遺影写真のオススメのサイズは?遺影写真のサイズについて解説!

はじめに

皆様は「遺影写真」というものをご存知でしょうか?
遺影とは、自分の生きている姿を1枚の写真として永遠に記録しておくための写真を指します。
近年では自分が亡くなる前に自分の生前の元気な姿を写真に記録しするため、生きているうちに遺書と共に遺影写真を作成する人も多くなってきています。

そんな遺影を作成したときに写真の大きさが額縁のサイズに合わなかったり、先に写真を作成した結果大きさが合う額縁を探すのが難しくなったというパターンも多くみられます。

  • 「遺影写真を作成したいけれど、大きさはどれくらいにしたらいいんだろう?」
  • 「遺影写真を作成する時の相場はどれくらいかかるのだろうか?」
  • 「遺影にする写真を作成したけどサイズが合わない!どうしたらいいんだろう?」

初めて遺影写真の作成に携わる方は、このような疑問を抱えると思います。
こちらの記事では、遺影写真にオススメなサイズや料金の相場、写真のサイズ調整にオススメな方法について解説していきます!

遺影写真にオススメなサイズは?

「遺影写真のオススメサイズはどれくらいの大きさなの?」
初めて遺影写真を作成する方はまずこう考えることしょう。

結論から言うと、遺影写真の大きさには明確な決まりはありません。
基本的には、祭壇用に飾られる四つ切りサイズや仏壇に飾られるL判サイズの2パターンの大きさで作られることが多い傾向があります。
このように、遺影写真は飾る場所や額縁の大きさなどによって大きく変わってくるのが特徴です。
皆様も遺影写真を作成する時は額縁の大きさや幅などの他に、飾る場所や周辺の家具などとの見栄えのバランスなども考えてみましょう。

遺影写真のサイズのオススメ

「決まりがないとは言っても、どんなサイズで作ればいいかあまりよくわからない」
初めて遺影写真を作成する方の中には、このような漠然とした疑問を抱いている方も少なくないことでしょう。
遺影写真のオススメのサイズには

  • 祭壇用に使用できるサイズ
  • 写真や焼香台に使用できるサイズ
  • 仏壇に使用できるサイズ

の3種類があります。
ここからは、これら3つの遺影写真のオススメサイズについて詳しく解説していきます。

遺影写真のサイズのオススメ1:祭壇用に使用できるサイズの写真を撮影する

1つ目の遺影写真のオススメサイズは、祭壇用に使用できるサイズです。
祭壇用に使われる遺影写真のサイズは四つ切りかA4サイズが一般的で、各サイズの大きさは四つ切りサイズは2.5cm×3cm、A4サイズは2.1cm×2.9cmと比較的大きめなサイズとなっています。
祭壇で使用する遺影写真を作成する時は、葬儀に参列する多くの来客からしっかりと故人の顔が見えるようにするのがポイントです。
しかし、祭壇に使われる遺影写真は元の写真のサイズを大きく引き伸ばすように加工する場合が多いため、ピントがあっていない写真を選ぶと写真がぼやけてしまうので注意が必要です。

遺影写真のサイズのオススメ2:写真や焼香台に使用できるサイズの写真を撮影する

2つ目の遺影写真のオススメサイズは、写真や焼香台に使用できるサイズです。
写真や焼香台に使われる遺影写真のサイズはハガキ用紙くらいのL判サイズ(8.9cm×12.7cm)が一般的です。
L判サイズの遺影写真は焼香台だけでなく、棚の上やテーブルの上にも比較的飾りやすいといった特徴があります。
また、L判サイズの遺影写真は複数枚用意することが出来るため、遺影にする1枚の写真をなかなか選びきれないといった方にもオススメです。

遺影写真のサイズのオススメ3:仏壇に使用できるサイズの写真を撮影する

3つ目の遺影写真のオススメサイズは、仏壇に使用できるサイズです。
仏壇に使われる遺影写真のサイズは焼香台に飾る写真のサイズと同様に、8.9cm×12.7cmくらいの大きさのものが望ましいです。
遺影写真の飾り方としては仏壇内中央に飾るのが一般的です。
お線香をあげて顔をあげたときに故人の遺影写真と目が合うくらいの場所に飾ると良いですね。

遺影写真の各サイズの撮影料金はどれくらい?

  • 「遺影写真を撮影するとなると、料金はいくらぐらいかかるんだろう?」
  • 「遺影写真の撮影料金は、サイズによって変わるのだろうか?」

このような疑問を抱いている方も少なくないでしょう。
遺影写真の撮影料金は各プランによってそれぞれ異なります。
下記にそれぞれのプランの相場を纏めてみましたので、今後遺影写真を作成する予定のある方は是非参考にしてみてください。

白黒の遺影写真のみの場合 約5,000円〜7,000円
カラーの遺影写真のみの場合 約7,000円〜12,000円
白黒の遺影写真+アルバム付きのプランの場合 約12,000円〜15,000円
カラー遺影写真+アルバム付きのプランの場合 約15,000円〜20,000円

このように遺影写真は白黒よりもカラーの方が料金が少し高くなる場合が多く、アルバムも同時に濃運輸するプランともなると相場は少し高めになります。
また写真館やフォトスタジオに遺影写真の加工をお願いする場合、サンプル料金や受注から発送までの期間などが各業者によってそれぞれ異なりますので、しっかりチェックしておきましょう。
出来るだけコストを抑えたいという方には遺影写真の撮影・加工のみを写真館やスタジオに依頼し、自前でアルバムやフォトフレームを作って写真を飾るのもオススメですね。

祭壇用に使用できるサイズの写真を撮影する場合の料金

祭壇用に使用できるサイズの写真を撮影する場合、料金の相場は作成方法や依頼先によって異なります。
葬儀社に遺影写真の作成を依頼した場合は、料金の相場は25,000円〜30,000円ほどになります。
写真館やフォトスタジオに依頼する場合は撮影+加工のプランだと約12,000円〜20,000円となり、既存の写真の加工のみだと約5,000円〜7,000円となります。
ざっと比較してみると、やはり生前に写真館やフォトスタジオで遺影写真を準備した方が大幅にコストを抑えることが出来ることがわかります。
遺影写真は、やはり生前の元気な時期にお得に撮影するのがオススメと言えるでしょう。

遺影写真のサイズが合わなかった場合の対処法

  • 「遺影写真のサイズを間違えてしまった!どうしよう!」
  • 「遺影写真の大きさを調整したいけど、画像編集の技術がないから自信がない」

こういった問題に直面してしまった皆様もご心配なく!
たとえ作成した遺影写真のサイズしまっても、対処法は沢山あります。
遺影写真のサイズが合わなかった場合の対処法として、プロに写真のサイズの加工を依頼することやアプリで写真のサイズを編集することが挙げられます。
ここからは、これら2つの遺影写真のサイズが合わなかった時の対処法について解説していきます。

対処法1:プロに遺影写真のサイズの加工を依頼する

遺影写真のサイズが合わなかった場合の1つ目の対処法は、プロに遺影写真のサイズの加工を依頼することです。
ここでのプロのスタッフとは遺影写真の撮影・加工に対応している写真館やスタジオのスタッフ、または遺影写真の撮影・加工経験が一定の年数ある人を指します。
プロのスタッフに遺影写真の加工をお願いすることで、希望の大きさかつ遺影写真に最適な仕上がりの1枚に写真を仕上げてもらうことができます。
またプロのスタッフに遺影写真の加工をお願いした場合、サイズだけでなく写真の色や写真に写っている故人の服装などをより一層遺影写真に相応しい仕上がりになるよう加工してもらうことができます。
遺影写真のサイズの調整の仕方がわからない、画像の編集にあまり自信がないという方は是非プロのスタッフに写真の加工をお願いしてみましょう。

対処法2:アプリで遺影写真のサイズを加工する

遺影写真のサイズが合わなかった場合の2つ目の対処法は、アプリで遺影写真のサイズを加工することです。
2020年12月30日時点で遺影写真の加工に特化したソフトやアプリは存在しないものの、画像のサイズの調整は無料のスマホアプリでも十分に行うことが出来ます
どのスマホアプリを使って編集をしようか迷っている方は、是非お使いのスマホのアプリストアでダウンロードできる画像編集アプリを実際に使って比較してみましょう。

遺影写真の撮影において押さえておきたいポイント

ここまでは、遺影写真の撮影においてのサイズの選び方や調整方法について紹介してきました。
しかし、遺影写真の撮影においてのポイントはサイズだけではありません。
遺影写真の撮影においてのポイントはサイズの調整の他に、遺影にあった額縁選びやデータ版写真の取り扱いなどがあります。
ここからは、これら2点のポイントについて詳しく解説していきます。

遺影写真の撮影ポイント1:遺影にあった額縁を選ぼう

遺影写真の撮影においての1つ目のポイントは、遺影にあった額縁を選ぶことです。
遺影写真を飾る額縁の材質やデザインについては写真の大きさ同様、明確な規定はありません。
遺影写真を飾る額縁の素材は単にガラス判で作られたものではなく、衝撃に強いアクリル板が付けられたものがオススメです。
衝撃に強い素材の額縁を用意することで自然災害だけでなく、小さなお子様やペットが誤って遺影写真を床に落としてしまった時の心配もなくなります。

また、遺影写真を飾る額縁のオススメの色は白黒の他に深緑や水色をベースカラーとした無地や柄物があり、これらの色の共通点は“シンプルかつ控えめな色”とも言えます。
遺影写真を飾る額縁を選ぶ時は家の壁の色や家具とのバランスが調整できる色のものを選ぶと同時に、地震など台風など自然災害が起こりやすい地域に住んでいる場合は丈夫な素材を選ぶのがコツです。

遺影写真の撮影ポイント2:データ版写真はどうするか考えよう

遺影写真の撮影においての2つ目のポイントは、データ版写真をどうするか考えることです。
ここでのデータ版写真とは、写真館やフォトスタジオで遺影写真の加工を依頼した際に、実物の写真に加えてPCやスマホで編集したりUSBなどで転送可能なデータファイルの写真のことを指します。
データ版の遺影写真はデジタルフォトフレームを作成する際にも使いやすく、複数の背景や服装での写真、家族写真などと同時に飾ることもできるためオススメです。
写真館やフォトスタジオで遺影写真の加工をお願いする場合は、データ版写真がプランに含まれているか否か、データ版写真を受け取る際の追加料金などがかかるかなどを調べておきましょう。

遺影写真のサイズまとめ

いかがでしたでしょうか?
今回は遺影写真のサイズについてまとめさせていただきました。
遺影写真は故人が元気に生きていたという証を長くの間飾り続ける大切な1枚の写真です。
遺影写真を作成する際には写真そのものの写り具合や加工方法に加え、以降飾る場所や額縁の大きさなどもしっかり考慮して、自然で故人らしさの溢れる1枚を作り上げましょう!

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました