男性の遺影服装は喪服だけ?遺影にふさわしい服装を紹介

はじめに

「遺影写真の生前撮影を考えているけど何を着ていけば良いかわからない。」
終活準備の一つとして遺影写真の生前撮影を検討する場合、何を着て撮影するのが良いか悩む場合は多いです。
自分らしい服装で撮影したいという希望はあっても、葬儀に飾る写真なのでマナー違反に当たらないか気になりますよね?
ご家族の場合だと、最愛の人との突然の別れにより遺影写真の素材を選ぶ際、「写真写りはいいけど、この服装は遺影として適切だろうか?」と悩まれることもあるでしょう。
この記事では以下のことがわかります。

  • 遺影写真にふさわしい4つの服装パターン
  • 服装を選ぶポイント
  • 遺影に適した服装の写真が見つからない場合の対処法

この記事を読むと生前撮影の際、どんな服装がふさわしいかがわかり、最適な服装を選択できるようになります。また、遺影写真に適した服装の写真が見つからなくても、適切な遺影写真を入手する方法が理解できるでしょう。

遺影写真の服装にルールや決まりごとは無い!

実は遺影写真の服装に明確なルールはないため、何を着ても良いことになっているのです。
とはいえ葬儀の場に飾る写真なので、参列者が違和感を抱くような服装を避ける必要があります。
明確な決まりごとがない中、ご自身の判断で違和感を与えない服装を選ぶ必要があるため、結局悩む方が多いです。

男性の遺影写真にふさわしい服装とは?全パターンを紹介

男性の遺影写真にふさわしい服装には4つのパターンがあります。

  • (1)礼服
  • (2)和服
  • (3)スーツ
  • (4)洋服

それぞれのパターンについて選ぶポイントを交えて詳しく解説します。

遺影写真に適した男性の服装1:礼服

礼服の中でも喪服は、遺影写真の服装として選ばれやすいスタイルです。
喪服は葬儀の場に着ていく衣装のため、遺影写真として適した服装であるといえます。
古くから日本では遺影写真の撮影時、喪服を着用するのが慣習だったので、違和感のないスタイルといえるでしょう。
ちなみに喪服に限らず、タキシードや燕尾服など喪服以外の礼服でも撮影は可能です。

生前写真がなくても喪服の遺影にすることは可能

生前の写真に喪服姿の写真がなくても、喪服の遺影を用意することはできます。
合成・加工などの技術を用いて、既存の写真を喪服姿に変更できるからです。
ご家族が葬儀準備で遺影用の素材を探す場合、「顔が大きく写っていて良いけど、服装が適していない」という時でも、加工で喪服を着せられます。
限られた葬儀準備期間でも対応できるよう、即日で加工してくれる写真加工業者があるので、喪服姿の写真が見つからない場合は利用を検討しましょう。

男性の喪服の相場

男性が喪服を準備する際には、購入するかレンタルするかの方法が考えられるでしょう。
正式な喪服である黒の紋付羽織袴の入手方法や費用相場について解説します。

購入する場合

遺影写真に適した黒の紋付羽織袴を購入する際の相場と購入先について、以下の表でまとめております。

紋付羽織袴の購入相場 購入先
100,000円~300,000円 呉服屋/百貨店/ネットショップ(楽天など)

袴をオーダーメイドで仕立て、アフターサービスもつけるとなると大体200,000円以上が相場です。
既に仕立て上がっている袴だと100,000円位で購入できる場合もありますので、サイズ感にこだわりがない場合には探してみると良いでしょう。

レンタルする場合

黒の紋付羽織袴をレンタルする場合はグッとお得に入手できます。

紋付羽織袴のレンタル相場 レンタル先
15,000円~30,000円 レンタル衣装店

レンタルだと購入の約10分の1程度の費用で袴が借りられます。
店舗に出向かなくとも、袴を宅配してもらえるネットのレンタルサービスもあります。
例えば、ネットレンタル衣装『晴れ着の丸昌』では、全国送料無料で袴をご自宅まで届けてくれるので非常に便利です。(2021年7月)
衣装に費用をかけたくないけど、遺影写真に袴を利用したいならばレンタルがおすすめといえます。

遺影写真に適した男性の服装2:和服

遺影写真の服装として、和服もよく選ばれます。
和服には優雅なイメージがあり、上品な写真に仕上げたいと考える場合に選ばれるのです。

和服を着ている写真がないなら洋服から和服に着せ替えよう

もし和服姿の写真が見つからない場合には、既存の写真を選び加工で和服に着せ替えましょう。
加工業者に依頼すれば、喪服同様に和服へも着せ替えが可能です。
葬儀準備は大変忙しく、遺影の選択に多くの時間をかけられません。
イメージ通りの服装の写真が見つからなければ、加工による着せ替えを早めに検討するのが良いでしょう。

普段から和服を着ない場合は遺影でも着ない方が良い

普段から和服を着ないのであれば、和服を選択するのはあまりおすすめしません。
遺影写真は生前の面影を感じ取り、故人との記憶を思い出すのが本来の目的だからです。
和服を着ない人が遺影だけ和服を着ていると、眺めるたびに違和感を感じるものになってしまいます。
もちろん普段から和服に親しんできた方ならば、和服姿を選択するのが最適でしょう。

遺影写真に適した男性の服装3:スーツ

和服や喪服同様、スーツも遺影写真の衣装としてよく選ばれます。
スーツ姿の遺影写真は、真面目できちんとした印象を与える写真に仕上がるためです。
ただし、仕事ではカジュアルな服装をしていて、ほとんどスーツを着たことなかった人が遺影写真だけスーツ姿だと違和感を感じてしまう場合もあるので注意しましょう。
遺影写真はその人のイメージにあった服装であるのが何より大切です。

男性の遺影写真にふさわしいスーツの特徴

葬儀の場との相性を考えて、遺影写真には落ち着いた色味のスーツを選びましょう。
ブラック、グレー、ネイビーなどビジネスシーンでも定番のカラーのスーツがおすすめです。
また、チェックやストライプなど主張の強い柄物は極力避け、無地のスーツを選ぶと遺影に適した、シックな雰囲気の写真に仕上がります。

仕事で使っているスーツでもOK?

仕事で使っているスーツを遺影写真の服装として着用するのは可能です。
普段使用していたスーツを着用しての遺影写真であれば「その人らしさ」が伝わる写真になります。
もし普段使いしていたスーツを着用するならば、撮影前にクリーニングに出したり、ブラッシングするなどメンテナンスはしっかり行いましょう。
手入れされていないスーツで撮影された写真だと、だらしない印象を与えてしまうので注意が必要です。

遺影写真に適した男性の服装4:洋服

遺影写真では喪服やスーツを着用すべきととらえる方が多いかもしれませんが、普段愛用していた洋服もおすすめです。なぜなら、遺影写真の服装には特別なルールはなく、「生前の面影」を感じられるものが望ましいためです。
お気に入りの服であれば着用されていた時間も長いので、同じ時間を過ごした家族や友人が面影を鮮明に思い出せるような素敵な写真になるでしょう。

遺影写真にふさわしい洋服の特徴

洋服で撮影するならば、あまりに派手な色や奇抜な形の服はおすすめしません
葬儀の場で写真が浮いてしまい、来客の方も違和感を感じる可能性が高いからです。
普段着用していた洋服の中から選ぶ際は、葬儀で飾られることを念頭に置き、過度に派手な色柄でないものを選ばれると良いでしょう。

男性の遺影服装に関する注意点

男性が遺影写真を撮影する際の注意点があります。
注意するポイントは以下の点です。

  • 帽子やサングラスはNG
  • 生前撮影なら撮影を考慮した服装を選ぶ

それぞれ注意すべき理由を解説していきます。

男性の服装の注意点1:帽子やサングラスはNG

遺影写真においては、帽子やサングラスはNGです。
顔が隠れてしまうため、本人の確認ができないのが一番の理由といえます。
サングラスはもちろん、帽子も顔に影ができてしまい顔が見えにくくなるので控えた方が良いでしょう。
普段メガネをかけている方についてはメガネを外して撮影すると、逆に違和感を与えることもありますので、いつも使っているメガネのままでの撮影で良いでしょう。

帽子をかぶっている写真を遺影にしたいなら加工を依頼

どうしても帽子をかぶった写真にしたい場合には加工を依頼しましょう。
帽子のツバで顔に影がかかっても、加工で暗くなった部分の明るさ調整が可能だからです。
写真スタジオで撮影するなら加工まで一貫して請け負ってくれる場合もありますが、加工技術がないスタジオだった場合は写真をデータで受け取っておきましょう。
写真のデータがあれば専門業者に依頼して、帽子をかぶっていても表情がはっきりとした写真に仕上げてもらえます。

男性の服装の注意点2:生前撮影なら撮影を考慮した服装を選ぶ

生前撮影の場合は光飛びを予防できるよう、光が反射しにくいデザインの服を選びましょう
光飛びは撮影のライティングの光が反射して、写真に映り込む現象です。
顔に光飛びした場合、その部分は色情報が完全に失われるため、修正処理ができず撮り直しになります。
光りやすいワッペンやラメがあしらわれた服などは、光飛びが生じやすいので避けると良いでしょう。

遺影写真の男性の服装まとめ

遺影写真を撮影する際の服装の選び方について解説しました。
従来遺影写真の服装として選ばれてきた喪服やスーツは、無難な服装といえます。
しかし最近は「自分らしさ」を重視した遺影写真を残したいと考えている方も多く、普段愛用している洋服での撮影も好まれるので、検討してみると良いでしょう。
また、ご家族の方が遺影に最適な写真を見つけられない場合、写真を加工して適切な服装へ着せ替えが可能です。
即日加工してくれる業者もあるので、ぜひ検討してみましょう。

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました