遺影写真はいつ撮る?生前写真のオススメの撮影時期を紹介!

はじめに

「遺影写真はいつ撮るの?」
なかなか人には聞きづらい質問ですよね。
実は遺影写真の撮影には、おすすめの撮影時期やタイミングがあることをご存知でしたか?
本記事では、遺影写真のおすすめ時期やタイミング、さらには生前写真を準備できなかった時の対処法など、人には聞けない疑問の答えを分かりやすく解説しています。
いつ何が起こるか分からないからこそ、今できることは早めに終わらせておきましょう。

遺影写真の生前撮影はいつ撮るのがオススメ?

「遺影写真の撮影時期はいつがいいの?」あまり考えたくない疑問ですよね。
遺影写真は記念写真とは違い、先延ばしにされがちです。
しかし遺影写真の撮影時期は、いま元気な時に撮影することをおすすめします。
理由は元気な笑顔で遺影写真を残すことができるからです。
辛そうな姿で写真を残してしまうと、遺影を見る家族や友人は、最後の辛い時期を思い返すことになります。
それよりも元気に生活していた頃を思い出して、少しでも明るい気持ちで送ってほしいものです。
遺影写真は、今のうちに撮影しておくと本来の本人らしい素敵な笑顔を見せることができます。

遺影写真の生前撮影を行うのに適切なタイミング

いざ遺影写真を撮影しに行こうと思っても、適切なタイミングを見計らうのは難しいものです。
ここではつい先延ばしにしがちな遺影写真の撮影に適した時期を紹介します。

遺影写真の選び方は、以下の記事で詳しく紹介しています。ぜひ、紹介してください。

遺影に適した写真の選び方をプロが解説!撮影時期や背景も紹介

遺影写真の生前撮影に適切な時期1:体がまだ比較的元気なうち

遺影写真の撮影は、できるだけ体が元気なうちに撮影しましょう。
急な体調変化で入院生活が始まると、薬で顔がむくんだり、顔色が悪くなったりと本来の姿とは異なってしまうかもしれません。
しかも体調が悪くなって遺影写真を撮影しに行くと、いよいよ最後を覚悟している雰囲気になり、笑顔で撮影するのが難しくなります。
それよりもまだ元気なうちに遺影を残すと、気持ちも穏やかに撮影に臨めますよね。
仲の良い長年の友人と一緒に撮影に行くことも、楽しい雰囲気で撮影できるのでおすすめです。

遺影写真の撮影場所に関しては、以下の記事で詳しく紹介しています。ぜひ、紹介してください。

遺影写真にふさわしい撮影場所でおすすめの場所をカメラマンがご紹介!

遺影写真の生前撮影に適切な時期2:古希や喜寿などの記念日

遺影写真の撮影は、古希や喜寿などの記念日に合わせて行うこともおすすめです。
「せっかくの記念日に遺影写真は撮りたくない」と感じる方がおられるかもしれませんが、遺影写真は決して縁起の悪いものではありません。
記念日に写真を撮ることで「家族との時間をもっと大切にしよう」「今の生活に感謝しよう」といった積極的な感情を新たにすることもできます。
また記念日には、スーツなどのおしゃれ着で外出することも多いため、その流れでの遺影写真の撮影も気軽におこないやすくなります。

遺影写真の生前撮影に適切な時期3:10歳ほど若い頃

遺影写真の撮影は、10歳ほど若い頃の写真を使用すると良いでしょう。
-10歳程度であれば自然な若さの遺影を飾ることができます。
あまりに若い頃の写真を使用すると少し違和感が出てしまうので注意。
また遺影写真は、故人との思い出を振り返る機会です。
10年前の写真はお孫さんやご親戚の方にとっても記憶に新しく、元気に楽しく一緒に食事をしていた頃を思い出すことができます。
「今すぐには撮影できない」という方は、今よりも10歳若い頃の写真を使うのがおすすめです。

生前に遺影写真を撮影する時期のポイント

遺影写真は七五三や卒業写真のように、決まった時期があるわけではありません。
そのため撮影時期に悩む方はたくさんおられます。
ここでは撮影時期を決めるのに役立つポイントを紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

ポイント1:比較的温暖な気候の時期を選んで撮ろう

遺影写真の撮影は、気候が温暖な時期がおすすめです。
寒い時期に写真を撮ると寒さゆえにどうしても顔が強張ったり、唇の色が薄くなったりと不健康な写真写りになります。
また寒い時期は肌も乾燥しやすく、いつも以上に肌が白く見えがちです。
本当は健康なのに、白い肌のせいで病気の時に撮影した遺影だと勘違いされたくありません。
温暖な時期なら血色も良くなり、本来の元気な姿で撮影しやすくなります。
せっかくの遺影写真は、健康的な写真を残こせるように、気候が温暖な時期を選びましょう。

ポイント2:家族や孫とスケジュールを合わせて一緒に撮ろう

遺影写真は家族や孫と一緒に撮影することもできます。
もちろん遺影写真を撮るという名目で親族を呼ぶ必要はありません。
家族との集合写真を撮るだけで、家族写真と遺影写真を同時に撮影できます。
葬儀で実際に使用する写真は、故人だけを切り抜いて遺影にすることが可能です。
また家族と一緒に撮影することで、リラックスした穏やかな表情で撮影しやすくなるメリットがあります。
大切な家族と一緒に撮った写真を遺影にするのも素敵な選択肢ですね。

ポイント3:何度も作り直しが可能なので複数の時期に分けて撮ろう

写真は選択肢がたくさんある方が、より良い遺影を選びやすくなります。
そこでおすすめするのが、複数の時期に分けて遺影写真を撮影することです。
温暖な時期が遺影写真にはおすすめですが、寒い時期に自分の好きな服やアクセサリーを身につけて写真を撮ることもできます。
また遺影は、スーツや着物でなければならないという決まりはありません。
例えば大好きな愛犬と撮った写真や趣味の魚釣りの時に撮影した写真でも大丈夫です。
大切なのはその人らしさがよく表れているかということ。
複数の時期に分けて写真を残した方が、その人らしさが表れた1枚を探しやすくなります。

生前撮影を用意できなかった場合はどうすればいい?

「遺影写真を残せなかった時はどうすればいいの?」
先のことを考えると不安になるものです。
生前写真を用意できなかったとしても、対処法はありますのでご安心ください。
ここでは遺影を用意できなかった時の対処法を3つ紹介します。

生前撮影を用意できなかった場合の対処法1:昔の写真から選ぶ

故人の写真がない場合は、集合写真からの選択も可能です。
前述した家族写真や友人同士で撮った写真から良いものを選んで遺影として使用できます。
しかし集合写真から故人を抜き出して使用する場合は、故人ができるだけ大きく写っている写真を選びましょう。
なぜなら遺族が抱える遺影写真のサイズは、横25.4×30.5cmまたは21×29.7cmと大きめです。
故人の顔が小さい写真を大きく引き伸ばすと、画質が荒くなり、顔もぼやけて見えてしまいます。
できる限り故人が大きく写っている写真から素敵な1枚を選びましょう。

生前撮影を用意できなかった場合の対処法2:免許証などの証明写真を使う

遺影写真を用意できなかった場合は、免許証などの写真を使用できます。
例えば免許証の写真をカメラで撮影したり、更新した場所に依頼して、データ版を入手することも可能です。
自分で免許証をカメラで撮影する場合は、写真の明るさに気を付けましょう。
真上から撮影するとカメラの影で写真が暗くなったり、フラッシュで反射したりと綺麗な写真を撮りにくくなります。
おすすめの方法は、影やフラッシュが映り込まないように斜めから撮影することです。
その後、歪みを補正するアプリで修正すると綺麗な遺影を免許証からでも準備できますよ。

生前撮影を用意できなかった場合の対処法3:似顔絵を描いてもらう

遺影写真をどうしても準備できないという場合は、プロに委託して似顔絵を書いてもらうこともできます。
似顔絵を遺影に使用するメリットは、明るい表情が難しかった故人でも、笑顔の似顔絵を書いてもらえることです。
固い表情が多かった人でも似顔絵ならホッコリとした優しい表情、少しユーモラスな表情に仕上げてもらうこともできます。
最近では祭壇に飾る遺影写真をあえて似顔絵にする人も増えていますので、参列者も違和感なく受け入れることができます。

遺影写真の生前撮影についてのまとめ

いかがだったでしょうか?
本記事では、遺影写真の撮影時期やおすすめのタイミングについて解説しました。
遺影写真は、故人の最後の晴れ舞台。
できるだけ元気な姿で、納得のいく写真を残せるように、撮影時期やタイミングは早めに話し合いましょう。

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました