遺影写真の加工はどうやるの?オススメのサイトを紹介!

はじめに

近年、自らの終活に向け遺影写真を撮影される方が増えているのをご存知ですか?
現代では自分が亡くなる前に自分の生前の元気な姿を写真に記録したいといった意向から、生きているうちに遺書と共に遺影写真を作成する人も少なくありません。
しかし、身内が急病や事故など予測が難しい事態により亡くなった場合、遺影写真を突然用意しなければいけない事態が起こることも十分にあり得ます。

  • 「遺影写真の作成って自分でもできるの?」
  • 「遺影写真を準備しなければいけなくなったけど、葬式当日までもう時間がない!」
  • 「祖父母の遺影写真を準備したいけど、二人はおろか自分にも知識がないからどうしたらいいかわからない」

そう言った方々も多いと思われます。
ここでは、遺影写真の加工のやり方やオススメのサイト・スタジオやウェブサイトについて詳しく紹介していきます!

素人でも遺影写真の加工ってできるの?

「遺影写真となるとかなり難しそうに聞こえるけど、実際には素人でも作成・加工できるのだろうか?」
そう思う方も少なくないと思われます。
結論から言うと、遺影写真の作り方や手順には明確な決まりはありません。
そもそも作るか否かを決めること自体が個々の自由のため、遺影写真の作り方は人によって様々になるとも言えます。
しかし作り方が自由とは言っても、遺影写真を作成するにあたって光の当たり方の調整や背景の変更などは高度な画像編集テクニックが必要となってくるため簡単ではありません。
更に額縁の大きさや家の壁の色など遺影写真を飾る物や場所までも考える必要があるため、素人が一から遺影写真を作るとなると非常に難易度が高くなるとも言えます。
もし遺影写真のセルフ加工に自信がない場合は、プロのカメラマンや写真館などのスタッフにレタッチ(加工)を依頼するのがオススメです。

プロに依頼する場合はどうしたら良い?

  • 「遺影写真の加工を誰かに委託したいけど、実際にどこで誰に委託したらいいのだろう?」
  • 「プロに遺影写真を作ってもらいたいけど、そもそもプロって何だろう?」

このような疑問を抱えている皆様も多いことでしょう。

この記事では、「画像編集に精通しており、遺影写真の作成ということを理解した上で画像をレタッチすることができる方」をプロとして例えております。
遺影写真の作成をプロに依頼する場合は

  • 加工単発注文ができる写真館やスタジオで撮影する
  • クラウドソーシングを通じて写真加工に精通した人に依頼する
  • 画像編集が得意な知人に直接お願いする

これら3つの方法が例として挙げられます。
ここからは、これら3つの遺影写真の加工をプロに依頼する方法について詳しく解説していきます。

【1】加工単発注文ができる写真館やスタジオで依頼する

遺影写真の加工をプロに依頼する1つ目の方法は、加工単発注文ができる写真館やスタジオで依頼することです。
写真館やスタジオにはプロのスタッフが在籍しており、特に遺影写真の撮影・加工に対応している写真館の場合は、遺影写真ということを考慮した上でその人に合った加工をした写真を作ってもらえます
自分で加工するのに自信のない方や手間を省きたい方は、写真館やスタジオのプロのスタッフに加工を依頼しましょう。

【2】クラウドソーシングを通じて写真加工に精通した人に依頼する

遺影写真の加工をプロに依頼する2つ目の方法は、クラウドソーシングを通して写真加工に精通した人に依頼するということです。
クラウドソーシングとは、発注者がインターネットを介してアウトソーシングしたい業務への応募者を募り、業務者を選定・依頼するという流れのことを指します。
現在はインターネット上などで様々な写真加工を承っている業者やウェブサイトも多く、中には遺影写真の加工に特化した業者や、依頼から加工、発送までのスピードに長けている業者も多く存在します。
また個人業者の場合はスタジオや写真館よりも依頼から発送までのスピードが速かったり、料金設定がかなり安くなっている場合もあるので、皆様もその場のニーズに適した業者を探してみましょう。
中にはインターネットだけでなく、インスタグラムやTwitterなどでクラウドソーシングを行っている画像加工の事業者も多くいるため、時間のある方は幅広く探してみるのもオススメです。

【3】画像編集が得意な知人に直接お願いする

遺影写真の加工をプロに依頼する3つ目の方法は、身の回りにいる画像編集が得意な知人に直接お願いすることです。
家族や同僚、友人や知人などにPhotoshopをはじめとした画像編集ツールを普段から使い慣れている人がいる場合、遺影写真の加工を依頼してみるのも良いかもしれません。
身近な人に依頼するというのもあるため、自分の希望や期日などはお互いしっかり話し合って決め、変更点などの報連相を随時行い、完成した時にはそれ相応のお礼をしっかりするのがポイントです。

素人で遺影写真の加工にはこのサイト・フリーサイトがオススメ!

「遺影写真の加工をプロに頼むとコストがかかるから、やっぱり自分でやりたい!」
遺影写真の作成の委託費の相場はゼロから作る場合約25,000円〜30,000円、既存の写真加工のみを行う場合も約5,000円〜6,000円+スタッフへの報酬と決して安くありません。
コストを気にする方は、多少時間や手間がかかっても自分でチャレンジしてみたいという人も多いでしょう。

2020年12月時点ではiOSをはじめGoogle Play Storeにも遺影写真専用の画像編集アプリはなく、インターネットで検索してもそのようなサイト・アプリは存在しておりません。
しかし、現在はAdobe社のPhotoShopをはじめとする数多くの画像編集ツールが多数あり、中には終始無料で使うことのできるアプリやソフトも沢山あります。
画像編集を一からチャレンジしてみたい人や、難しい加工は行わずシンプルで簡単なサイトを使いたいという方には、本記事で紹介する無料アプリがオススメです。
逆に普段から画像編集ツールに慣れており、今後も使うことが増えるという方は有料のサイトに登録してみるのも良いかもしれません。
ここからは、遺影写真の加工にオススメなサイトを有料・無料の2種類に分けて紹介していきます。

遺影写真の加工にオススメな有料サイト

こちらでは、遺影写真の加工にオススメな有料サイトを紹介していきます。
遺影写真の加工にオススメな有料サイトは数多くありますが、その中でも特にオススメなのが『Adobe Photoshop』と『Wondershare Filmora 9』の2種類です。
ここからは、これら2種類の遺影写真の加工にオススメな有料サイトについて詳しく紹介していきます。

遺影写真の加工にオススメのサイト1:クオリティに特化した『Adobe Photoshop』

1つ目の遺影写真の加工にオススメな有料ツールは、Adobe Photoshopです。
Photoshopは言わずと知れた画像編集の王道ツールであり、現在も世界中でビジネスシーンや広告などにも幅広く使われています。
Photoshopは購入した場合値段が年間24,000円〜66,000円(プランによって異なる)と比較的高めですが、遺影写真以外にも様々な用途で使うことができるため、画像編集に興味がある方はこの機会に購入してみるのもオススメです。
また、Photoshopは登録後7日間の無料お試しプランがございますので、購入するか迷っている方は是非こちらのプランを試して実際に使ってみましょう。
更にPhotoshopには月額2,480円のサブスクリプションのプランや、最大65%OFFになる学割プランもあってお得なので、自分にあった購入プランをしっかり考えて選ぶとお得になります。

  • 【Adobe Photoshopのサイトはこちら

遺影写真の加工にオススメなサイト2:作業効率化に特化した『Wondershare Filmora 9』

2つ目の遺影写真の加工にオススメな有料ツールは『Wondershare Filmora 9』です。
当ツールはインターフェースのわかりやすさにこだわっており、初心者でも操作しやすいのが魅力的です。また動画編集に慣れてきたら、よく使う操作を自動化する便利な機能までも搭載しております。
手間がかかる編集作業を効率化したいという方にオススメのアプリですね。

  • 【Wondershare Filmora 9のサイトはこちら

遺影写真の加工にオススメなフリーサイト

「遺影写真の加工は自分でやってみたいけど、サイトに課金はあまりしたくない」
そう考える皆様も多いと思われます。
こちらでは、遺影写真の加工にオススメな無料サイト・フリーサイトについて紹介していきます。
こちらで紹介するのは、筆者が数多くの無料画像編集サイトから厳選した『Pixlr』と『PhotoPad』の2種類となります。
どちらもシンプルで簡単な操作や編集方法が特徴なので、興味のある方は是非一度自分の手で触ってみるのも良いかもしれません。

遺影写真の加工にオススメなフリーサイト1:世界中で人気!使い勝手の良さが特徴の『Pixlr』

1つ目の遺影写真の加工にオススメなフリーサイトは『Pixlr』です。
Pixlrには有料プランと無料プランがあるのが特徴ですが、写真の切り取りや背景の編集、肌など顔のパーツの加工など基本的な機能は無料版の編集ツールに搭載されているため十分に編集が出来ます
Pixlrには日本語(平仮名・カタカナ・漢字)に対応したフォントが少ないため、インターネットにあるフリーフォントをダウンロードして使うのがオススメです。

遺影写真の加工にオススメなフリーサイト2:完全無料で初心者にも安心!編集ツールも便利で使いやすい『PhotoPad』

2つ目の遺影写真の加工にオススメなフリーサイトは『PhotoPad』です。
PhotoPadは無料でダウンロードして使える画像・動画編集ソフトであり、写真のレタッチやフィルタ、エフェクトの追加など様々な機能が揃っており大変使いやすいです。
更に当サイトには著作権フリーの画像も数多く揃っておりますので、遺影写真を作成するにあたって背景をお洒落にしたい!という方にもオススメです。

遺影写真を加工する際に注意すべきポイントは?

遺影写真を加工するときのポイント1:ピントの合った写真を選ぼう

遺影写真を加工する時の1つ目のポイントは、ピントの合った写真を選ぶことです。
遺影写真に写っている顔のしわやほうれい線、背景などはソフトやサイトを使って加工することもできますが、ぼやけてピントが合っていない写真はプロでも加工するのは困難である場合が多いです。
遺影写真を加工する時には、ピントのあった写真を選ぶことを心がけましょう。

遺影写真を加工するときのポイント2:しわやほうれい線を加工して見栄えをよくしよう

遺影写真を加工する時の2つ目のポイントは、しわやほうれい線を加工して見栄えをよくするということです。
しわやほうれい線などを簡単かつナチュラルに薄くして加工することで、より一層若返ってフレッシュな表情をした遺影写真を作りやすくなります。
普段から画像編集サイトやソフトの扱いに慣れている方や自信がある方は透明度やぼかし、フェイスラインや影の付け方など様々な要素を組み合わせての加工にも挑戦してみましょう。

あくまでも“自然”に!誰だか分からない遺影は避ける!

遺影写真を加工するにあたって気をつけておきたいのは、顔のパーツの加工はあくまでも“自然”に行うということです。
シミやしわ、ほくろなどを消しすぎたり、肌を綺麗にしすぎると本人の面影がなくなってしまい、まるで別人のような写真が出来上がってしまいます。そうなると、参拝者や来客がきた際に遺影写真を見ても誰かわからないといったことになりかねません。
遺影写真を加工する時は、あくまでナチュラルかつ自然な表情をした写真を作るという意識を忘れないようにしましょう。

遺影写真を加工するときのポイント3:背景はシンプルな単色にしよう

遺影写真を加工する時の3つ目のポイントは、背景をシンプルな単色にするということです。
遺影写真の背景は灰色や水色といった薄めの色がオススメであり、ナチュラルに故人の姿を引き立てやすくなります。
背景色を濃すぎる色にしてしまった場合、派手なイメージになってしまい写真の主役である故人が目立ちにくくなるので気をつけましょう。
また、背景を赤や黒などの写真にすると縁起が悪い写真になったり、暗くて不気味なイメージにもなりかねないので注意が必要です。

遺影写真の加工をプロにお願いする場合にオススメの写真館

  • 「遺影写真の加工の仕方はわかってきたけど、やっぱり自分で作る自信がない!」
  • 「自分で遺影写真を加工してみたいのもあるけど、どうしても時間が足りない!」

そういった方には、写真館などのプロのスタッフに遺影写真の加工をお願いするのがオススメです。
以下で紹介するサイトではオンラインでの遺影写真の加工委託を受け付けておりますので、全国どこからでもウェブサイトを通して遺影写真の加工・作成を委託することが出来ます。
ここからは、遺影写真の加工をプロにお願いする場合にオススメの写真館について紹介していきます。

遺影の加工にオススメの写真館:2000円で作成!サンプル無料!遺影写真の加工なら『スマイル』

遺影写真の加工をプロにお願いする場合にオススメの1つ目の写真館は『スマイル』です。
スマイルではサンプルを無料で作成してもらえるのが最大のメリットのため、遺影写真の素材の候補となる写真を複数枚送ることも可能であることが特徴です。
料金プランの相場も9,000円〜27,000円と比較的お得であり、夫婦での遺影作成プランなど様々なプランが用意されているのも特徴です。

遺影写真の加工まとめ

いかがでしたでしょうか?
今回は遺影写真の加工について紹介させていただきました。
故人らしく、美しい遺影写真を作るためにも、まずは自分の動画編集の経験や自信なども考慮して、納得の1枚を作り上げましょう!

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました