から徒歩1分
住所 東京都八王子長沼町702-8
電話番号 042-635-3800
営業時間 9:30~18:00
定休日 水曜日、第二第三火曜日
撮影料金 14,300円(税込)
衣装レンタルの有無 不可
公式HP トミタスタジオの公式ホームページ

まとめ

本記事では東京都にある生前遺影写真撮影を行ってくれる写真館を12選紹介しました。また遺影写真とはどんなものなのか、そして東京の撮影料金の相場についても解説しました。

東京には、スピーディーかつ仕上がりに自信のあるチェーン店。また、数多くの受賞歴を持つフォトグラファーが在籍する写真館など、個性豊かな写真館がたくさんありました。

加えて東京は交通網が発展しているので、最寄駅から徒歩10分以内の写真館ばかり。あなたの要望に合わせた写真館をぜひ見つけてみてくださいね。

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました